• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
アザー・ガット「文明と戦争」を読んで
 

アザー・ガット「文明と戦争」を読んで

on

  • 1,598 views

今、尖閣諸島問題がホットだが、「人は、何故、戦争するのか?」など、戦争に関する疑問に答える良書のレポートを、機会があった書いてみた。

今、尖閣諸島問題がホットだが、「人は、何故、戦争するのか?」など、戦争に関する疑問に答える良書のレポートを、機会があった書いてみた。
なかなか、この手の人文科学を縦断するような事柄について、広く正確に書かれている日本語の本は少ない。

Statistics

Views

Total Views
1,598
Views on SlideShare
1,598
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
1
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    アザー・ガット「文明と戦争」を読んで アザー・ガット「文明と戦争」を読んで Presentation Transcript

    • 「文明と戦争」(上)アザー・ガット原題 War in Human Civilization - Azar Gat尖閣諸島問題を発端に、日中関係が悪化している今読むべき本アゴラ読書塾 2012 年 9 月 21 日伊賀野 康生
    • 2. 著者 (Azar Gat) について• 経歴 – 1959 年 イスラエル ハイファ生まれ ( 53 歳) – イスラエル ハイファ大学(学位) → テルアビブ大学(修士) → 英 オックスフォード大学(博士) – 米 エール大学等で教鞭を執る – 現在 テルアビブ大学 教授 • http://socsci.tau.ac.il/sec-dip/index.php/people/gat-azar-prof• 軍事史、戦争・戦略分野の新進気鋭の研究家• 動物行動学、進化論から政治学まで幅広い分野 をカバー
    • 3. この本の主題• 「戦争の謎」 – なぜ、戦闘を行うのか? – 戦闘は人類の本来的なものか? – それとも後天的なものか? – 人類の歴史で戦闘は、いつ発生したのか? – 「戦争」とは「人類」にとって、何か?• 戦争/戦闘 – 人類の致死的、かつ、破壊的な活動
    • 4. 本の構成• 3 部、 17 章で構成 • 第一部 – 上下巻 – 過去 200 万年間の戦争 – 約 1000 ページにおよ • 原始社会における戦争 ぶ大著 • 第二部 – 農業、文明、戦争• このレポートでは、 • 農耕社会と国家の出現 時における戦争 主に上巻の内容を解 • 第三部 説する – 近代性 (Modanity) • 近代、産業革命におけ る戦争
    • 5. 戦争は人間の本性か?• 人間は生まれ持って戦争する生物なの か? – 人間の行動は 2 つの影響を受けている • 生物としての「ハードウェア」 • 文化等の「ソフトウェア」 – 「人間の自然状態」が分かれば良い – 約 200 万年の人類の歴史を考える• 古典的論争( 17~18 世紀) – 「ホッブズ」と「ルソー」
    • 6. ホッブズとルソー• Thomas Hobbes – 1588-1679 – イングランドの哲学者 – 著書 「リヴァイアサン」 • 人間の自然状態は戦争状態 – 「万人の万人に対する闘争」 • 国家の形成によって平和になった• Jean-Jacques Rousseau – 1712-1778 – フランスの哲学者 – 著書 「人間不平等起源説」 • 先住民は分散して生活し、 同調的な性格で平和に生きていた • 戦争は文明によって発明された
