2013-01-16_FRBR&RDA勉強会復習

490 views
441 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
490
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

2013-01-16_FRBR&RDA勉強会復習

  1. 1. FRBR&RDA勉強会復習スライド 2012年11月27日 国立教育政策研究所 江草由佳
  2. 2. What is RDA• RDA: Resource Description and Access• RDAはAACR2に取って変わる新しい目録規則 – AACR2: Anglo‐American Cataloguing Rules, 2 edtion (英米目録規則第2版)• AACR2とここが違う! 1. 理論的なフレームワークに基づいている • FRBRとFRADの2つの理論的なモデル 2. ディジタル環境のためにデザインされている 3. AACR2より広い範囲を対象としている – (ただし、AACR2と強くリンクもしている)
  3. 3. RDAはユーザのために• RDAの全体的な目的は:資料発見の支援の ためのデータ標準化のガイドラインおよび規 則 “a set of guidelines and instructions on  formulating data to support resource  discovery”(0.0)• RDAはユーザーとタスク(資料発見のプロセス におけるユーザのタスク)に着目• データ記録の目的は、ユーザーのタスクを支 援するためにある!
  4. 4. RDAはFRBRとFRADに基づく (理論的なフレームワークに基づいている)• 2つのconceptual modelsに基づく: – FRBR(Functional Requirements for Bibliographic data) – FRAD(Requirements for Authority Data)• FRBRとFRADは – ユーザーのタスク(資料発見のプロセスにおけるユー ザのタスク)を同定する – 書誌レコードやオーソリティレコードがどのようにタス クの成功を支援するかを提示する• RDAにおけるすべての規則はユーザおよびユー ザタスクに関連付けられる – ユーザタスクはFRBRとFRADモデルに由来
  5. 5. ディジタル環境のために デザインされている• RDAは、伝統的資料・非伝統的資料の双方を 扱える。• アナログ・デジタルの両方を扱える。• RDAの目的は:頑健で“well‐formed”なデータ の作成を支援すること – 現在の技術と最新のデータベース構造、将来の 技術により管理されうるように。
  6. 6. AACR2より広い範囲を対象としている• 図書館だけじゃない – 図書館業界を超えて使える(文書館、博物館、出版 界など)• 英語圏だけじゃない – “content”標準であり、国際的対応の観点からも可能 性がある – 異なる言語、書記法、数記法、暦、測定系、、、への 対応も可能 – RDA制定委員会(Joint Steering Committee) • コメントをもらった←国際組織、各国の国立図書館、各国の 目録委員会
  7. 7. 要するにRDAとは?• ネット時代の新しい目録規則 – 英語圏が中心となっているが国際化も視野に• ユーザとタスクを支援するためのもの – 作成するデータは常にどんなユーザが、どんなタスク が支援されるかが基礎• 関連する概念はFRBRとFRADを元に – ユーザ – ユーザのタスク – 書誌レコード・・・主にFRBR – 典拠データ・・・主にFRAD
  8. 8. ユーザ• FRBRとFRADではまずユーザが定義されている• FRBRのユーザ – 大規模な書誌レコード(やそのデータベース)を使用 したり作ったりする人 – FRBRではエンドユーザと専門ユーザの区別なし• FRADのユーザ – 大規模な典拠データ(やそのデータベース)を使用し たり作ったりする人 – FRADではエンドユーザと専門ユーザの区別あり
  9. 9. ユーザタスク• FRBRとFRADではユーザタスクが定義されている• FBRBのタスク:find, identify, select, obtain• FRADのタスク: find, identify, contextualize, justify – contextualize, justifyは専門ユーザのみのタスク• 以降のFRBR、FRADではこれらのタスクを支援す るためのレコード、データモデルが定義されてい る
  10. 10. FRBR,FRADは ER(Entity‐Relationship)モデル• FRBR, FRADは利用者中心のモデル• ERモデル Relationship Entity Entity• モデル開発のスタート:何が利用者の興味のあ る”key object”(entity)かを決める – 記録されるデータとそのデータを使う人のニーズとの 関係を決める• (そのために、利用者の興味、ニーズを満たす ユーザタスクを決めた)
  11. 11. FRBR• Functional Requirements for Bibliographic  Records: Final Report – 書誌レコードのための機能的要件• 要は「書誌レコード」のためのモデル• ERモデル Relationship Entity Entity
  12. 12. Entity :the key object of interest to  users of bibliographic dataWork Concept ObjectExpression Person Event Manifestation Corporate Body Place Item
  13. 13. Entityは3つのグループに分かれるGroup 1 Group 3 Work Concept Group 2 Object Expression Person Event Manifestation Corporate Body Place Item
  14. 14. Group1: the products of Group 1 intellectual or artistic endeavour Work 知的な 芸術的な 活動の生産物 Expression Manifestation Item
