• Like
  • Save
Rubykaigi2008: REST 信者から見た Ruby と Rails
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Rubykaigi2008: REST 信者から見た Ruby と Rails

on

  • 6,046 views

 

Statistics

Views

Total Views
6,046
Views on SlideShare
6,039
Embed Views
7

Actions

Likes
1
Downloads
20
Comments
0

3 Embeds 7

http://www.slideee.com 4
http://www.slideshare.net 2
https://twitter.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    Rubykaigi2008: REST 信者から見た Ruby と Rails Rubykaigi2008: REST 信者から見た Ruby と Rails Presentation Transcript

    • REST 信者から見た Ruby on Rails 2.0 山本陽平 YAMAMOTO Yohei
    • REST 信者から見た Ruby on Rails 2.1 山本陽平 YAMAMOTO Yohei
    • REST 信者から見た Ruby and Rails 山本陽平 YAMAMOTO Yohei
    • 自己紹介 Who am I • ソフトウェアエンジニア – Software Engineer • XML 野郎 – XML guy • REST 信者 – RESTian • ルビー初心者 – JavaからRubyへ – Ruby beginner – from Java to Ruby
    • 自慢 I’m very proud for…
    • Ruby スポン サーな会社で 働いています I’m working in Ruby sponsor company
    • 今日の話題 Today’s theme is…
    • REST と Ruby と Rails について About REST and Ruby and Rails
    • まずは… First…
    • REST と Ruby について About REST and Ruby
    • REST と Ruby は仲良し REST and Ruby are good friends
    • ruby-dev におけるRESTの議論 REST discussion in ruby-dev
    • REST と Ruby は仲良し REST and Ruby are good friends
    • REST と Rails も仲良し REST and Ruby are also friends
    • REST と Rails は仲良し REST and Rails are good friends
    • REST Representational State Transfer
    • REST • Web のアーキテクチャスタイル – Web Architectural style • 制約の集合 – Set of constrains – ULCODC$SS
    • 抽象化レベル Abstraction Level • Implementaion – Apache, Rails, Firefox, bot • Architecture – User Agent, Server, HTTP, URI, HTML • Architectural Style – Constrains, Styles
    • リソース指向アーキテクチャ Resource Oriented Architecture
    • ROA の四つの構成要素 Four features of the ROA • (A) アドレス可能性 – Addressability • (S) ステートレス性 – Statelessness • (C) 接続性 – Connectedness • (U) 統一インターフェース – A Uniform Interface
    • A > C > U >>>>>>>>>S アドレス可能性>接続性>統一インターフェース>>>>>>>>>>ステートレス性 Addressability > Connectedness > A Uniform Interface>>>>>>>>> Statelessness
    • ROA の四つの構成要素 Four features of the ROA • (A) アドレス可能性 – Addressability • (S) ステートレス性 – Statelessness • (C) 接続性 – Connectedness • (U) 統一インターフェース – A Uniform Interface
    • アドレス可能性 Addressability
    • アプリケーションがそのデータ セットの重要な部分をリソースと して公開する場合、そのアプリ ケーションはアドレス可能である。 An application is addressable if it exposes the interesting aspects of the data set as resources.
    • リソースは URI を通じて提供される ため、アドレス可能なアプリケーショ ンは提供可能な情報ごとにURI を公 開する。 Since resources are exposed through URIs, an addressable application exposes a URI for every piece of information it might conceivably serve.
    • リソース/URI 駆動開発 Resource/URI driven development
    • URI の設計 ↓ URI の実装 Design URI → Implement URI
    • URIの設計 URI design
    • Blog entries list resource /entries (GET/POST) Blog entry resource /entries/{entry_id} (GET/PUT/DELETE)
    • URIの実装 URI implementation
    • map.resources :entries
    • シンプルだけど… It’s simple, but…
    • Rails のルーティングは 素晴らしいが、コードの 構造に依存しがち Routing of Rails is good, but code structure dependent
    • URIは設計目標であって 実装結果ではない URIs are design goal, not implementation result
    • Restlet router.attach(“/entries”, EntryListResource.class); router.attach(“/entries/{id}”, EntryResource.class); Django urlpatterns = patterns( (r’^entries/$’, entry_list), (r’^entries/([¥w-]+)/$’, entry_detail), )
    • 接続性 Connectedness
    • 現在のページ == アプリケーション状態 Current Page = Application State
    • ハイパーメディアを設計 == アプリケーションを設計 Design hypermedia == design application
    • ハイパーメディアを設計 == リソースとリンクを設計 Design hypermedia == design resources and links
    • リンクの設計 Link design
    • リンクの実装 Link implementation
    • url_for link_to
    • シンプルだけど… It’s simple, but…
    • リンクの意味を意識で きればもっといい Semantics of a link is important
    • 続きは WEB+DB PRESS Vol. 45 で
    • まとめ Conclusion
    • 実際のところ Rails は RESTful である Actually, Rails is RESTful
    • アドレス可能性と 接続性でよりよい設計を design by A better addressability and connectedness