東洋大学 産業組織論 A 2014 0

983 views

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
983
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
31
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

東洋大学 産業組織論 A 2014 0

  1. 1. 東洋大学 産業組織論 A 産業組織分析の基礎 I : (2/15) 原泰史
  2. 2. 今日のポイント • 数学 (特に微分) をおさらいしましょう • ミクロ経済学をおさらいしましょう
  3. 3. 講義スケジュール (前期, 前半) • 1. 4/8: オリエンテーション(産業組織論ってなんだろう?) 2. 4/15: 経済学で使う数学を振り返る & 産業組織分析の基礎 I • (泉田・柳川 pp.22-28、長岡・平尾 pp.1-16) • 3. 4/22: 経済学で使う数学を振り返る & 産業組織分析の基礎 II • (泉田・柳川 pp.28-44、長岡・平尾 pp.1-16) • 4. 4/29: 独占企業の価格設定 I • (泉田・柳川 pp.45-54、長岡・平尾 pp.43-68) • 5. 5/13: 独占企業の価格決定 II • (泉田・柳川 pp.54-68、長岡・平尾 pp.43-68) • 6. 5/20: 自然独占と規制 I • (泉田・柳川 pp.69-76、長岡・平尾 pp.247-272) • 7. 5/27: 自然独占と規制 II • (泉田・柳川 pp.77-87、長岡・平尾 pp.247-272) • 8. 6/3: 中間テスト
  4. 4. 講義スケジュール (前期, 後半) • 9. 6/10: 参入の経済効果 I (泉田・柳川 pp.87-96) 10. 6/17: 参入の経済効果 II (泉田・柳川 pp.96-106) 11. 6/24: ゲーム理論 I (泉田・柳川 pp.107-116) 12. 7/1: ゲーム理論 II (泉田・柳川 pp.117-121) 13. 7/8: 技術進歩と研究開発競争 I (長岡・平尾 pp.187-1 98) 14. 7/15: 技術進歩と研究開発競争 II (長岡・平尾 pp.199 -206) 15. 7/22: 期末試験 • 公式な試験日は7/29 ですが、国際学会@ドイツ に出席する必要がある ため講義内に期末試験を行おうと考えています.
  5. 5. 教科書 • 泉田・柳川 (2010) 『プラクティカル産業組織 論』 有斐閣アルマ • 長岡・平尾 (2013) 『産業組織の経済学 第二版』 日本評論社
  6. 6. 受講者内訳 • 火1 • 火7 学年 経済 国際経済 総合政策 合 計 3年生 51 1 52 4年生 51 2 53 総計 102 1 2 105 学年 経済 合計 2年生 3 3 3年生 14 14 4年生 7 7 総計 24 24
  7. 7. 今日の内容 • 前半 :泉田・柳川 pp.22-28 • 完全競争 • 不完全競争 • 需要曲線 • 後半:長岡・平尾 pp.1-8 • 限界費用と平均費用 • 規模の経済 • サンクコスト
  8. 8. 前半: 完全競争と不完全競争
  9. 9. 完全競争市場 • 完全競争市場の条件 • 1. 取引される財・サービスが同質的である • 財は標準化され、汎用化されている場合が多い • 2. 需要者と供給者の数が「十分」に多い • 供給者も需要者も財の価格を決定することができないため、プライステイカーと なる • 3. 情報が完全である • 売り手や買い手が財に関する情報を十分に所有している • 4. 参入と退出が自由である • 企業や買い手は好きなタイミングで市場に参入したり、退出したりすることがで きる
  10. 10. 不完全競争市場と産業組織論 • 不完全競争市場の条件 • 1. 財が同質的ではなく、差別化されている • 例. 自動車とか携帯電話とか (ブランディングによる差別化) • 2. 供給者の数が限られている • ガスや電気のように、供給する企業の数が限定されている • 3. 情報が不完全である • 「情報の非対称性」が存在する • 売り手しか知らない情報、買い手しか知らない情報がたくさん存在する • 4. 主に政府によって、市場への参入や退出が制限されている ⇒ 世の中に存在する市場のほとんどは、不完全競争市場である 産業組織論で取り扱うのは、不完全競争市場のお話。
