OpenStack Summit in Hong Kong 参加報告
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

OpenStack Summit in Hong Kong 参加報告

on

  • 888 views

Osc2013.enterprise の講演資料です。

Osc2013.enterprise の講演資料です。

Statistics

Views

Total Views
888
Views on SlideShare
888
Embed Views
0

Actions

Likes
3
Downloads
7
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

CC Attribution License

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

OpenStack Summit in Hong Kong 参加報告 Presentation Transcript

  • 1. OpenStack Summit in Hong Kong 参加報告 OpenStack Ambassador 日本OpenStackユーザ会 吉山あきら
  • 2. サミット概要 ● 会場:香港アジアワールドエクスポ ● 期間:2013/11/5~8(4日間) ● 参加者:3000人 ● 内容: – – – – – キーノートスピーチ デザインサミット (開発会議) セミナー、デモ ブース展示 その他
  • 3. 香港アジアワールドエクスポ
  • 4. キーノートスピーチ 11/5(初日) ● ● OpenStack Keynote featuring Concur, DigitalFilm Tree, Shutterstock Canonical Keynote - Building Business Value Through Interoperability 11/6(2日目) ● ● ● ● IBM Keynote - Managing the Next Era of Computing with an Open Cloud Architecture OpenStack China Spotlight featuring Ctrip, iQiyi, and Qihoo 360 Red Hat Keynote - Truth Happens HP Keynote - Why OpenStack Will Win in Enterprise Hybrid Cloud
  • 5. OpenStack Keynote featuring Concur, DigitalFilm Tree, Shutterstock ● ● OpenStack Scholar プログラム開始 次回サミット:米アトランタ、次々回:仏パリ
  • 6. shutterstock オンラインフォトマーケットプレイスサービス。OpenStack でネットワークにおけ る数多くの課題を解決できたとしている。
  • 7. DigitalFilm Tree 映像コンテンツの制作、ポスプロ、コンサルティング企業。 Swiftを活用している。
  • 8. Concur レシート画像を使って出張費用の精算管理を行うユニークなサービス。 遠隔 DC 間で Swift を使ったデータレプリケーションを行い、データの冗長性 を確保する。
  • 9. OpenStack China Spotlight featuring Ctrip, iQiyi, and Qihoo 360 OpenStack Foundation COOのMark Collier氏が登壇。OpenStack 開発 者が最も多い地域として北京、2位に上海を挙げ、感謝の意を表した。
  • 10. iQiyi Baidu (百度)が設立したスマホとTVを連携させるVoD サービス会社。 月間36億ユーザビュー。 複数DCのサービス用IaaSにOpenStackを採用。
  • 11. Qihoo 360 中国のユーザ導入数1位のセキュリティソフトウェア会社。他に Web ブラウザや検索サービスを手がける。 2012/3Qより20DC、4000VMをOpenStackで管理。
  • 12. Ctrip 中国最大のホテル予約サイト。 3DCサービス用IaaS、3サポセン用DaaSにOpenStackを採用。 昨年導入したCloudStackから今年OpenStack乗り換えている。
  • 13. How to Deploy Openstack on 6,400 Nodes 2013 年のスパコン Top500 の第一位になった 中国人民解放軍国防科学技術大学の研究・教育用スパコン TH-2 にお ける OpenStack の事例。 ノード数 16000、うち OpenStack は 6400 ノード。 HW 50キャビネット、128ノード/キャビネット 1ノードあたり、Xeon Ivy Bridge×2、96GB RAM、1TB HDD、GbE×2、 独自高速ネットワーク(160Gbps) OpenStack コント ローラノ ×256 ード 各種APIノ ×124 ード LVS+Keepalived×4 ネッ ワークノ ×96 ト ード ストレージ Ceph を使用 ● Glance、Cinder 用にブロックデバイス(RBD) ● Nova 用にファイルシステム(CephFS) Ganglia+Nagios×32 計算ノ ×3840 ード 1 ビネッ あたり 30セル キャ ト
