Your SlideShare is downloading. ×
UXと成果物を繋げる糸口
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

UXと成果物を繋げる糸口

4,045
views

Published on

概念的な意味として捉えることはできる UX ですが、一体何をしたらいいのか分からない方もいると思います。今セミナーでは UX を成果物に盛り込む場合、何が必要なのかを解説。また、UX の文化を広めるヒントについても話しています。 …

概念的な意味として捉えることはできる UX ですが、一体何をしたらいいのか分からない方もいると思います。今セミナーでは UX を成果物に盛り込む場合、何が必要なのかを解説。また、UX の文化を広めるヒントについても話しています。
http://www.yasuhisa.com/could/diary/osaka-ux-event/

Published in: Design, Technology, Travel

0 Comments
16 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
4,045
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
6
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
16
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. UXと成果物を繋げる糸口 長谷川恭久 2010年11月20日 photo is taken by Tony
  • 2. User Experience ユーザーのデジタル機器/システムに対する見方に影響を与えるよう なアーキテクチャやインタラクションモデルの生成に関する手法。 ユーザーがある製品やシステムを使ったときに得られる経験や満足 など全体を指す。 Wikipedia
  • 3. “On s’engage et puis on voit.” Napoléon Bonaparte maturity model participant observation strategy brief user panel cultural probe link analysis portfolio analysis tinkering content analysis expert review Study people and their activities in a natural settingClarify current issues and opportu- nities; reach a common ground “You can observe a lot by just w atching.” Yogi B erra Information architecture Interaction design Service design
  • 4. 有益 Valuable 有用 Usable 望ましい Desirable アクセスしやすい Accessible 信頼 Credible 発見しやすい Findable 便利 Useful
  • 5. photo is taken by Or Hiltch UXとは概念・思想? 概念的にきこえるので理解されにくい 定説、定番のようなノウハウがない どこから初めて良いか分からない
  • 6. ユーザビリティ アクセシビリティ 情報アーキテクチャ (IA) 情報デザイン インタラクションデザイン コンテンツ開発 ビジュアルデザイン
  • 7. photo is taken by joost j. bakker UXとはデザインすべて? 明確な役職として捉え難い 価値観・解釈の仕方が人によって異なる たくさんあり過ぎて習得出来ないイメージ
  • 8. 想定される利用者像 年齢25∼50 5 4 3 2 1 知識 興味・プライオリティ パ ソ コ ン イ ン タ ー ネ ッ ト 携 帯 電 話 選 手 育 成 他 チ ー ム と の 情 報 交 換 自 身 の ス ケ ジ ュ ー ル 管 理 チ ー ム の ス ケ ジ ュ ー ル 管 理 競 技 に 関 す る 最 新 情 報 パ ソ コ ン の 使 い 方 W eb サ ー ビ ス の 利 用 カ リ キ ュ ラ ム 作 成 グ ッ ズ や 用 具 の 購 入 W eb サ ー ビ ス 選手育成以外に   時間をとられたくない 小中高陸上部の監督 社会人クラブのマネージャ 選手のカリキュラムやスケジュールを立てるのは時には 時間が必要とする。選手と密なコミュニケーションをと らないと分からないことも少なくない。パソコンを使っ た作業もするが、主に紙に手書きという場合もある。ス ケジュール帳や紙に書いた方が手軽だ。 もちろん、私の管理方法が正しいとは思わないし、もっ と良い方法があると思う。けど、どれを使ったら良いか 分からないし、いろいろ覚えるのは面倒だ。何よりも時 間がないからじっくり椅子に座って覚える余裕もさほど ない。 選手のマネージメントだけで一日の大半を費やせたら良 いのだが、私には日々やらなければならない仕事も存在 するし家族もいる。 上図: 想定利用者の興味とスキルセット。ピンク色のラインが平均値 パソコンの利用 •競技関連だけはなく日々の仕事で利用している •パソコン歴は長い人が多い •職場のパソコンは買い替えがされていない古いモデ ルの可能性も •Word の利用、Excel で簡単な表計算は出来る •パソコンは職場でよく利用するが、家ではほとんど 使わない 携帯電話の利用 •携帯電話での文字入力を容易に行う人も多い •メールを中心としたコミュニケーションとして利用 •長い文章やフォームに入力には得意ではない •能動的ではなく、受動的に携帯メディアを消費 •人によって数年前のモデルを利用している インターネットの利用 •メール中心(使用ソフトは Outlook 又は Outlook Express) •利用歴は長いが用途はニュースをみるのが中心 •掲示板がネット上のコミュニケーションツール
  • 9. photo is taken by Richard Moross
  • 10. ワイヤーフレーム スタイルガイド デザインパターン ストーリーボード シナリオ ペルソナ コンセプトマップ サイトマップ ユーザー調査 アクセス解析
