スキルマップでチームの
能力を見える化しよう
第58回 名古屋アジャイル勉強会
2013/11/29(金) You&I
名古屋アジャイル勉強会とは
 発足
 主催者の山本さんが、XPUG関西の方々の協力の元に
2007年12月に第1回の勉強会を開催。第3回勉強会以降
は毎月末開催を継続しています。

 活動内容
 本会
 各回毎に独立したテーマを決めて...
ジコ、ショウカイ。
 H/N:
 SNS:
 出身:
 年齢:
 本職:
 言語:
 所属:

You&I(読み:ユーアンドアイ)
@you_and_i
生まれも育ちも名古屋市
30代中盤
商学部出身の職業プログラマ
C++, C...
ATTENTION
本資料は公開致します。
http://www.slideshare.net/youandi060219/youandi-skillmap

資料の内容について全ての
メモを取る必要はありません。
セッション内容に集中して
頂...
本ワークショップへのご意見・ご感想
 KPT(けぷと)方式を利用します。
 イベントについての感想をKeep/Problem/Tryの3
項目に分けてご意見下さい。
 Keep
 Problem
 Try

:良かった、楽しかった、継...
AGENDA
1.
2.
3.
4.
5.

スキルマップ基礎編
ワークショップ(その1)
スキルマップ応用編
ワークショップ(その2)
まとめ

6
スキルマップでチームの能力を見える化しよう

1.スキルマップ基礎編

7
1.スキルマップ基礎編(1/12)
 まずは皆さんも何で?と気になっている部分
であろう、なぜアジャイル開発の勉強会でス
キルマップを学ぶのか?について説明したい
と思います。
 一番の理由としては、アジャイル開発のその
歴史に有ります。簡...
1.スキルマップ基礎編(2/12)
 1960年:トヨタ生産方式体系化
 1986年:Scrum命名元論文発表
 1988年:Triumph of the Lean Production System
記事発表
 1992年:ザ・ゴール...
1.スキルマップ基礎編(3/12)
 1960年頃にトヨタ生産方式が体系化
 アジャイル開発の源流はトヨタ生産方式にありま
す。
 トヨタ生産方式は、戦後の日本が米国の大量生
産品に対抗する為に、米国フォード社が生み出
したフォード・シス...
1.スキルマップ基礎編(4/12)
 1960年頃にトヨタ生産方式が体系化
 トヨタ生産方式の概念
 http://www.toyota.co.jp/jpn/company/vision/production_system/index.h...
1.スキルマップ基礎編(5/12)
 1986年のScrum命名元論文発表
 スクラムは、1986年に野中&竹内両名により発
表された論文にて、日本の製造業における新製
品開発の流れをラグビーのスクラムに例えられ
た事にその名前は由来する。...
1.スキルマップ基礎編(6/12)
 1988年のTriumph of the Lean Production
Systemの記事発表
 アジャイル開発の源流はトヨタ生産方式であると
説明しましたが、リーン生産方式はMITの研究
者がトヨタ...
1.スキルマップ基礎編(7/12)
 1993年のScrum体系化
 1986年の野中&竹内両名により発表された論文
文を受けて、1993年に Ken Schwaber博士と
Jeff Sutherland博士によってScrumは体系化さ
...
1.スキルマップ基礎編(8/12)
 アジャイル開発においては、開発チームの
多能工化を目指していく事が推奨されていま
す。
 多能工化とは、元々は製造業において行わ
れている取り組みで、多品種少量生産や生
産性向上を実現する為に、ある作業...
1.スキルマップ基礎編(9/12)
 多能工化を進める上で使われているのが、
スキルマップです。スキルマップは、多能工
訓練計画表や星取表とも呼ばれ、作業者の
能力を表す一覧表となっています。
作業項目
金型仕上げ

資料等
手順書

作業内...
1.スキルマップ基礎編(10/12)
 スキルマップは以下の情報を表します
 横軸:作業工程や技能項目
 縦軸:作業者
※軸を逆にする場合もあります
作業項目
金型仕上げ

