2013-11-28_FRBR&RDA勉強会復習スライド

466 views
401 views

Published on

1 Comment
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
466
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
1
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

2013-11-28_FRBR&RDA勉強会復習スライド

  1. 1. FRBR&RDA勉強会復習スライド 2013年11月28日 国立教育政策研究所 江草由佳
  2. 2. What is RDA • RDA: Resource Description and Access • RDAはAACR2に取って変わる新しい目録規則 – AACR2: Anglo‐American Cataloguing Rules, 2 edtion (英米目録規則第2版) • RDAの全体的な目的は:資料発見の支援のた めのデータ標準化のガイドラインおよび規則 “a  set of guidelines and instructions on formulating  data to support resource discovery”(0.0)
  3. 3. AACR2とここが違う! 1. FRBRとFRADという理論的なフレームワークに 基づいている 2. ディジタル環境のためにデザインされている 3. AACR2より広い範囲を対象としている →図書館だけじゃない、英語圏だけじゃない (ただし、AACR2と強くリンクもしている)
  4. 4. 1. FRBRとFRADという理論的なフレーム ワークに基づいている • ユーザ – 大規模な書誌データ、典拠データを使う人(+作る人) • ユーザのタスク – 大規模な書誌データを使うときによくあるタスク • find, identify, select, obtain – 大規模な典拠データを使うときによくあるタスク • find, identify, contextualize (clarify), justify(understand) • 記録される書誌or典拠データ・・・ERモデルで – Entity(Work, Expression, Manifestation, Item, Person…) – Relationship(Work expressed…) – Attribute(Title proper...)
  5. 5. ER(Entity‐Relationship)モデル Entity Work Preferred title of the work: ハリーポッターと賢者の石 Entity Is created by  Person Name of the person:  J.K. ローリング • Entity: 利用者が興味のある”key object” • Attribute:Entityについての情報 • Relationship:Entity と Entity の関係
  6. 6. FRBRで定義されている 10 Entity Concept Work Object Expression Person Event Manifestation Corporate Body Place Item Entity: the key object of interest to users of  bibliographic data
  7. 7. Entityのうち資料や作品を表すもの Group 1 内容そのもの Work a distinct intellectual or  artistic creation 表現そのもの 音声や文字な どの具体表現 まだ、メディア には のってない Expression the intellectual or artistic  realization of a work content physical form Manifestation the physical embodiment  of an expression of  a work 何らかのメディ アに載ったもの を抽象的に表 したもの (クラス) e1:テキスト(文字)(英語) m1:Bloomsbury出版[本] (ISBN:9780747532699) i1:愛知県立大学所蔵の本 i2:会津大学所蔵の本 e2:読み上げ音声 m1:オーディオブック[CD] (ISBN:190754500X) m2:オーディオブック[カセット] (ISBN:1855493942) e3:日本語版テキスト Item a single exemplar of a  manifestation w1: ハリーポッターと賢者の石 実際のものそ のもの (インスタンス) m1:静山社 出版[本] (ISBN:9784915512490) i1:足立区立図書館所蔵の本1 i2:足立区立図書館所蔵の本2
  8. 8. ER(Entity‐Relationship)モデル Work Attribute Preferred title of the work: ハリーポッターと賢者の石 Is created by  Person Attribute Name of the person:  J.K. ローリング • Entity: 利用者が興味のある”key object” • Attribute:Entityについての情報 • Relationship:Entity と Entity の関係
  9. 9. たとえば: Entity: WorkのAttribute • Title of the Work – Work のタイトル – 例:Harry Potter and the Philosopher's Stone • Form of Work – Workが属するクラス – 例:novel, play, poem,… • Date of the Work – Workが作られた日 Work Attribute Preferred title of the work: ハリーポッターと賢者の石
