OpenStack Summit in Atlanta 参加報告
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

OpenStack Summit in Atlanta 参加報告

on

  • 845 views

Open

Open

Statistics

Views

Total Views
845
Views on SlideShare
769
Embed Views
76

Actions

Likes
3
Downloads
10
Comments
0

1 Embed 76

https://twitter.com 76

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

OpenStack Summit in Atlanta 参加報告 OpenStack Summit in Atlanta 参加報告 Presentation Transcript

  • 1 2014年6月19日 吉山あきら 2014年6月19日 吉山あきら openstackOpen source software to build public and private clouds. OpenStack Summit in Atlanta 参加報告 (カンファレンス、事例) OpenStack Summit in Atlanta 参加報告 (カンファレンス、事例)
  • 2 目次 ● カンファレンス ● 事例
  • 3 お詫びと訂正 View slide
  • 5 カンファレンス .... 実はほとんど出ていません。 代わりにセミナーとブース展示の話をします。 View slide
  • 6 目次 ● セミナー ● マーケットプレイス(ブース展示)
  • 15 セミナー
  • 16 私の聴講セッション一覧 5/12 ● Keynote: Rise of the Superuser ● Rackspace Keynote: Just Rebels? Or A Rebel Alliance? ● Dell Keynote: Innovation in the Enterprise, Powered by OpenStack ● Managing Heterogeneous Cloud Infrastructure with OpenStack ● Enterprise-Grade Scheduling ● Block Storage Considerations for OpenStack 5/13 ● Keynote by Mark Collier ● SolidFire Keynote: The Data Center Becomes the Computer: ● Canonical Keynote ● Year 3 - OpenStack in a Large Scale Enterprise ● Optimizing Hardware for OpenStack Object Storage ● OpenStackClient and SDKs and project libraries ● i18n discussion
  • 17 私の聴講セッション一覧(続き) 5/14 ● Saved By the Bell: Alerting, Logging, and Monitoring OpenStack with Open ● Running a Large OpenStack Infrastructure at IBM ● WhatTheStack? A Tool Based on Tempest to Verify your Deployments ● A Practical Approach to Deploying a Highly Available and Optimally ● OpenStack Security: Ensuring Trust and Compliance with OpenStack Cloud ● Towards a Cloud Migration and Automation Framework for OpenStack ● Enabling Disaster Recovery As Service (DRaaS) on OpenStack 5/15 ● Flexible Networking at Large Scale ● Taming OpenStack with Ansible ● OpenStack and Ceph: the Winning Pair ● Operating Neutron at Scale in HP Public Cloud
  • 18 厳選セミナー ● Enterprise-Grade Scheduling ● Optimizing Hardware for OpenStack Object Storage ● Saved By the Bell: Alerting, Logging, and Monitoring OpenStack with Open Source Tools ● WhatTheStack? A Tool Based on Tempest to Verify your Deployments ● Taming OpenStack with Ansible ● OpenStack and Ceph: the Winning Pair ● Operating Neutron at Scale in HP Public Cloud
  • 19 Enterprise-Grade Scheduling Scheduling =リソース配置 要件 ● 可用性: anti afinity ● 性能:ネットワーク隣接、ストレージ隣接、ホストケーパビリティ ● セキュリティ:リソース分断/排他 これらは Nova, Cinder, Neutron に跨る話 これらの有機的なリソース配置を「グループスケジューリング」という 現状 ● Nova でグループスケジューリングが出来るようになった。 (複数 VM によるサーバグループを有機的に配置) 今後 ● 要件を満たすため、 Nova, Cinder, Neutron 間のグループスケジューリ ングを実現する新コンポーネント「 Gantt 」が提案されている。 https://wiki.openstack.org/wiki/Gantt
