OpenStack Summit in Atlanta 参加報告
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

OpenStack Summit in Atlanta 参加報告

on

  • 930 views

Open

Open

Statistics

Views

Total Views
930
Views on SlideShare
854
Embed Views
76

Actions

Likes
4
Downloads
12
Comments
0

1 Embed 76

https://twitter.com 76

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

OpenStack Summit in Atlanta 参加報告 Presentation Transcript

  • 1. 1 2014年6月19日 吉山あきら 2014年6月19日 吉山あきら openstackOpen source software to build public and private clouds. OpenStack Summit in Atlanta 参加報告 (カンファレンス、事例) OpenStack Summit in Atlanta 参加報告 (カンファレンス、事例)
  • 2. 2 目次 ● カンファレンス ● 事例
  • 3. 3 お詫びと訂正
  • 4. 5 カンファレンス .... 実はほとんど出ていません。 代わりにセミナーとブース展示の話をします。
  • 5. 6 目次 ● セミナー ● マーケットプレイス(ブース展示)
  • 6. 15 セミナー
  • 7. 16 私の聴講セッション一覧 5/12 ● Keynote: Rise of the Superuser ● Rackspace Keynote: Just Rebels? Or A Rebel Alliance? ● Dell Keynote: Innovation in the Enterprise, Powered by OpenStack ● Managing Heterogeneous Cloud Infrastructure with OpenStack ● Enterprise-Grade Scheduling ● Block Storage Considerations for OpenStack 5/13 ● Keynote by Mark Collier ● SolidFire Keynote: The Data Center Becomes the Computer: ● Canonical Keynote ● Year 3 - OpenStack in a Large Scale Enterprise ● Optimizing Hardware for OpenStack Object Storage ● OpenStackClient and SDKs and project libraries ● i18n discussion
  • 8. 17 私の聴講セッション一覧(続き) 5/14 ● Saved By the Bell: Alerting, Logging, and Monitoring OpenStack with Open ● Running a Large OpenStack Infrastructure at IBM ● WhatTheStack? A Tool Based on Tempest to Verify your Deployments ● A Practical Approach to Deploying a Highly Available and Optimally ● OpenStack Security: Ensuring Trust and Compliance with OpenStack Cloud ● Towards a Cloud Migration and Automation Framework for OpenStack ● Enabling Disaster Recovery As Service (DRaaS) on OpenStack 5/15 ● Flexible Networking at Large Scale ● Taming OpenStack with Ansible ● OpenStack and Ceph: the Winning Pair ● Operating Neutron at Scale in HP Public Cloud
  • 9. 18 厳選セミナー ● Enterprise-Grade Scheduling ● Optimizing Hardware for OpenStack Object Storage ● Saved By the Bell: Alerting, Logging, and Monitoring OpenStack with Open Source Tools ● WhatTheStack? A Tool Based on Tempest to Verify your Deployments ● Taming OpenStack with Ansible ● OpenStack and Ceph: the Winning Pair ● Operating Neutron at Scale in HP Public Cloud
  • 10. 19 Enterprise-Grade Scheduling Scheduling =リソース配置 要件 ● 可用性: anti afinity ● 性能:ネットワーク隣接、ストレージ隣接、ホストケーパビリティ ● セキュリティ:リソース分断/排他 これらは Nova, Cinder, Neutron に跨る話 これらの有機的なリソース配置を「グループスケジューリング」という 現状 ● Nova でグループスケジューリングが出来るようになった。 (複数 VM によるサーバグループを有機的に配置) 今後 ● 要件を満たすため、 Nova, Cinder, Neutron 間のグループスケジューリ ングを実現する新コンポーネント「 Gantt 」が提案されている。 https://wiki.openstack.org/wiki/Gantt