  15. 15. Group1: the products of Group 1 intellectual or artistic endeavour 内容そのもの w1: ハリーポッターと賢者の石 Work まだ、音声や文 a distinct intellectual or  字など具体表現 e1:テキスト(文字)(英語) artistic creation にはなってない m1:Bloomsbury出版[本] (ISBN:9780747532699) 表現そのもの Expression まだ、メディア i1:愛知県立大学所蔵の本 the intellectual or artistic  には i2:会津大学所蔵の本 realization of a work のってない content e2:読み上げ音声 physical form m1:オーディオブック[CD] Manifestation 何らかのメディ (ISBN:190754500X) the physical embodiment  アに載ったもの of an expression of  a work を抽象的に表 m2:オーディオブック[カセット] したもの (ISBN:1855493942) (クラス) e3:日本語版テキスト Item a single exemplar of a  m1:静山社 出版[本] manifestation (ISBN:9784915512490) 実際のものそ のもの i1:足立区立図書館所蔵の本1 (インスタンス) i2:足立区立図書館所蔵の本2
  16. 16. Group2: “Responsibility”Group 1 Work Group 2 Expression Person Manifestation Corporate Body Item has responsibility 
  17. 17. Group2: “Responsibility”Group 1 Work 個人 Group 2 著者 p1:  J.K.ローリング Expression Person (an individual) Corporate Body Manifestation (an organization or  組織 group of individuals  個人のグループ and/or organizations) 複数の組織 出版社 c1:静山社 Item 所有者 has responsibility 創った、書いた、 c2:足立区立図書館 出版した、所有してる。。。 演奏者 c3:スマップ
  18. 18. Group3:”Subject”Group 1 Group 3 has as subject has as subject Concept Work has as subject Group 2 Object Expression Person Event Manifestation Corporate Body Place Item has responsibility  注: Group1 と2はSubjectにもなりえる
  19. 19. Group3:”Subject”Group 1 Group 3 has as subject 抽象的な概念: Work アイデア、分野、学 Concept 派、宗教、理論、、、 c1:  経済学 物: Object Expression 生物/無生物、人の 作ったもの(動く/動か ない)、今はないもの Event o1:  バッキンガム宮殿 Manifestation 活動や起こったこと: 歴史的イベント、時代 Place e1:  江戸時代 Item e2:  グリコ・森永事件 場所(地理的な概念): 地球・地球外;歴史上 p1:  ハワードビーチ の・現代の;地理的・地 政学的 p2:  東京
  20. 20. 複合的なWork• 集合的・複合的WorkもありえるW1: わたしたちの小学国語 3下 W1: ハリーポッター・シリーズ(7部作) W1.1: モチモチの木 W1.1: ハリーポッターと賢者の石 W1.2: 言葉の広場 W1.2: ハリーポッターと秘密の部屋 W1.3: 大工とおに W1.3: ハリーポッターとアズカバンの囚人 W1.4: 手袋を買いに W1.4: ハリーポッターと炎のゴブレット W1.5: ハリーポッターと不死鳥の騎士団 W1.6: ハリーポッターと謎のプリンス W1.7: ハリーポッターと死の秘宝
  21. 21. RelationshipGroup 1 Group 3 Work Concept Group 2 Object Expression Person Event Manifestation Corporate Body Place Item Relationship: →のこと。なにかの関連があるということ Is realized, is embodied, is owned,  has responsibility, has as subject etc…
  22. 22. いろいろなRelationship• Relationshipはいろいろある• FRBR最終報告書に説明のあったもの(5章) – Entityの定義と関連のあるRelationship • High Level Diagrams – ↑以外で「Group1」のEntity間の主要なRelationship
  23. 23. 3章(Entity)で紹介されたRelationship(1): Group1内のRelationships Group 1 Work is realized through is a realization ofrealize: 具現する Expression『新英和大辞典』 is embodied in is an embodiment of embody: 具体化する、体現する Manifestation 『新英和大辞典』 is exemplified by is a single exemplar of Itemexemplify:例示する『新英和大辞典』 図の見方:矢印の手前から矢印の方向に読みます。 (注:冠詞は適宜付与必要)
  24. 24. 3章(Entity)で紹介されたRelationship(2) Responsibility Relationships (Group2とGroup1) Group 1 is created by (created) Work is realized by (realized) Expression is produced by (produced) Manifestation is owned by (owned) Item Group 2 Person Corporate Body
