20130225 umtp agile_seminar
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share

20130225 umtp agile_seminar

  • 405 views
Uploaded on

2013/2/25 UMTPアジャイル開発事例セミナー

2013/2/25 UMTPアジャイル開発事例セミナー

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
405
On Slideshare
405
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
1
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 20131スクラム導入に必要な現場づくりhttp://www.flickr.com/photos/improveit/522636942/NECビッグローブ株式会社松浦 洋介
  • 2. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 20132松浦 洋介Yosuke Matsuura@ayaya1024・アジャイルコーチ・スクラムマスター
  • 3. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 20133寄稿しました定価:2000円東日本大震災の義援金として寄付#uastories
  • 4. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 20134開催予定:2/27(水)20時~ すくすくスクラム© NEC BIGLOBE, Ltd. 2013http://sukusuku-scrum.doorkeeper.jp/events/2744
  • 5. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 20135本日伝えたいことhttp://www.flickr.com/photos/t_gregorius/3337026463/スクラム導入で成果を出すための現場づくり
  • 6. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 20136より成果を出すためには常にカイゼンすることhttp://www.flickr.com/photos/10361931@N06/4273168957/
  • 7. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 20137http://www.flickr.com/photos/thegirlsny/3711329880/よく落ちいりやすい10のアンチパターン
  • 8. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 20138どのようにカイゼンしたのかhttp://www.flickr.com/photos/45359107@N00/2458096615/
  • 9. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 20139みなさまの現場で落とし穴に落ちないようにhttp://www.flickr.com/photos/natura_pagana/3802901392/
  • 10. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201310アジェンダ•アジャイル開発概要•スクラム概要•BIGLOBE紹介•よく落ちいりやすい10のアンチパターン–プロダクト編–チーム編–個人編•まとめ
  • 11. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201311アジャイル開発概要
  • 12. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201312アジャイル開発とは“「アジャイルソフトウェア開発宣言」の「4つの価値」と「12の原則」の価値観に基づいた開発手法の総称“http://agilemanifesto.org/
  • 13. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201313アジャイルソフトウェア開発宣言私たちは、ソフトウェア開発の実践あるいは実践を手助けをする活動を通じて、よりよい開発方法を見つけだそうとしている。この活動を通して、私たちは以下の価値に至った。プロセスやツールよりも個人と対話を、包括的なドキュメントよりも動くソフトウェアを、契約交渉よりも顧客との協調を、計画に従うことよりも変化への対応を、価値とする。すなわち、左記のことがらに価値があることを認めながらも、私たちは右記のことがらにより価値をおく。http://agilemanifesto.org/iso/ja/
  • 14. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201314http://www.versionone.com/state_of_agile_development_survey/11/スクラムの占める割合が半分以上
  • 15. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201315スクラム概要
  • 16. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201316スクラムは、アジャイル開発の一手法Scrum役割成果物イベントプロダクトオーナー(PO)スクラムマスター(SM)チームメンバー(TM)プロダクトバックログスプリントバックログインクリメントスプリントスプリント計画デイリースクラム(朝会)スプリントレビュースプリントレトロスペクティブ(ふりかえり)
  • 17. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201317プロダクトオーナーは、プロダクトの唯一の責任者• プロダクトバックログの管理者で優先順位付けの最終決定権限を持つ• プロダクトのビジョンを示す• 開発チームに機能や価値を説明して理解してもらう責任がある• プロダクトの価値を最大化するために機能と優先順位を定める• 作業の結果を受け入れるまたは拒否する
  • 18. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201318スクラムマスターは、スクラム全体をうまく回す責任者• 支援と奉仕をする• 障害事項を取り除く• スクラムチーム全体が自律的に協働できるようにする• スクラムのプロセスがうまく回るように教育する• ファシリテート、コーチ、メンター• 変革推進者
  • 19. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201319チームメンバーは、動作するプロダクトの開発責任者• 3人~9人で構成する• プロダクトの開発をする• 全員揃えばプロダクトを作れる• プロダクトバックログの項目を完了状態にしてプロダクトの価値を高めていく
  • 20. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201320 出展:http://www.mountaingoatsoftware.com/scrum/figuresプロダクトバックログスプリントバックログデイリースクラムスプリントインクリメント(出荷判断可能なソフトウェア)順位付けされた要求の一覧1スプリント分のタスクの一覧毎日15分以内に昨日やったこと、今日やること、課題を共有期間の長さが均一のタイムボックススプリントで完成された機能で、出荷判断可能なソフトウェアスプリント計画スプリントレビュー&スプリントレトロスペクティブスプリントでやる事を決めるスプリント中の成果である機能をデモする&ふりかえりをする
