Your SlideShare is downloading. ×
2013-04-17_FRBR&RDA勉強会復習
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Saving this for later?

Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime - even offline.

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

2013-04-17_FRBR&RDA勉強会復習

267
views

Published on


0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
267
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
8
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. FRBR&RDA勉強会復習スライド2013年4月17日国立教育政策研究所江草由佳
  • 2. What is RDA• RDA: Resource Description and Access• RDAはAACR2に取って変わる新しい目録規則– AACR2: Anglo‐American Cataloguing Rules, 2 edtion(英米目録規則第2版)• RDAの全体的な目的は:資料発見の支援のためのデータ標準化のガイドラインおよび規則 “a set of guidelines and instructions on formulating data to support resource discovery”(0.0)
  • 3. AACR2とここが違う!1. FRBRとFRADという理論的なフレームワークに基づいている2. ディジタル環境のためにデザインされている3. AACR2より広い範囲を対象としている→図書館だけじゃない、英語圏だけじゃない(ただし、AACR2と強くリンクもしている)
  • 4. 1. FRBRとFRADという理論的なフレームワークに基づく• FRBR:書誌データのための機能的要件– (Functional Requirements for Bibliographic data)• FRAD:オーソリティーデータための機能的要件– (Functional Requirements for Authority Data)• FRBRとFRADは– ユーザーのタスク(資料発見のプロセスにおけるユーザのタスク)を同定する– 書誌レコードやオーソリティレコードがどのようにタスクの成功を支援するかを提示する→ RDAにおけるすべての規則はユーザおよびユーザタスクに関連付けられる
  • 5. 2. ディジタル環境のためにデザインされている• RDAは、伝統的資料・非伝統的資料の双方を扱える。• アナログ・デジタルの両方を扱える。• RDAの目的は:頑健で“well‐formed”なデータの作成を支援すること– 現在の技術と最新のデータベース構造、将来の技術により管理されうるように。
  • 6. 3. AACR2より広い範囲を対象としている• 図書館だけじゃない– 図書館業界を超えて使える(文書館、博物館、出版界など)• 英語圏だけじゃない– “content”標準であり、国際的対応の観点からも可能性がある– 異なる言語、書記法、数記法、暦、測定系、、、への対応も可能– RDA制定委員会(Joint Steering Committee)• コメントをもらった←国際組織、各国の国立図書館、各国の目録委員会
  • 7. 要するにRDAとは?• ネット時代の新しい目録規則– 英語圏が中心となっているが国際化も視野に• ユーザとタスクを支援するためのもの– 作成するデータは常にどんなユーザが、どんなタスクが支援されるかが基礎• 関連する概念はFRBRとFRADを元に– ユーザ– ユーザのタスク– 書誌レコード・・・主にFRBR– 典拠データ・・・主にFRAD
  • 8. ユーザ• FRBRとFRADではまずユーザが定義されている• FRBRのユーザ– 大規模な書誌レコード(やそのデータベース)を使用したり、作ったりする人– FRBRではエンドユーザと専門ユーザの区別なし• FRADのユーザ– 大規模な典拠データ(やそのデータベース)を使用したり、作ったりする人– FRADではエンドユーザと専門ユーザの区別あり
  • 9. ユーザタスク• FRBRとFRADではユーザタスクが定義されている• FBRBのタスク:find, identify, select, obtain• FRADのタスク: find, identify, contextualize, justify– contextualize, justifyは専門ユーザのみのタスク• FRBR、FRADではこれらのタスクを支援するためのレコード、データモデルが定義されている
  • 10. FRBR,FRADはER(Entity‐Relationship)モデル• ERモデル• モデル開発のスタート:何が利用者の興味のある”key object”(entity)かを決める– 記録されるデータとそのデータを使う人のニーズ(タスク)との関係を決める• Entity と Entity の関係はRelationshipとしてあらわすEntity EntityRelationship
  • 11. :the key object of interest to users of bibliographic dataWorkExpressionManifestationItemPersonCorporate BodyConceptObjectEventPlaceEntity
  • 12. Entityは3つのグループに分かれるWorkExpressionManifestationItemPersonCorporate BodyConceptObjectEventPlaceGroup 1Group 2Group 3
