Your SlideShare is downloading. ×
高度試験午前Ⅱ - システム戦略
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Saving this for later?

Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime - even offline.

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

高度試験午前Ⅱ - システム戦略

1,194
views

Published on


0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,194
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 高度試験午前Ⅱ - システム戦略 @yokkuns : 里 洋平 情報処理技術勉強会 2010.07.29
  • 2. 本日の内容 情報処理教科書 [秋期]高度試験午前I・II 2010年度版 17-1 情報システム戦略
  • 3. 情報戦略の立案  情報戦略の立案時に、必ず整合性を取るべき 対象はどれか? ア 新しく登場した情報技術 イ 基幹システムの改修計画 ウ 情報システム部門の年度計画 エ 中長期の経営計画
  • 4. 情報戦略の立案  一般的に、経営戦略が最上位概念  ITストラテジスト試験の対象者像  企業の経営戦略に基づいて、ビジネスモデルや企業活動における特定 のプロセスについて、情報技術を活用して改革・高度化・最適化するため の基本戦略を策定・提案・推進する者
  • 5. 情報戦略の立案  一般的に、経営戦略が最上位概念  ITストラテジスト試験の対象者像  企業の経営戦略に基づいて、ビジネスモデルや企業活動における特定 のプロセスについて、情報技術を活用して改革・高度化・最適化するため の基本戦略を策定・提案・推進する者 情報戦略の立案にあたっては、 上位概念である経営戦略との整合性をとる
  • 6. 情報戦略の立案  情報戦略の立案時に、必ず整合性を取るべき 対象はどれか? ア 新しく登場した情報技術 イ 基幹システムの改修計画 ウ 情報システム部門の年度計画 エ 中長期の経営計画
  • 7. 情報戦略の立案  情報戦略の立案時に、必ず整合性を取るべき 対象はどれか? ア 新しく登場した情報技術 イ 基幹システムの改修計画 ウ 情報システム部門の年度計画 エ 中長期の経営計画
  • 8. 情報システムのあるべき姿を明確にする計画  “システム管理基準”によれば、組織全体の情 報システムのあるべき姿を明確にする計画はど れか? ア 開発計画 イ 事業継続計画 ウ 全体最適化計画 エ 年間運用計画
  • 9. 情報システムのあるべき姿を明確にする計画  システム管理基準  2004年に経済産業省が公表した実践規範  「組織体が主体的に経営戦略に沿って効果的な情報システ ム戦略を立案」することが目的の1つ  http://www.meti.go.jp/policy/netsecurity/downloadfiles/system_ka
  • 10. 情報システムのあるべき姿を明確にする計画  “システム管理基準”によれば、組織全体の情 報システムのあるべき姿を明確にする計画はど れか? ア 開発計画 イ 事業継続計画 ウ 全体最適化計画 エ 年間運用計画
  • 11. 情報システムのあるべき姿を明確にする計画  “システム管理基準”によれば、組織全体の情 報システムのあるべき姿を明確にする計画はど れか? ア 開発計画 イ 事業継続計画 ウ 全体最適化計画 エ 年間運用計画
  • 12. 業務モデルを定義する目的  “システム管理基準”によれば、全体最適化計 画策定の段階で、業務モデルを定義する目的 はどれか? ア 企業の全体業務としようされる情報の関連を整理し、情報システムの全 体像を明確にすること イ システム化の範囲や開発規模を把握し、システム化に要する期間、開発 工数、開発費用を見積もること ウ 情報システムの構築のために必要なハードウェア、ソフトウェア、ネットワ ークなどの構成要素を洗い出すこと エ 情報システムを実際に運用するために必要なユーザマニュアルや運用 マニュアルを作成するために、業務手順を確認すること
  • 13. 業務モデルを定義する目的
