Your SlideShare is downloading. ×
0
Web標準化 (W3C) とHTML5の状況 Remix
Web標準化 (W3C) とHTML5の状況 Remix
Web標準化 (W3C) とHTML5の状況 Remix
Web標準化 (W3C) とHTML5の状況 Remix
Web標準化 (W3C) とHTML5の状況 Remix
Web標準化 (W3C) とHTML5の状況 Remix
Web標準化 (W3C) とHTML5の状況 Remix
Web標準化 (W3C) とHTML5の状況 Remix
Web標準化 (W3C) とHTML5の状況 Remix
Web標準化 (W3C) とHTML5の状況 Remix
Web標準化 (W3C) とHTML5の状況 Remix
Web標準化 (W3C) とHTML5の状況 Remix
Web標準化 (W3C) とHTML5の状況 Remix
Web標準化 (W3C) とHTML5の状況 Remix
Web標準化 (W3C) とHTML5の状況 Remix
Web標準化 (W3C) とHTML5の状況 Remix
Web標準化 (W3C) とHTML5の状況 Remix
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Web標準化 (W3C) とHTML5の状況 Remix

5,427

Published on

2009年12月、総務省のWebサイトで公開された「Web標準化 (W3C) とHTML5の状況」のスライドをリデザインしたものです。作った動機や背景については以下のURLをご覧ください。 …

2009年12月、総務省のWebサイトで公開された「Web標準化 (W3C) とHTML5の状況」のスライドをリデザインしたものです。作った動機や背景については以下のURLをご覧ください。
http://www.yasuhisa.com/could/article/w3c-html5-remix/

Published in: Technology, Art & Photos
1 Comment
24 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total Views
5,427
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
1
Likes
24
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  1. 情報通信審議会情報通信政策部会 通信・放送の融合・連携環境における標準化政策に関する検討委員会HTML5Web標準化(W3C) とHTML5の状況慶応義塾大学 教授 2009年12月11日一色正男 & 夏野剛Keio-contact@w3.orghttp://www.w3.org オリジナルのスライドを基に長谷川 恭久が情報を再構成したものです。
  2. WHYなぜHTML5は注目なのか? WHAT HTML5で何が実現可能か? HTML5WORK日本ならではの取り組み FUTURE HTML5がもたらすメリット
  3. HTML (Hyper Text Markup Language)Webブラウザ(HTML解読表示プログラム)は、HTMLから視覚描写を行っているGoogleのような検索エンジンや音声ブラウザなど機械が情報を理解するためのコードが含まれている
  4. WHYなぜHTML5は注目なのか? Webの役割の変化 Webアプリケーションの登場 動画などコンテンツがよりリッチなものへと変化 Webの利用の多様化 アクセス出来る機器の増加 (携帯電話や家電など) Webを描写するための OS やソフトウェアの種類の増加
  5. Open Web今の利用者のニーズに応えるために HTML がさらに進化する必要性が高まった自由に使 える共通プラットフォーム仕様整備の要求が増えたプラグインや特別なソフトウェアの要求などユーザも作り手も煩雑で混乱してきた
  6. HTML5今日のWebに適応させるための10年ぶりバージョンアップ
  7. WHAT最新のウェブ標準が提供する機能 HTML5 Web Storage ・ Web Workers ・ Web Sockets Canvas ・ Drag and Drop SVG Geo Location API
  8. ホームセキュリティ 速報性が高い情報の配信Web Socketsブラウザとサーバ間で直接データのやりとりが可能リアルタイム性向上とサーバ負荷削減効果大 photo is taken by quapan
  9. Webアクセシビリティに大きな貢献 オープン技術なので特定の企業に依存しないSVG (Scalable Vector Graphics)Google Maps や携帯電話向け地図サービスで使われてる画像形式拡大・縮小による画像の劣化がなく軽量Webで既に使われている技術と親和性が高く、統計グラフなどデータとの組み合わせに最適
  10. パソコン以外からも同じデータにアクセス オープン技術なので特定の企業に依存しないCanvasスクリプト言語により生成された画像を描写するための HTML 要素特別なプラグインをインストールすることなく、2Dアニメーションや3Dが観覧可能
  11. 国のもつ膨大なデータと位置情報の連携 国際的に利用出来る防災システムの可能性Geolocation API位置情報をWebブラウザが動作する様々な機器で正確に表示させることが可能国際規格を利用することで、より多くの方が位置情報を利用したアプリケーション開発が可能
  12. 携帯電話からも利用出来るアプリケーション ユーザービリティの向上への可能性Drag & Drop複雑なプログラムを使わなくてもデスクトップアプリケーションと同等のインタラクションが可能特別なプラグインをインストールすることなく、様々な操作を軽快に行える
  13. WORK日本ならではの取り組み 日本語組版処理 縦組と横組 柱とノンブル ルビと圏点処理 DTV、携帯、組込用のWeb
  14. JLTF (Japanese Layout Taskforce)日本語を正しくWebで表示できるように表示仕様を標準化する活動日本語については、JISX4051で定義し、英語版は、W3Cの勧告として定義現在、英語と日本語の2つのメールリストで論議
  15. FUTUREHTML5がもたらすメリット デバイスを差別しない どこからでも共通のコンテンツ 追加プログラム不要 インストール作業などお客様を煩わせなくて良くなる 付随機能の強化 リアルタイム性、サーバ負荷低減など
  16. W3C企業会費により運営される民間団体国、特定企業からも、中立独立した仕様策定団体個別のサービス/アプリケーション提供者が個別に開発、提供してきた技術が、W3Cによって集約、標準化オープンな知識集約方式=コンセンサスで、決定してゆく。日本語でのコミュニティ形成、日本の要望を整理主張が必要
  17. Thank You ありがとうございました。 詳細情報 http://www.w3c.org お問い合わせ Keio-contact@w3.org http://www.w3.org

×