2013-04-02_FRBR&RDA勉強会

  • 178 views
Uploaded on

 

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
178
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
1
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. FRBR&RDA勉強会復習スライド 2013年4月2日 国立教育政策研究所 江草由佳
  • 2. What is RDA• RDA: Resource Description and Access• RDAはAACR2に取って変わる新しい目録規則 – AACR2: Anglo‐American Cataloguing Rules, 2 edtion (英米目録規則第2版)• RDAの全体的な目的は:資料発見の支援のた めのデータ標準化のガイドラインおよび規則 “a  set of guidelines and instructions on formulating  data to support resource discovery”(0.0)
  • 3. AACR2とここが違う!1. FRBRとFRADという理論的なフレームワークに 基づいている2. ディジタル環境のためにデザインされている3. AACR2より広い範囲を対象としている →図書館だけじゃない、英語圏だけじゃない (ただし、AACR2と強くリンクもしている)
  • 4. 1. FRBRとFRADという 理論的なフレームワークに基づく• FRBR:書誌データのための機能的要件 – (Functional Requirements for Bibliographic data)• FRAD:オーソリティーデータための機能的要件 – (Functional Requirements for Authority Data)• FRBRとFRADは – ユーザーのタスク(資料発見のプロセスにおけるユー ザのタスク)を同定する – 書誌レコードやオーソリティレコードがどのようにタス クの成功を支援するかを提示する → RDAにおけるすべての規則はユーザおよびユー ザタスクに関連付けられる
  • 5. 2. ディジタル環境のために デザインされている• RDAは、伝統的資料・非伝統的資料の双方を 扱える。• アナログ・デジタルの両方を扱える。• RDAの目的は:頑健で“well‐formed”なデータ の作成を支援すること – 現在の技術と最新のデータベース構造、将来の 技術により管理されうるように。
  • 6. 3. AACR2より広い範囲を対象としてい る• 図書館だけじゃない – 図書館業界を超えて使える(文書館、博物館、出版 界など)• 英語圏だけじゃない – “content”標準であり、国際的対応の観点からも可能 性がある – 異なる言語、書記法、数記法、暦、測定系、、、への 対応も可能 – RDA制定委員会(Joint Steering Committee) • コメントをもらった←国際組織、各国の国立図書館、各国の 目録委員会
  • 7. 要するにRDAとは?• ネット時代の新しい目録規則 – 英語圏が中心となっているが国際化も視野に• ユーザとタスクを支援するためのもの – 作成するデータは常にどんなユーザが、どんなタスク が支援されるかが基礎• 関連する概念はFRBRとFRADを元に – ユーザ – ユーザのタスク – 書誌レコード・・・主にFRBR – 典拠データ・・・主にFRAD
  • 8. ユーザ• FRBRとFRADではまずユーザが定義されている• FRBRのユーザ – 大規模な書誌レコード(やそのデータベース)を使用 したり、作ったりする人 – FRBRではエンドユーザと専門ユーザの区別なし• FRADのユーザ – 大規模な典拠データ(やそのデータベース)を使用し たり、作ったりする人 – FRADではエンドユーザと専門ユーザの区別あり
  • 9. ユーザタスク• FRBRとFRADではユーザタスクが定義されている• FBRBのタスク:find, identify, select, obtain• FRADのタスク: find, identify, contextualize, justify – contextualize, justifyは専門ユーザのみのタスク• FRBR、FRADではこれらのタスクを支援するため のレコード、データモデルが定義されている
  • 10. FRBR,FRADは ER(Entity‐Relationship)モデル• ERモデル Relationship Entity Entity• モデル開発のスタート:何が利用者の興味のあ る”key object”(entity)かを決める – 記録されるデータとそのデータを使う人のニーズ(タ スク)との関係を決める• Entity と Entity の関係はRelationshipとしてあら わす
  • 11. concept1: ファンタジーFRBRの概念図 is subject as object1:キングス・クロス駅 Group 1 event1: 1990年代work1: place1:イギリス Group 3Harry Potter and the Philosophers Stone expression1:テキスト(文字)(英語) Group 2 manifestation1:[本] created (ISBN:9780747532699) person1:   J.K.Rowling item1:会津大学図書館所蔵の本 published item2:愛知県立大学図書館所蔵の本 corporate body1: expression2:読み上げ音声 Bloomsbury owned manifestation3:オーディオブック[カセット] (ISBN:1855493942) corporate body2: 会津大学図書館 manifestation2:オーディオブック[CD] spoke (ISBN:1855496704) person2: item1:三重大学 附属図書館所蔵のCD Stephen Fry
  • 12. FRADはオーソリティデータのためのモデルFunctional Requirements for Authority Data• FRBRの拡張モデル• FRBRのGrope1,2,3は”bibliographic entities”と呼 ぶ• FRADで新たに追加されたEntity – name – identifier – controlled access point – rules – agency – family
  • 13. FRADの概念図 http://id.ndl.go.jp/auth/ndlna/01068510bibliographic entity(work, person):江草由佳 are known byname1: 江草由佳 name2: Yuka Egusa Identifier: 60413902(科研番号) are the basis for controlled access point: 江草, 由佳(01068510) is governed by rules: 国立国会図書館件名標目表ルール is applied by  agency:  国立国会図書館