201206 scrum
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

201206 scrum

on

  • 853 views

 

Statistics

Views

Total Views
853
Views on SlideShare
853
Embed Views
0

Actions

Likes
1
Downloads
9
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Apple Keynote

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n

201206 scrum Presentation Transcript

  • 1. Scrum開発手法について 2012/6/5 (Tue) yasuyuki.kamata 1
  • 2. 自己紹介• 鎌田泰行 • ルーセント・グローバル株式会社 • 日本Androidの会 • 秋葉原支部 • Unity部 部長 • 千葉支部 • Webプログラマ • 認定スクラムマスター(2012/5~) ←New! 2
  • 3. はじめに !!CAUTION!!• スクラムはアジャイル開発手法の中の一つです• 今日はスクラムのお話です• ここでスクラムの全てを理解することはできません 3
  • 4. スクラムって何? 4
  • 5. スクラムって何? スクラムの位置付け アジャイルソフトウェア開発手法 Scrum XP Lean FDD Crystal 5
  • 6. スクラムって何? スクラムの3本の柱 透明性 見える化され、関係者全員が共通理解をもつ 検査 好ましくない変化を検知できるように、成果物や進 がゴールに向かっているかを頻繁に検査 適応 プロセスやその構成要素を調整 6
  • 7. スクラムって何? スクラムの開発の流れ デイリースクラム(15分) 1 day スプリント スプリント SM プランニング プランニング スプリント スプリント 第一部 第二部 + TEAM 1-4 weeks スプリント レビュー ふりかえり PO プロダクトバックログ 調整・見直し 納品可能な プロダクト単位プロダクト スプリントバックログ バックログ 機能の一覧 etc.. タスクの一覧のようなもの 7
  • 8. PO スクラムの登場人物と役割SM TEAM 8
  • 9. スクラムの登場人物と役割 PO プロダクトオーナー プロダクトの機能とフィーチャーを定義し、リリースの内容と日付を決める プロダクトの収益性と投資効果の責任者 市場価値をもとに機能の優先順位を決める SM スプリントごとにフィーチャー定義や優先順位を変える権利がある 作業結果を許可、または却下する TEAM 9
  • 10. スクラムの登場人物と役割 PO プロダクトオーナー 者 プロダクトの機能とフィーチャーを定義し、リリースの内容と日付を決める 任 プロダクトの収益性と投資効果の責任者 総 責 ト の ク 市場価値をもとに機能の優先順位を決める ダ SM プ ロ スプリントごとにフィーチャー定義や優先順位を変える権利がある 作業結果を許可、または却下する TEAM 10
  • 11. スクラムの登場人物と役割 PO チームの機能と効率を支援、または保証する 機能及び役割間の協力体制を支援し、妨げるもの を対処する チームを外部妨害から守る プロセスに従っていることを保証し、デイリース クラム、スプリントレビューとプランニングミー SM ティングを設定するスクラムマスター TEAM 11
  • 12. スクラムの登場人物と役割 チー PO ム内 外の チームの機能と効率を支援、または保証する チー ファ シリ 機能及び役割間の協力体制を支援し、妨げるもの ム・ テー を対処する PO の利 ショ チームを外部妨害から守る 益を ン 守る プロセスに従っていることを保証し、デイリース クラム、スプリントレビューとプランニングミー SM ティングを設定するスクラムマスター TEAM 12
  • 13. スクラムの登場人物と役割 PO 機能横断で5∼9人まで スプリントゴールを選択し、目標となる結果を定 義する プロダクトグループのガイドラインの範囲で、目 標達成するために自由に行動できる 作業とチーム自身の整理と制御をする SM 作業結果をプロダクトオーナーとレビューする TEAM チーム 13
  • 14. スクラムの登場人物と役割 PO 開発やデザインなど 機能横断で5∼9人まで スプリントゴールを選択し、目標となる結果を定 義する 実際に手を動かし、 プロダクトグループのガイドラインの範囲で、目 プロダクトをつくる人たち 標達成するために自由に行動できる 作業とチーム自身の整理と制御をする SM 作業結果をプロダクトオーナーとレビューする TEAM チーム 14
  • 15. スクラムの登場人物と役割 PO これらは役割であって 役職ではない SM TEAM 15
  • 16. チームの体制 16
  • 17. チームの体制 Before 17
  • 18. チームの体制 After 18
  • 19. チームの体制 スクラムの中のチーム 自己組織化チーム 作業を成し遂げるための最善の策を、チーム外からの指示ではな く、自らが選択する 機能横断的チーム チーム外に頼らずに作業を成し遂げる能力をもっている 19
  • 20. やってみよう①• プロダクトバックログをつくろう 20
  • 21. やってみよう① ∼プロダクトバックログをつくろう∼ いまからやる部分 デイリースクラム(15分) 1 day スプリント スプリント SM プランニング プランニング スプリント スプリント 第一部 第二部 + TEAM 1-4 weeks スプリント レビュー ふりかえり PO プロダクトバックログ 調整・見直し 納品可能な プロダクト単位プロダクト スプリントバックログ バックログ 21
  • 22. やってみよう① ∼プロダクトバックログをつくろう∼ ある日、POがこんな企画を思いつきました 2Dのゲームで 緑の豚に卵を盗まれた赤い鳥が 怒って巨大パチンコのようなもので PO 物理挙動をしながら 飛んでいくゲームなんて どうだろう 22