  11. 11. 消費者行動と需要曲線 • 消費者はなぜ財を購入するの か? = 「効用」を得るため • 消費者は予算制約に基づき、自 身の効用を最大化させるよう購 入する財の数を決定する • 財の価格が与えられた時, 消費 者がどれだけの数量を購入する か決定する = 需要曲線 • 所得 D と財 p1,p2 の変化に伴う U(x1, x2)=max{f(q1,q2)} s.t. p1q1+p2q2<=D P’ P’’ q’ q’’ d d’ P q
  12. 12. 消費者行動と需要曲線 • 価格がP’ のとき, 財はq’ にな る • 消費者は価格 P’ と、財 q’ に同 じ価値を見出し P’ を支払う • 限界効用 • q’ 個の消費に、最大限支払え る額は P’ (支払意志額) である • 需要曲線は右肩下がりとなる • 価格P が低くなるほど, より多 くの財を欲しがる P’ P’’ q’ q’’ d d’ P q
  13. 13. 消費者行動と需要曲線 • 消費に使うことができる所得が増える と、需要曲線が変化する • 右図の場合、{p’,q’-から ,p’, q’’- に変化する • 所得が増加すると需要が増加するとき、 財は正常財である • 所得が増加すると需要が減尐するとき、 財は劣等財である • 他の財の価格が上昇した時に、当該財 の需要が増加する場合 ⇒ 代替財 • 他の財の価格が上昇した時に、当該財 の需要が減尐する場合 ⇒ 補完財 P’ P’’ q’ q’’ d d’ P q
  14. 14. 需要の価格弾力性 • 価格の需要弾力性 価格が1%上昇するときに、需要が x%減尐するか 価格が P’ のとき需要 Q’ とすると、 価格が P’ から P’’ に変化するとき需 要は Q’’ に減尐する. このとき, 弾力 性は以下の式で与えられる P Q P’’ P’ Q’’’ Q’’ Q’ D’ D’’
  15. 15. 需要の価格弾力性 • 需要曲線が D”D” に変化した場合 • 需要量はQ’’’ へと減尐する • △P は同じで、△Q の絶対値は大きく なる • P/Q の値が同じ時、傾きが緩やかで、 △Q/△P の絶対値が大きいD”D” のほう が、需要曲線 D’D’ よりも弾力性εの値 は大きくなる ⇒ 需要曲線の傾きが大きいほど弾力性は 小さく、需要曲線の傾きが小さいほど弾 力性は大きい P Q P’’ P’ Q’’’ Q’’ Q’ D’ D’’
  16. 16. 価格弾力性の変化 • 価格がP’ から P’’ に変化する場合 • 需要は Q’ から Q’’ に変化する • 地点 A-> B • 価格がP’’ から P’’’ に変化する場合 • 需要はQ’’ から Q’’’ に変化する • 地点 B-> C • このとき、傾き △P/△Q は同じだが、 P/Q の値は異なる • 地点が上昇するたびに、P/Q が大きくなる ため弾力性ε も大きくなる • 座標が左上に行くほど、需要の価格弾力性 は多くなる P Q P’’ P’ Q’’’ Q’’ Q’ D’ D’’ P’’’ A B C
  17. 17. 価格弾力性の変化(需要曲線が上方シフトした場 合) • 価格がP’’’ のとき • 需要曲線 D’D’ では需要量は Q’’’ • 需要曲線 D”D” では需要量は Q’ ⇒ ・需要曲線の傾きは同じ (△Q/△P は同値) ・P/Q は D’D’ のほうが大きくなる ⇒ ・よって、弾力性εも D’D’ のほうが大きくな る P Q P’’ P’ Q’’’ Q’’ Q’ D’ D’’ P’’’ A B C
  18. 18. 価格弾力性の変化(需要曲線が上方シフトした場 合) • 需要量がQ’ のとき • 需要曲線 D’D’ では価格はP’ • 需要曲線 D”D” では価格は P”’ ⇒ ・需要曲線の傾きは同じ (△Q/△P は同値) ・P/Q は D”D” のほうが大きくなる (地点 A と地点C’ を比較!) ⇒ ・よって、弾力性εは D”D” のほうが大きく なる P Q P’’ P’ Q’’’ Q’’ Q’ D’ D’’ P’’’ A B C C’
  19. 19. 価格弾力性 • 価格が上昇すると、消費者は相対的に価格の高くなった財を減 らし、安くなった他の財を消費しようとする • 密接な代替財となる財があるほど需要の価格弾力性は大きくな る