  • 20 Optimizing Hardware for OpenStack Object Storage Swift を選ぶ理由 ● OSS 、スケーラビリティ、巨大な非構造化データ、 スケールアップ上のスケールアウト Swift の一般的な用途 ● 画像・ログ・動画・ Web ・地理・バックアップ・アーカイブ等の保管・配信 Swift 構成例 ● 小〜大規模構成における主要4種類の swift サービスの物理配置 ハードウェアの選定 = 「 Don't Over-Do It ( やり過ぎるな ) 」 ● サーバタイプ(プロキシノード、オブジェクトノード)毎のディスク構成、 セグメント毎のネットワーク構成、ロードバランサ ベンチマークツール ● ssbench 、 swift-bench 、 COSbench 等。 SwiftStack のソフトウェアや Swift 本の紹介
  • 21 Saved By the Bell: Alerting, Logging, and Monitoring OpenStack with Open Source Tools Rackspace における OSS を使った OpenStack の運用監視について の解説 ● 監視: Nagios, ZABBIX, Zenoss ● ログ収集・解析 :LogStash, Kibana, ElasticSearch, Rsyslog ● アラート: OPSVIEW, HYPERIC, NIMBUS ● 性能計測: Collectd, Graphite, StatsD, Cacti 独自開発の監視用シェルスクリプトもコードを交えて解説 ● 10 分で作る cron 利用のサービスレベル監視ツール 同社は監視に Nagios を使っている為、 Nagios について詳細に解説 して締め括った。
  • 22 WhatTheStack? A Tool Based on Tempest to Verify your Deployments 結合テストツール「 Tempest 」を元に正常性確認ツールを作成 ● 挑戦 ● イメージのアップロードなし(自動的に最小イメージを使用 ) ● リリース間の API の変更 ● カスタマイズされたバックエンド(認証、イメージサービス) ● テストの選定 ● ユーザが実行可能なテストに限定 ● 重複するテスト項目 (JSON/XML) やネガティブテストを排除 ● コア機能のテスト項目に限定 顧客がテストを簡単に実行する為の Web AP を作成し、  whatsthestack.org として公開( Tempest as a Service ) ● whatsthestack 自体のソースコードは公開されていない
  • 23 Taming OpenStack with Ansible Python 製構成管理ツール「 Ansible 」の紹介と、 Ansible を用い た本番用の OpenStack 環境構築について解説 ● エージェントレス( SSH で通信・実行) Chef, Puppet は基本的にエージェントのインストールが必要 ● プッシュ型 Chef, Puppet は共にエージェントによるプル型 ● 単体で一貫性のあるオーケストレーションが可能 エージェントプル方式の Chef, Puppet は単独では不可能 ● レシピのフォーマットは YAML Chef, Puppet は共に独自言語形式 Ansible は運用用途(パッチ適用、正常性確認)でも利用可能 OpenStack 構築レシピは https://github.com/blueboxgroup/ursula で公開
  • 24 OpenStack and Ceph: The Winning Pair OpenStack や Ceph 関連の Blog で有名な Sebastien Han によ る OpenStack の Ceph 対応状況報告 ● 冒頭で、 Icehouse の開発目標の1つだった RBD 使用の Nova における VM スナップショット採取の効率化( RBD ス ナップショット使用 ) パッチが Icehouse 開発サイクルでリジェ クトされた事を紹介 ⇒OpenStack+Ceph 連携の理想形への道半ば ● Swift のバックエンドに RBD が使用可能になった事を紹介 その後 Swift+RBD の話題に終始
  • 25 Operating Neutron at Scale in HP Public Cloud HP Public Cloud における Neutron 使用で直面した機能・性能 面での様々な問題に対する同社の対処・貢献 ● 制御ノードのマルチプロセス化(マルチコアで性能向上 ) ● DHCP エージェントの各種バグ修正、安定化 ● メタデータエージェントのマルチプロセス化 ● L3 エージェント再起動関連のバグ修正、並列処理化 ● カーネルバージョン毎のネットワーク遅延問題 ⇒ 上記の成果は Icehouse までにほとんどがマージ済み 今後のロードマップ ● IPv6 対応 ● マルチホスト対応 (→nova-network 廃止 ) MUST READ!! MUST READ!!
  • 26 マーケットプレイス(ブース展示)
  • 27 会場マップ
  • 28 OpenStack ベンダーの パートナーシップシェア Red Hat 社がほぼ半数の シェア獲得 パートナーシップ ベンダ ブース数 全体比 ※ Red Hat 43 48% Canonical 17 19% SUSE 6 7% Mirantis 8 9% パートナーシップ ベンダ ブース数 全体比 ※ Red Hat 43 48% Canonical 17 19% SUSE 6 7% Mirantis 8 9% ※ 確認ブース数: 90
  • 29 会場の外では…
  • 30 まとめ サミット全体 ● 運用管理者 (Superuser) へのフォーカス ● 王者 Ubuntu v.s. 挑戦者 Red Hat ● Red Hat 社の猛烈なビジネス展開 セッション ● Nova, Swift 等の成熟(3年半の開発の成果) ● Neutron 利用の広まり ● プロジェクトのカバー範囲拡大 ● DRaaS 、セキュアクラウド、 NFV 等 ● 多数の大手 IT ベンダーによる手厚く活発な開発支援