  • 21. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201321BIGLOBE紹介
  • 22. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201322BIGLOBEの会社概要会社名 NECビッグローブ株式会社設立日 2006年7月3日資本金 104億円株主組織体系図・・・付加価値の高いサービス企画/営業・・・高い技術力をベースにしたサービス基盤の構築/運用*NEC:78%、住友商事:7%、大和証券・三井住友銀行:5%、電通・博報堂:2.5%ネットサービス事業部(ISP事業)ビジネスサービス事業部(プラットフォーム事業)ネットマート事業部(EC・コンテンツ事業携帯コンテンツ事業アプリマーケット事業)メディアサービス事業部(広告事業)事業戦略室戦略的アライアンス推進新事業開発本部新サービスの開発基盤システム本部サービスインフラの構築と運用サービス開発本部サービスアプリケーションシステムの開発と運用取締役会 経営企画本部監査役 経営監査室
  • 23. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201323BIGLOBEの事業領域 コンシューマ向けサービス接続サービス特色あるWebサービス 企業向けサービスクラウドサービスパーソナルクラウドを中心にコンシューマ/企業向けにビジネスを展開
  • 24. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201324スクラムによるアジャイルな開発http://www.flickr.com/photos/t_gregorius/3337026463/
  • 25. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013251チーム14チーム+α2011年2月 2013年2月スクラムチームが会社全体に拡大中2年間の経験
  • 26. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201326BIGグラビア(ビッグラ)1000枚無料!Android対応!ビッグラで検索http://bit.ly/11Z3QNF
  • 27. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201327ミルフォトブック~写真をかわいいアルバムに自動コラージュアプリ~無料iPhone対応!http://bit.ly/XmwaF3
  • 28. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201328業務システムなどの既存事業もスクラムで開発
  • 29. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201329 http://www.flickr.com/photos/desiitaly/2201907500/なぜ、スクラムに取り組んだのか
  • 30. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201330 http://www.flickr.com/photos/jurvetson/7119907039/従来の開発は全ての要件を定義し一気に作るが…
  • 31. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201331http://www.flickr.com/photos/soldiersmediacenter/6966568190/当てるのが難しい
  • 32. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201332http://www.flickr.com/photos/59937401@N07/5858004830/リリースして検証しないとわからない
  • 33. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201333http://www.flickr.com/photos/carbonnyc/4740025131/市場の変化~スピード加速へ~
  • 34. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201334http://www.flickr.com/photos/pmiaki/3121294571/市場の変化~素早く具現化へ~
  • 35. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201335“変化が起こる“ことを前提に”頻繁に軌道修正する”ことを当たり前の組織にしたいスクラム導入の理由
  • 36. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201336http://www.flickr.com/photos/jdhancock/3772013250/どのように、スクラムを適用したのか?
  • 37. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201337スクラムとの出会いスクラムとの出会い1枚の記事がきっかけhttp://cedec.cesa.or.jp/2010/program/BM/C10_P0187.htmlhttp://d.hatena.ne.jp/Aqu/20100905/1283715639
  • 38. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201338“新サービスをスクラムで開発してリリース“”結果を出した”http://www.flickr.com/photos/jamesjordan/660583916/
  • 39. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201339より成果を出すためにスクラムで開発を実施http://www.flickr.com/photos/dominicspics/3323339269/
  • 40. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201340よく落ちいりやすい10のアンチパターン
  • 41. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201341<プロダクト編>1:Bigなプロダクト2:要求分析麻痺3:リリース後の腐敗<チーム編>4:発注・受注者の壁5:暗黙の役割分担6:デジタルなタスクかんばんの罠7:POのスクラム理解不足8:SMがPJリーダー<個人編>9:思考停止10:学びの受け身姿勢 http://www.flickr.com/photos/proimos/4199675334/
  • 42. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201342プロダクト編
  • 43. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201343<プロダクト編>1:Bigなプロダクト2:要求分析麻痺3:リリース後の腐敗<チーム編>4:発注・受注者の壁5:暗黙の役割分担6:デジタルなタスクかんばんの罠7:POのスクラム理解不足8:SMがPJリーダー<個人編>9:思考停止10:学びの受け身姿勢
  • 44. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201344“全部重要だから全部の機能を作る“http://www.flickr.com/photos/28473695@N00/50300425/アンチパターン1:Bigなプロダクト
  • 45. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201345そもそもなぜこれ必要?
