2014/2/21 @オープンクラウド最新動向

OpenStack概要
日本 OpenStackユーザ会
吉山 あきら

Photo: Space Shuttle Rising (NASA)
http://apod.nasa.gov/apod...
本日の内容
はじめに
OpenStackとは
OpenStackの特長
国内事例
まとめ
はじめに
問1:下記企業のクラウドサービスの共通点は?
–

HP、IBM、Rackspace、Dreamhost、Yahoo、
NEC、GMO、Yahoo! Japan、GREE

問2:下記企業のクラウドソリューションの共通点は?
–

H...
OpenStackとは
100% OSSのクラウド基盤ソフトウェアを
(主に)Pythonで開発するプロジェクト
●

2010年7月 OpenStack プロジェクト発足
–
–

●

NASA→Nova(IaaS)を提供
Rackspac...
OpenStackの特長
●

ソフトウェア
–
–
–
–

●

疎結合のコンポーネント構成
豊富な機能
スケーラビリティ
100%フリー

オープンな開発
–
–
–
–
–

多数の開発者・開発企業
OpenStack Foundati...
疎結合のコンポーネント構成
Dashboard (Horizon)
Dashboard (Horizon)
Web UI
Web UI

Identity (Keystone)
Identity (Keystone)
統合認証管理
統合認証管理...
豊富な機能
●

対応ハイパーバイザ/物理マシン(ベアメタル)※1
–
–

●

KVM/QEMU、LXC、Docker、Xen/XenServer、VMware ESX、Hyper-V、PowerVM
x86サーバ(Intel、AMD等)、...
スケーラビリティ志向
OpenStackで重視されるポイントの1つ
→パブリッククラウドサービス志向
●

AMQPベースの分散システム
–

●

Compute、Block Storage、Networking、Telemetry

ハッシ...
100%フリー
数少ない100%フリーのクラウド基盤ソフトウェア
●

OpenStack プロジェクトから商用版は出さない

●

配布ライセンスは Apache License ver 2.0
–

企業が商用版OpenStackを販売する...
OpenStackの特長
●

ソフトウェア
–
–
–
–

●

疎結合のコンポーネント構成
豊富な機能
スケーラビリティ
100%フリー

オープンな開発
–
–
–
–
–

多数の開発者・開発企業
OpenStack Foundati...
多数の開発者

http://www.openstack.org/
多数の協力企業
OpenStack Foundation 支援企業一覧※1
●

プラチナメンバー(8)
–

●

ゴールドメンバー(19)
–

●

Aptira、CCAT、Cisco、Cloudscaling、DELL、DreamHos...
参考:コミュニティ人口累計

http://www.qyjohn.net/?p=3432
OpenStack Foundation
●

当初、Rackspaceの影響力が強いと言われていた
–
–

●

当初のCLAは同社のフォーマットで同社が管理
Webリソース等の提供

2012年9月 OpenStack Foundatio...
テクニカルコミッティー
●

各コンポーネント開発、ドキュメント等のプロジェク
トリーダーは年2回(春・秋)の選挙で選出される
–
–

●

公募による立候補制
投票権:アクティブな開発者(ATC)全員

現在テクニカルコミッティーのメンバー...
オープンな開発議論
各コンポーネントの機能開発方針は
誰でも参加可能なオープン議論で決める
●

開発メーリングリスト
–

●

http://www.openstack.org/community/

Webツール(Wiki、Etherpa...
OpenStack Summit in Hong Kong
2013/11/5〜8 @Asia World Expo
参考:月間Gitコミット数

http://www.qyjohn.net/?p=3432
定期的なリリース
半年に1度の定期リリース

2011/2
Bexar
2010/10
Austin

/4
Cactus

/10
Diablo

2012/4
Essex

/10
Folsom

2013/4
Grizzly

/10
H...
次期開発版:OpenStack 2014.1
(Icehouse)

●

正式コンポーネント追加
–

Database Service (Trove)
●

●

MySQL、Cassandra、Percona、Redis に対応した
Da...
国内事例
●

VPS
–

GMO お名前.com
http://www.onamae.com/

–

GMO ConoHa
https://www.conoha.jp/

–

NEC Cloud IaaS
http://jpn.nec....
まとめ
OpenStackとは
今、最も活発なOSSクラウド基盤開発プロジェクト
●

ソフトウェア
–
–
–
–

疎結合のコンポーネント
構成
豊富な機能
スケーラビリティ
100%フリー

●

オープンな開発
–
–
–
–
–

多数の開発...
ご静聴ありがとうございました。
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

OpenStack概要(オープンクラウド最新動向)