  • 14. 業務モデルを定義する目的  “システム管理基準”によれば、全体最適化計 画策定の段階で、業務モデルを定義する目的 はどれか? ア 企業の全体業務としようされる情報の関連を整理し、情報システムの全 体像を明確にすること イ システム化の範囲や開発規模を把握し、システム化に要する期間、開発 工数、開発費用を見積もること ウ 情報システムの構築のために必要なハードウェア、ソフトウェア、ネットワ ークなどの構成要素を洗い出すこと エ 情報システムを実際に運用するために必要なユーザマニュアルや運用 マニュアルを作成するために、業務手順を確認すること
  • 15. 業務モデルを定義する目的  “システム管理基準”によれば、全体最適化計 画策定の段階で、業務モデルを定義する目的 はどれか? ア 企業の全体業務としようされる情報の関連を整理し、情報システムの全 体像を明確にすること イ システム化の範囲や開発規模を把握し、システム化に要する期間、開発 工数、開発費用を見積もること ウ 情報システムの構築のために必要なハードウェア、ソフトウェア、ネットワ ークなどの構成要素を洗い出すこと エ 情報システムを実際に運用するために必要なユーザマニュアルや運用 マニュアルを作成するために、業務手順を確認すること
  • 16. 業務のあるべき姿を表す論理モデル  業務のあるべき姿を表す論理モデルを説明した ものはどれか? ア 企業における主要機能を明確にして、現状の業務機能を分析し、体系化 したもの イ 経営目標の達成に必要な業務機能を定義し、体系化したもの ウ 現状の業務機能と情報システムでの処理を分析し、相互の関係を明確 化したもの エ 本来あるべき業務機能と現状を比較・分析し、評価したもの
  • 17. 業務のあるべき姿を表す論理モデル  エンタープライズアーキテクチャ(EA)の計画 フェーズにおける、論理モデルの問題  EA 組織のプロセス/情報システム/人事・部門などの構造と機能を包括的か つ厳密な手法で記述する手法であり、それによって組織がその戦略的目 的に沿って機能 するように方向性を与えるもの  EAでは、業務の現状(As Is)を洗い出し、業務 のあるべき姿(To Be)を描き、そのギャップをう めるように業務の最適化を図る
  • 18. 業務のあるべき姿を表す論理モデル  業務のあるべき姿を表す論理モデルを説明した ものはどれか? ア 企業における主要機能を明確にして、現状の業務機能を分析し、体系化 したもの イ 経営目標の達成に必要な業務機能を定義し、体系化したもの ウ 現状の業務機能と情報システムでの処理を分析し、相互の関係を明確 化したもの エ 本来あるべき業務機能と現状を比較・分析し、評価したもの
  • 19. 業務のあるべき姿を表す論理モデル  業務のあるべき姿を表す論理モデルを説明した ものはどれか? ア 企業における主要機能を明確にして、現状の業務機能を分析し、体系化 したもの イ 経営目標の達成に必要な業務機能を定義し、体系化したもの ウ 現状の業務機能と情報システムでの処理を分析し、相互の関係を明確 化したもの エ 本来あるべき業務機能と現状を比較・分析し、評価したもの
  • 20. ビジネスアーキテクチャ  エンタープライズアーキテクチャ(EA)を構成す る4つの体系のうち、ビジネスアーキテクチャを 策定する場合の成果物はどれか? ア 業務流れ図 イ 実体関連ダイアグラム ウ 情報システム関連図 エ ソフトウェア構成図
  • 21. ビジネスアーキテクチャ  EAを構成する4つの体系  ビジネスアーキテクチャ  戦略マップ、目標、経営ポリシー  機能構成(例えばIDEF0)、 組織モデル  ビジネスプロセス  ハードウェア、ソフトウェア、サービス等の提供業者  データアーキテクチャ  メタデータ  データモデル: 概念データモデル、論理データモデル、物理データモデル  アプリケーションアーキテクチャ  アプリケーションソフトウェアの資産状況把握  API - イベント、メッセージ、データフローなど  コンピュータネットワークおよびその上のサービスの接続&使用状況  テクノロジアーキテクチャ  サーバプラットフォームは何で、具体的にどこで誰が管理しているか  LAN、WAN、インターネットの具体的な接続図  オペレーティングシステム  情報基盤ソフトウェア: アプリケーションサーバ、DBMSなど
  • 22. ビジネスアーキテクチャ  政策・業務の内容、実施主体業務フローなどに ついて、共通化・合理化など実現すべき姿を体 系的に示したもの  成果物  業務説明書  機能構成図(DMM)  機能情報関連図(DFD)  業務流れ図(WFA)
  • 23. データアーキテクチャ  各業務・システムにおいて利用される情報の内 容、各情報間の関連性を体系的に示したもの  成果物  情報体系整理図(UMLクラス図)  実体関連ダイアグラム(ERD)  データ定義表
