20121017_アプリ制作勉強会@GMO Yours

5,034 views
4,930 views

Published on

http://atnd.org/events/32706 の発表資料です。

Published in: Technology
0 Comments
11 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
5,034
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,713
Actions
Shares
0
Downloads
33
Comments
0
Likes
11
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20121017_アプリ制作勉強会@GMO Yours

  1. 1. ゲーム開発における Scrum 実施例 株式会社 ゲームポット スマートフォン開発部 開発第1グループ 佐藤 洋三 2012年10月17日@GMO Yours
  2. 2. はじめに•  会場をご提供いただきました GMO 様 ありがとうございます。•  主催の WAVE 様、コンテンツワン様 ありがとうございます。•  お集りいただきました皆様 どうもありがとうございます。 http://www.flickr.com/photos/vernhart/1574355240/
  3. 3. 自己紹介•  佐藤 洋三 (さとう ようぞう) –  所属 •  (株)ゲームポット スマートフォン開発部 –  スクラムアライアンス 認定スクラムマスター –  代表作 •  ゆるロボ製作所 (for iOS / Android) –  Twitter •  @yoozoosato –  このスライドは slideshare で公開 •  http://www.slideshare.net/yoozoosato/20121017gmo-yours
  4. 4. Scrum の話
  5. 5. まとめ•  やってみればいいと思うよ。 –  理に適ったやり方だと感じている –  ただし導入は大変かもしれない –  できること、やれそうなことから挑戦•  スクラムする、スクラムでやるを目的にし ない。 –  開発を楽しく、ゲームを面白くするための一 つの手段 http://www.flickr.com/photos/kartz/389247840/
  6. 6. Agenda•  Scrum? –  スクラムをざっくり説明•  ゲームポットでの事例 –  Role –  Product Backlog –  Planning –  Daily Scrum –  Review & Retrospective http://www.flickr.com/photos/elisalimadesign/2537487476/
  7. 7. Agenda•  Scrum? –  スクラムをざっくり説明 ← イマココ•  ゲームポットでの事例 –  Role –  Product Backlog –  Planning –  Daily Scrum –  Review & Retrospective http://www.flickr.com/photos/elisalimadesign/2537487476/
  8. 8. Scrum?スクラムを実践している人は?知っているけど、未挑戦の人?今日初めて聞いたという人? http://www.flickr.com/photos/royskeane/413103429
  9. 9. ざっくりScrum
  10. 10. スクラムの概要スクラム(名詞):複雑で変化の激しい問題に対応するためのフレームワークであり、可能な限り価値の高いプロダクトを生産的かつ創造的に届けるためのものである。 http://www.scrum.org/Portals/0/Documents/Scrum%20Guides/Scrum%20Guide%20-%20JA.pdf http://www.flickr.com/photos/62659096@N03/8038951156/
  11. 11. 3つの役割•  スクラムチームは、プロダクトオーナー、 開発チーム、スクラムマスターで構成され る。 –  Product Owner (PO) –  開発チーム (Team) –  Scrum Master (SM) http://www.flickr.com/photos/gsfc/4133955812/
  12. 12. いくつかの成果物•  プロダクトバックログ – 何を作りたいか? のリスト•  スプリントバックログ – 何を、どう作るか? のリスト•  インクリメント – 作ったもの。ユーザーに届く、ユー ザーがそれで遊ぶ。 http://www.flickr.com/photos/z287marc/3192570544/
  13. 13. いくつかの会議体スクラムではイベントを設けて規則性を作り出し、スクラムで定義されていないミーティングの必要性を最小化している。イベントには、時間に上限のあるタイムボックスを使う。スクラムの中心はスプリントである。 http://www.flickr.com/photos/hanspfo/4107129076/
