インセプションデッキ紹介
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

インセプションデッキ紹介

on

  • 16,046 views

Agile

Agile

Statistics

Views

Total Views
16,046
Views on SlideShare
11,448
Embed Views
4,598

Actions

Likes
36
Downloads
142
Comments
0

12 Embeds 4,598

http://blog.scimpr.com 4361
http://d.hatena.ne.jp 99
http://devlog.mitsugeek.net 56
https://cybozulive.com 45
http://webcache.googleusercontent.com 15
https://twitter.com 12
https://www.chatwork.com 3
https://si0.twimg.com 2
http://www.google.co.jp 2
https://kcw.kddi.ne.jp 1
http://cloud.feedly.com 1
https://translate.googleusercontent.com 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

インセプションデッキ紹介 インセプションデッキ紹介 Presentation Transcript

  • Agile Japan 2012 サテライト<名古屋> 2012/03/16 You&I
  •  H/N You&I(読み:ユーアンドアイ)  出身 生まれも育ちも名古屋市  年齢 30代前半  本職 商学部出身の職業プログラマ  言語 C++, C#, VisualBasic 6.0, 日本語COBOL  日記 http://d.hatena.ne.jp/youandi/  所属 名古屋アジャイル勉強会 プログラミング生放送 名古屋支部 わんくま同盟 2
  • 3
  • プロジェクトを核心まで 煮詰めて抽出した 共通理解(=合意事項)を、 開発チームだけではなく、 より広範囲なプロジェクトの 利害関係者へ 手軽に伝える為のツール 4
  •  インセプションデッキは、ジョナサン・ラス マセン氏の2010年9月発売の著書「The Agile Samurai」において、「10の手強い質問」と して紹介されています。  日本においては「The Agile Samurai」の発売 後にブログ・SNS等で紹介される中、オーム 社より2011年7月に書籍「アジャイルサムラ イ」として日本語翻訳版が発売されました。 5
  •  インセプションデッキは、プロジェクトの開 始前に実施するプラクティスです。プロジェ クトのふりかえりの際にも利用可能です。  プロジェクトを始めるにあたって・・・  誰が関係するのか  何を作るのか、どうやって作るのか  いつまでに作るのか  ・・・etc.  関係者全員で話し合い、関係者全員で合意す る為のプラクティスです。上から決められた 指示ではなく、自分達でやる事を決めます。 6
  • 7
  • 1. 利害関係者(ステークホルダー)を集める 2. 集まった人達で、PowerPoint文書の穴埋め をするワークショップを行う 3. 作成したPowerPoint文書を見える所に貼り 出す たったこれだけ。 インセプションデッキは手軽に行えます。 そして内容に変更があれば、逐次作成ワー クショップを行い、内容を修正します。 常にプロジェクトの最新状態を示します。 8
  •  インセプションデッキはアイデア出しの場で は有りません!プロジェクトの方向付けを行 う為の場です。  関係者にちゃんと主旨を伝えた上で集まりま しょう。  必要な資料があるなら会議前に事前配布。議 論の叩き台となる情報を持っている側が用意 します。  プロジェクトファシリテーションにある通り 会議は目的・目標を決め、短く簡潔に、そし て意義のあるものにしましょう 9
  •  話し合いは、ホワイトボード、ペン、付箋紙、 模造紙(B紙)を使って行います。  10の手強い質問は、必ずしも全てを行う必要 は有りません。必要な物だけ行えば良いです。  10の手強い質問の詳細は、後ほど紹介します。  1つのテーマにつき1~1.5時間話し合いを行っ たら、スライドにまとめます。  インセプションデッキのPowerPoint文書  http://j.mp/inception-deck (英語版)  http://j.mp/inception-deck-ja (日本語版)  次のテーマに進み、スライドをまとめるのを 繰り返す。 10
  •  10の手強い質問についてまとめたスライドを 印刷して見える所に貼り出します。  サーバーの共有フォルダ等にスライドの電子 ファイルを置いただけでは、共有したことに はなりませんので注意!  プロジェクトで大事な事を周囲に報告する事 も兼ねて、目に付く位置に貼り出します。 11
  • 12
  • 13 我々はなぜこ こにいるの か? エレベーター ピッチ パッケージデ ザイン やらないこと リスト ご近所さんを 探せ
  • 何の為にこの場に集まったのかを明確にし、当 たり前の事かも知れないが、自分の認識と周 りとで認識が合っているのか確認する。  ミッションの定義  自分達の顧客は誰なのか  プロジェクトの始まった理由はなんなのか  プロジェクトの目的やゴールは何か 14
  • 我々はなぜここにいるのか •[大事な理由(その1)] •[大事な理由(その2)] •[大事な理由(その3)] [プロジェクトの根幹を成す、 最も大事な理由] 15
  • プロジェクトをTV CMのように30秒でアピール するとしたら何を伝えるべきだろうか?  ニーズの定義  どんな顧客の要望に応えるのか  プロジェクトの成果物名は何か  プロジェクトの成果物はどのように分類され るものなのか  プロジェクトの成果物は何ができるのか  プロジェクトの成果物の目玉は何か 16
