20130209勉強会

2,069 views

Published on

20130209勉強会

  1. 1. Nova次期版(Grizzlyリリース) 日本OpenStackユーザ会 吉山 晃
  2. 2. 現在開発中の OpenStack Grizzlyリリースから、Nova(IaaS 基盤)の新機能について ご説明いたします。 OpenStack Grizzly リリース予定 2013年4月4日(日本時間4月5日)
  3. 3. Grizzly(グリズリー)と言えば…
  4. 4. OpenStackのリリース名米国の地名からOpenStackコミュニティの投票で選ばれます。● A…Austin(テキサス州オースチン、州都)● B…Bexar(テキサス州ベア郡)● C…Cactus(カリフォルニア州カクタス、非営利値域)● D…Diablo(カリフォルニア州、CDP)● F…Folsom(カリフォルニア州サクラメント郡、都市)● G…Grizzly Flats(カリフォルニア州エルドラド郡、CDP)● H…Havana(イリノイ州メイソン郡、都市) CDP:国勢調査指定地域
  5. 5. Grizzly Flats, California この辺り ● カリフォルニア州 エルドラド郡の平原名 ● 1850年にグリズリー(写真)を見 かけた人がいた事から 命名された (Wikipedia より引用)
  6. 6. やっぱり2番目のリリースが「Bexar(ベア)」だったので、 「クマ再び」と言えなくもない
  7. 7. Nova次期版の開発項目● Nova の Blueprints に一覧あり(73項目) – https://blueprints.launchpad.net/nova/grizzly
  8. 8. Nova次期版のポイント● 拠点間連携● スケーラビリティの改善● 物理マシンによるIaaS● ボリューム機能の改善● 仮想化ドライバ改善
  9. 9. 拠点間連携● Blueprint – Nova Compute Cells● Wiki – http://wiki.openstack.org/blueprint-nova-compute- cells
  10. 10. Amazon EC2 の拠点間連携モデル● 1つの地理的な「Region」には複数の「Availability Zone」がある● Availability Zone 間は低速・安価ネットワークで接続され、1つ のAvailability Zone の障害が他に影響しないよう設計されてい る – 例:EU-West-1 has EU-West-1a EU-West-1b EU-West-1c.● クライアントは Region(=EC2 エンドポイント)に接続する● ユーザが Availability Zone を指定せずにVMを要求した場合、 Region のスケジューラが Availability Zone を選択する● ユーザがAvailability Zone を指定しして VM を要求した場合、 指定された Availability Zone 上で VM が作成される
  11. 11. 従来のNovaの拠点間連携モデル● 1つのNova クラスタは「Zone」と呼ばれる● Zone は、1つのNova クラスタを複数の論理グ ループに分割できる – ロード·バランシング – インスタンス配置● Zone は API ノード、スケジューラノード、データ ベースとメッセージ・キューが必要● Zone 間では何も共有されない
  12. 12. 新しい拠点間連携モデル「Cell」● Cell毎にメッセージキューとデータベースが用意される● Cell間通信はプラグインドライバで行われる(現在はRPCの み)● Cellは木構造を持つ – nova-api サーバは最上位だけが持ち、下位は持たない – 複数の親Cellをサポートする● Cellのスケジュールデータベースは子から送られた情報を 持つ – 定期的なブロードキャスト – 子のデータベース更新(インスタンス更新・削除・作成失敗)時
  13. 13. スケーラビリティ改善● Blueprints – no-db-compute – no-db-messaging – no-db-compute-manager – no-db-virt
  14. 14. 従来のNovaのDB● 全 Nova サービスが DB にセッション作成● サービス死活監視の為、nova-api を除く全 Nova サー ビスが定期的に DB 上の自分のサービス情報を更新● サービス間で送信されるメッセージの大半でDBへの問 い合わせが必要● 仮にVMサーバが1000台あり、1分毎にサービス情報 を更新するとなると… 1000÷60≒16.6 トランザクション/秒
  15. 15. Grizzly での解決策● 一番個数の多いVM ホスト管理サービス(nova- compute)は直接DBにアクセスしない – 代わりにメッセージキュー経由でDBサービス(nova- conductor)にDB問合せを依頼● 新しいサービス死活管理機構(servicegroup)を導入 – DB以外の死活管理機構をプラグインで実装可能 ● 現在はDBプラグインのみ ● ZooKeeper のプラグインを開発予定● メッセージ上により多くの情報を載せる
  16. 16. 物理マシンによるIaaSサービス 別セッションで中井さんが公演予定
  17. 17. ボリューム機能の改善● BluePrints – Improve Block Device Handling – Improve the booting from volume interface – Better network volume support in the libvirt driver – Multipath Support for iSCSI volumes – Delete all traces of volume code from nova
  18. 18. ボリューム起動のオプション改善● --image なしで起動可能に● --volume オプション追加● --kernel、--ramdisk オプション利用可能● Nova API 拡張 – アタッチされたボリューム情報を提供 – ボリューム起動かどうかの情報を提供● Cinder 側の改善 – ボリューム起動用ボリューム作成時に Cinder 関連のイメージメタデータを 作成 – 上記データを Cinder API 経由で取得可能に – ブロックデバイスマッピング(BDM)を使用したボリューム起動時の上記デー タ利用
  19. 19. ブロックデバイス操作の改善● 現在各種仮想化ドライバ毎にわざわざ実装されて いる swap や ephemeral ディスクの取り扱いを 改善
  20. 20. iSCSIボリュームのパス冗長化● dm-multipath 等を使用して、各種 iSCSI ストレー ジが持つマルチパス機能を利用できるようにする – 経路故障時に代替経路でサービス継続可能 – ラウンドロビン通信による性能向上
  21. 21. nova-volume 削除● Cinder に移管されたボリューム管理機能を Nova から完全に削除する – 元々 Folsom リリースで削除の話があったが、 後方互換性/移行面から見送られていた
  22. 22. 仮想化ドライバの改善● Blueprints – Add support for SPICE graphics to libvirt drier – VMware Compute Driver – Add volume driver concept to xenapi driver – Nova Compute Hyper-V driver Grizzly features – Hyper-V Compute Driver Resize feature – Hyper-V Config Drive V2 – Support Snapshot for IBM PowerVM Computer Driver – Support Resize and Migrate for IBM PowerVM Compute Driver
  23. 23. SPICE 対応● VNC に加え、KVM の新しいリモートデスクトップ プロトコル「SPICE」に対応 – マルチディスプレイ – 双方向オーディオ – 動画ストリーミング – ローカルUSB転送 – ライブマイグレーション対応
  24. 24. VMware ドライバ改善● Launch OVF disk image● VNC console● Attach and Detach iSCSI volume● Guest info● Host ops● VLAN● Quantum● Cold migration● Live migration● VirtualCenter support
  25. 25. Hyper-V ドライバ改善● ConfigDrive v2● Windows互換性に起因するバグ修正● WMI iSCSI イニシエータ対応
  26. 26. Xen ドライバ改善● ハードコーディングされているボリューム操作を libvirt ドライバ同様にモデル化
  27. 27. PowerVM ドライバ● VM リサイズ● VM ライブマイグレーション● VM スナップショット
  28. 28. まとめ色々強化された Nova Grizzly にご注目下さい
  29. 29. ご清聴ありがとうございました。

×