  • 46. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201346http://www.flickr.com/photos/49942291@N06/6271934371/ユーザーストーリーアクション1
  • 47. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201347http://www.flickr.com/photos/koalazymonkey/3343007130/ユーザーストーリーとは?【役割】として【機能フィーチャー】が欲しい。なぜなら、【ビジネス価値】のためだ
  • 48. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201348ペーパープロトタイピングアクション2http://www.flickr.com/photos/21218849@N03/6968220118/
  • 49. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201349http://www.flickr.com/photos/54450095@N05/6983549665/ユーザーテストアクション3
  • 50. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201350http://www.flickr.com/photos/51035768826@N01/22237769/2~3割が不要チェンジ
  • 51. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201351WhyHowWhatWhyHowWhatBefore Afterhttp://www.flickr.com/photos/34754790@N00/4006709/考え方の変化何をつくるからなぜつくるへ
  • 52. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201352“ムダの排除へ“http://www.flickr.com/photos/11510574@N02/2742433355/
  • 53. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201353アンチパターン1:Bigなプロダクト<ポイント>“なぜ?を意識して思い込みや作り込みすぎのムダをやめる“
  • 54. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201354“優先度の低いものも要求分析をしっかりとしたがる“アンチパターン2:要求分析麻痺http://www.flickr.com/photos/31878512@N06/4704140020/
  • 55. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201355“事前にすべてを正確に予測し計画することはできない“
  • 56. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201356http://www.flickr.com/photos/12836528@N00/4608430237/リリースまで時間とコストがかかる?
  • 57. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201357http://www.flickr.com/photos/kaiban/7553820348/
  • 58. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201358http://www.flickr.com/photos/49512158@N00/420751815/
  • 59. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201359優先順位(欲しい順)アクション12345
  • 60. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201360プロダクトバックログ高い低い優先順位詳細に記述された項目詳細に分割できる程度の項目粗い状態の項目
  • 61. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201361 http://www.flickr.com/photos/21458229@N00/4553607341/リリース計画が立てやすくなったチェンジ
  • 62. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201362優先順位の高いものからリリースへチェンジ
  • 63. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201363“重要なもの、リスクの高いものから先につくる“http://www.flickr.com/photos/44124425616@N01/277221852/
  • 64. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201364“優先順位の低いものを後で考えることで要求分析に時間をかけすぎない“http://www.flickr.com/photos/12836528@N00/3592514028/チェンジ
  • 65. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201365アンチパターン2:要求分析麻痺<ポイント>“優先順位で考え、必要なものを必要なときに最も重要なものからリリースする“
  • 66. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201366“リリース後の計測やフィードバックがない“アンチパターン3:リリース後の腐敗
  • 67. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201367“リリースするのが目的ではない“
  • 68. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201368“多くの顧客やユーザに利用してもらうのが目的“
  • 69. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201369リリース後の計測アクション1http://www.flickr.com/photos/30809410@N04/3048994369/
  • 70. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201370ふりかえりによる学びアクション2http://www.flickr.com/photos/72092002@N00/5121009259/
  • 71. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201371スプリントプランニング(計画)開発開発スプリント(1~3週間) 毎日プロダクトへスプリントレビュー(デモ)ふりかえりデイリースタンドアップミーティング(朝会)チームへタスクボードバーンダウンチャート(見える化)
  • 72. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201372継続的なフィードバックサイクルチェンジ継続的に最高の価値を提供し続ける提供価値スプリント
  • 73. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201373アンチパターン3:リリース後の腐敗<ポイント>“計測により、顧客やユーザが本当に求めているものをこまめに確認する“
  • 74. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201374プロダクト編のまとめ1.ビジョン2.優先順位3.プロダクト計測
  • 75. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201375チーム編http://www.flickr.com/photos/35703177@N00/7112630285/
  • 76. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201376<プロダクト編>1:Bigなプロダクト2:要求分析麻痺3:リリース後の腐敗<チーム編>4:発注・受注者の壁5:暗黙の役割分担6:デジタルなタスクかんばんの罠7:POのスクラム理解不足8:SMがPJリーダー<個人編>9:思考停止10:学びの受け身姿勢
  • 77. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201377“発注者(PO)と受注者(TM)で見えない壁があり思っていることを発言できない“アンチパターン4:発注・受注者の壁http://www.flickr.com/photos/38451115@N04/4948494811/
  • 78. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201378http://www.flickr.com/photos/75588354@N00/3693352120/信頼関係?
