Your SlideShare is downloading. ×
0
名古屋アジャイル勉強会 2013年活動ふりかえり
名古屋アジャイル勉強会 2013年活動ふりかえり
名古屋アジャイル勉強会 2013年活動ふりかえり
名古屋アジャイル勉強会 2013年活動ふりかえり
名古屋アジャイル勉強会 2013年活動ふりかえり
名古屋アジャイル勉強会 2013年活動ふりかえり
名古屋アジャイル勉強会 2013年活動ふりかえり
名古屋アジャイル勉強会 2013年活動ふりかえり
名古屋アジャイル勉強会 2013年活動ふりかえり
名古屋アジャイル勉強会 2013年活動ふりかえり
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

名古屋アジャイル勉強会 2013年活動ふりかえり

501

Published on

第58回 名古屋アジャイル勉強会 ワークショップ資料 …

第58回 名古屋アジャイル勉強会 ワークショップ資料
http://blogs.yahoo.co.jp/nagoya_agile_study_group/37992507.html

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
501
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 名古屋アジャイル勉強会 2013年活動ふりかえり 第58回 名古屋アジャイル勉強会 2013/11/29(金) You&I
  • 2. ふりかえりとは(1/4) 皆さんは「ふりかえり」を行っていますか? 「私たちがレトロスペクティブと言うとき、それ は『仕事が一段落したあとにチームメンバー が集まり、チームのやり方やチームワークを 点検し、改善する特別なミーティング』のこと を指している」 書籍『アジャイル レトロスペクティブ』序文より 今回は名古屋アジャイル勉強会の活動のふ りかえりに、皆さんもご協力頂きます。 2
  • 3. ふりかえりとは(2/4) 先程の序文にもあった通り、ふりかえりとは 以下の事を行います。 1. 2. 3. 4. 5. 6. 関係者を集める 前回のふりかえり結果を共有する 既に行った行動に対する感想を集める 物事のやり方に対する意見を集める 集まった感想や意見から改善案を出す 改善案の中から実施するものを選ぶ 3
  • 4. ふりかえりとは(3/4) ふりかえりで使われるプラクティスには幾つ かありますが、最も良く使われているのが、 KPT(けぷと)です。 KPTでは意見や感想をKeep/Problem/Tryの 3項目に分類します。 • Keep • Problem • Try :良かった、楽しかった、継続したい :いまいちだった、わからない、要改善 :自身のチャレンジ、改善案、要望 KPTで出た意見は紙などに貼り出します。 4
  • 5. ふりかえりとは(4/4) KEEP(良かった事、続けたい事) イベン ト楽し かった TRY(改善案、チャレンジ) また参 加した い! お菓子 美味し い! プランニ ングポー カーやっ てみたい PROBLEM(気になった事、分からない事、 要改善) 参加 者少な い・・・ お菓子 美味し い! 会場 が駅 から遠 い・・・ 5
  • 6. 活動ふりかえり 説明ばかりではあれなので、早速ふりかえっ てみましょう。 ふりかえりのテーマは良いとして、今回は時 間が限られているので、要改善項目を先出し します。  テーマ • 名古屋アジャイル勉強会の活動ふりかえり  要改善項目 • 参加者数が振るわない。特に読書会や丸一日開催のイ ベントが大変な事になっています。 6
  • 7. 2013年活動内容(1/3) № 日時 開催形態 内容 人数 1 01/16 19~21時 分科会(#6) リーン・スタートアップ読書会 2 01/25 19~21時 本会(#49) eXtremeProgramming入門 18名 3 02/23 10~16時 本会(#50) 丸っと1日ユーザーストーリー 23名 4 02/27 19~21時 分科会(#7) リーン・スタートアップ読書会 5 03/22 19~21時 本会(#51) 共催 ソフトウェア技術者のためのトヨタ生産 方式(TPS) 6 03/31 10~17時 共催 シマリスScrum 7 04/17 19~21時 分科会(#1) スクラムを活用したアジャイルなプロダ クト管理読書会 8 04/26 19~21時 本会(#52) 9 05/15 19~21時 分科会(#1) スクラムを活用したアジャイルなプロダ クト管理読書会 アジャイルマニフェストから見るインセプ ションデッキ 4名 3名 62名 6名 6名 10名 6名 7
  • 8. 2013年活動内容(2/3) № 日時 開催形態 10 05/24 10~16時 協力 内容 Agile Japan 2013 サテライト名古屋 人数 8名 11 06/19 19~21時 分科会(#3) スクラムを活用したアジャイルなプロダ クト管理読書会 5名 12 06/22 10~16時 参加 オープンソースカンファレンス 2013 Nagoya --名 13 06/28 19~21時 本会(#53) 現場で活かす、アジャイル型開発にお けるプラクティス活用事例調査 12名 14 07/17 19~21時 分科会(#4) スクラムを活用したアジャイルなプロダ クト管理読書会 3名 15 07/26 19~21時 本会(#54) アジャイルな開発は『かんばん』で行こ う! 12名 16 08/21 19~21時 分科会(#5) スクラムを活用したアジャイルなプロダ クト管理読書会 3名 8
  • 9. 2013年活動内容(3/3) № 日時 開催形態 内容 人数 思考の見える化でコミュニケーション促 進 12名 18 09/18 19~21時 分科会(#6) スクラムを活用したアジャイルなプロダ クト管理読書会 3名 19 09/23 10~17時 本会(#56) 簡単/手ごわい?全10種インセプション デッキ作成ワークショップ 8名 20 10/12 14~18時 本会(#57) 共催 ソフトウェア開発に、変化を起こそう、変 化に立ち向かおう 20名 21 11/15 10~17時 協賛 JaSST’13 Tokai --名 22 11/20 19~21時 分科会 わかりやすい アジャイル開発の教科書 読書会 3名 23 11/29 19~21時 本会(#58) スキルマップでチームの能力を見える 化しよう --名 17 08/30 19~21時 本会(#55) 9
  • 10. 活動ふりかえり 付箋紙1枚に1意見でお願いします。 あまり深く考え込まず、直感的な意見も大歓 迎です。 名古屋市近郊にIT技術者は数万人レベルで いると思いますがどうしたらもっと人を呼べる でしょうか?  開催場所、開催曜日、開催時刻、テーマ  実は女性エンジニアの方の参加も他地域と比べ ると少ない印象です。 10

×