Jaws ug北九州第2回もくもく会資料

  • 226 views
Uploaded on

12/26日に開催した、JAWS-UG北九州もくもく会第二回資料 …

12/26日に開催した、JAWS-UG北九州もくもく会第二回資料

小倉のmikage1881にて開催

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
226
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4

Actions

Shares
Downloads
2
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. JAWS-UG 北九州 もくもく会 第二回 第二回 第二回 2013 年 12 月 26 日 MIKAGE1881 株式会社インフォメックス 藤崎 優 1
  • 2. AWS について簡単な説 明 AWS って? http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/aws-basic-20120629 EC2 って? http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/aws-windows-14943091 VPC って? http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/amazon-vpcvpc RDS って? http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/20130410-aws-meisterregeneraterdspublic
  • 3. やってみよう
  • 4. やってみよう
  • 5. やってみよう
  • 6. VPC の作成
  • 7. VPC の作成 “Start VPC Wizard” を選択しま す。
  • 8. VPC の作成 “VPC with a Single Public Subnet Only” を選択しま す。
  • 9. VPC の作成 Subnet の Availability Zone の指定を行いま す。
  • 10. VPC の作成 “No Preference” を“ ap-northeast-1a” に変更して” Create VPC” をクリックしま す。
  • 11. VPC の作成 VPC が作成されま す。
  • 12. VPC の作成 Subnet メニューにて Subnet が 1 つ作成されていることを確認くた ゙さい。
  • 13. VPC の作成 Subnet の“ Route Table” をご確認ください。 Local IP の Target が“ local” 、それ以外が” igw-b79299d5” になって います。 Internet Gateway の名前はランダムに生成されます。 この例の場合、” igw-b79299d5“ は Internet Gateway です。
  • 14. EC2 の配置
  • 15. EC2 の作成 “Launch Instance” から EC2 を起動しま す。
  • 16. EC2 の作成 「 Community AMIs 」タブを選択し、 Viewing は「 All Images 」を 選択。 Bitnami-SugarCRM の AMI “ami-6bf66c6a” を検索して選択。
  • 17. EC2 の作成 “Micro Instance” タブを選択し、 t1.micro であること確認し、” Next Configure Instance Details” をクリックします
  • 18. EC2 の作成 EC2 を配置する Subnet を選択します。 “VPC” タブを選択し、配置する Subnet を選択しま す。
  • 19. EC2 の作成 ストレージの容量を決定します。 デフォルトのまま、“ Next Tag Instance” をクリッ ク。
  • 20. EC2 の作成 管理を分かりやすくする為、タグを付けま す。 この例では” AZ-A-CRM1” とします。
  • 21. EC2 の作成 VPC 内で使用できる Security Group を作成します。 22(SSH) と 80(HTTP) と 3306(MYSQL) のポートをアクセス可能に設定し ます。
  • 22. EC2 の作成 設定内容を確認し、 Launch しま す。
  • 23. EC2 の作成 “Create a new Key Pair” を選択して作成してくださ い。 Key Pair は既存のものを使用しても OK です。
  • 24. ElasticIP の割当
  • 25. ElasticIP の割当 “Allocate New Address” からウィザードを開始し ます。
  • 26. ElasticIP の割当 “Yes, Allocate” をクリックすると、 Elastic IP が割当てられま す。
  • 27. ElasticIP の割当 割り当てる Elastic IP を選択し、” Associate Address” を選択しま す。
  • 28. ElasticIP の割当 プルダウンメニューから Elastic IP を割り当てる EC2 インスタンスを選択し ます。 v
  • 29. ElasticIP の割当 プルダウンメニューから Elastic IP を割り当てる EC2 インスタンスを選択し ます。 v
  • 30. ElasticIP の割当 Instance 画面にて Elastic IP が割当てられていることを確認でき ます。
  • 31. ElasticIP でのアクセス
  • 32. ElasticIP の割当 ブラウザから Elastic IP でアクセスしてみます。 アクセスできたら” Access my application” をクリックしま す。
  • 33. SugarCRM の確認 ユーザ名「 user 」、パスワード「 bitnami 」でロク ゙インします。
  • 34. SugarCRM の確認 ユーザ名「 user 」、パスワード「 bitnami 」でロク ゙インします。
  • 35. SugarCRM の確認 ユーザ名「 user 」、パスワード「 bitnami 」でロク ゙インします。
  • 36. SUBNET の追加 (DB 用 )
  • 37. SUBNET の追加 VPC のページ、 Subnet メニューから” Create Subnet” にて Subnet を追加作成しま す。
  • 38. SUBNET の追加 DB 用に Subnet を作成します。 それぞれ Availability Zone A に属する様に作成します。 下記の様に設定して” Yes, Create” をクリックしてくた ゙さい。
  • 39. SUBNET の追加 3 つのサブネットができていることを確 認
  • 40. DB SUBNET Group の追加 RDS のページに移動して、データベース用の DB Subnet Group を 定義します。
  • 41. DB SUBNET Group の追加 RDS のページに移動して、データベース用の DB Subnet Group を 定義します。
  • 42. DB SUBNET Group の追加 Aailability Zone-A の Subnet をリストに追加しま す
  • 43. DB SUBNET Group の追加 続いて、 Aailability Zone-C の Subnet をリストに追加しま す ※ スペースはつけないこと
  • 44. RDS の作成 続いて、 RDS を作成しま す
  • 45. RDS の作成 MySQL で作成しま す
  • 46. RDS の作成 “No” を選んで無料枠で使えるインスタンスのみ表示するようにして” Next Step”
  • 47. RDS の作成 下記のように設定します。 MasterUsername と MasterPassword は後から使うのでメモお願いしま す
  • 48. RDS の作成 下記のように設定します。 Database Name は“ bitnami_sugarcrm” とします。 VPC 、 DB SubnetGroup は先ほどさくせいしたもの、 AvilabilityZone は a を選 びます。 このあとは” LaunchDB” まで進めてください
  • 49. データベースの Endpoint の確認 RDS のステータスが” available” になったら、 Endpoint を確認し ます。
  • 50. MySQL へデータを移 行
  • 51. データベースの Endpoint の確認 RDS のステータスが” available” になったら、 Endpoint を確認し ます。 データのダンプを取得 cd mysqldump -u bitnami -p bitnami_sugarcrm > backup.sql ダンプファイルの確認 ls -al
  • 52. データのインポート 先ほどダンプしたデータを RDS へインポートします。 SSH の端末から下記コマンドを実行します。 [ パスワード ] は先ほど RDS に設定したもの を指定します。 mysql –u root –p[ パスワード ] -P3306 —database=bitnami_sugarcrm -h[RDS の Endpoint] < backup.sql 例. mysql -uroot -p -P3306 -hawsworkgroup.cwsobfr2idbc.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com --database=bitnami_sugarcrm < backup.sql ※ パスワードは” passwor d”
  • 53. AP の接続先を RDS に変更 DB の接続先も RDS の Endpoint へ変更しま す。 $ cd /opt/bitnami/apps/sugarcrm/htdocs $ sudo vi config.php 'db_host_name' => 'awsworkshop1.cvsyptdwlwhh.ap-northeast1.rds.amazonaws.com', 'db_user_name' => 'root', ''db_password' => 'passwordmatsu', 'db_name' => 'bitnami_sugarcrm', 'db_type' => 'mysql', ),
  • 54. アクセス可能か確認 設定変更後、 Web にログインできるか確認し ます。
  • 55. ハンズオンで作成する構成 設定変更後、 Web にログインできるか確認し ます。