2013-10-30saveMLAKフォーラム:saveMLAKメソッドとは

349 views
281 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
349
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
6
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

2013-10-30saveMLAKフォーラム:saveMLAKメソッドとは

  1. 1. 2013年10月30日 saveMLAKフォーラム 東日本大震災の被災図書館に学んだ 震災訓練プログラム ―「saveMLAKメソッド」とは 国立教育政策研究所 教育研究情報センター 総括研究官 江草由佳
  2. 2. saveMLAKプロジェクトとは • 有志によるゆるやかなネットワークによるプロ ジェクト • MLAKの由来 – – – – M: Museum・・・博物館・美術館等 L: Library・・・図書館 A: Archives・・・文書館 K: Kominkan・・・公民館 • 東日本大震災をはじめとした災害において支援 が必要となったMLAK施設の被害・救援・運営情 報、関連情報の収集・発信 • 将来の震災に備えるためにMLAKができる 活動の推進なども
  3. 3. saveMLAKの目指すこと※ ‐‐忘れない・忘れさせない‐‐ • 支援を必要としている文化・教育施設を • 災害の被害を • 将来の有事に向けた備えを 忘れない・忘れさせない そのための情報整備 間接支援活動が主 ※あくまでも私が考えているsaveMLAKとはです。
  4. 4. saveMLAKメソッドとは(概要) • MLAK向けの防災訓練 • 地震発生時の1時間を疑似体験(ロールプレイ ング) • 自治体の職員向けに考案された「高橋メソッド (T‐メソッド) 」をMLAK向けにアレンジ – 阪神淡路大震災後に神戸市の職員として対応にあ たった高橋正幸氏の開発 • 防災専門家による監修 – 鈴木光(総務省消防庁防災図上訓練指導員、 防災ファシリテーター) リアルなシミュレーション体験による 備えの不足への気づき +気づきに基づく各図書館での備えの充実
  5. 5. 実践例(専門図書館編)の紹介 • 専門図書館関西地区協議会防災セミナー「震災 訓練プログラム saveMLAKメソッドに学ぶ‐その時、 我々は、図書館はどう動くか‐」 – 2013年9月28日(金)13:00-16:00 – 開催場所:エル・ライブラリー – 参加者:10名 • 図書館の震災時の状況については、東日本大 震災を実際に経験された方からのヒアリング(宮 城県図書館、東北大学付属図書館等)を元に設 定。
  6. 6. プログラム • • • • • • • • • • 13:00~13:30 オリエンテーション 13:30~14:00 発災時行動から館外への一次避難まで ※アクション2回実施 14:00~14:30 一次避難後確認から防災センター報告 まで 14:30~15:00 防災センター報告から安全エリアへの 二次避難まで ※アクション2回実施 15:00~15:15 休憩 15:15~16:15 振り返り 16:15~16:30 振り返りの共有(各班3~5分程度) 16:30~17:00 講師講評
  7. 7. オリエンテーション(1) • 詳細な前提条件の共有 – 今回の例: どんな地震 • 地震発生日時:2013年9月28日(土)13:30 • 発生内容:奈良県北部を震源とする都市直下地震(M7.9 ) 相当。ここは震度6強。→ 地震イメージ(映像、写真) • 発生場所:近畿地方、図書館の所在地は大阪府大阪市中 央区(会場のエル・ライブラリー)。 • 図書館概況:公益施設内に入居する専門図書館 • 図書館蔵書規模:開架2万点、閉架8万点 • 図書館面積:100平米 • 図書館施設:4F(地上11F、地下2F) • 図書館常備品:ヘルメット(3)、懐中電灯(2)、 救急箱(1)、軍手(5)※いずれも事務室に常備 • 利用者3名 どんな図書館
  8. 8. ■地震イメージの共有 震度6弱,震災対策は未整備(本棚の固定はある程度あり) http://savemlak.jp/ 筑波大学附属図書館(体育・芸術図書館) Some rights reserved http://www.flickr.com/photos/univtsukuba_lib/5615895974/in/photostream
  9. 9. オリエンテーション(2) • 訓練の想定をナレーターが適宜読み上げ • その時の対応を各班で検討 – ナレーターの内容を前提として • 時間進行 – 訓練時間は、実際の時間と同様に進行 • アクションカード – ナレーションに従い、ナビゲーターが各班に封筒 を手渡し、各班で開封する。
  10. 10. オリエンテーション(3) • ロールの設定 – 常勤2名:館長、司書 – 非常勤3名:アルバイト(学生)、ボランティア(ベテ ランの退職司書)(2名) • 書記を決める – 書記は、今後起きることは模造紙に記録
  11. 11. 訓練開始! ‐‐ 7分間の映像をご覧ください ‐‐
  12. 12. これまでの実績・今後の予定 • 私立大学図書館協会 東地区部会(於 東京) – 2012年11月30日 (私立大学図書館協会東地区部会研究部研 修委員会) – 大学図書館バージョン – 参加者78名(午前:1班8名(全10班) / 午後:1班6名(全13 班)) • 平成25年度 専図協防災セミナー – 『震災訓練プログラム saveMLAKメソッドに学ぶ‐その時、我々 は、図書館はどう動く‐』 – 2013年9月28日(専門図書館関西地区協議会) – 専門図書館バージョン – 参加者10名(1班5名(全2班)) • 平成25年度図書館地区別(北日本)研修 – 2013年11月27日(文部科学省、宮城県教育委員会) – 公共図書館バージョン – 参加者80名
  13. 13. まとめ • saveMLAKメソッド – MLAK向けの防災訓練 – 地震発生時の1時間を疑似体験(ロールプレイング) • saveMLAKの有志のメンバーでsaveMLAKメソッドを開 発しています!興味ある方はぜひ参画ください • ブース(小間番号I‐13 )にぜひお立ち寄りください! • saveMLAKメソッドのWebサイト: – http://savemlak.jp/wiki/savemlakmethod

×