資料等
手順書

作業内容
基本

Aさんの自己評価
チェックポ...
1.スキルマップ基礎編(11/12)
 作業項目の評価
 評価は5段階で行います。
①作業内容を全く知らない

②1人で作業をこなせる

④1人で異常対応出来る

③1人で予定通り作業出来る

⑤他人の指導が出来る

18
1.スキルマップ基礎編(12/12)
 以上簡単に説明しましたが、これがスキル
マップです。
 日本の経済を支えると言われるもの作りの
現場において、機械化のできない人に依存
する部分は暗黙知な部分が多く、これを形
式知として作業項目化する...
スキルマップでチームの能力を見える化しよう

2.ワークショップ(その1)

20
2.ワークショップ(その1)(1/2)
 まずはこちらで用意した簡単なサンプルの乗
り物スキルマップについて、各自で自己評価
してみて下さい。






一輪車
自転車
自動車
大型自動車
けん引型大型自動車

時間:3分間

2...
2.ワークショップ(その1)(2/2)
 ワークショップ(その2)でのグループワークに
向けて、各テーブルで今評価して頂いたス
キルマップを使って自己紹介して下さい。
 1人2分以内でお願いします
 自己紹介内容は以下2項目とします
1....
スキルマップでチームの能力を見える化しよう

3.スキルマップ応用編

23
3.スキルマップ応用編(1/8)
 ここまでは製造現場でのスキルマップについ
て紹介してきました。ここからはソフトウェア
開発の現場でこのスキルマップがどのように
活用できるのか考えてみたいと思います。
 アジャイル開発手法の中で現在良く使...
3.スキルマップ応用編(2/8)
 Scrumとは、経験的プロセス制御の理論を
基本としています。これは実際にScrumによ
る開発を行い、その実際の物事の判断に
よって知識が獲得できるというものです。
 そしてそのScrumの経験的プロセ...
3.スキルマップ応用編(3/8)
 スキルマップにScrumの三本柱を当てはめてみ
ると・・・
1. 透明性
 作業項目・機能として何を挙げるか
 技術の達成判断(Doneの定義)をどう定義するか
 現状評価だけでなく、身につけようとす...
3.スキルマップ応用編(4/8)
 どのタイミングでスキルマップを作成・更新
するか?
 インセプションデッキを作成・更新したタイミン
グなど、どのような機能が必要になってくるか
明確になった時点で作成する事が出来るでしょう。

 作業項...
3.スキルマップ応用編(5/8)
 技術の達成判断(Doneの定義)をどう定義する
か?
 評価方法の標準化
 「○++出来ます! 」(○にはお好きなアルファベット)なんて
採用面接の場では言って大丈夫でも、Twitter上で言って
大丈...
3.スキルマップ応用編(6/8)
 現状評価だけでなく、身につけようとする目
標も示す
 スキルマップには2つの側面があります。
1. 現状を見える化
2. 目標を見える化

 目標をいつまでに達成するのか日付を入れる。
 目標の達成度...
3.スキルマップ応用編(7/8)
 ここまで説明してきた応用形のスキルマップ
を表にすると以下のようになります。Scrum
と絡めて説明しましたが、この応用形が製
造現場で使われているスキルマップです。
作業項目

資料等

作業内容

チェ...
3.スキルマップ応用編(8/8)
 ここまでで説明してきた通り、製造現場で使
われているスキルマップはかなり奥が深い
です。
 今回スキルマップをテーマとして取り上げた
理由がここにあります。製造現場以外の業
界、特にソフトウェア開発業界な...
スキルマップでチームの能力を見える化しよう

4.ワークショップ(その2)

32
4.ワークショップ(その2)(1/3)
 年末が近づくとあのイベントがありますね。
今回は作業項目を考えるワークとして、ホー
ルケーキ作りで考えてみたいと思います。
 ホールケーキを作成するにあたり必要になる
作業項目及びその熟練度を5段階...
4.ワークショップ(その2)(2/3)
 今回は時間が限られているので作業項目はあ
る程度挙げておきます。5段階の熟練度につい
て各テーブルで考えてみて下さい。
 ホールケーキ作りの作業項目
1.
2.
3.
4.

