チームで学ぶマーケティング講座 100420 第3回「発想法と企画立案」

1,530 views
1,434 views

Published on

チームで学ぶマーケティング講座 第3回講座 100420

Published in: Business
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,530
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
12
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

チームで学ぶマーケティング講座 100420 第3回「発想法と企画立案」

  1. 1. チームで学ぶマーケティング講座-企画フローとアイディア-<br />第3回 – 2010/04/20<br />オリンピックセンター センター棟 108号室<br />
  2. 2. マクロ環境<br />PEST分析<br />ミクロ環境<br />3C分析<br />内部・外部環境<br />SWOT分析<br />WHO<br />WHAT<br />HOW<br />社会に何をしていくのか<br />ビジョン<br />環境分析<br />事業領域の選択<br />ドメイン<br />S:セグメンテーション<br />戦略立案<br />T: ターゲッティング<br />P:  ポジショニング<br />5F分析<br />プロセス分析<br />競争戦略<br />市場細分化・製品差別化<br />戦略キャンバス<br />戦略実行<br />マーケティング<br />財務戦略<br />人材/組織戦略<br />情報化戦略<br />製品(Product)<br />価格(Price)<br />流通(Place)<br />プロモーション(Promotion)<br />成果のフィードバック<br />
  3. 3. 俺って昔から<br />アイデアが乏しいんだよな~<br />体質かなー(汗 笑)<br />
  4. 4. 基本中のキホン『アイデアのつくり方』<br />『これとこれがくっついたら面白いなー』というメンタリティが超大切!<br />■二大原則 (原則1) アイデアは既存の要素の新しい組み合わせ (原則2) 新しい組み合わせを作り出す能力は、事物の関連性を見つけだす力によって高められる (首ツッコミと好奇心)■アイデア製造ステップ  1.データを集める  2.データを味わう(うんうん唸る)  3.放ったらかし(孵化段階)  4.閃き!!  5.アイデアのブラッシュアップ<br />アイデアのつくり方<br />ジェームス W.ヤング著<br />google:ヨーゼフ・シュンペーターの新結合とイノベーション<br />
  5. 5. アイデア量産大作戦<br />発散 -> 収束まずは量。アイデアは多ければ多いほどよい。<br />どうやって、<br />量産するの?<br />■思いつくまま発想<br />  ・ブレスト/ブレインライティング<br />  ・マインドマップ<br />■強制連想<br />  ・アサンプション・スマッシング(前提リストアップ->前提覆す)<br />  ・アトリビュート・リスティング (特性リストアップ->特性を変更)<br />  ・オズボーンのチェックリスト法<br />  ・SCAMPER法<br />■似たもの発想<br />  ・NM法<br />  ・ゴードン法<br />視点ずらしの薬<br />モノ->コト<br />動詞(行為)に注目<br />
  6. 6. アイデア量産大作戦<br />グループワークAssumption Smashing<br />(前提 破壊)<br />
  7. 7. フォト&ボイスカードを勝手にテコ入れ<br />これ、どうやったらもっといい企画になる?<br />(1分)<br />
  8. 8. Assumption Smashing<br />「前提条件」欄にテーマに対する常識・当たり前・定番を書き出す(3分)<br />前提条件を覆すアイディアを「アイディア」欄に書く(7分)<br />発表1分 -> FB1分<br />
  9. 9. Youtubeをご覧の方へ<br />ここでトラブルにより動画が途切れてしまいます。<br />わかりやすいようにスライドを変更しました。<br />申し訳ありません。<br />
  10. 10. アイデアから企画へ<br />実は!聞いても分からない時代に突入<br /> 観察と対象への棲みこみ(1次情報重要)<br /> 顧客との繋がり形成<br />■企画の方向性<br />①好都合・便利・嬉しい・楽しいの増大 <br />②不都合・不便・悲しい・苦しいの解消<br />誰に何を<br />Before After 感<br />■重要な2つの質問<br />① 我々の顧客は誰なのか? <br />② 顧客は何を価値とするのか?<br />既存フレームを如何に<br />ずらすことが出来るか<br />日常への疑問<br />■企画への昇華<br /> アイデア->仮説->検証->仮説->検証->・・・<br />
  11. 11. アイデアから企画へ (参考)<br />問題解決の例<br />1. 問題の設定<br />2. 問題についての情報分析<br />3. 問題箇所の特定<br />4. 原因の追究<br />5. 解決策の戦略立案<br />6. 戦略遂行のための具体的行動<br />
  12. 12. なんのためにプレゼン?<br />事業に必要なもの:ヒト・モノ・カネ・情報<br />これらをもらうためにプレゼンをする<br />つまり、「うんそうだね、やろう!」の言葉を貰うため!!!<br />
  13. 13. うんそうだね、やろう!の言葉を貰うために<br />皆が憧れる、いいなーと思われる、イケル!と思わせるエピソード<br /> ->共感・感情移入・ブランド化・目に浮かぶイメージ<br />第一章 単純明快である(Simple)<br />第二章 意外性がある(Unexpected)<br />第三章 具体的である(Concrete)<br />第四章 信頼性がある(Credible)<br />第五章 感情に訴える(Emotional)<br />第六章 物語性(Story)<br />アイデアのちから<br />チップ・ハース著<br />
  14. 14. うんそうだね、やろう!の言葉を貰うために<br />共感をもたらす「大義」<br />Why? What for?<br />誰かを幸せに<br />それに向かうワクワク感<br />
  15. 15. 来週までの宿題<br />最終課題に向けて、アイディアを考えてきて下さい(複数可)<br />
  16. 16. 最終課題<br />世の中がより良くなる、クール新規事業案を考えてくる<br />評価軸<br />アイディア(新規性、革新性、自分たちの強みを活かす)<br />プレゼン力(と熱意)<br />リサーチ力(論理性・信頼性)<br />チームワーク <br />

×