• Save
現場で活かす、アジャイル型開発におけるプラクティス活用事例調査
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

現場で活かす、アジャイル型開発におけるプラクティス活用事例調査

on

  • 884 views

第53回 名古屋アジャイル勉強会での発表資料。

第53回 名古屋アジャイル勉強会での発表資料。
http://blogs.yahoo.co.jp/nagoya_agile_study_group/37587923.html

Statistics

Views

Total Views
884
Views on SlideShare
867
Embed Views
17

Actions

Likes
2
Downloads
0
Comments
0

1 Embed 17

http://d.hatena.ne.jp 17

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

現場で活かす、アジャイル型開発におけるプラクティス活用事例調査 Presentation Transcript

  • 1. 現場で活かす、 アジャイル型開発における プラクティス活用事例調査 第53回 名古屋アジャイル勉強会 2013/06/28(金) You&I
  • 2. ジコ、ショウカイ。 H/N: You&I(読み:ユーアンドアイ) SNS: @you_and_i 出身: 生まれも育ちも名古屋市 年齢: 30代中盤 本職: 商学部出身の職業プログラマ 言語: C++, C#, VB6.0, 日本語COBOL 所属: プログラミング生放送 名古屋支部  名古屋アジャイル勉強会  わんくま同盟 名古屋勉強会 2
  • 3. AGENDA 1. 動機付け 2. IPAでの調査活動について 3. アジャイル型開発におけるプラクティス活 用事例調査の要約 4. アジャイルプラクティスについて 5. ワークショップ 6. まとめ 3
  • 4. 動機付け 4
  • 5. 1. 動機付け まずは今回のテーマについての説明から。 ここ数年、IPA/SECではアジャイル開発手法 についての調査を行っています。 名古屋アジャイル勉強会では、アジャイル開 発を扱うコミュニティとして、これまで IPA/SECの調査結果をテーマとして扱う事は ありませんでした。昨年度の成果はアジャイ ルプラクティスのまとめだし、取り上げない とそろそろヤバイ!ってのがきっかけで す・・・。 5
  • 6. IPAでの調査活動について 6
  • 7. 2. IPAの調査活動について (1/7) 組織について IPA Information-technology Promotion Agency, Japan 独立行政法人 情報処理推進機構 IPA/SEC Software Reliability Enhancement Center ソフトウェア高信頼化センター 未踏ソフトウェア創造事業は皆さんご存じです よね? 7
  • 8. 2. IPAの調査活動について (2/7) Agile Japan 2013において、IPA/SECのここ 4年間のアジャイル開発に関する取り組みに ついて紹介がありました。 アジャイル開発のプラクティス・レファレンスガ イド ~アジャイル開発を適切に導入するための 工夫と留意点~  http://www.ipa.go.jp/sec/events/20130524.html 当日のUstream録画が公開されています  http://www.ustream.tv/channel/agile-japan-2013 8
  • 9. 2. IPAの調査活動について (3/7) 本日の参加者の皆さんは、Agile Japan 2013に参加されていなかったと思いますの で、4年間のアジャイル開発に関する取り組 みについて紹介したいと思います。 あと、前のページで紹介した発表資料の URLは、6/1付けのIPAウェブサイトのリ ニューアルによってリンク切れしています。  http://www.ipa.go.jp/about/webrenewal/index.html ちゃんとしたリンク先で紹介したいと思います。 9
  • 10. 2. IPAの調査活動について (4/7) 1. 平成21(2009)年度  http://www.ipa.go.jp/sec/reports/20100330a.html 非ウォーターフォール型開発に関する調査結果 プラクティス整理表 アジャイル開発を実施している会社へのヒアリング 代表的なプラクティスの影響評価 10
  • 11. 2. IPAの調査活動について (5/7) 2. 平成22(2010)年度  http://www.ipa.go.jp/sec/reports/20110407.html アジャイル型開発を推進するための活動成果 契 約:契約のあり方、調達の制度設計 価値評価:経営層やユーザー企業へのアピール 環境整備:管理手法や技術面の整備 普 及:コンサル等の役割の整備、人材育成 11