  25. 25. 3章(Entity)で紹介されたRelationship(3) Subject RelationshipsGroup 1 Group 3 has as subject Work Concept a distinct intellectual or  an abstract notion or  artistic creation idea 概念 Group 2 Object Expression a material thing the intellectual or artistic  Person 物 realization of a work an individual 個人 Event Manifestation Corporate Body an action or occurrence 出来事 the physical embodiment  an organization or group  of an expression of  of individuals and/or  a work organizations 団体 Place a location 場所 Item a single exemplar of a  manifestation
  26. 26. 3章(Entity)で紹介されたRelationship 以外の 「Group 1」のEntity間の主要なRelationshipGroup 1 Group 3 Work Concept Group 2 Object Expression Person Event Manifestation Corporate Body Place Item
  27. 27. Work‐to‐Work Relationships Work (w1) Work (w2) 例えば ・続き ・付録 ・映画化
  28. 28. Expression‐to‐Expression Relationships同じWorkのExpression 間 異なるWorkのExpression間Work (w1) Work (w1) Work (w2) Expression (e1) Expression (e1) Expression (e1r) Expression (e2) 表5.3 表5.4
  29. 29. Manifestation‐to‐Manifestation Relationships Reproduction:Work (w1) Reproduction Microreproduction Macroreproduction Expression (e1) Reprint Photo‐offset reprint Facsimile Mirror site Manifestation(m1) Alternate: Manifestation(m2) Alternate format  (DVDとブルーレイ同時発売など) Simultaneously released edition (複数の国で異なる出版者が出版 など)
  30. 30. 5.3.3 Expression‐to‐Work Relationships ‐‐異なるWork (表5.4)Succesor, Supplement, Complement, Summarization,Adaptaion,Transformation,Imitation‐‐ (w1) has a transformation (e3) (w1) has a transformation (w2) Work (w1) Work (w2) 基本はWork‐to‐Work関係と同フランダースの フランダースの 様のもの 犬(小説) 犬(アニメ) Expression (e1) 英語のテキスト どのExpressionのものを元にし ? たかわからないことは多いので、 WorkとExpressionとの関係を記 Expression (e2) Expression (e3) 述する 日本語の 日本語の (ドラマや脚本の元テキストを特 テキスト ? アニメ 定できないことは多いため)
  31. 31. 5.3.5 Manifestation‐to‐Item  Relationships W1 Reproduction MicroreproductionIs realized through Macroreproduction Reprint E1 Photo‐offset reprint Facsimile Is embodied in Is embodied in 現物から、マイクロ フィルムを作成して、 M1 M2 そのマイクロフィル ムをたくさんつくっ is exemplified by て売り物にするなど has a reproduction のパターン。 I1
  32. 32. 5.3.6 Item‐to‐Item Relationships ‐‐ Reproduction‐‐ W1Is realized through 現物から、マイクロ フィルムを作成した E1 パターン。 Is embodied in M1 is exemplified by Reproduction: has a reproduction Reproduction I1 I2 Micro reproduction Macro reproduction Facsimile
  33. 33. 5.3.6 Item‐to‐Item Relationships ‐‐ Reconfiguration ‐‐ I1 I2 I1 I1 I3 I2 I3 I2Bound with Split into Split into Extracted from(合綴) (分割) (分割) (抜粋)
  34. 34. Whole/Part Relationships has part W1 has partW1.1 W1.2 Is realized through Is realized through Is realized through has part E1 has partE1.1 Is embodied in E1.2 Is embodied in Is embodied in has part M1 has partM1.1 is exemplified by M1.2 is exemplified by I1 has part is exemplified by has partI1.1 Physical component of copy I1.2 Binding of a book
  35. 35. FRAD• FRAD: Functional Requirements for Authority  Data• FRADは典拠データのためのモデル• FRADはFRBRの拡張モデル• FRBRより追加されたEntity – name, identifire,  controlled access point, rules,  agency – family(グループ2に追加)
  36. 36. FRAD model (単純バージョン) bibliographic  work, item,  entities … are known by  names and/or  identifierswhich are the basis for   controlled  access points

×