  • 11. 20 Optimizing Hardware for OpenStack Object Storage Swift を選ぶ理由 ● OSS 、スケーラビリティ、巨大な非構造化データ、 スケールアップ上のスケールアウト Swift の一般的な用途 ● 画像・ログ・動画・ Web ・地理・バックアップ・アーカイブ等の保管・配信 Swift 構成例 ● 小〜大規模構成における主要4種類の swift サービスの物理配置 ハードウェアの選定 = 「 Don't Over-Do It ( やり過ぎるな ) 」 ● サーバタイプ(プロキシノード、オブジェクトノード)毎のディスク構成、 セグメント毎のネットワーク構成、ロードバランサ ベンチマークツール ● ssbench 、 swift-bench 、 COSbench 等。 SwiftStack のソフトウェアや Swift 本の紹介
  • 12. 21 Saved By the Bell: Alerting, Logging, and Monitoring OpenStack with Open Source Tools Rackspace における OSS を使った OpenStack の運用監視について の解説 ● 監視: Nagios, ZABBIX, Zenoss ● ログ収集・解析 :LogStash, Kibana, ElasticSearch, Rsyslog ● アラート: OPSVIEW, HYPERIC, NIMBUS ● 性能計測: Collectd, Graphite, StatsD, Cacti 独自開発の監視用シェルスクリプトもコードを交えて解説 ● 10 分で作る cron 利用のサービスレベル監視ツール 同社は監視に Nagios を使っている為、 Nagios について詳細に解説 して締め括った。
  • 13. 22 WhatTheStack? A Tool Based on Tempest to Verify your Deployments 結合テストツール「 Tempest 」を元に正常性確認ツールを作成 ● 挑戦 ● イメージのアップロードなし(自動的に最小イメージを使用 ) ● リリース間の API の変更 ● カスタマイズされたバックエンド(認証、イメージサービス) ● テストの選定 ● ユーザが実行可能なテストに限定 ● 重複するテスト項目 (JSON/XML) やネガティブテストを排除 ● コア機能のテスト項目に限定 顧客がテストを簡単に実行する為の Web AP を作成し、  whatsthestack.org として公開( Tempest as a Service ) ● whatsthestack 自体のソースコードは公開されていない
  • 14. 23 Taming OpenStack with Ansible Python 製構成管理ツール「 Ansible 」の紹介と、 Ansible を用い た本番用の OpenStack 環境構築について解説 ● エージェントレス( SSH で通信・実行) Chef, Puppet は基本的にエージェントのインストールが必要 ● プッシュ型 Chef, Puppet は共にエージェントによるプル型 ● 単体で一貫性のあるオーケストレーションが可能 エージェントプル方式の Chef, Puppet は単独では不可能 ● レシピのフォーマットは YAML Chef, Puppet は共に独自言語形式 Ansible は運用用途(パッチ適用、正常性確認)でも利用可能 OpenStack 構築レシピは https://github.com/blueboxgroup/ursula で公開
  • 15. 24 OpenStack and Ceph: The Winning Pair OpenStack や Ceph 関連の Blog で有名な Sebastien Han によ る OpenStack の Ceph 対応状況報告 ● 冒頭で、 Icehouse の開発目標の1つだった RBD 使用の Nova における VM スナップショット採取の効率化( RBD ス ナップショット使用 ) パッチが Icehouse 開発サイクルでリジェ クトされた事を紹介 ⇒OpenStack+Ceph 連携の理想形への道半ば ● Swift のバックエンドに RBD が使用可能になった事を紹介 その後 Swift+RBD の話題に終始
  • 16. 25 Operating Neutron at Scale in HP Public Cloud HP Public Cloud における Neutron 使用で直面した機能・性能 面での様々な問題に対する同社の対処・貢献 ● 制御ノードのマルチプロセス化(マルチコアで性能向上 ) ● DHCP エージェントの各種バグ修正、安定化 ● メタデータエージェントのマルチプロセス化 ● L3 エージェント再起動関連のバグ修正、並列処理化 ● カーネルバージョン毎のネットワーク遅延問題 ⇒ 上記の成果は Icehouse までにほとんどがマージ済み 今後のロードマップ ● IPv6 対応 ● マルチホスト対応 (→nova-network 廃止 ) MUST READ!! MUST READ!!
  • 17. 26 マーケットプレイス(ブース展示)
  • 18. 27 会場マップ
  • 19. 28 OpenStack ベンダーの パートナーシップシェア Red Hat 社がほぼ半数の シェア獲得 パートナーシップ ベンダ ブース数 全体比 ※ Red Hat 43 48% Canonical 17 19% SUSE 6 7% Mirantis 8 9% パートナーシップ ベンダ ブース数 全体比 ※ Red Hat 43 48% Canonical 17 19% SUSE 6 7% Mirantis 8 9% ※ 確認ブース数: 90
  • 20. 29 会場の外では…
  • 21. 30 まとめ サミット全体 ● 運用管理者 (Superuser) へのフォーカス ● 王者 Ubuntu v.s. 挑戦者 Red Hat ● Red Hat 社の猛烈なビジネス展開 セッション ● Nova, Swift 等の成熟(3年半の開発の成果) ● Neutron 利用の広まり ● プロジェクトのカバー範囲拡大 ● DRaaS 、セキュアクラウド、 NFV 等 ● 多数の大手 IT ベンダーによる手厚く活発な開発支援