  • 12. 2. IPAの調査活動について (6/7) 3. 平成23(2011)年度  http://www.ipa.go.jp/sec/reports/20120326.html 日本におけるアジャイル開発に適した契約形態 前年度成果の非ウォーターフォール型開発に適した 契約として2つのモデル契約書案について、実証実 験。  http://www.ipa.go.jp/sec/reports/20120328.html 「非ウォーターフォール型開発の普及要因と適 用領域の拡大に関する調査」報告書(国内の 中・大規模プロジェクト事例) プラクティスの活用事例をまとめた。 12
  • 13. 2. IPAの調査活動について (7/7) 4. 平成24(2012)年度  http://www.ipa.go.jp/sec/reports/20120611.html 非ウォーターフォール型開発の普及要因と適用 領域の拡大に関する調査報告書(非ウォーター フォール型開発の海外における普及要因編) 海外動向の調査  http://www.ipa.go.jp/sec/reports/20130319.html 「アジャイル型開発におけるプラクティス活用 事例調査」の報告書とリファレンスガイド 今回のテーマ 13
  • 14. アジャイル型開発における プラクティス活用事例調査 の要約 14
  • 15. 3. 活用事例調査の要約 (1/5) ここまでIPA/SECの活動について紹介してき ました。 ここからは3月に公開された以下の報告書に ついて掘り下げていきたいと思います。 「アジャイル型開発におけるプラクティス活用 事例調査」の報告書とリファレンスガイド http://www.ipa.go.jp/sec/reports/20130319.html よく見たら上記ページには「概要調査報告書」とあ りますが「調査概要報告書」が正しいみたいですね。 誤記? 15
  • 16. 3. 活用事例調査の要約 (2/5) 今回の報告書の構成 1. アジャイル型開発におけるプラクティス活用事 例調査 調査概要報告書 [PDF形式] 2. アジャイル型開発におけるプラクティス活用事 例調査 調査報告書(調査編) [PDF形式] 3. アジャイル型開発におけるプラクティス活用事 例調査 調査報告書 ガイド編 [PDF形式] 4. アジャイル型開発におけるプラクティス活用 リ ファレンスガイド [Microsoft Word形式] 16
  • 17. 3. 活用事例調査の要約 (3/5) 1. アジャイル型開発におけるプラクティス活 用事例調査 調査概要報告書 今回の調査の目的や代表的な調査結果の抜粋 2. アジャイル型開発におけるプラクティス活 用事例調査 調査報告書 どのようなアンケート内容で集計を行ったのか、 アンケートを行った会社の事例調査からの統計 分析 17
  • 18. 3. 活用事例調査の要約 (4/5) 3. アジャイル型開発におけるプラクティス活 用事例調査 調査報告書 ガイド編 アンケート対象となったアジャイルプラクティス について、以下の事がまとめられています。 どんな事をやるのか どのような場面/目的で使うのか プラクティスを実施する上でどんな問題・制約があ るのか、そして留意点など 調査先企業での利用例 関連するプラクティス 参考文献 18
  • 19. 3. 活用事例調査の要約 (5/5) 4. アジャイル型開発におけるプラクティス活 用 リファレンスガイド 3の調査報告書ガイド編が元になっている資料。 実際に調査に携わった方に伺った話では、各現 場で今回の調査結果を活用しやすくする為に本 文書は、Microsoft Word形式で公開されていま す。是非自由に書き換えて現場改善に活用して 頂きたいとの事。その為にクリエイティブ・コモ ンズ・ライセンスでの公開となっています。 19
  • 20. アジャイルプラクティスについて 20
  • 21. 4. アジャイルプラクティスについて (1/5) あ、そういえばここまで アジャイル開発って何? や、 アジャイルプラクティスって何ですか? という事について説明をしていませんでした。 ここではそれらについて説明をしていきたいと 思います。 21
  • 22. 22
  • 23. 4. アジャイルプラクティスについて (2/5) アジャイル開発という言葉はとても広い意味を 持っています。 それは2001年に公開されたアジャイルマニ フェストの4つの価値と12の原則に則ってい れば、どんな行為・行動も基本的にはア ジャイルであると見なせるからです。 また、アジャイルマニフェストに則った様々な アジャイルプラクティスが存在します。ア ジャイルマニフェストが指針であるとすると、 アジャイルプラクティスはその指針を実行・ 実践する手段の一つです。 23
  • 24. 4. アジャイルプラクティスについて (3/5) 24 アジャイル開発とは、コレをやったらアジャイ ルだ!とか、こうしなければいけない!とか、 コレをやれば良い!といった類いのものでは ありません。俗に言う「銀の弾丸」でもあり ません。 アジャイル開発では、顧客を第一に考え、 顧客にとって価値のあるものをチームが一丸 となって提供し続ける為に日々切磋琢磨しま す。
