Your SlideShare is downloading. ×
Jaws ug北九州第2回もくもく会資料
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Jaws ug北九州第2回もくもく会資料

248
views

Published on

12/26日に開催した、JAWS-UG北九州もくもく会第二回資料 …

12/26日に開催した、JAWS-UG北九州もくもく会第二回資料

小倉のmikage1881にて開催

Published in: Technology

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
248
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. JAWS-UG 北九州 もくもく会 第二回 第二回 第二回 2013 年 12 月 26 日 MIKAGE1881 株式会社インフォメックス 藤崎 優 1
  • 2. AWS について簡単な説 明 AWS って? http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/aws-basic-20120629 EC2 って? http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/aws-windows-14943091 VPC って? http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/amazon-vpcvpc RDS って? http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/20130410-aws-meisterregeneraterdspublic
  • 3. やってみよう
  • 4. やってみよう
  • 5. やってみよう
  • 6. VPC の作成
  • 7. VPC の作成 “Start VPC Wizard” を選択しま す。
  • 8. VPC の作成 “VPC with a Single Public Subnet Only” を選択しま す。
  • 9. VPC の作成 Subnet の Availability Zone の指定を行いま す。
  • 10. VPC の作成 “No Preference” を“ ap-northeast-1a” に変更して” Create VPC” をクリックしま す。
  • 11. VPC の作成 VPC が作成されま す。
  • 12. VPC の作成 Subnet メニューにて Subnet が 1 つ作成されていることを確認くた ゙さい。
  • 13. VPC の作成 Subnet の“ Route Table” をご確認ください。 Local IP の Target が“ local” 、それ以外が” igw-b79299d5” になって います。 Internet Gateway の名前はランダムに生成されます。 この例の場合、” igw-b79299d5“ は Internet Gateway です。
  • 14. EC2 の配置
  • 15. EC2 の作成 “Launch Instance” から EC2 を起動しま す。
  • 16. EC2 の作成 「 Community AMIs 」タブを選択し、 Viewing は「 All Images 」を 選択。 Bitnami-SugarCRM の AMI “ami-6bf66c6a” を検索して選択。
  • 17. EC2 の作成 “Micro Instance” タブを選択し、 t1.micro であること確認し、” Next Configure Instance Details” をクリックします
  • 18. EC2 の作成 EC2 を配置する Subnet を選択します。 “VPC” タブを選択し、配置する Subnet を選択しま す。
  • 19. EC2 の作成 ストレージの容量を決定します。 デフォルトのまま、“ Next Tag Instance” をクリッ ク。
  • 20. EC2 の作成 管理を分かりやすくする為、タグを付けま す。 この例では” AZ-A-CRM1” とします。
  • 21. EC2 の作成 VPC 内で使用できる Security Group を作成します。 22(SSH) と 80(HTTP) と 3306(MYSQL) のポートをアクセス可能に設定し ます。
  • 22. EC2 の作成 設定内容を確認し、 Launch しま す。
  • 23. EC2 の作成 “Create a new Key Pair” を選択して作成してくださ い。 Key Pair は既存のものを使用しても OK です。
  • 24. ElasticIP の割当
  • 25. ElasticIP の割当 “Allocate New Address” からウィザードを開始し ます。
  • 26. ElasticIP の割当 “Yes, Allocate” をクリックすると、 Elastic IP が割当てられま す。
  • 27. ElasticIP の割当 割り当てる Elastic IP を選択し、” Associate Address” を選択しま す。
  • 28. ElasticIP の割当 プルダウンメニューから Elastic IP を割り当てる EC2 インスタンスを選択し ます。 v
  • 29. ElasticIP の割当 プルダウンメニューから Elastic IP を割り当てる EC2 インスタンスを選択し ます。 v
  • 30. ElasticIP の割当 Instance 画面にて Elastic IP が割当てられていることを確認でき ます。
  • 31. ElasticIP でのアクセス
  • 32. ElasticIP の割当 ブラウザから Elastic IP でアクセスしてみます。 アクセスできたら” Access my application” をクリックしま す。
  • 33. SugarCRM の確認 ユーザ名「 user 」、パスワード「 bitnami 」でロク ゙インします。
  • 34. SugarCRM の確認 ユーザ名「 user 」、パスワード「 bitnami 」でロク ゙インします。
  • 35. SugarCRM の確認 ユーザ名「 user 」、パスワード「 bitnami 」でロク ゙インします。
  • 36. SUBNET の追加 (DB 用 )
  • 37. SUBNET の追加 VPC のページ、 Subnet メニューから” Create Subnet” にて Subnet を追加作成しま す。
  • 38. SUBNET の追加 DB 用に Subnet を作成します。 それぞれ Availability Zone A に属する様に作成します。 下記の様に設定して” Yes, Create” をクリックしてくた ゙さい。
  • 39. SUBNET の追加 3 つのサブネットができていることを確 認
  • 40. DB SUBNET Group の追加 RDS のページに移動して、データベース用の DB Subnet Group を 定義します。
  • 41. DB SUBNET Group の追加 RDS のページに移動して、データベース用の DB Subnet Group を 定義します。
  • 42. DB SUBNET Group の追加 Aailability Zone-A の Subnet をリストに追加しま す
  • 43. DB SUBNET Group の追加 続いて、 Aailability Zone-C の Subnet をリストに追加しま す ※ スペースはつけないこと
  • 44. RDS の作成 続いて、 RDS を作成しま す
  • 45. RDS の作成 MySQL で作成しま す
  • 46. RDS の作成 “No” を選んで無料枠で使えるインスタンスのみ表示するようにして” Next Step”
  • 47. RDS の作成 下記のように設定します。 MasterUsername と MasterPassword は後から使うのでメモお願いしま す
  • 48. RDS の作成 下記のように設定します。 Database Name は“ bitnami_sugarcrm” とします。 VPC 、 DB SubnetGroup は先ほどさくせいしたもの、 AvilabilityZone は a を選 びます。 このあとは” LaunchDB” まで進めてください
  • 49. データベースの Endpoint の確認 RDS のステータスが” available” になったら、 Endpoint を確認し ます。
  • 50. MySQL へデータを移 行
  • 51. データベースの Endpoint の確認 RDS のステータスが” available” になったら、 Endpoint を確認し ます。 データのダンプを取得 cd mysqldump -u bitnami -p bitnami_sugarcrm > backup.sql ダンプファイルの確認 ls -al
  • 52. データのインポート 先ほどダンプしたデータを RDS へインポートします。 SSH の端末から下記コマンドを実行します。 [ パスワード ] は先ほど RDS に設定したもの を指定します。 mysql –u root –p[ パスワード ] -P3306 —database=bitnami_sugarcrm -h[RDS の Endpoint] < backup.sql 例. mysql -uroot -p -P3306 -hawsworkgroup.cwsobfr2idbc.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com --database=bitnami_sugarcrm < backup.sql ※ パスワードは” passwor d”
  • 53. AP の接続先を RDS に変更 DB の接続先も RDS の Endpoint へ変更しま す。 $ cd /opt/bitnami/apps/sugarcrm/htdocs $ sudo vi config.php 'db_host_name' => 'awsworkshop1.cvsyptdwlwhh.ap-northeast1.rds.amazonaws.com', 'db_user_name' => 'root', ''db_password' => 'passwordmatsu', 'db_name' => 'bitnami_sugarcrm', 'db_type' => 'mysql', ),
  • 54. アクセス可能か確認 設定変更後、 Web にログインできるか確認し ます。
  • 55. ハンズオンで作成する構成 設定変更後、 Web にログインできるか確認し ます。

×