  20. 20. Intermission • 期末試験 • 定期試験時にヨーロッパ出張がはいりそうなので、やはり15回目で実 施しようとおもいます。 • 講義資料のアップロード先 • Facebook Page • https://www.facebook.com/toyo.io.2014 • SlideShare • http://www.slideshare.net/yasushihara/presentations • Toyonet-Ace • 講義人数が固まりつつあるので、利用を開始します
  21. 21. 後半 : 限界費用と平均費用 規模の経済性 サンクコスト
  22. 22. 振り返り: 微分(1) • 変化率 • 関数 y =f(x) が与えられたとする • このとき, x の値によって y は感応 して変化する • 変数 x が微小に △x だけ変化し たとき、y は f(x) から f(x+△x) だ け変化する. • y の変化量をxの変化量で割ると, 「y の x に対する変化率とな る」. このとき, • たとえば, y=x2+3 のとき,
  23. 23. 振り返り: 微分(2) • y を x について微分するとは, 変化率 △x を極めて微小にす ることであり, 以下の式で表 される. • f’(x) は x がある値から小さな1 単位増加した時 y がどれだけ 変化するかを示しており, f(x) の導関数と呼ぶ. • 導関数は, f(x) の接線の傾きを 示している. • f’(x) をx についてさらに微分 すると, 2次導関数が与えられ る.
  24. 24. 振り返り: 微分(3) • 例2. y=3x2のとき, f’(x)=6x 二次導関数は • 二次導関数が • f”(x) <=0 のとき, f(x) は凹関数 • f”(x) >0 のとき, f(x) は凸関数 • 導関数の計算規則 • y=f(x)=a, f’(x)=0 • y=f(x)=xa, f’(x)=axa-1 • f(x)=ax, f’(x)= ax ln(a) • f(x)= ex, f’(x)= ex • f(x)=ln*g(x)+, f’(x)=g’(x)/g(x) • f(x)=ln*x+, f’(x)=1/x • f(x)=g(x)✕h(x), f’(x)=g’(x)h(x)+g(x)h’(x) • y=g(z), z=h(x) -> y=g(h(x)), dy/dx=(dy/dz)(dz/dx)
  25. 25. 企業のコストとその決定要因 • 生産コスト = 消費者に対して財や サービスを供給する際係るすべての コスト • 企業が1単位、生産を増やすのに追 加的に必要な費用 = 限界費用 (MC) • 企業の生産量が q, q を生産するため に必要な総費用が C(q) のとき、 で与えられる (総費用曲線を q について 微分したもの) 0 q C(q) 固定費用 平均費用 限界費用 総費用曲線 A B C
  26. 26. 企業のコストとその決定要因 • 平均費用 (AC) = 総費用を生産数量 で割ったもの • 総費用曲線の各点と原点とを結 んだ直線の傾き • 固定費用 (研究開発コスト, 資本コ スト etc…) が大きく、生産量が尐な いほど平均費用が高くなる 0 q C(q) 固定費用 平均費用 限界費用 総費用曲線 A B C
  27. 27. 企業のコストとその決定要因 • 限界費用と平均費用の関係 なぜなら, MC を q について微分すると となるためである. • 平均費用が低下している場合 限界費用 < 平均費用 • 平均費用が上昇している場合 限界費用 > 平均費用 0 q_opt 限界費用曲線 平均費用曲線 F D E AC(q1) AC(q2) q1 q2
  28. 28. 企業のコストとその決定要因 • 平均費用と企業の参入・退出 • 参入予定企業の平均費用が市場価 格を下回る場合 (総費用が正であ る場合)、企業は新規参入する • 市場に存在する企業の平均費用が 市場価格を上回る場合、市場から 退出することになる。 • 平均費用 = 企業の参入・退出を 推し量るバロメータ • 限界費用 = 企業による生産規模 決定の重要な要因 0 q_opt 限界費用曲線 平均費用曲線 F D E AC(q1) AC(q2) q1 q2
