Procon 2010/10/16

1,216 views
1,140 views

Published on

長野高専プロコン自由部門のプレゼン。ブロックの概念が分かりづらいと言われてしまった。反省

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,216
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
254
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Procon 2010/10/16

  1. 1. Connect Beat 発表番号6 長野工業高等専門学校
  2. 2. 概要 ブロック(箱)を ケーブルでつなぐことで 音楽を作る・楽しむ
  3. 3. コンセプト つなぐだけで  カッコいい音楽!
  4. 4. 目的・対象 シンセサイザーやDTMに 触れたことのない人に 楽しさを知ってもらう
  5. 5. 従来のDTM •難しい •「とっつきにくい」 というイメージ
  6. 6. Connect Beat!のアプローチ •物理的な操作 •明確なレスポンス 2つを重視することで分かりやすさ を実現
  7. 7. 物理的な操作 「画面を見ながら」 「キーボード、マウスで」 の操作を排除
  8. 8. 物理的な操作 操作は2つだけ: つなぐ おす
  9. 9. 明確なレスポンス 操作に対し、はっきりわか るように音を変化させる
  10. 10. 操作するパーツ の説明
  11. 11. ケーブル ブロック同士をつなぐ
  12. 12. ブロック マスタブロック トーンブロック リズムブロック
  13. 13. リズムブロック マスタブロックと つなぐとリズム (一定周期で繰り返す 音・メロディ) が流れだす
  14. 14. リズムブロック マスタブロックと つなぐとリズム (一定周期で繰り返す 音・メロディ) が流れだす
  15. 15. トーンブロック リズムブロックや メロディパッドと つなぐと音色が 変えられる ジャックがない
  16. 16. トーンブロック リズムブロックや メロディパッドと つなぐと音色が 変えられる ジャックがない
  17. 17. トーンブロック リズムブロックや メロディパッドと つなぐと音色が 変えられる ジャックがない
  18. 18. メロディパッド タッチパネルを利用したデバイス おすことで演奏できる
  19. 19. メロディパッド タッチパネルを利用したデバイス おすことで演奏できる
  20. 20. 全体図 マスター ブロック タッチパネル ブロック
  21. 21. 全体図 マ ス タ ー ブ ロ ッ ク リズム ブロック トーン ブロック メロディパッド リズム ブロック トーン ブロック トーン ブロック
  22. 22. つなぐ ↓ 音がなる
  23. 23. つなぐ ↓ 音色がかわる
  24. 24. シンプルな操作、 シンプルなレスポンスで 音楽を楽しむ
  25. 25. Connect Beat
  26. 26. 実装
  27. 27. 構成 •PC: 1台 •マイコン(自作Arduino互換): 30台        (各ブロックに1台)
  28. 28. 開発環境 •PC: Visual C++, C# •マイコン: Arduino
  29. 29. Serial I2C Serial over USB リズム マスタ PCトーン リズム マスタ メロディパッド内部 タッチパネル タッチパネル ブロックの接続
  30. 30. SDA SCL Slave Master Slave Slave I²C 2本の通信線で並列接続
  31. 31. SDA SCL VCC GND プラグ リズム・トーンブロックに 電源とI²C通信線を供給
  32. 32. Serial マスタ マスタ リズム音 制御プロセス メロディパッド 制御プロセス Synth1 Synth1 Synth1 Synth1 Synth1 MS GS Mixer PC VSTHost Virtual MIDI Port MMS ASIO スピーカ Synthesizer PCでの処理
  33. 33. Connect Beat 発表番号6 長野高専

×