  • 11. UXに携わる人は ワイヤーフレーム スタイルガイド デザインパターン ストーリーボード シナリオ ペルソナ コンセプトマップ サイトマップ ユーザー調査 アクセス解析 が出来る人? YES NO
  • 12. photo is taken by Tony UXと成果物を繋げる糸口 長谷川恭久 2010年11月20日
  • 13. Delivery / Product 成果物 Deliverable 要素成果物
  • 14. Deliverable 要素成果物 最終的なデザインではない デザインプロセスにおける副産物 フェイズごとに重要度が変動する
  • 15. コンセプト プラニング 設計 仕様 デザイン 開発 テスト 調整 重要度
  • 16. 絶対に要素成果物が必要なのか? 副産物であるがゆえにユーザーが見ることはない クライアントも見る必要がないものもある
  • 17. 要素成果物が必要になる理由
  • 18. 私たちは言葉を共有をしていない Web デザイン インタラクション IA  使いやすい 分かりやすい かっこいい ビジョン ゴール etc
  • 19. Delivery / Product 成果物 Deliverable 要素成果物 ワイヤーフレーム ペルソナ シナリオストーリーボード コンセプトマップガントチャート
  • 20. Delivery / Product 成果物 Deliverable 要素成果物 >
  • 21. UXに携わる人は ワイヤーフレーム スタイルガイド デザインパターン ストーリーボード シナリオ ペルソナ コンセプトマップ サイトマップ ユーザー調査 アクセス解析 が出来る人? YES NO
  • 22. UXな人のミッション サイトのゴール 同士・理解者をふやす 測定項目を築く
  • 23. Goal サイトのゴール ミッションでありビジョン デザイン・開発の基準 現状の把握 photo is taken by Fernando Mafra
  • 24. photo is taken by Banalities
  • 25. photo is taken by Banalities たくさんの人の要望を聞き入れる サイトの文脈にあわない体験 独自性がない真似事 出来ること以上のゴール Bad 危険なサイン 核となる価値を定義する 競合との差別化 プライオリティ付け Good 良いゴール設定
  • 26. Define ゴールの定義の仕方 photo is taken by Wonderlane
  • 27. 速くて見た目もよく、楽しく使えること カレンダーからものすごく簡単に情報を取得できる 四角形が並んでいるだけ以上にする 共有が簡単で自分の生活を一望できる Google Calendar アプリケーションのゴール from Carl Sjogreen, product manager
  • 28. Define ゴールの定義の仕方 photo is taken by Wonderlane 当たり前の言葉は使わない 使いやすい、賢い、明確 上っ面なメッセージを盛り込まない お客様のために・・・ 詳細で明確に表現する 良い体験を提供する
  • 29. Share 同士・理解者をふやす デザインプロセスへの理解 言葉・知識の共有 環境作り・文化の浸透 photo is taken by Tambako the Jaguar
  • 30. UX Culture UXの文化を浸透させるコツ 問 技 学 illustration by Tommaso Meli
  • 31. Ask なぜそのサイトが優れているのか問いかける 問 あなたにとっての UX を知る機会。 Ajax や IA のような専門的な部分以外 でなにか語れるか?
  • 32. Skill 人の役割・役職を見ない 技 その人のスキルを見極める 仕事の分野は多岐で重なり合っている 機会を与える
  • 33. Workshop ワークショップ 利用者が抱えている問題 視点の転換 見えないプロセス 学 photo is taken by marya 説明ではなく体感 制作以外の方にも参加してもらう デザインは難しい!
  • 34. Metrics 測定項目を築く 誰でも分かる基準をもつ デザイン x データ 改善の指標 photo is taken by hanspoldoja
  • 35. PV?
  • 36. photo is taken by Fernando Mafra 訪問頻度 ページ数 滞在時間 直アクセス キーワード 共有
  • 37. 5ページ以上みた利用者 4.03% 5分以上滞在した利用者 8.22% 5回以上アクセスした利用者 20.76% 直接アクセスした利用者 22.63% 名前やサイト名でアクセスした利用者 4.72% シェア数 342+ 9月 5ページ以上みた利用者 4.28% 5分以上滞在した利用者 16.37% 5回以上アクセスした利用者 20.15% 直接アクセスした利用者 23.59% 名前やサイト名でアクセスした利用者 4.94% シェア数 729+ 10月 74.8%
  • 38. より効果的な口コミ 読者との関係強化 コンテンツの価値の約束と提供 一期一会からの離脱 次のページへの誘導
  • 39. アクセス解析 CDAʼs CUT (content Usefulness Toolkit) | identifies content for development or culling - CDA Ltd © 2008 アンケート テスト 検証 ユーザー調査
  • 40. photo is taken by Tony ゴールを見極める 全員ができること、考えること 体感を通して理解者を増やす 指標を通して価値を見出す
  • 41. photo is taken by Tony 既にわたしたちがいつもしていること 具体化するのは私たち 常に成果物にフォーカス テクニックや技術ではなくミッション
  • 42. The State of the Internet
  • 43. http://www.yasuhisa.com inflame.mp3@gmail.com twitter: yhassy skype: yhassy mixi: 7251 Facebook Group: http://on.fb.me/aYRwqC

×