  • 14. Yahoo! Case Study 同社のサービスの現状を紹介。 ● ● OpenStack は3大陸6 DC で稼 働中。 各 DC とも複数の OpenStack デ プロイメント有り 用途 – – – – ● 開発者の開発環境 内部ツール ビッグデータ(Hadoop、Storm) 商用サービス (ピーク時の突発負荷対応) ● OpenStackの利点 スケーラビリティ – 信頼性 – 運用性 今後の計画 – ● – – – – – 混成環境 (VM、コンテナ、ベアメタル) LB DBaaS(Trove) 信頼性向上(Taskflow) 運用性(障害検知と自動解決、 アップグレード)
  • 15. Lessons learned Building the PayPal Cloud PayPal のニーズ ● ● ● ● ● シームレスかつオンデマンド なインフラ容量 デプロイ時のチケットの削減 開発者の軽快さを主導 アプリケーションのライフサイ クル管理用セルフサービス ツール提供 イノベーション加速の為のプ ラットフォーム提供 何故OpenStack か? ● IaaS の解決 ● オープンソース ● 特定ベンダのロックインなし ● 急成長する開発コミュニティ ● ● オープンスタンダード、APIド リブン 業界のベストプラクティス (車輪の再発明の回避)
  • 16. OpenStack Private Cloud at eBay eBay グループ(PayPal 含む)各社のインフラコスト(QA、セキュリティ等)を削減する為に OpenStack を導入。 ● OpenStack is not cloud OpenStack API~「Cloud is a service!」をつなぐ様々な要素(カスタマサポート、SLA 等を含 む)を紹介。 – 例として、Nova で VM を作成しようとした際、ユーザ視点で「VM が作成されない」とされる原因 が多岐に渡る事を紹介。監視の必要性を説き、logstash+elasticsearch+kibana による運用監 視システムについて紹介した。 – また、VM 生成・削除の成功を確認するため、VM 作成後に Ping による到達確認を実施している という。 Scale out – ● Nova のアベイラビリティゾーン (AZ)、Keystone のリージョン、Nova のセルといったスケーラビ リティと可用性についてのキーポイントを紹介。 デプロイ – ● 現在は下記の仕様になっている。 ● ベアメタルプロビジョニングによる各種ノードのインストール ● virtual env の tarball、puppet + foreman 最後に同社のコミュニティへの貢献を紹介。 –
  • 17. Ceph: The De Facto Storage Backend for OpenStack Ceph はファイルをブロックに裁断してレプリカを CRASH アルゴリズムに従い 各ストレージノード上に分散保存する。 ノード追加・障害検知+排除は自動的に行われる。 HavanaリリースではCeph(RBD)対応で以下の改良が行われている。 ● Cinder スナップショットから生成されたボリュームの元スナップショット削除に対応。 – バックアップドライバ追加。同一プール/別プール/別 Ceph クラスタへのバックアップ対応 Nova – ● RBD ドライバ追加 – Cinder ドライバの QoS に対応 Glance – ● RBD ドライバが既にあるため、Swift を除く OpenStack の主要コンポーネント全体のバック エンドストレージを Ceph にする事が出来る。 Cephの課題 – ● Glance/Nova のダイレクト URL ダウンロード対応 ● Nova の RBD ドライバのスナップショット対応
  • 18. コミュニティ
  • 19. Panel: International Forum: The State of OpenStack Around the World 各国の OpenStack ユーザグループメンバーによるディスカッション。 ● インド:1700 人。 ● ベトナム:300 人。1年前にスタート、 ● オーストラリア:複数ベンダをここ数ヶ月で巻き込んでいる ● 米国サンフランシスコ:昨年 115 回会合を行った。 ● 日本:ユーザ会を 2010/10 に設立。1000 人以上、20 企業が参加。 ● ハンガリー:最近のミーティングでは立ち見が出る程の盛況ぶり。 ● 中国:10/20 に北京で(イベントの)参加者の心配をし、Summit と同様のチケット販売シス テムを使用した。 ● 韓国:1300 人。3年でより多くの非ベンダーのユーザの参加が見られた。月2回の会合 ● スエーデン:昨年ユーザ会が発足し、徐々にだが着実に成長している。 ● ケニア:5~ 10 人。タイムゾーンが同じ為、ポーランドのユーザグループと一緒にやっている。 ● ● フランス:400 人。組織化された5チームがある(イベント、翻訳、コミュニケーション、ツール、 組織)。 イタリア:ミランとローマで交互に実施。多数の人が勉強に来る。
  • 20. まとめ 開発 事例 コミュニティ
  • 21. まとめ ● 1年超のエンタープライズ事例の増加 オープン性の担保、業界トップ企業群の参画、完成度向上 – ネットサービスからHPCまで コミュニティの更なる拡大 – ● 特に日中韓をはじめとするAPAC OpenStackプロジェクトの範囲拡大 – ● – PaaS、SaaSへの進出、ストレージ、運用系機能の強化 拡大するOpenStackエコシステム --乗るしかない、このビッグウェーブに!!
  • 22. OpenStack The Open-source Cloud Operating System