  10. 10. ER(Entity‐Relationship)モデル Work Preferred title of the work: ハリーポッターと賢者の石 Relationship Is created by  Person Name of the person:  J.K. ローリング • Entity: 利用者が興味のある”key object” • Attribute:Entityについての情報 • Relationship:Entity と Entity の関係
  11. 11. 例えば: Entityの定義と対のPrimary Relationships Work is realized through realize: 具現する is a realization of Expression 『新英和大辞典』 is embodied in embody: is an embodiment of Manifestation 具体化する、体現する 『新英和大辞典』 is exemplified by exemplify: 例示する is a single exemplar of Item 『新英和大辞典』 図の見方:矢印の手前から矢印の方向に読みます。 (注:冠詞は適宜付与必要)
  12. 12. たとえば: 続き, 映画化をあらわすRelationship W1.1: ハリーポッターと賢者の石 W1.1.1: ハリーポッターと賢者の石(映画) W1.2: ハリーポッターと秘密の部屋 W1.2.1: ハリーポッターと秘密の部屋(映画) W1.3: ハリーポッターとアズカバンの囚人 W1.3.1: ハリーポッターとアズカバンの囚人(映画) W1.4: ハリーポッターと炎のゴブレット W1.4.1: ハリーポッターと炎のゴブレット(映画) W1.5: ハリーポッターと不死鳥の騎士団 W1.5.1: ハリーポッターと不死鳥の騎士団(映画) W1.6: ハリーポッターと謎のプリンス W1.6.1: ハリーポッターと謎のプリンス(映画) W1.7: ハリーポッターと死の秘宝 W1.7.1: ハリーポッターと死の秘宝(映画)
  13. 13. ER(Entity‐Relationship)モデル(まとめ) Entity Entity Work Attribute Preferred title of the work: ハリーポッターと賢者の石 • • • • Relationship Is created by  Person Attribute Name of the person:  J.K. ローリング Entity: 利用者が興味のある”key object” Attribute:Entityについての情報 Relationship:Entity と Entity の関係 →この3つが – (FRBR)書誌データ – (FRAD)典拠データ を表すために定義されている
  14. 14. FRBR&FRADとRDA • RDAでは、FRBRとFRADの Entity,Attribute,Relationship やユーザタスク使っ て、様々な説明が展開される • RDAでは – どんな Element があり (ある Entity の Attribute か、 どの Entity 間の Relationship かなど) – その Element は何のためにあり (どのユーザータスクのために必要か?) – その Element に何を記述するか • についての説明がある
  15. 15. Element の例:Title Porper(1) どんなElementがあ るか?=Title Proper どんなことを書くか Core element  最低限必要 どこからとるか
  16. 16. Element の例:Title Proper(2) ‐‐目次より:FRBRやFRDAとの関係‐‐ • Section 1: Recording Attributes of Manifestation  Attribute Entity & Item Entity – Chapter 1: General Guidelines on Recording  Attributes of Manifestations and Items – Chapter 2 :Identifying Manifestation and Items • 2.0 Purpose and Scope • ・・・・ User Task • 2.3 Title Entity – 2.3.1 Basic Instructions on Recording Titles – 2.3.2 Title Proper Element Entity
  17. 17. Work:w1 Preferred title of the work: 新・図書館学シリーズ Related work (contained in):w2 Related work (contains) :w1 Work:w2 Preferred title of the work: 情報検索演習 Creator:p1 Manifestation of work:m1 Expression of work:e1 なぜか片道 Person:p1 Work expressed:w2 Expression:e1 Language of Expression: 日本語 Manifestation of expression:m1 Expression manifested:e1 Title Proper: 情報検索演習 Work manifested:w2 Manifestation:m1 Exemplar of manifestation:i1 赤字: Manifestation exemplified:m1 Item:i1 Attribute的 青字: Relationship的
  18. 18. RDA chapter 0 • 0.0 Purpose and Scope – RDAとは何か、ユーザータスク • 0.1 Key features • 0.2 他の標準との関係 • 0.3 Conceptual Models underlying RDA – FRBRとFRADを元にしている • 0.4 Objective and Principles Governing RDA • 0.5 Structure – RDAの全体構造の説明(目次) • 0.6 Core Element – 最低限必要な element 

×