マイニング探検会 #03
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

マイニング探検会 #03

on

  • 1,444 views

ICWSM 2010@Washington, D.C. 参加報告

ICWSM 2010@Washington, D.C. 参加報告

Statistics

Views

Total Views
1,444
Views on SlideShare
1,444
Embed Views
0

Actions

Likes
1
Downloads
8
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

マイニング探検会 #03 マイニング探検会 #03 Presentation Transcript

  • The 4th Int’l Conference onWeblog and Social Media(ICWSM 2010) 報告
    東京大学情報基盤センター
    学術情報研究部門 助教
    清田 陽司
    (兼 株式会社リッテル 上席研究員)
    2010年6月25日
    @東京大学アントレプレナープラザ会議室
  • ICWSM 2010
    AAAI (the Association for the Advancement of Artificial Intelligence) 主催の国際会議
    2007年より開催、4回目]
    2010年5月23日~26日@Washington, D.C.
    23日: チュートリアル
    24~26日: 本会議
    http://www.icwsm.org/2010/
  • Regular Sessions
    SNS関連: 3セッション
    Influence and Composition in Social Networks
    Dynamics and Diffusion in Social Networks
    Analysis of Social Network Usage
    Microblogging関連: 2セッション
    言語解析関連: 1セッション
  • 発表の傾向
    Web企業と大学のcollaborationが多い
    データの提供がなくては研究しづらい
    WeblogからMicrobloggingへのシフト
    Twitterは社会動向をよりダイレクトに反映
    Follow関係が分析において非常に有効
    分析手法として確率的手法が利用されつつある
  • ePluribus: Ethnicity on Social Networks
    Jonathan Chang et al. (Facebook)
    姓からethnicityを推定
    Graphical modelを利用
  • From Tweets to Polls: Linking Text Sentiment to Public Opinion Time Series
    Brendan O’Connor et al. (CMU)
    Twitter上の評判(positive/negative)の変化と、アンケート調査などの変化の相関関係を示す
  • Microblogging Inside and Outside the Workplace
    Kate Ehrlich, N. Sadat Shami (IBM)
    Microbloggingのビジネス応用について
    TwitterとBlutTwit (社内版microblogging)の使われ方の比較
  • マイニング探検会 #03
    ICWSM参加レポート (清田) 30分
    こんなことやっています的話題提供×6人
    ※1人10分=60分
    日高(スタジオ・ポットSD):「本づくりの現場で考える、データマイニング援用による「雑誌」の再定義」
    小野:「javascriptによるOPACのちょっとした改良」
    植松 :「J-GLOBALβ1.3とそこで使われている要素技術の紹介」
    前田:「国会図書館件名標目連想検索」
    青木:「リニューアルしたWebcatPlusのご紹介」
    牧野:「ゆうき図書館のWebアプリ事例」
    こんなことやってみたい的話題提供×3人 ※今回なし
    グループ制/幹事制等、これまでの論点の検討 30分