Your SlideShare is downloading. ×
もし新人のインフラエンジニアがKPTで振り返りをしたら
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

もし新人のインフラエンジニアがKPTで振り返りをしたら

2,549
views

Published on

Published in: Technology

0 Comments
5 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,549
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
16
Comments
0
Likes
5
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. もし新人のインフラエンジニアが KPTで振り返りをしたら 大村 幸敬 (@yktko) 2010/11/27 qpstudy04
  • 2. ゗ンフラ マネージャ ゗ンフラ エンジニゕ あたらしもの 酒 オープン ソース 娘^2 関西 芝生 はやぶさ デジ゗チ 1 あたらしもの酒 娘^2 関西 芝生 オープン ソース インフラ エンジニア 自分 • 大村幸敬(@yktko) • 某SIer • 企業向け • ゗ンフラ専門 – 非機能要件 – ゕーキテクチャ • ゕジャ゗ル好き • デジ゗チ買いました 5月→
  • 3. • 本LTは • 飲みLT用に作成したものを • 本番枠用に仕立て直したものです! • …5分じゃおさまらない… –たぶんオーバーランします •すいません 2
  • 4. 新人゗ンフラエンジニゕのパターン • 新人は分からないことが多い • 分かるようになる方法で2パターン • 1:言われた通りにやる派 – 慎重 > 挑戦 – 仮に「ウゖンプ型」とします • 2:勝手に自分でやる派 – 慎重 < 挑戦 – 仮に「マッチョ型」とします 3
  • 5. ゗ケてる゗ンフラエンジニゕになる • ゗ケてる゗ンフラエンジニゕ像 – 慎重:本番環境で(最終的に)失敗してはいけない – 挑戦:新技術で゗ンフラをより良くしなければいけない • 挑戦と慎重のバランス(例) – 新しい技術はとにかく試す – 問題が出たら「こんなこともあろうかと」 – 作業記録や検討メモはいつの間にか残っている – 障害対応では「発想は大胆に、検証は慎重に」 4
  • 6. タ゗プ別育ち方 • マッチョ系の育ち方 1. いろいろ(勝手に)挑戦 2. 本番で失敗orz 3. 反省 <ふりかえり> 4. 慎重さを身につける • ウゖンプ系の育ち方 1. 着実に学習 2. 本番で成功(^_^) 3. 自信 <ふりかえり> 4. 近い範囲から挑戦できるようになる 5
  • 7. ゗ンフラエンジニゕ育成の特性(1of3) • 実機至上主義 – 座学→「実際に触ってみないと…」 – 独学→「…」(いつまでたっても終わらない) – 検証・研修→「実案件じゃないので…」 • 座学・独学では<不安> 6
  • 8. ゗ンフラエンジニゕ育成の特性(2of3) • 経験=失敗 – 本番・実案件での失敗が後につながる – 学習・挑戦のモチベーションにつながる 7
  • 9. ゗ンフラエンジニゕ育成の特性(3of3) • ゗ンフラは技術要素がたくさん – 経験は個人に蓄積する→伝承が必要 – 特定の要員によるリスク・負担が増大 • 分散が必要 – 文書化による技術伝承→× • 対象が多すぎて作業量に見合わず 8
  • 10. では • チーム全体で – 経験を共有するには? – 新たな気づきを得るには? 9
  • 11. そこで「ふりかえり」を活用 • ふりかえり – プロジェクトフゔシリテーションの1つの実践 – スクラムなど近年のゕジャ゗ル開発において重要視 – 参考:プロジェクトフゔシリテーション実践編「ふりかえ りガ゗ド」(永和システムマネジメント) • http://www.objectclub.jp/download/files/pf/RetrospectiveMeetingGuide.pdf • ふりかえりの目的 – チーム全体が、 • 行動可能な改善策を探し、試す勇気を得ること • これまでの行動を思い返し、新たな気づきを得ること • やってみてうまくいった行動をチームに定着させること • メンバーの多様性を受け入れ、信頼関係を築くこと 10
  • 12. KPTとは • KPT=Keep Problem Try – 何? • 改善を行うための思考フレームワーク – 特徴は? • 各チームメンバに3つの意見を聞く –Keep =今やっていてこれからも続けたいこと –Problem =問題・リスクだと認識していること –Try =試したいこと • ホワ゗トボードなどに書き出し、検討する • フォーマット→ 11 Keep Problem Try
  • 13. 具体的な進め方(マ゗ルール) • 開催間隔 – PJ:月曜 計画→金曜 ふりかえり – チーム全体:チームミーテゖングで(2ヵ月) • 準備 – 数日前にテーマを伝える • 例1)チーム全体の方向性について • 例2)自身のタスクについて – 付箋を3色用意し、事前にKPTを書いてもらう • 実施 – テーマごとに実施 – チームメンバ全員が各自のKPTをWBに貼る – 順にその内容について発表 – 全体でデゖスカッション • 新しい知見があれば付け加える – Tryについて具体的な対策を立てる • フォロー – WBの写真かメモを取って全員に共有 – 次回KPTでTryの達成状況を確認 12
  • 14. 風景 13 • 日経SYSTEMS 10月号 「プロジェクトで人は育つ」で紹介されました
  • 15. マッチョ系新人でKPTやってみた 14 Keep ・現地作業で急遽別の人のタスクを振 られたが手順を見ながらやり遂げた ・Linuxの自習中、不明な点はネットで 調べ、分からないところを整理した上 で先輩に聞いた ・自分でredmine(課題管理サーバ) を立ち上げた Problem ・英語のエラーmsgの内容が分からず 丸1日ハマった ・手順を適当に見ていたらOS導入に失 敗。再導入orz ・ネットの情報を参照してHBAドラ゗ バを入れたら動かなかった ・障害時の記録が残っておらずトレー スできない Try ・英語(システム系のテクニカルターム)を覚える ・手順書は一つずつきちんとチェックする ・作業時はまずオフゖシャル情報を参照する ・作業記録をいつも取り忘れるので、自動的に取れるようにスクリプト化する サンプル数:n=1
  • 16. 教訓~実施するときの注意点 • フゔシリテータは黙ってポジテゖブに • Keep&Problem→discuss→Tryがよい? • テーマはチーム全体と個人の2パターン用意 • でかい付箋便利 • 付箋は事前に書いてもらう • 意見には名前をつける(テーマにもよる) • 人ではなく問題を注視する 15
  • 17. まとめ • 新人゗ンフラエンジニゕの2パターン – マッチョ&ウゖンプ • 「みんな」で「ふりかえり」しよう – 技術要素が多い゗ンフラエンジニゕに向く • ふりかえりフレームワークKPTオススメ • 実際にやったら – 実施ルールの例 – n=1のサンプル – 教訓 16
  • 18. 17 Enjoy Infrastructure Cooking! • ご清聴ありがとうございました