  14. 14. 会議体① スプリント計画ミーティング② デイリースクラム③ スプリントレビュー④ スプリントレトロスペクティブ
  15. 15. 図解
  16. 16. Product Backlog Sprint ① Sprint BacklogPriority Shippable Increments ・ ・ ② Daily ・ Scrum 2weeks Sprint Increments ③④
  17. 17. 用語を置き換え
  18. 18. やりたいこと リスト スプリント やりたいことを、優 ① どう実装するか先 ちゃんと動作する順 ゲーム(遊べる)位をつけて ・ ・ ②並べ ・ 朝会る 2週間 できあがった ③④ 機能
  19. 19. 最初の計画通りに作るよりも状況変化に強い。「面白いか?」はプレイしてみないと分からないことが多い。 http://www.flickr.com/photos/kenlund/2480300439/
  20. 20. Agenda•  Scrum? –  スクラムをざっくり説明•  ゲームポットでの事例 –  Role ← イマココ –  Product Backlog –  Planning –  Daily Scrum –  Review & Retrospective http://www.flickr.com/photos/elisalimadesign/2537487476/
  21. 21. Role : PO•  Product Owner –  プロデューサーにPOになってもらいたい。 –  企画チームの人を Scrum に巻き込み中。 –  PO不在というケースも・・・ –  POの選任は大変。布教活動中。
  22. 22. プロダクトオーナーの役割プロダクトオーナーはプロダクト(製品)の成功についての責任がある。 プロダクト プロダクトバック ビジョンを作成し リリース計画を ログを整備※する ロードマップを管 策定する (グルーミング) 理理する ※優先順位付含む プロダクトの 予算を管理理する 出荷準備を⾏行行う プロダクトオーナー 顧客、利利⽤用者、内 スクラムマスター 部のステークホル やチームと⼀一緒に ダーと協調する 働く プロダクト プロダクト プロダクト リリース ビジョン バックログ ロードマップ バーンダウン http://www.ryuzee.com/contents/blog/4107
  23. 23. Role : 開発チーム•  だいたい2∼6人で1チームを編成 –  プログラマ + デザイナ –  混成チームで1案件担当。これはこの1年く らいやっているが、非常にオススメ。 –  チームメンバにカウントしていないが、以下 のメンバーとも情報共有している。 •  プロモーション、マーケティング担当 •  カスタマーサポート担当 •  インフラ担当 •  etc.
  24. 24. Role : SM•  Scrum Master –  認定スクラムマスターが、部内に3人。 –  基本的に1案件に1人、誰かがSMをやる。 –  1人のSMが複数案件のSMを兼任しているこ ともある。 –  兼任すると、スクラムの会議の運用が大変。 •  毎朝3プロジェクト分の朝会とか •  スプリントの開始タイミングをずらすなど工夫 –  案件A: 月曜始まり∼金曜終わり –  案件B: 木曜始まり∼水曜終わり
  25. 25. Agenda•  Scrum? –  スクラムをざっくり説明•  ゲームポットでの事例 –  Role –  Product Backlog ← イマココ –  Planning –  Daily Scrum –  Review & Retrospective http://www.flickr.com/photos/elisalimadesign/2537487476/
  26. 26. Product Backlog•  いままでに試した管理方法 –  Excel –  Google Docs –  Pivotal Tracker –  Trello –  紙(主に付箋紙)とホワイトボード •  情報カードとか、Excelから印刷したのも利用 •  ホワイトボード不足 → 壁に貼る模造紙購入•  各アイテムは「ユーザーストーリー」
  27. 27. Excel
  28. 28. Google Docs
  29. 29. 紙最強
  30. 30. 色々試した感想 並べ替え Story + とっつき易さ 同時編集 (ソート) タスク △ Excel ◎ △ (シート分割)Google △ ○ ◎ △ Docs (シート分割) Trello ○ △ ○ ○ Pivotal △ △ ○ ◎Tracker 付箋紙 ◎ ◎ ◎ △
  31. 31. Agenda•  Scrum? –  スクラムをざっくり説明•  ゲームポットでの事例 –  Role –  Product Backlog –  Planning ← イマココ –  Daily Scrum –  Review & Retrospective http://www.flickr.com/photos/elisalimadesign/2537487476/