スポンジ生地作り
シロ...
4.ワークショップ(その2)(3/3)
 お疲れ様でした。
 ホールケーキ作りでも熟練度を設定するの
は結構頭をひねる必要があったのではない
でしょうか?
 これが実際のプロジェクトになると、もっと
範囲が広くなり大変になりそうですね。だ...
スキルマップでチームの能力を見える化しよう

5.まとめ

36
5.まとめ(1/2)
 スキルマップとは以下の要素が含まれてい
る事を学びました。






プロジェクトの作業工程管理
能力評価の標準化
個人の能力の現状評価
個人の能力の他者評価
個人の能力向上の目標

37
5.まとめ(2/2)
 開発チームや組織において、人材育成はと
ても大事な事です。個々人の能力が見える
化される事でチームビルディングやコミュニ
ケーションにも役立ちます。
 是非このスキルマップを役立ててみて下さい。

38
本ワークショップへのご意見・ご感想
 KPT(けぷと)方式を利用します。
 イベントについての感想をKeep/Problem/Tryの3
項目に分けてご意見下さい。
 Keep
 Problem
 Try

:良かった、楽しかった、継...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

スキルマップでチームの 能力を見える化しよう

6,161

Published on

第58回 名古屋アジャイル勉強会のワークショップ資料。
http://blogs.yahoo.co.jp/nagoya_agile_study_group/37992507.html

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
6,161
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
6
Actions
Shares
0
Downloads
8
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