5,508

Published on

2014/2/21(金) オープンクラウド最新動向で紹介する OpenStack の概要資料です。

Published in: Technology

OpenStack概要(オープンクラウド最新動向)

  1. 1. 2014/2/21 @オープンクラウド最新動向 OpenStack概要 日本 OpenStackユーザ会 吉山 あきら Photo: Space Shuttle Rising (NASA) http://apod.nasa.gov/apod/ap110525.html
  2. 2. 本日の内容 はじめに OpenStackとは OpenStackの特長 国内事例 まとめ
  3. 3. はじめに 問1:下記企業のクラウドサービスの共通点は? – HP、IBM、Rackspace、Dreamhost、Yahoo、 NEC、GMO、Yahoo! Japan、GREE 問2:下記企業のクラウドソリューションの共通点は? – HP、IBM、DELL、Rackspace、 Red Hat、Canonical(Ubuntu)、SUSE、 eNovance、Morphlabs、Nebula
  4. 4. OpenStackとは 100% OSSのクラウド基盤ソフトウェアを (主に)Pythonで開発するプロジェクト ● 2010年7月 OpenStack プロジェクト発足 – – ● NASA→Nova(IaaS)を提供 Rackspace→Swift(クラウドストレージ)を提供 2014年2月現在 – リリース済み正式コンポーネント9、育成段階コンポーネント4、 周辺プロジェクト6以上の巨大プロジェクト※1 ※1 https://wiki.openstack.org/wiki/Projects
  5. 5. OpenStackの特長 ● ソフトウェア – – – – ● 疎結合のコンポーネント構成 豊富な機能 スケーラビリティ 100%フリー オープンな開発 – – – – – 多数の開発者・開発企業 OpenStack Foundation テクニカルコミッティー オープンな議論 定期的なリリース
  6. 6. 疎結合のコンポーネント構成 Dashboard (Horizon) Dashboard (Horizon) Web UI Web UI Identity (Keystone) Identity (Keystone) 統合認証管理 統合認証管理 Orchestration(Heat) Orchestration(Heat) クラウドオーケスト クラウドオーケスト レーション レーション Telemetry Telemetry (Ceilometer) (Ceilometer) メータリング・監視 メータリング・監視 Compute Compute (Nova) (Nova) IaaS管理 IaaS管理 Image Service Image Service (Glance) (Glance) VMテンプレ管理 VMテンプレ管理 Object Storage Object Storage (Swift) (Swift) クラウドストレージ クラウドストレージ Networking Networking (Neutron) (Neutron) 仮想NW管理 仮想NW管理 Block Storage Block Storage (Cinder) (Cinder) ブロックストレージ管理 ブロックストレージ管理
  7. 7. 豊富な機能 ● 対応ハイパーバイザ/物理マシン(ベアメタル)※1 – – ● KVM/QEMU、LXC、Docker、Xen/XenServer、VMware ESX、Hyper-V、PowerVM x86サーバ(Intel、AMD等)、ARMメニーコアサーバ(Tilera) 対応ネットワークソリューション※2 – – ● Linux Bridge、Open vSwitch、Ryu OpenFlow Controller Big Switch、Brocade、Cisco UCS/Nexus、Embrane、Hyper-V、Mellanox、MidoNet、NEC OpenFlow、Nicira NVP、PLUMgrid 対応ブロックストレージ※3 – RADOS Block Device(Ceph)、NFS、Solaris – Coraid、DELL EqualLogic、EMC VMAX/VNC、日立HUS、HP 3PAR/Lefthand、 Huawei HVS、IBM GPFS/Storwise/SVC/XIV/DS8000、NetApp、Nexenta、Scality、 SolidFire、Zadara、VMware、Windows Server 2012 ※1 https://wiki.openstack.org/wiki/HypervisorSupportMatrix ※2 https://wiki.openstack.org/wiki/Neutron ※3 https://wiki.openstack.org/wiki/CinderSupportMatrix
  8. 8. スケーラビリティ志向 OpenStackで重視されるポイントの1つ →パブリッククラウドサービス志向 ● AMQPベースの分散システム – ● Compute、Block Storage、Networking、Telemetry ハッシュテーブルによるハイパースケール設計 – Object Storage
  9. 9. 100%フリー 数少ない100%フリーのクラウド基盤ソフトウェア ● OpenStack プロジェクトから商用版は出さない ● 配布ライセンスは Apache License ver 2.0 – 企業が商用版OpenStackを販売するのはOK – 企業が有償サポートを提供するのもOK – もちろん利用者には特別な制約なし 但し OpenStack ロゴの使用には制約有り※1 – ※1 http://www.openstack.org/brand/