  29. 29. 規模の経済性 • 生産量の拡大によって平均費用が低 下する場合 = 規模の経済性が存在す る • q2>q1 のとき, AC(q1) > AC(q2) となる場合 • コストの比較 • 生産箇所が一箇所の場合 • q x AC(q) • 生産箇所が二箇所の場合 • 2 x {(q/2) x AC (q/2)} = q X AC (q/2) • このとき, 規模の経済性が存在する場合 AC(q) < AC(q/2) なので, 生産を集中させた ほうがコストが小さくなる 0 q_opt 限界費用曲線 平均費用曲線 F D E AC(q1) AC(q2) q1 q2
  30. 30. 規模の経済の発生条件 • 1. 研究開発投資、広告宣伝費など固定費用が大きな産業であるこ と • ソフトウェア産業や医薬品など, 研究開発により優れた新製品を生み出せ ば (=固定費を大量に投入すれば), 必要最低限の生産費用で利潤をえること ができる • 2. 組み立て機械、化学プラントなどの資本財の生産費用の増加は、 資本財の生産能力の増加に比べ緩やかであること • 処理能力あたりの限界費用が、生産ごとに低下していくような状況 • 3. 切り替えコストを必要最小限にすることができること • 生産量を増やし、特定のラインで川上から川下まで一元化された生産体制 を実現する • 4. 容量の増大に比べて、必要なコストの増分が尐ないこと • 稼働率を高い状態で機器を動作させることで、総費用を低下させる
  31. 31. 規模の経済性の実例: ファスナー • YKK の場合 • 戦前: ファスナーは手工業で生産されていたため歩留まり率が悪く、 品質も悪かった。 • 戦後: 1950年、アメリカよりチェーンマシンを導入。ファスナーの生 産工程を自動化させる。また、原材料の生産工場を自社内に整備する ことで、品質およびコストの最適化を図ることにより、高品質かつ比 較的安価な商品を市場に投入することによって、市場の寡占を実現し た。
  32. 32. 規模の経済と企業数
  33. 33. 範囲の経済性 • ふたつの製品を別々の工場で生産す るより集中化したほうが費用が安い 場合 = 範囲の経済性が存在する • 製品 q1, q2 を生産するときのコスト を C(q1,q2) とするとき、 C(q1,0) + C(0,q2) > C(q1,q2) が成立すると範 囲の経済性が成立している • ある技術や技能が「ヨコ展開」でき るケース 0 q_opt 限界費用曲線 平均費用曲線 F D E AC(q1) AC(q2) q1 q2
  34. 34. 機会費用 (opportunity cost) • 生産費用 = {生産に利用する原 材料、中間材料、機械、労働 力の総計} • 企業が市場から生産資源を購 入する場合、生産費用は購入 費用に等しくなる • 機会費用 • ある生産資源を想定している用 途と代替的な関係にある他の用 途に用いた場合に得られる最大 の収入 • 機会費用は生産資源を入手す るために実際に支出された費 用と等しくはならない
  35. 35. サンク・コスト (Sunk Cost) • サンクコスト • 固定費用のうち、他の代替的用途 への転換などによって回収するこ とができない費用 • 機会費用がゼロの固定費用 • 例. 広告宣伝費や研究開発費 • サンクコストの場合、企業は当 該事業から撤退してもコストを 回収することができない • 例. ある地点まで進んでいた研究 開発製品を諦める場合、そこまで のコストはサンクコストになる (もし転用出来ない場合) • 企業が赤字であっても、費用の うちサンクコストを除けば黒字 になる場合 (準レント [企業収入 – サンクコストを除いた生産費 用]が正) の場合、企業は退出し ない • サンクコストが高い産業は、企 業が参入・退出しずらい
  36. 36. 今日のまとめ • 平均費用と限界費用と総費用の違い • 規模の経済性と範囲の経済性 • サンクコストと機会費用の違い
  37. 37. 連絡方法 • 東洋大には 9:00-10:30 と, 19:50-21:20 しかいません • 非常勤のためオフィスアワーを設定できませんので、以下の手 段でご連絡ください。 • ツイッター @harayasushi • フェイスブック : https://www.facebook.com/toyo.io.2014 • LINE : @harayasushi (LINE は東洋大内では遮断されているようです)
  38. 38. 次回予告 • ミクロ経済学と数学の振り返りのつづき • 泉田・柳川 pp.28-44 • 長岡・平尾 pp.1-16 を読んできて、練習問題を解くこと
  39. 39. Thanks.

×