スキルマップでチームの 能力を見える化しよう

  1. 1. スキルマップでチームの 能力を見える化しよう 第58回 名古屋アジャイル勉強会 2013/11/29(金) You&I
  2. 2. 名古屋アジャイル勉強会とは  発足  主催者の山本さんが、XPUG関西の方々の協力の元に 2007年12月に第1回の勉強会を開催。第3回勉強会以降 は毎月末開催を継続しています。  活動内容  本会  各回毎に独立したテーマを決めて、ワークショップを通じてテー マについての理解を深める。  分科会  読書会や開発ツールの使い方などの、本会とは異なるやり方で 学ぶ事で、アジャイル開発についての理解を深める。  詳しくは・・・Webで!  https://sites.google.com/site/nagoyaagile/ 2
  3. 3. ジコ、ショウカイ。  H/N:  SNS:  出身:  年齢:  本職:  言語:  所属: You&I(読み:ユーアンドアイ) @you_and_i 生まれも育ちも名古屋市 30代中盤 商学部出身の職業プログラマ C++, C#, VB6.0, 日本語COBOL プログラミング生放送 名古屋支部 名古屋アジャイル勉強会 わんくま同盟 名古屋勉強会 3
  4. 4. ATTENTION 本資料は公開致します。 http://www.slideshare.net/youandi060219/youandi-skillmap 資料の内容について全ての メモを取る必要はありません。 セッション内容に集中して 頂ければ幸いです。 4
  5. 5. 本ワークショップへのご意見・ご感想  KPT(けぷと)方式を利用します。  イベントについての感想をKeep/Problem/Tryの3 項目に分けてご意見下さい。  Keep  Problem  Try :良かった、楽しかった、継続したい :いまいちだった、わからない、要改善 :自身のチャレンジ、改善案、ご要望  付箋紙1枚につき1意見を記入して下さい。そし て付箋紙の左上にKPTのどれに該当する意見な のか明記して下さい。 K 楽しかった! P 会場寒かった T 職場で試す 5
  6. 6. AGENDA 1. 2. 3. 4. 5. スキルマップ基礎編 ワークショップ(その1) スキルマップ応用編 ワークショップ(その2) まとめ 6
  7. 7. スキルマップでチームの能力を見える化しよう 1.スキルマップ基礎編 7
  8. 8. 1.スキルマップ基礎編(1/12)  まずは皆さんも何で?と気になっている部分 であろう、なぜアジャイル開発の勉強会でス キルマップを学ぶのか?について説明したい と思います。  一番の理由としては、アジャイル開発のその 歴史に有ります。簡単にアジャイル開発の歴 史について紹介してからスキルマップの話題 に入りたいと思います。 8
  9. 9. 1.スキルマップ基礎編(2/12)  1960年:トヨタ生産方式体系化  1986年:Scrum命名元論文発表  1988年:Triumph of the Lean Production System 記事発表  1992年:ザ・ゴール出版  1993年:Scrum体系化  1996年:eXtremeProgramming体系化  1996年:RationalUnifiedProcess誕生  2001年:アジャイルマニフェスト制定 9
  10. 10. 1.スキルマップ基礎編(3/12)  1960年頃にトヨタ生産方式が体系化  アジャイル開発の源流はトヨタ生産方式にありま す。  トヨタ生産方式は、戦後の日本が米国の大量生 産品に対抗する為に、米国フォード社が生み出 したフォード・システム(流れ作業による大量生 産方式)と、PDCAサイクルの考えを日本に広め たエドワーズ・デミング博士の理念などから多品 種少量生産を仕組みを実現する為に生み出され ました。 10
  11. 11. 1.スキルマップ基礎編(4/12)  1960年頃にトヨタ生産方式が体系化  トヨタ生産方式の概念  http://www.toyota.co.jp/jpn/company/vision/production_system/index.html 1. 自働化 (にんべんの付いた自動化) 2. Just-In-Time  この2つの概念を実現する為に絶え間ない改善を 行い、その手段としてかんばん方式などが生み 出されてきました。  詳細は大野耐一著「トヨタ生産方式」を読んで みて下さい。 11
  12. 12. 1.スキルマップ基礎編(5/12)  1986年のScrum命名元論文発表  スクラムは、1986年に野中&竹内両名により発 表された論文にて、日本の製造業における新製 品開発の流れをラグビーのスクラムに例えられ た事にその名前は由来する。  The New New Product Development Game  詳細は平鍋さんと野中先生による著書「アジャイ ル開発とスクラム」を読んでみて下さい。 12
