YAPC::Asia 2012 CPANに恩返ししよう

961 views
935 views

Published on

YAPC::Asia 2012 で発表したときのスライドです。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
961
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

YAPC::Asia 2012 CPANに恩返ししよう

  1. 1. CPANに恩返ししよう*** Giving back to CPAN *** YAPC::Asia 2012 Satoshi Azuma
  2. 2. Who?● 東 聡志 ● Satoshi Azuma ● @ytnobody ● Born in Hakodate, Hokkaido, Japan● Perl: about 10 years● Linux: about 11 years● Love motorbike!● Love perl!
  3. 3. まさか、皆が皆Perl Hacker じゃないよね?
  4. 4. 主な対象専らCPANモジュールを使っている人
  5. 5. 真新しい話はありません
  6. 6. ある程度Perlを弄ってきた人なら ほぼやっている事ばかり
  7. 7. 恩返しとは?
  8. 8. 恩返しとは おん‐がえし〔‐がへし〕【恩返し】 [名](スル)受けた恩に報いること。報恩。 「世話になった人に―する」   By goo国語辞書
  9. 9. なぜ恩返しするのか?
  10. 10. まず考えてほしい
  11. 11. CPANモジュールは本当にいつも完璧か?
  12. 12. CPANモジュールは本当に いつも完璧か モジュールのインストール時
  13. 13. CPANモジュールは本当に いつも完璧か テストに失敗する
  14. 14. CPANモジュールは本当に いつも完璧か● CPAN Dependencies ● CPANからリンク ● 環境を指定 – 依存性一覧 – インストール成功率
  15. 15. CPANモジュールは本当に いつも完璧か 「あまり意味は無い(チョウ訳)」とはあるが 「テスト完全成功率(チョウ訳)」があって、しかもそれが100%ではない物が存在する。
  16. 16. CPANモジュールは本当に いつも完璧か CPANは「いつも完璧」などではないし使う側がCPANにそれを求めるのもお門違い
  17. 17. CPANモジュールは本当に いつも完璧かドキュメント通りに動作しない
  18. 18. CPANモジュールは本当に いつも完璧か SYNOPSISが無い
  19. 19. CPANモジュールは本当に いつも完璧か などなど・・・
  20. 20. CPANモジュールはいつも完璧なんかじゃない CPAN Authorも人の子。 過ちに気づかない事もあれば 怠惰に負けることもしばしば
  21. 21. CPANモジュールはいつも完璧なんかじゃない 「これだからPerlは」 と切り捨てるのは簡単だがそれはちっとも建設的ではない
  22. 22. じゃあどうするプログラマたる者、常に建設的であれ。
  23. 23. 考え方を変えようここはひとつ、こう考えてみてはどうか。
  24. 24. 考え方を変えよう 俺が困ることは他の誰かが困るはず
  25. 25. 考え方を変えよう普段はお世話になっているのだから ここで恩を返しておくか
  26. 26. どんな小さなことでもいい結果的に「恩返し」することは 他の誰か(と未来の自分)の 手助けをするということ
  27. 27. 考え方、変わった? じゃあ、CPANに “恩返し” した方がいいよね?
  28. 28. 恩返しのための準備
  29. 29. E-Mail● 様々なサービスのアカウントをとるために必須● CPAN Author やPAUSE Adminへの*最後*のコ ンタクト手段
  30. 30. Twitter● メールと並び必須。● タイムリーなやりと りに便利。● 不具合らしきものに ぶち当たったときに #perl あたりでぼやい てると、時折ヒント や解決策を教えても らえたりするかも。
  31. 31. Blog● ユースケースや問題 解決方法の共有に。● 広く問題解決方法を 募る用途に。● Google先生が拾って くれるので、検索 キーワードを意図し て記事を書くと効果 が高い。
  32. 32. Github● 開発版のソースが置 いてあるケースが 度々ある。● Issue(チケット)の発 行を行うためにも、 ぜひ登録しよう。
  33. 33. PAUSE● CPAN Author になる ためのアカウントだ と思えば大体合って る。 – CPANにモジュールを 登録したり、CPANRT でIssueを登録したり するのに使う。 – アカウントを取得する のに外人さんとメール のやり取りする必要が あったりする。
  34. 34. 恩返しするための方法
  35. 35. ブログに記録を残す● ありのままを書く ● 現象 ● 処置 ● 結果 ● 周辺状況 – アップデート状況 – 環境
  36. 36. テストの失敗を報告する● CPANRTやGithubに Issueを書く。 ● タイトルを簡潔に ● 現象を明確に ● ターミナルログを貼 り付ける ● 大抵は英語。 – 中学英語でもまあそれ なりに意味を汲んでも らえる。英語への恐れ が最大の敵。
  37. 37. モジュールの使い方を書く● どこに書くか ● ブログ – 自分の権限で書くことができる。 – 後々POD形式にできるように考慮を。 ● Github – モジュールにPOD形式のドキュメントを追加する – README.podを置いておくと、webページとして表示さ れる。● POD形式になれておく
  38. 38. 改善要望を出す● CPANRTまたは GithubでIssueを書く ● 改善してほしい項目 を明らかに ● できればPatchか pullreqのほうが望ま しい – でもコード書けないの なら、要望だけでも書 いておこう。 ● コードが書けないから という理由で黙る必要 はない
  39. 39. デザインの手助けをする● デザインの心得があ るなら。 ● ロゴ ↓このロゴ作った ● ページデザイン ● イメージキャラ● Hackerと呼ばれる人 たちは、意外とデザ イン面に疎かったり することが結構ある
  40. 40. 盃を交わす● 勉強会(小さくてもOK) ● Hachioji.pm ● Niigata.pm ● Perl入学式 ● Hokkaido.pm Casual ● Perl Beginners – ↑主宰をやっております● お気に入りのモジュールを宣伝してこよう● 誰かのお気に入りモジュールを使ってみよう
  41. 41. 恩返しの次は“恩送り”
  42. 42. Githubにモジュールをアップする
  43. 43. CPANにモジュールを公開する
  44. 44. これであなたもCPANに恩返し・恩送りできるかも
  45. 45. ありがとうございました。

×