  • 79. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201379契約関係?
  • 80. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201380責任分解点?http://www.flickr.com/photos/7298413@N06/416235265/
  • 81. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201381インセプションデッキ作成アクション1ステークホルダーも含めてチームで一つの目標に進むhttp://agilewarrior.wordpress.com/2010/11/06/the-agile-inception-deck/
  • 82. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201382ランチミーティングアクション2人のことを知る自分のことを知ってもらう場づくりhttp://www.flickr.com/photos/7973252@N08/7093254255/
  • 83. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201383ファシリテーションアクション3スクラムマスターがチーム一人ひとりの意見や考えを引き出すhttp://www.flickr.com/photos/44124348109@N01/340146118/
  • 84. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201384 © NEC BIGLOBE, Ltd. 2013http://www.flickr.com/photos/jordigraells/475843606/関係者全員がプロダクトのことをよく考えて意見を出し合えるチェンジ
  • 85. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201385アンチパターン4:発注・受注者の壁<ポイント>“ビジョンや価値観の共有により様々なロールのメンバーを一つのチームにする”
  • 86. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201386“自分の得意な所だけ行う“アンチパターン5:暗黙の役割分担http://www.flickr.com/photos/36196762@N04/4929686927/
  • 87. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201387http://www.flickr.com/photos/11677434@N04/4338830006/チームに迷惑をかけたくないから?
  • 88. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201388“自分の得意な所だけやるの? “
  • 89. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201389“ただプロジェクトをこなすだけなら問題ないかも?“
  • 90. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201390 http://www.flickr.com/photos/21257461@N05/2550349404/“なぜ、役割分担がよくないの?“
  • 91. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201391“より良いアイディアでプロダクトを作れない“
  • 92. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201392“様々なバックグラウンドを持ったメンバーで得意/不得意な所を補っていくことでプラスの相乗効果を図れる“
  • 93. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201393“不得意な所もチャレンジして、成長できるようになる”
  • 94. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201394 http://www.flickr.com/photos/thinkpublic/3042791963/
  • 95. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201395・各メンバーから決意表明・他のメンバーから本人に対する期待値を発表期待マネジメントアクション1http://www.flickr.com/photos/10883933@N07/4006230793/
  • 96. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013961.役割が固定になっている部分を確認2.チーム内のスキルマップを作成3.今後の成長へのチャレンジ計画作成チームの成長計画アクション2http://www.flickr.com/photos/60057912@N00/4842571632/
  • 97. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201397お互いに助け合うチームにチェンジhttp://www.flickr.com/photos/60057912@N00/5262152099/
  • 98. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201398“役割固定がなくなり、チャレンジするように”http://www.flickr.com/photos/8070463@N03/3497018696/
  • 99. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201399アンチパターン5:暗黙の役割分担<ポイント>“期待と不安を交換し、チームでサポートしながら成長していく”
  • 100. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013100“スクラムに慣れないメンバーがデジタルのタスクかんばんを利用する“アンチパターン6:デジタルなタスクかんばんの罠
  • 101. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013101ディジタルのタスクかんばんの落とし穴・一覧性が悪い・朝会前に準備が大変・アナログと比較し対話が少ない・ツールの仕様に振り回される・ツールを入れて、安心してしまい改善しなくなる
  • 102. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013102“朝会でタスクの状態を見なくなった“
  • 103. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013103http://www.flickr.com/photos/54688384@N00/1741084132/“朝会で今日はできると思う“三連発
  • 104. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013104“チーム内でのコミュニケーション問題“
  • 105. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013105アナログのタスクかんばん利用アクション1
  • 106. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013106http://www.flickr.com/photos/22714323@N06/3296958273/タスクの状態と危険信号を検知しやすくなったチェンジ
  • 107. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013107全員でのサポートチェンジhttp://www.flickr.com/photos/30011527@N05/4876445513/
  • 108. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013108全体を見渡しながらリスクの早期発見・対策へチェンジhttp://www.flickr.com/photos/7232133@N08/3379835113/