  13. 13. 1.スキルマップ基礎編(6/12)  1988年のTriumph of the Lean Production Systemの記事発表  アジャイル開発の源流はトヨタ生産方式であると 説明しましたが、リーン生産方式はMITの研究 者がトヨタ生産方式を研究して、再体系化したも のである。その最初がこの記事。  トヨタ生産方式→リーン生産方式→リーンソフトウェア 開発→アジャイル開発  このようにトヨタ生産方式の概念は、その理念や 原則を元に様々な分野に応用されている。 13
  14. 14. 1.スキルマップ基礎編(7/12)  1993年のScrum体系化  1986年の野中&竹内両名により発表された論文 文を受けて、1993年に Ken Schwaber博士と Jeff Sutherland博士によってScrumは体系化さ れました。  Scrum Allianceでは認定スクラムマスター講習 などを行っている。  http://scrumalliance.org/ 14
  15. 15. 1.スキルマップ基礎編(8/12)  アジャイル開発においては、開発チームの 多能工化を目指していく事が推奨されていま す。  多能工化とは、元々は製造業において行わ れている取り組みで、多品種少量生産や生 産性向上を実現する為に、ある作業者が複 数の異なる作業や工程を行う技術を持つよう に訓練していくやり方です。 15
  16. 16. 1.スキルマップ基礎編(9/12)  多能工化を進める上で使われているのが、 スキルマップです。スキルマップは、多能工 訓練計画表や星取表とも呼ばれ、作業者の 能力を表す一覧表となっています。 作業項目 金型仕上げ 資料等 手順書 作業内容 基本 チェックポイント 評価 修正部位を見て、手仕上げか加 工かを判断出来る 平面仕上げ 修正部位により、仕上げ工具が 判断出来る … … … … … … 16
  17. 17. 1.スキルマップ基礎編(10/12)  スキルマップは以下の情報を表します  横軸:作業工程や技能項目  縦軸:作業者 ※軸を逆にする場合もあります 作業項目 金型仕上げ 資料等 手順書 作業内容 基本 Aさんの自己評価 チェックポイント 評価 修正部位を見て、手仕上げか加 工かを判断出来る 平面仕上げ 修正部位により、仕上げ工具が 判断出来る … … … … … … 17
  18. 18. 1.スキルマップ基礎編(11/12)  作業項目の評価  評価は5段階で行います。 ①作業内容を全く知らない ②1人で作業をこなせる ④1人で異常対応出来る ③1人で予定通り作業出来る ⑤他人の指導が出来る 18
  19. 19. 1.スキルマップ基礎編(12/12)  以上簡単に説明しましたが、これがスキル マップです。  日本の経済を支えると言われるもの作りの 現場において、機械化のできない人に依存 する部分は暗黙知な部分が多く、これを形 式知として作業項目化する事で、短期間で の作業者の育成に繋げています。  まずはスキルマップがどんなものか、ワーク ショップで体験して頂きましょう。 19
  20. 20. スキルマップでチームの能力を見える化しよう 2.ワークショップ(その1) 20
  21. 21. 2.ワークショップ(その1)(1/2)  まずはこちらで用意した簡単なサンプルの乗 り物スキルマップについて、各自で自己評価 してみて下さい。      一輪車 自転車 自動車 大型自動車 けん引型大型自動車 時間:3分間 21
  22. 22. 2.ワークショップ(その1)(2/2)  ワークショップ(その2)でのグループワークに 向けて、各テーブルで今評価して頂いたス キルマップを使って自己紹介して下さい。  1人2分以内でお願いします  自己紹介内容は以下2項目とします 1. お名前 2. スキルマップ結果 時間:10分間 22
  23. 23. スキルマップでチームの能力を見える化しよう 3.スキルマップ応用編 23
  24. 24. 3.スキルマップ応用編(1/8)  ここまでは製造現場でのスキルマップについ て紹介してきました。ここからはソフトウェア 開発の現場でこのスキルマップがどのように 活用できるのか考えてみたいと思います。  アジャイル開発手法の中で現在良く使われ ているのはScrumでしょう。  今回は、アジャイル開発手法そのものであっ たりScrumについて、事細かく説明は行いま せんが・・・ 24
  25. 25. 3.スキルマップ応用編(2/8)  Scrumとは、経験的プロセス制御の理論を 基本としています。これは実際にScrumによ る開発を行い、その実際の物事の判断に よって知識が獲得できるというものです。  そしてそのScrumの経験的プロセス制御を 支えているのが以下の三本柱です。 1. 透明性:見える化。見ている人の共通理解。 2. 検査 :成果物や進捗を検査して変化を検知 3. 適応 :プロセス(やり方)の見直し 25
  26. 26. 3.スキルマップ応用編(3/8)  スキルマップにScrumの三本柱を当てはめてみ ると・・・ 1. 透明性  作業項目・機能として何を挙げるか  技術の達成判断(Doneの定義)をどう定義するか  現状評価だけでなく、身につけようとする目標も示す 2. 検査  どのタイミングでスキルマップを作成・更新するか  自己評価だけではなく、他者による評価 3. 適応  作業項目・機能の見直し  技術の達成判断の見直し 26
