• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
Agile Estimating And Planning(J)
 

Agile Estimating And Planning(J)

on

  • 2,110 views

第24回XPユーザ会「アジャイルな見積りと計画づくり」での講演資料です。

第24回XPユーザ会「アジャイルな見積りと計画づくり」での講演資料です。

Statistics

Views

Total Views
2,110
Views on SlideShare
2,096
Embed Views
14

Actions

Likes
3
Downloads
16
Comments
0

2 Embeds 14

http://coderwall.com 13
http://www.slideshare.net 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    Agile Estimating And Planning(J) Agile Estimating And Planning(J) Presentation Transcript

    • 第24回XPユーザー会 期末がなんだ全速前進 『アジャイルな見積りと計画づくり』 (C)2009 株式会社永和システムマ ネジメント
    • アジャイルな 陽の巻 見積りと やっとむ 計画づくり (株)永和システムマネジメント 安井 力 (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • ところで (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • この講演は 聴かなくていいです (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • だって (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • みんなもう読んだよね? 安井力 角谷信太郎 翻訳 毎日コミュニケーションズ ¥ 3,360 ISBN: 4839924023 (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • アジャイルマニフェスト 左よりも右のものに価値を置く  プロセスやツールよりも、人と人との交流を  包括的なドキュメントよりも、動作するソフト ウェアを  契約上の交渉よりも、顧客との協調を  計画に従うことよりも、変化に適応することを (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • アジャイルマニフェスト 左よりも右のものに価値を置く  プロセスやツールよりも、人と人との交流を  包括的なドキュメントよりも、動作するソフト ウェアを  契約上の交渉よりも、顧客との協調を  計画に従うことよりも、変化に適応することを 計画いらないんじゃない? (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • 計画 スケジュール  締め切り  ガントチャート  作業アサイン  マネジメント  。。。?  (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • 計画は嫌いですか? (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • 想像してみよう - 計画のない世界 バラ色? (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • 計画は必要 複数の人/チーム/部署/企業が連携するため  将来に備えて準備するため  上司/マネージメント/経営層の状況把握のため  それだけ?  (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • なぜ計画を立てるのか 旅行の計画の場合   見たいものをできるだけ見る  計画を立てると、見たい場所が見つかる 計画を立てるために、  なにがしたいかよく考える  調査もする  同行者とも相談する よりよい旅行になる  (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • 計画は嫌いですか? (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • (C)2009 株式会社永和システムマ ネジメント
    • 宝の探し方:『妥当な』プロセス 宝の地図を手に入れる  WBSを書く  ガントチャートでクリティカルパスを検出する  リソース計画を立てる  品質目標を設定しテスト計画書を起案する  予算を出して稟議を上げる  大規模な探検隊を組織する  包括的な探検仕様書を作成する  プロジェクト開始から3ヶ月たって出航する  3日目に、宝の地図が間違っていたと分かる  (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • 宝の探し方:『結果を出す』プロセス 宝の地図を手に入れる  島に行く  地図が間違っていたことが分かる  地図を見直して修正、別の島に行く  この島だ!  道をたどる  道を間違えたので、地図を見直して直す  熊に襲われて逃げる  熊を迂回できる場所を見つけて地図に書き込む  やがて。。。?  (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • どうしたら宝にたどり着けるのか 最初の「地図」はあいまいで不正確   その現実を受け入れる 前進する  得た知識と経験から「地図」を修正する  また前進する  前進するにつれ、地図からあいまいさが減り、  より正確になっていく さらに前進する  やがて、宝の位置を正確につかめる  どうやったらたどり着けるかもわかる (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • 計画は宝の地図 最初は、達成すべきゴールがあいまいで不明確  進みながら知識と経験を得て、計画を修正  現実的かつもっとも価値のあるゴールを探る  計画づくりは 価値の探求 (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • 価値とは? 最初に固定するものではない  一方的に与えられるものではない  ビジネス価値   プロダクトの最終的ユーザにとって  プロジェクトのステークホルダにとって ユーザやステークホルダから探り出す  ステークホルダからの フィードバックを得て はじめて価値にたどり着く (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • いかに計画すべきか 計画に従うことよりも、変化に対応することを  変化に対応することを 計画に織り込む 積極的に変化するための 計画をつくる (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • いかに計画すべきか 頻繁に見直して変更する  変更しやすい計画を作る  立てた計画はすぐに捨ててしまうが、  計画づくりは段々上手になる 計画を改善できるよう計画する  (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • 多段階の計画 遠い将来を正確に予測することはできない  近い将来はわりと正確  遠い将来はあいまいで不正確  (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • プランニング・オニオン EMZERO Vol.3.1(マナスリンク)より引用 (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • アジャイルプロジェクトでは 3種類の計画が適当 リリース   期間: 1~3ヶ月  単位: 大づかみの要求 イテレーション   期間: 1~4週間  単位: 細かい要求と、実現に必要な作業 「今日」   期間: 1日  単位: 実施する作業と担当者 (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • 計画づくりに必須のこと それは。。。 (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • 見積り! (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • プランニングポーカーを 紹介します あとでね (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • 大事なことを繰り返します (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • 計画づくりは 価値の探求 (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • 計画は宝の地図 (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • ステークホルダからの フィードバックを得て はじめて価値に たどり着く (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • 計画は頻繁に、 積極的に変更する (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • 積極的に変化 するための 計画をつくる (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • ぜひ本 を買う (C)2009 株式会社永和システムマネジメント
    • ご 清 聴 あ り が と う ご ざ い ま 安井力 角谷信太郎 翻訳 し 毎日コミュニケーションズ ¥ 3,360 た (C)2009 株式会社永和システムマ ネジメント ISBN: 4839924023