    • 7. 人類の歴史• 200 万年のうち、 99.5% は「狩猟採集生活」 – Homo eretus : 200 万年前 • 道具/火の使用、意思伝達 – Homo sapiense : 50 万年前 – Homo sapiens sapiens : 10 万年前 • 農耕社会が始まる : 1 万年前 1 メートルの内、 わずか 5mm 人類の歴史 0% 20% 40% 60% 80% 1 00% 狩猟採集社会 農耕社会
    • 8. 殺人するのは人間だけか?• 殺人 = 同種間での暴力/殺傷• ロバート・オードリー 「アフリカの起源」 ( 1961 ) – 人は特別 – 他の動物は同種を殺したりしない• コンラート・ローレンツ「攻撃 – 悪の自然誌」 ( 1966 ) – 草食動物も同種間で戦う – でも、殺さない – 原因は「資源」と「メス」 (それらが確保できれば、それ以上攻撃し ない)• ジェーン・グッドールによるタンザニアでのフィールド研究 ( 1960 年代中頃) – チンパンジーは肉を欲しがり、同種を殺す(メスも子供も) – 嫉妬深く、争いを好み、殺害し、戦う• 他の動物世界でも同種間の殺害は一般的 – 動物の死因の最も多い原因の一つ
    • 9. 動物一般の同種間の殺害• 人間以外の動物でも、同種間の殺害は高い確率 で行われている – ライオン、オオカミ、ハイエナ、ヒヒ、ネズミ、サ ル、ゴリラ、鳥類 – 原因 : 餌食、パートナー、その他(縄張り)• むしろ、他の動物に比べて同種間の殺害は、人 間の方が少ないぐらい• 一方で、ピグミー・チンパンジーやボノボは – 自由な性交、ほとんど暴力を伴わない牧歌的生活• 「自然状態」の人間はどうか?
    • 10. 狩猟採集民は戦ったのか?• 20 世紀初頭は「ルソー派」(人は平和)が支配的で あった – 国家形成以前の社会は平和で、戦争は後の文化的な発明• ローレンス・キリー「文明以前の戦争 – 平和的野蛮の神 話」 ( 1996 年) – 新石器時代(農耕・畜産が始まる)に戦争が存在した• それ以前の更新(洪積)世( 200 万年前 ~1 万年前)は どうか? – 考古学による証明には限界がある – 現存する狩猟採集民はどうか?
    • 11. 現存する(した)狩猟採集 民• 1960 年代に調査・分析が進んだ – 中央カナダ 北極エスキモー • 拡散して住んでいるが、いさかいや殺人が起きていた – グリーンランド、アラスカ沿岸のエスキモー • 好戦的 – その他平和とされる部族も、過去の戦闘の証拠が見 つかった• 狩猟への依存度が高いほど、戦争の頻度は高ま る
    • 12. 調査された狩猟採集民• 調査された単純狩猟採集民 – 戦闘を行い、死傷者が出た証拠がある – しかし、(調査等のための)外部の影響を受けた可 能性がある • 汚染されたサンプル – 狩猟採集民には、文字による記録がなく「 Native な」状態が分からない• 農耕民、牧畜民の影響をほとんど受けていない 純粋な狩猟採集民を観察する必要がある
    • 13. 現存した「純粋な」狩猟採 集民• オーストラリア大陸のアボリジニ – 1788 年にヨーロッパ人が入植 – それ以前は、農耕民、牧畜民は存在しなかった – 30 万人の狩猟採集民がいた – 400~700 の地域集団 – 各集団には 500~600 人の構成員 – それぞれの縄張りが存在 • ルソー派の言う「広大な共有地」はない – 特定の土地に縛られた遊牧民• その他、「タスマニア先住民」など
    • 14. アボリジニの実地調査• M. J. メギット – 19 世紀中盤以降 – ワルビリ族 (オーストラリア中部の砂漠地帯) – 人口密度 : 90 平方キロメートル辺り一人 • ちなみに、山手線の内側の面積は 63 平方キロメートル – 他の部族への侵入 • スポーツとしての狩りと女性拉致を兼ねた急襲 • 双方に死者• などなど• 彼らの殺人率は、戦争のある近代社会よりも高 い – 3000 人のうち、 100~200 人が殺された