  32. 32. Planning•  プロジェクトの初期に全体の計画を立てる –  プロダクトバックログを作る –  プランニングポーカーで、総SPを算出 –  Tシャツサイズ見積もりを使うことも•  スプリントの初日にそのスプリントの計画 を立てる –  だいたい2∼4時間くらいかかる –  人数の多い案件はタスク分解して、人時単位で 見積もりをする
  33. 33. プランニングポーカー
  34. 34. http://www.flickr.com/photos/lkiller123/5255794271/in/set-72157626936451847 相対的に 見積もる
  35. 35. Tシャツサイズ
  36. 36. タスク分解•  そのスプリントで作業するユーザーストー リーを、作業レベルに分解•  タスクごとに担当と、時間単位の見積もり を入れる
  37. 37. Agenda•  Scrum? –  スクラムをざっくり説明•  ゲームポットでの事例 –  Role –  Product Backlog –  Planning –  Daily Scrum ← イマココ –  Review & Retrospective http://www.flickr.com/photos/elisalimadesign/2537487476/
  38. 38. Daily Scrum•  開発チームを同期するためのもの。•  「朝会」と呼んでいる。•  以下の内容で、15分 –  (1) 昨日やったこと –  (2) 今日やること –  (3) 困っていること –  バーンダウンチャート更新•  スクラムマスタへの報告にしたくない・・
  39. 39. Problem vs. us    POINT p.76 Project Facilitation by Kenji Hiranabe is licensed under a Creative Commons Attribution 3.0 Unported License.
  40. 40. Burndown chart
  41. 41. なにかがオカシイ例
  42. 42. Agenda•  Scrum? –  スクラムをざっくり説明•  ゲームポットでの事例 –  Role –  Product Backlog –  Planning –  Daily Scrum –  Review & Retrospective ← イマココ http://www.flickr.com/photos/elisalimadesign
  43. 43. Review &Retrospective•  動くゲームの「デモ」をする。•  なるべく多くの人(利害関係者)に見て もらうのが良いと思っています。 –  部長とか、執行役員にも同席してもらう•  実際のゲームを見てもらったり遊んでも らって、フィードバックをもらう。 –  フィードバックを次回以降のスプリントに反 映させる
  44. 44. 振り返り•  ほぼ全ての案件で KPT を使用。 –  Keep •  今後のスプリントでも続けるべきこと –  Problem •  今後のスプリントで改善すべきこと –  Try •  今後のスプリントで挑戦してみたいこと•  Wiki か付箋に書いている。•  振り返り重要
  45. 45. まとめ•  やってみればいいと思うよ。 –  理に適ったやり方だと感じている –  ただし導入は大変かもしれない –  できること、やれそうなことから挑戦•  スクラムする、スクラムでやるを目的にし ない。 –  開発を楽しく、ゲームを面白くするための一 つの手段 http://www.flickr.com/photos/kartz/389247840/
  46. 46. 参考文献•  Scrum Guide –  著者: Ken Schwaber, Jeff Sutherland 翻訳: 角 征典 –  http://www.scrum.org/Portals/0/Documents/Scrum%20Guides/Scrum%20Guide%20-%20JA.pdf•  塹壕より Scrum と XP –  著者: Henrik Kniberg 翻訳: 後藤 章一 –  http://www.infoq.com/jp/minibooks/scrum-xp-from-the-trenches•  アジャイルサムライ –  著者: Jonathan Rasmusson 翻訳: 西村 直人、角谷 信太郎、近藤 修平、角掛 拓未 –  http://www.amazon.co.jp/dp/4274068560•  Agile Game Development with Scrum –  著者: Clinton Keith –  http://www.amazon.co.jp/dp/0321618521/•  [Agile]プロダクトオーナーの役割を1枚で紹介 –  著者: 吉羽 龍太郎 –  http://www.ryuzee.com/contents/blog/4107•  Project Facilitation From Hiranabe –  著者: 平鍋 健児 –  http://www.slideshare.net/yattom/project-facilitation-from-hiranabe/

×