  • 109. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013109一人ひとりの成果をほめる習慣チェンジhttp://www.flickr.com/photos/8176740@N05/2565937494/
  • 110. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013110<ポイント>“はじめはアナログで見える化する”アンチパターン6:デジタルなタスクかんばんの罠
  • 111. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013111アジャイルソフトウェア開発宣言私たちは、ソフトウェア開発の実践あるいは実践を手助けをする活動を通じて、よりよい開発方法を見つけだそうとしている。この活動を通して、私たちは以下の価値に至った。プロセスやツールよりも個人と対話を、包括的なドキュメントよりも動くソフトウェアを、契約交渉よりも顧客との協調を、計画に従うことよりも変化への対応を、価値とする。すなわち、左記のことがらに価値があることを認めながらも、私たちは右記のことがらにより価値をおく。http://agilemanifesto.org/iso/ja/
  • 112. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013112“POがスクラムを理解せずにプロジェクトが進む“アンチパターン7:POのスクラム理解不足
  • 113. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013113“プロダクトバックログを管理できない“
  • 114. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013114“受け身のプロダクトオーナー“http://www.flickr.com/photos/52394603@N02/5434998619/
  • 115. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013115アクション・プロダクトオーナー勉強会を開催・目的:・スクラムに対しての理解・POとしての役割の理解・どのように行動すべきかの理解
  • 116. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013116“プロダクトオーナーが入りやすい環境を作った“アクションhttp://www.flickr.com/photos/43102195@N08/5455436650/
  • 117. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013117“積極的なプロダクトオーナーに変わった“チェンジhttp://www.flickr.com/photos/28650594@N03/5285870274/
  • 118. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013118“ステークホルダーからの圧力に負けないプロダクトオーナーに“チェンジhttp://www.flickr.com/photos/38451115@N04/4772605550/
  • 119. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013119“常にプロダクトのことを考えて手入れするように“チェンジhttp://www.flickr.com/photos/25178143@N04/2660459737/
  • 120. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013120“スプリント計画がプロダクトオーナー主導に“チェンジ
  • 121. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013121チェンジ・スクラム成熟度もアップ※BIGLOBE独自評価ツール
  • 122. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013122アンチパターン7:POのスクラム理解不足<ポイント>“POの役割をしっかり果たすことがプロジェクトの成功を左右する”
  • 123. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013123“コマンドコントロール型のリーダーシップ“アンチパターン8:SMがPJリーダー
  • 124. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013124“メンバーが自律的に考えなくなる“http://www.flickr.com/photos/43419254@N06/4434157815/
  • 125. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013125メンバーが成長しないhttp://www.flickr.com/photos/35468159852@N01/449142212/
  • 126. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013126コーチングを学ぶアクションhttp://www.flickr.com/photos/19518439@N00/2098915312/
  • 127. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013127ファシリテーションを学ぶアクションhttp://www.flickr.com/photos/27512715@N02/5514650987/
  • 128. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013128スクラムマスター道場アクション
  • 129. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013129伝えるよりも聞く!チェンジhttp://www.flickr.com/photos/40143737@N02/3981617434/
  • 130. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013130“気づきを得る“チェンジhttp://www.flickr.com/photos/18419987@N00/2999403999/
  • 131. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013131“メンバー自身で決めながら動く自律したチームに(自己組織化されたチーム)“チェンジhttp://www.flickr.com/photos/56626682@N05/6913508663/
  • 132. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013132アンチパターン8:SMがPJリーダー<ポイント>“自己組織化されたチームをつくるために奉仕型のリーダーシップをとる”
  • 133. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013133チーム編のまとめ4.一丸となったチームづくり5.期待と不安の交換でサポート6.対話重視7.POの役割8.自己組織化
  • 134. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013134個人編
  • 135. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013135<プロダクト編>1:Bigなプロダクト2:要求分析麻痺3:リリース後の腐敗<チーム編>4:発注・受注者の壁5:暗黙の役割分担6:デジタルなタスクかんばんの罠7:POのスクラム理解不足8:SMがPJリーダー<個人編>9:思考停止10:学びの受け身姿勢
  • 136. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013136“自分から行動もしないで決めつけてしまう“アンチパターン9:思考停止http://www.flickr.com/photos/38451115@N04/4672433373/