  • 25. 4. アジャイルプラクティスについて (4/5) 25 アジャイルマニフェストとアジャイルプラクティス の関係は以下の通りです。  4つ価値 価値とは理念である。何を考え何を行うのかを判断する のに使用する大まかな基準である。  12の原則 アジャイル開発を行っていく上での指針となり、何をすべ きなのか迷った時にはこの原則に立ち返るべきである。  プラクティス 原則を実践手段として表現したもの。必ずしも価値・原 則に謳われているものだけに限らない。 大事なのは、アジャイル開発は単なるプラク ティスの寄せ集めではないという事です。
  • 26. 26 http://blogs.itmedia.co.jp/hiranabe/2012/09/rightwing-and-leftwing-of-agile.html
  • 27. 4. アジャイルプラクティスについて (5/5) アジャイルプラクティスには様々なものがあ ります。平鍋さんのブログ記事にある通り、 チーム開発において、技術的な問題を解決 するプラクティスもあるし、チーム内のコミュ ニケーションを促進するプラクティスもありま す。 チームの目指すゴールを明確にし、それを 達成する為に何が必要になるのかを、チー ム毎に考え続ける必要があります。 27
  • 28. ワークショップ 28
  • 29. 5. ワークショップ/自己紹介 さて、ここまで長々と説明してきましたが、 ここからは参加者の皆さんに色々と考えて頂 くお時間となります。 まずは、各テーブル内で自己紹介をしましょ う。以下の内容でお願いします。 1. お名前 2. 今回のものに限らず、IPAの報告書を読んで いるかどうか 3. 好きな/やってみたい/興味あるプラクティス 29
  • 30. 5. ワークショップ/プラクティス選択(1/5) アジャイル型開発におけるプラクティス活用 事例調査で紹介されているアジャイルプラク ティスの内、皆さんがそれぞれやってみた い・導入したいと思うものを1つ選んで下さ い。 そして選んだプラクティスについて、パター ン・ランゲージの記法(「名前」「背景」 「問題」「解決策」「フォース」の組から なる自然文で記述)で、自分の問題に当ては めて書き出してみましょう。 30 10分間
  • 31. 5. ワークショップ/プラクティス選択(2/5) 名前(導入したいプラクティス名を書く) 日次ミーティング 背景(現在の状況) チームが自分のタスクを こなす事に殆どの時間を 費やし、他の事に気が回 らない。 フォース(課題・障害) チームメンバー一同が揃 う事が中々できない。 問題(放置したらどうなる) 情報共有しない事により 問題の肥大化や無駄な作 業が発生してしまう。 解決策(思考過程) 短時間で情報共有できる ようにタスクボードの前で 情報を共有する。 31
  • 32. 5. ワークショップ/プラクティス選択(3/5) どうでしょうか書けましたでしょうか? 書き出したものについて、テーブル内で1人 1分を目安に発表して下さい。 32 6分間
  • 33. 5. ワークショップ/プラクティス選択(4/5) 各テーブルで出たプラクティスについて1つ 選び、それを実際に導入したり・うまく回し ていく為には、どんな事をするべきか考えて みましょう。 1. まず1つ議題となるプラクティスを選びましょう。 2. 選んだものについて理想型・理想像をイメー ジしましょう。 3. 現状を理想に近づける為には、どんな事が必 要になるか考えてみましょう。 4. またIPAの報告書にこんな情報が欲しいなど の意見があれば出してみましょう。 3310分間
  • 34. 5. ワークショップ/プラクティス選択(5/5) どうでしょうか何か良い導入案や解決策はで ましたでしょうか? 各テーブルでまとめたものを共有したいと思 います。 1. 最初のワークで作成したパターンランゲージ 分類を紹介して下さい。 2. 先程のワークで話し合って作成した、導入の 理想型や、それを実現する為の方策等につい て紹介して下さい。 34 6分間
  • 35. まとめ 35
  • 36. 6. まとめ (1/2) 今回は、IPAの報告書を使って、現場改善 に活かすにはどうすれば良いのか、ワーク ショップを通じて体験して頂きました。 短い時間でのワークショップでしたので、ア ジャイルプラクティスについて、深く理解す る間もなく導入するにはどうしたら良いかを 考えました。 是非皆さんの職場でじっくりと読んで頂き、 現場改善に活かして頂ければ幸いです。 36
  • 37. 6. まとめ (2/3) また、皆さんの現場改善に繋がったなら、 それを是非共有して頂きたいです。 共有を手助けする手段の一つが今回の IPA/SECの調査結果でも使われている「パ ターン・ランゲージ」です。 (リンク集) YukiWiki > パターン・ランゲージ http://www.hyuki.com/yukiwiki/wiki.cgi?%A5% D1%A5%BF%A1%BC%A5%F3%A5%E9%A5 %F3%A5%B2%A1%BC%A5%B8 37
  • 38. 6. まとめ (3/3) パターン・ランゲージの記法(「名前」「背 景」「問題」「解決策」「フォース」の組 からなる自然文で記述)を利用すると、ある 事柄について何の為にそれをやるのか、目 的が明確になり、また障害となるものについ ての認識や対処方法が理解できます。 チームが汗水流して得た英知を、チーム内 に止まらず、他チームや会社組織全体に広 める事で、より良い組織を目指しましょう。 38