  • エレベーターピッチ  [潜在的な、ニーズを満たしたり・課題/問題を解決 したい] したい。  [対象となる顧客] 向けの、  [プロダクト名] というプロダクトは、  [プロダクトの種別] です。  これは [重要な利点、対価に見合う説得力のある理 由] ができ、  [考え得る最も有力な代替手段] とは違って、  [代替手段とは差別化される決定的な特徴] が備わっ ている。 17
  • 雑誌の広告ページのように、1ページや1枚紙 でプロジェクトをアピールするとしたら、ど のような内容になるか。  ビジョンの定義  プロジェクトの成果物名は何か  プロジェクトの成果物の目玉は何か  ユーザー視点で書く 18
  • パッケージデザイン [プロダクトの名前] [最高のキャッチコピー] [ユーザーへのアピール(その1)] [ユーザーへのアピール(その2)] [ユーザーへのアピール(その3)] [素敵な写真] 19
  • プロジェクトで実現したい事は明確になってい る事が多い。やらなくても良い事を明確にす る事で、やるべき事を明確にする。  スコープの定義  まずはやりたい事を洗い出す  やる・やらない・あとで決めるに分類する 20
  • やらないことリスト やる やらない [作業] [作業] あとで決める [作業] 21
  • プロジェクト終盤での不意の横槍は対応が大変 です。早めに関係者を洗い出し、顔合わせを しましょう。  プロジェクトコミュニティの定義  自分達が思っているよりも、プロジェクトの 関係者に含まれる範囲は広い。  利害関係者(ステークホルダー)の洗い出し  実際に顔合わせする 22
  • コアチーム [顧客] [開発チーム] [マネージャ] [品証部門] 利害関係者 [XXX部門] [YYYグループ] [ZZZチーム] [営業部門] [運用部門] [安全管理者] [セキュリティ専門家] ・ ・ ・ ご近所さんを探せ 23
  • 24 技術的な解決 案を描く 夜も眠れなく なるような問 題は? 期間を見極め る トレードオフ スライダー 何がどれだけ 必要か?
  • プロジェクトの成果物をどのように実現するか、 予め決めましょう。またどこに問題が起こり そうかも当たりを付けましょう。  アーキテクチャの定義  利用技術の洗い出し  リスクの洗い出し  構成を決める 25
  • 端末 技術的な解決案 クラウド データ ベース ブラ ウザ [通信プロトコル をどうする?] [クラウドサービ スがダウンした ら?] やらない •[端末の多機種対応] あとで決める •[利用クラウドサービス] •[利用データベース] 26
  • プロジェクトを進める上で、これが起きたら目 的を達成できなくなるという、最悪のケース は何でしょうか。予めそれを想定し、対処法 や回避法を考えましょう。  リスクの洗い出し  リスクに対する対処法/回避法の洗い出し  リスクへの対応に価値があるかないかを見極 める 27
  • 夜も眠れなくなるような問題 28 リスク対応の価値あり リスク対応の価値なし [夜も眠れなくなる問題1] [夜も眠れなくなる問題4] [夜も眠れなくなる問題2] [夜も眠れなくなる問題5] [夜も眠れなくなる問題3] [夜も眠れなくなる問題6]
  • いつ頃終わるかという情報はやはり必要です。 プロジェクトのスケジュールを大雑把に決め ましょう。ここで決めた事は、コミットメン ト(確約)では有りません。  スケジュールの定義  どんな作業があるか洗い出す  いつまでに終わらせる必要があるか洗い出す 29
  • 期間を見極める [一ヶ月] [二ヶ月] [半月] [環境構築] [トレーニング] [開発] 30
  • プロジェクトを進める上で、作業の順序づけを 決めましょう。このプロジェクトでは何が優 先されるかで、プロジェクトの方向性が決ま ります。  機能・予算・時間・品質のどれを優先するか 決める  どんな作業があるか洗い出す  優先度は一意なものとする。同一の優先度の ものは存在してはならない。 31
  • トレードオフスライダー 優先度 タスク Max Min [スコープ(機能)] Max Min [予算] Max Min [時間] Max Min [品質] Max Min Max Min Max Min 32
  • プロジェクトにおいて、予算・期間・人員がい つどれだけ必要になるか、決めましょう。  人・体制・予算・機材・場所・期間等何がど れだけ必要になるかを定義  人員体制について、ロール(役割) 別に誰に何 を期待するのか、何人必要になるのか洗い出 しましょう  最終的な意志決定者が誰になるか決めましょ う 33
  • 何がどれだけ必要か?(予算・期間・人) [一ヶ月] [二ヶ月] [半月] [環境構築] [トレーニング][開発] [リリース!] [5人]、 [2ヶ月半]、[1,500万円] 34
  • 何がどれだけ必要か?(俺たちの"Aチーム") 人数 役割 強みや期待する事 [1] [顧客] [フィードバックの為に、週1で ミーティング対応する事] [3] [開発者] [C++の開発経験がある事] [1] [テスター] [テスト自動化の経験がある事] [1] [アナリスト] [顧客要求についてチームと連携 し、分析が行える事] 35
  • 36
  •  インセプションデッキは、関係者全員で話し 合い、関係者全員で合意する為のワーク ショップ。  開発チームだけでも実施可能です。やれる所から 実践しましょう。  核心を突く質問(=手強い質問)ができるかどうか は、やはり実践経験によります。インセプション デッキを行い、その実施結果からどんな質問をす べきかが導出される筈です。 37
  •  10の手強い質問は、必ずしも全てを行う必要 は有りません。必要な物だけ行えば良いです。  お試しセット ① やらないことリスト ② ご近所さんを探せ ③ トレードオフスライダー 38
  •  インセプションデッキは、常にプロジェクト の最新状態を示します。  内容に変更があれば、逐次ワークショップを開催 して内容を修正し、常に最新状態を保ちます。  プロジェクトの方向性にズレを感じた時(チーム の意識にズレがあったり、作業進捗の雲行きが怪 しくなったり)が、インセプションデッキの実施 タイミングです。 39