  • 24. アプリケーションアーキテクチャ  業務処理に最適な情報システムの形態を体系 的に示したもの  成果物  情報システム関連図  情報システム機能構成図
  • 25. テクノロジアーキテクチャ  実際にシステムを構築する際に利用する、諸々 の技術的構成要素及びセキュリティ基盤を体系 的に示したもの  成果物  ネットワーク構成図  ソフトウェア構成図  ハードウェア構成図
  • 26. ビジネスアーキテクチャ  エンタープライズアーキテクチャ(EA)を構成す る4つの体系のうち、ビジネスアーキテクチャを 策定する場合の成果物はどれか? ア 業務流れ図 イ 実体関連ダイアグラム ウ 情報システム関連図 エ ソフトウェア構成図
  • 27. ビジネスアーキテクチャ  エンタープライズアーキテクチャ(EA)を構成す る4つの体系のうち、ビジネスアーキテクチャを 策定する場合の成果物はどれか? ア 業務流れ図 イ 実体関連ダイアグラム ウ 情報システム関連図 エ ソフトウェア構成図
  • 28. アプリケーションアーキテクチャ  エンタープライズアーキテクチャを構成するアプ リケーションアーキテクチャについて説明したも のはどれか? ア 業務に必要なデータの内容、データ間の関連や構造などを体系的に示 したもの イ 業務プロセスを支援するシステムの機能や構成などを体系的に示したも の ウ 情報システムの構築・運用に必要な技術的構成要素を体系的に示した もの エ ビジネス戦略に必要な業務プロセスや情報の流れを体系的に示したも の
  • 29. アプリケーションアーキテクチャ  業務処理に最適な情報システムの形態を体系 的に示したもの  成果物  情報システム関連図  情報システム機能構成図
  • 30. アプリケーションアーキテクチャ  エンタープライズアーキテクチャを構成するアプ リケーションアーキテクチャについて説明したも のはどれか? ア 業務に必要なデータの内容、データ間の関連や構造などを体系的に示 したもの イ 業務プロセスを支援するシステムの機能や構成などを体系的に示したも の ウ 情報システムの構築・運用に必要な技術的構成要素を体系的に示した もの エ ビジネス戦略に必要な業務プロセスや情報の流れを体系的に示したも の
  • 31. アプリケーションアーキテクチャ  エンタープライズアーキテクチャを構成するアプ リケーションアーキテクチャについて説明したも のはどれか? ア 業務に必要なデータの内容、データ間の関連や構造などを体系的に示 したもの イ 業務プロセスを支援するシステムの機能や構成などを体系的に示したも の ウ 情報システムの構築・運用に必要な技術的構成要素を体系的に示した もの エ ビジネス戦略に必要な業務プロセスや情報の流れを体系的に示したも の
  • 32. データのオーナ  情報システムにおけるデータのオーナに相当す る部門として、適切なものはどれか? ア システム及びデータの維持管理を行っているシステム運用部門 イ システム部門に開発、システム運用及び保守を委託している業務の主 管部門 ウ データのインテグリティを保証し、必要に応じてデータ内容の訂正を行う 保守部門 エ データを取り扱う画面や帳票のレイアウトを決定する利用部門
  • 33. データのオーナ  データのオーナ  データを用いて業務を行い、その内容に責任を負う部門や責任者  インテグリティ  データもしくはシステムの完全性。セキュリティ上,正当なデータや システムが動作し,正当な計算結果を保存したり,出力したりして いること。情報セキュリ ティの三つの目標事項の一つ。残る二つは Confidentiality(機密性)とAvailability(可用性)。 http://itpro.nikkeibp.co.jp/word/page/10005685/
  • 34. データのオーナ  情報システムにおけるデータのオーナに相当す る部門として、適切なものはどれか? ア システム及びデータの維持管理を行っているシステム運用部門 イ システム部門に開発、システム運用及び保守を委託している業務の主 管部門 ウ データのインテグリティを保証し、必要に応じてデータ内容の訂正を行う 保守部門 エ データを取り扱う画面や帳票のレイアウトを決定する利用部門
  • 35. データのオーナ  情報システムにおけるデータのオーナに相当す る部門として、適切なものはどれか? ア システム及びデータの維持管理を行っているシステム運用部門 イ システム部門に開発、システム運用及び保守を委託している業務の主 管部門 ウ データのインテグリティを保証し、必要に応じてデータ内容の訂正を行う 保守部門 エ データを取り扱う画面や帳票のレイアウトを決定する利用部門
  • 36. ご清聴ありがとうございました