  27. 27. 3.スキルマップ応用編(4/8)  どのタイミングでスキルマップを作成・更新 するか?  インセプションデッキを作成・更新したタイミン グなど、どのような機能が必要になってくるか 明確になった時点で作成する事が出来るでしょう。  作業項目・機能として何を挙げるか?  ソフトウェア開発の場合なら、開発言語や RDBMS、会計知識といったビジネスロジックに 関わる技術などが挙げられるでしょう。 27
  28. 28. 3.スキルマップ応用編(5/8)  技術の達成判断(Doneの定義)をどう定義する か?  評価方法の標準化  「○++出来ます! 」(○にはお好きなアルファベット)なんて 採用面接の場では言って大丈夫でも、Twitter上で言って 大丈夫な位の習得度ですか?  CodeIQ(ITエンジニアのための実務スキル評価サービス) – https://codeiq.jp/ – IT技術と言えども何でもかんでも評価できる訳ではない。  自己評価だけではなく、他者による評価  製造業ではトレーナーが評価しますが、Scrumの場 合は開発チーム全員で評価する? 28
  29. 29. 3.スキルマップ応用編(6/8)  現状評価だけでなく、身につけようとする目 標も示す  スキルマップには2つの側面があります。 1. 現状を見える化 2. 目標を見える化  目標をいつまでに達成するのか日付を入れる。  目標の達成度は人事考課の指標として使う事も 出来ます。 29
  30. 30. 3.スキルマップ応用編(7/8)  ここまで説明してきた応用形のスキルマップ を表にすると以下のようになります。Scrum と絡めて説明しましたが、この応用形が製 造現場で使われているスキルマップです。 作業項目 資料等 作業内容 チェックポイント … … 新規にクラスを作成出来る … … 自己評価 他者評価 自己目標 変数を定義する事が出来 る … ○++11 規格書 変数定義 クラス定義 ○++開発 Aさん … ‘13/10末 ‘13/11末 30
  31. 31. 3.スキルマップ応用編(8/8)  ここまでで説明してきた通り、製造現場で使 われているスキルマップはかなり奥が深い です。  今回スキルマップをテーマとして取り上げた 理由がここにあります。製造現場以外の業 界、特にソフトウェア開発業界などで、個人 の能力評価や人材育成についてここまで管 理していますでしょうか?  またワークショップで体験して頂きましょう。 31
  32. 32. スキルマップでチームの能力を見える化しよう 4.ワークショップ(その2) 32
  33. 33. 4.ワークショップ(その2)(1/3)  年末が近づくとあのイベントがありますね。 今回は作業項目を考えるワークとして、ホー ルケーキ作りで考えてみたいと思います。  ホールケーキを作成するにあたり必要になる 作業項目及びその熟練度を5段階で考えて みて下さい。 熟練度① 熟練度② 熟練度④ 熟練度③ 熟練度⑤ 33
  34. 34. 4.ワークショップ(その2)(2/3)  今回は時間が限られているので作業項目はあ る程度挙げておきます。5段階の熟練度につい て各テーブルで考えてみて下さい。  ホールケーキ作りの作業項目 1. 2. 3. 4. スポンジ生地作り シロップ作り ホイップクリーム作り 盛り付け  各テーブルのA3用紙・付箋紙はご自由にお使 い下さい。 時間:10分間 34
  35. 35. 4.ワークショップ(その2)(3/3)  お疲れ様でした。  ホールケーキ作りでも熟練度を設定するの は結構頭をひねる必要があったのではない でしょうか?  これが実際のプロジェクトになると、もっと 範囲が広くなり大変になりそうですね。だか らこそチーム全員でこの熟練度を定義する意 義があるかと思います。  是非チャレンジしてみて下さい。 35
  36. 36. スキルマップでチームの能力を見える化しよう 5.まとめ 36
  37. 37. 5.まとめ(1/2)  スキルマップとは以下の要素が含まれてい る事を学びました。      プロジェクトの作業工程管理 能力評価の標準化 個人の能力の現状評価 個人の能力の他者評価 個人の能力向上の目標 37
  38. 38. 5.まとめ(2/2)  開発チームや組織において、人材育成はと ても大事な事です。個々人の能力が見える 化される事でチームビルディングやコミュニ ケーションにも役立ちます。  是非このスキルマップを役立ててみて下さい。 38
  39. 39. 本ワークショップへのご意見・ご感想  KPT(けぷと)方式を利用します。  イベントについての感想をKeep/Problem/Tryの3 項目に分けてご意見下さい。  Keep  Problem  Try :良かった、楽しかった、継続したい :いまいちだった、わからない、要改善 :自身のチャレンジ、改善案、ご要望  付箋紙1枚につき1意見を記入して下さい。そし て付箋紙の左上にKPTのどれに該当する意見な のか明記して下さい。 K 楽しかった! P 時間足りな かった T また参加した い 39
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×