  • 13. Group1: the products of intellectual or artistic endeavourWorkExpressionManifestationItemGroup 1知的な芸術的な活動の生産物
  • 14. Group1: the products of intellectual or artistic endeavourWorka distinct intellectual or artistic creationExpressionthe intellectual or artistic realization of a workManifestationthe physical embodiment of an expression of a workItema single exemplar of a manifestationGroup 1contentphysical form内容そのものまだ、音声や文字など具体表現にはなってない表現そのものまだ、メディアにはのってない何らかのメディアに載ったものを抽象的に表したもの(クラス)実際のものそのもの(インスタンス)w1: ハリーポッターと賢者の石e1:テキスト(文字)(英語)m1:Bloomsbury出版[本](ISBN:9780747532699)i1:愛知県立大学所蔵の本i2:会津大学所蔵の本e2:読み上げ音声m1:オーディオブック[CD](ISBN:190754500X)m2:オーディオブック[カセット](ISBN:1855493942)e3:日本語版テキストm1:静山社 出版[本](ISBN:9784915512490)i1:足立区立図書館所蔵の本1i2:足立区立図書館所蔵の本2
  • 15. Group2: “Responsibility”WorkExpressionManifestationItemPersonCorporate BodyGroup 1Group 2has responsibility 
  • 16. Group2: “Responsibility”WorkExpressionManifestationItemPerson(an individual)Corporate Body(an organization or group of individuals and/or organizations)Group 1Group 2has responsibility創った、書いた、出版した、所有してる。。。個人組織個人のグループ複数の組織p1:  J.K.ローリングc1:静山社c2:足立区立図書館c3:スマップ著者出版社所有者演奏者
  • 17. Group3:”Subject”WorkExpressionManifestationItemPersonCorporate BodyConceptObjectEventPlaceGroup 1Group 2Group 3has responsibility has as subjecthas as subjecthas as subject注: Group1 と2はSubjectにもなりえる
  • 18. Group3:”Subject”WorkExpressionManifestationItemConceptObjectEventPlaceGroup 1 Group 3has as subject抽象的な概念:アイデア、分野、学派、宗教、理論、、、c1:  経済学物:生物/無生物、人の作ったもの(動く/動かない)、今はないもの活動や起こったこと:歴史的イベント、時代o1:  バッキンガム宮殿e1:  江戸時代e2:  グリコ・森永事件場所(地理的な概念):地球・地球外;歴史上の・現代の;地理的・地政学的p1:  ハワードビーチp2:  東京
  • 19. 複合的なWork• 集合的・複合的WorkもありえるW1.1: ハリーポッターと賢者の石W1.2: ハリーポッターと秘密の部屋W1.3: ハリーポッターとアズカバンの囚人W1.4: ハリーポッターと炎のゴブレットW1.5: ハリーポッターと不死鳥の騎士団W1.6: ハリーポッターと謎のプリンスW1.7: ハリーポッターと死の秘宝W1: ハリーポッター・シリーズ(7部作)W1: わたしたちの小学国語 3下W1.1: モチモチの木W1.2: 言葉の広場W1.3: 大工とおにW1.4: 手袋を買いに
  • 20. RelationshipWorkExpressionManifestationItemPersonCorporate BodyConceptObjectEventPlaceGroup 1Group 2Group 3Relationship:→のこと。なにかの関連があるということIs realized, is embodied, is owned, has responsibility, has as subject etc…
  • 21. いろいろなRelationship• Relationshipはいろいろある• FRBR最終報告書に説明のあったもの(5章)– Entityの定義と関連のあるRelationship• High Level Diagrams– ↑以外で「Group1」のEntity間の主要なRelationship
  • 22. FRADはオーソリティデータのためのモデルFunctional Requirements for Authority Data• FRBRの拡張モデル• FRBRのGrope1,2,3は”bibliographic entities”と呼ぶ• FRADで新たに追加されたEntity– name– identifier– controlled access point– rules– agency– family
  • 23. bibliographic entity(work, person):江草由佳name1: 江草由佳 Identifier: 60413902(科研番号)controlled access point: 江草, 由佳(01068510)rules: 国立国会図書館件名標目表ルールare the basis forFRADの概念図agency:  国立国会図書館are known byis governed byis applied by http://id.ndl.go.jp/auth/ndlna/01068510name2: Yuka Egusa