  • 137. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013137“自分の中で閉じ込めてしまう“http://www.flickr.com/photos/10229695@N08/3189315822/
  • 138. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013138批判に対する恐怖http://www.flickr.com/photos/37848681@N05/7942728236/
  • 139. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013139“傾聴““批判しない”アクションhttp://www.flickr.com/photos/41754875@N00/2246514490/
  • 140. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013140“付箋の活用”アクションhttp://www.flickr.com/photos/56091882@N00/3578548023/
  • 141. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013141“考えを引き出してあげる”アクションhttp://www.flickr.com/photos/cocreatr/2347460526/
  • 142. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013142“やっても良いと言ってあげる”アクションhttp://www.flickr.com/photos/8282860@N02/3884529156/
  • 143. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013143“少しずつ成功体験を増やしてあげる”アクションhttp://www.flickr.com/photos/26373139@N08/6093690339/
  • 144. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013144“一人ひとりがよく考えて発言や行動ができるように “チェンジhttp://www.flickr.com/photos/58811107@N00/6208040993/
  • 145. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013145アンチパターン9:思考停止<ポイント>“たくさん発言できる場をつくり、常に考えて行動する”
  • 146. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013146“学びたいけど、なかなか学べない“アンチパターン10:学びの受け身姿勢http://www.flickr.com/photos/40645538@N00/4564378252/
  • 147. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013147・なぜ、学ぶ必要があるのか?・より成果をあげるため・より価値のあるプロダクトを作れるようにするため・より楽しい開発を追求するため
  • 148. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013148“社外の勉強会に参加する時間がない“http://www.flickr.com/photos/45614557@N00/4065622458/
  • 149. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013149“社内で学べる場をつくる“アクション
  • 150. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013150学びの仲間づくりアクションhttp://www.flickr.com/photos/66548401@N00/4053097146/
  • 151. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013151“高い意識“チェンジhttp://www.flickr.com/photos/16230215@N08/4110421350/
  • 152. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013152読書会チェンジ
  • 153. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013153“学んだことをチームに共有しプロダクトへ反映“チェンジ
  • 154. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013154アンチパターン10:学びの受け身姿勢<ポイント>“積極的な学びにより、チームやプロダクトへ反映する”
  • 155. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013155個人編のまとめ9.常に考えて行動10.個人の成長なしにチームやプロダクトの成長はない
  • 156. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013156まとめ
  • 157. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013157“スクラム導入に必要な現場づくりは?“
  • 158. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013158“自分達の現場にあったカイゼンをすること“
  • 159. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013159“カイゼンとは?“
  • 160. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013160悪いところを改めて善くすることhttp://www.flickr.com/photos/38585972@N04/6196529588/
  • 161. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013161“今回紹介した10のアンチパターンはほんの一部“ http://www.flickr.com/photos/34613366@N00/2981086612/
  • 162. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013162http://www.flickr.com/photos/77136818@N00/6531008113/現場によっていろいろある
  • 163. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013163“カイゼンは継続的な向上を目指すもの“http://www.flickr.com/photos/61423903@N06/7382239368/
  • 164. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013164“スクラムはより成果を出すための問題を見える化するフレームワーク“
  • 165. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013165“常にカイゼンできる現場が強い現場“
  • 166. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013166“より成果を出せるように情熱と勇気を持って“http://www.flickr.com/photos/30420396@N03/6166557361/
  • 167. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013167Change!http://www.flickr.com/photos/33345813@N00/3945439186/
  • 168. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013168ご清聴ありがとうございました