  • 23. やってみよう① ∼プロダクトバックログをつくろう∼ 演習1 • 必要な機能をカードに書いてください • 制限時間 15分 • 自分が欲しいと思った機能をコインで買ってく ださい • 付箋の上にコインを置いてください • 制限時間 5分 • コインの多い順にカードを並べ替えてください • 制限時間 2分 23
  • 24. やってみよう① ∼プロダクトバックログをつくろう∼ プロダクトバックログ • プロダクト毎に1つ • 機能、技術、問題点の一覧表 • POが優先順位の責任者 • だれでも貢献、または追加できる • 常時更新され、見えるところに提示 • ビジネスプランまたは理念から抽出され、時 にはお客様の協力を得て作成される 24
  • 25. やってみよう②• プランニングポーカーで見積もろう 25
  • 26. やってみよう② ∼プランニングポーカーで見積もろう∼ 見積もりについて 何メートル? 26
  • 27. やってみよう② ∼プランニングポーカーで見積もろう∼ 見積もりについて 青が1だとしたら… いくつ? 27
  • 28. やってみよう② ∼プランニングポーカーで見積もろう∼ 見積もりについて 絶対規模で見積もりをすると… 2人日! 5人日! 13人日! TEAM 作業者によって見積もりがバラバラ 28
  • 29. やってみよう② ∼プランニングポーカーで見積もろう∼ 演習 • 基準となる小さい項目をチームで選ぶ • 一番小さい項目ではない • 選んだ項目に【2】をつける • 上記項目の2.5倍程度の項目を選ぶ • 選んだ項目に【5】をつける 29
  • 30. やってみよう② ∼プランニングポーカーで見積もろう∼ 演習 • 「せーの」で 全員がポーカーのカードを1枚出す • ったら:その数字を項目カードに書く • わなかったら:   数字の低い人、高い人がそれぞれ   「なぜその数字を出したか」について   意見を述べる。その後、またポーカー 30
  • 31. やってみよう② ∼プランニングポーカーで見積もろう∼ 演習 • 「BIG」が出たら • 粒度が大きすぎる → 分割する 31
  • 32. やってみよう② ∼プランニングポーカーで見積もろう∼ プランニングポーカー • 見積りの簡易化 • みんなが参加する • →詳しい人が独り占めできない • 信頼性が高い • 楽しい 32
  • 33. スクラムの登場人物と役割 チー じゃあ… PO ム内 外の チームの機能と効率を支援、または保証する チー ファ シリ 機能及び役割間の協力体制を支援し、妨げるもの ム・ テー を対処する PO の利 ショ チームを外部妨害から守る 益を ン 守る プロセスに従っていることを保証し、デイリース クラム、スプリントレビューとプランニングミー SM ティングを設定するスクラムマスター って何してるの?? TEAM 33
  • 34. スクラムマスターって何してるの?なんなの?ばかなの? スクラムマスターの一日 • 改善するための質問を探します • プロダクトオーナーは何をしていますか? • プロダクトバックログは適切に整理されているか • スクラムの利点を理解して活用しているか • チームは何をしていますか? • チームメンバーは効率的に協働しているか • チームが当事者意識を持って問題解決しているか • チームが責任を持って開発しているか  etc... 34
  • 35. スクラムマスターって何してるの?なんなの?ばかなの? スクラムマスターの一日 • 活用している技法を改善しなくていいですか? • チームが技法を理解して活用し、継続的に改善しているか • テストを自動化しているか • 組織はどうなっていますか? • チーム間で協働できるようになっているか • 組織に依存して開発を妨害している要因は何か • 人事規定は最適か   etc... 35
  • 36. スクラムマスターって何してるの?なんなの?ばかなの? スクラムマスター • ファシリテーター • プロジェクト管理者ではない • チームからの依頼により、妨害を対処する • チームへ指示する権限がない →チームが判断する • 組織改善の促進に挑戦する・変化をもたら す重要な役割 積極的に「何もしない」 36
  • 37. デイリースクラム• 1日1回• 15分程度 37
  • 38. デイリースクラム 要するに朝会 38
  • 39. デイリースクラム デイリースクラム 3つの質問 • 昨日はなにをした? • 今日はなにをする? • なにか問題ある? 39
  • 40. やってみよう③• ふりかえってみよう 40
  • 41. やってみよう③ ∼ふりかえってみよう∼ いまからやる部分 デイリースクラム(15分) 1 day スプリント スプリント SM プランニング プランニング スプリント スプリント 第一部 第二部 + TEAM 1-4 weeks スプリント レビュー ふりかえり PO プロダクトバックログ 調整・見直し 納品可能な プロダクト単位プロダクト スプリントバックログ バックログ 41
  • 42. やってみよう③ ∼ふりかえってみよう∼ まずTLをつくります } 1 week ago 1スプリント Now 42
  • 43. やってみよう③ ∼ふりかえってみよう∼ どんな一週間でしたか? • よかったこと →青付箋 • わるかったこと →赤付箋 • どちらでもない →黄付箋 43
  • 44. やってみよう③ ∼ふりかえってみよう∼ どんな一週間でしたか? Keep 良かったこと  →これからも続けていく Problem 課題  →改善点 Try 挑戦したいこと  →次のスプリントでやってみたいこと 44
  • 45. やってみよう③ ∼ふりかえってみよう∼ ふりかえり • 前回の改良点をレビューし、行動に起こせな かったものを検証する • 改良点を適量選択し、行動を起こす • 報告ではなく、学習 45
  • 46. スクラム• スクラムの役割・成果物・イベント・ ルールは不変• スクラムの一部だけ導入することも可 能だが、それはスクラムとは言えない• 全てをまとめたものがスクラムであるhttp://www.scrum.org/storage/scrumguides/Scrum%20Guide%20-%20JA.pdf 46
  • 47. もっとスクラムを知りたい方は• スクラム道• すくすくスクラム• CSM• CSPO 47
  • 48. おわり!• ありがとうございましたm(_ _)m 48