  10. 10. OpenStackの特長 ● ソフトウェア – – – – ● 疎結合のコンポーネント構成 豊富な機能 スケーラビリティ 100%フリー オープンな開発 – – – – – 多数の開発者・開発企業 OpenStack Foundation テクニカルコミッティー オープンな議論 定期的なリリース
  11. 11. 多数の開発者 http://www.openstack.org/
  12. 12. 多数の協力企業 OpenStack Foundation 支援企業一覧※1 ● プラチナメンバー(8) – ● ゴールドメンバー(19) – ● Aptira、CCAT、Cisco、Cloudscaling、DELL、DreamHost、 eNovance、Ericsson、日立、Huawei、Intel、 Juniper Networks、Mirantis、Morphlabs、NEC、NetApp、 Piston Cloud、VMware、Yahoo! コーポレートスポンサー(58) – ● AT&T、Canonical、HP、IBM、Nebula、Rackspace、 Red Hat、SUSE Arista、Brocade、EMC、富士通、PayPal、他 サポート組織(153) ※1 http://www.openstack.org/foundation/companies/
  13. 13. 参考:コミュニティ人口累計 http://www.qyjohn.net/?p=3432
  14. 14. OpenStack Foundation ● 当初、Rackspaceの影響力が強いと言われていた – – ● 当初のCLAは同社のフォーマットで同社が管理 Webリソース等の提供 2012年9月 OpenStack Foundation発足 Linux Foundation をモデルとした中立な OpenStack 開発管理団体 ● 各種リソースの管理・提供
  15. 15. テクニカルコミッティー ● 各コンポーネント開発、ドキュメント等のプロジェク トリーダーは年2回(春・秋)の選挙で選出される – – ● 公募による立候補制 投票権:アクティブな開発者(ATC)全員 現在テクニカルコミッティーのメンバーは13名 http://www.openstack.org/foundation/tech-committee/
  16. 16. オープンな開発議論 各コンポーネントの機能開発方針は 誰でも参加可能なオープン議論で決める ● 開発メーリングリスト – ● http://www.openstack.org/community/ Webツール(Wiki、Etherpad) – – ● http://wiki.openstack.org/ https://etherpad.openstack.org/ IRC – ● freenode.net #openstack OpenStack Summit – https://www.openstack.org/summit/
  17. 17. OpenStack Summit in Hong Kong 2013/11/5〜8 @Asia World Expo
  18. 18. 参考:月間Gitコミット数 http://www.qyjohn.net/?p=3432
  19. 19. 定期的なリリース 半年に1度の定期リリース 2011/2 Bexar 2010/10 Austin /4 Cactus /10 Diablo 2012/4 Essex /10 Folsom 2013/4 Grizzly /10 Havana 2014/4 Icehouse /10 Juno
  20. 20. 次期開発版:OpenStack 2014.1 (Icehouse) ● 正式コンポーネント追加 – Database Service (Trove) ● ● MySQL、Cassandra、Percona、Redis に対応した Database as a Service (DBaaS)基盤 育成段階コンポーネント – Bare metal (Ironic) ● – Queue service (Marconi) ● – Compute (Nova) のベアメタル機能を置換すべく 1から開発された新コンポーネント。 メッセージキューサービス(AWS SQS似) Data processing (Savanna) ● Hadoop as a Service
  21. 21. 国内事例 ● VPS – GMO お名前.com http://www.onamae.com/ – GMO ConoHa https://www.conoha.jp/ – NEC Cloud IaaS http://jpn.nec.com/cloud/service/platform_service/iaas.html ● サービス運用基盤 – Yahoo! Japan – GREE
  22. 22. まとめ
  23. 23. OpenStackとは 今、最も活発なOSSクラウド基盤開発プロジェクト ● ソフトウェア – – – – 疎結合のコンポーネント 構成 豊富な機能 スケーラビリティ 100%フリー ● オープンな開発 – – – – – 多数の開発者・開発企業 OpenStack Foundation テクニカルコミッティー オープンな議論 定期的なリリース
  24. 24. ご静聴ありがとうございました。
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×