    • 15. 農業の始まりと戦争• 農業の始まりによって変わったもの(複合狩猟採集民の誕生) – 定住生活 – 食料貯蔵 – 所有物 – 高い人口密度 – 社会の階層化 – 複合狩猟採集社会にも戦争はあったのか?
    • 16. 複合採集民族と戦闘• 洞窟・岩盤芸術に戦闘が描かれている – 約 1 万年前 – フランス、スペイン、ドイツ、オーストラリ ア、北米 – 弓を用いた戦闘• 人口密度の高低に関わらず、戦争は起 こっている• 定住によって戦闘の痕跡が残りやすく なった
    • 17. 複合採集民族の研究• 北アメリカ大陸北西沿岸部• 西洋人の入植は 18 世紀後半• インディアンやエスキモーが居住• 人口密度 – 1 平方マイル( 2.5 平方キロメートル)辺り 3~5 人 – 比較的高い• 凄惨な戦争が絶えず起きていた – 資源の獲得競争 (資源が豊富でも、人も増える) – 社会階層が発展 – 境界線をめぐる争い – 女性の獲得 – ひけらかしの消費の出現
    • 18. (単純+複合)狩猟採集民• 狩猟採集民は、多彩な種族が相互に全域 で戦闘を行なっていた – 人口密度には関係がない• 戦闘での死が主要な死因• 資源やパートナー(女性)、もしくは、 それから派生する様々な原因で戦ってい た
    • 19. 結論 (1) 今日なお幅を利かせるルソー派の見解に反し、 戦闘は最近の発明ではない P.47戦争は最近になって現れた文化上の「発明」ではなく、人間にとって「自然な」ものとは断言できないまでも、「不自然」であると言い切ることもできない P.61
    • 20. 戦闘は先天的なものか?• 戦争は「文化的な発明」ではない 。• では、なぜ、人間は戦うのか?– 先天的なものか?• 攻撃性は、極めて危険な戦術的技 能として先天的なものであり、か つ、選択的なものである。
    • 21. 進化論と戦争• 進化論 – 最も生存/生殖能力が高いものが数を増やし、生存 /生殖の資質を向上させた• 生存に必要な資源による獲得競争が発生• 獲得競争の直接的手段として、競争や紛争は、 生存競争における有効な技術であった• 生殖に関しては、同一の生物種での競争が激し い• ただし、本気で戦うと、自分が死ぬ可能性があ る• 血縁を守るために、利他的な自己犠牲として戦 う事が考えられる
    • 22. 血縁と文化• 守るべき血縁の識別として、文化が使われる• 自民族中心主義 – ブラジルとベネズエラの国境付近に住む狩猟民族 • ヤノマミ族 – 自部族を指す「ヤノマミ = 人類」 – 他部族を指す「ナバ = 人間に満たないもの」• 人類の歴史の大部分で形成された集団 – 小規模な血縁集団
    • 23. 集団と人類の進化• 地域集団はホモ・サピエンス・サピエン スの登場以後 – 地域集団は、家族集団(血縁集団)よりも強 力であった – ホモ・サピエンス・サピエンス以前の人類 • ネアンデルタール人 • 血縁集団しか持てなかったのでは? • これにより、ネアンデルタール人は滅んだ
    • 24. 宗教と戦争• 宗教 – ホモ・サピエンス・サピエンスの進化した 「ソフトウェア」における「バグ」「寄生 虫」「ウィルス」• 人は、宗教に莫大な投資をしてきた• 言語、宗教、芸術、地域集団の形成が相 まってホモ・サピエンス・サピエンスの 戦争における優位性をもたらした
    • 25. 戦争の動機• 戦闘によって得られる報酬とは何か? – 女性 (性行動への欲求) • 直接的な、生存行動とは異なる (子殺しの実態) – 狩猟のための縄張り • 狩猟採集民が肉を獲得するために戦った • 草は奪わない(栄養価の密度が低く、効率が悪 い) –水 • 生存に直接必要
    • 26. 生殖と競争• メス – 一度の受胎を最大限に活用するため、優秀なオスを選ぶ必要が ある• オス – 理屈では、残せる子供の数は無限 – オスの性的性交を阻害するのは他のオスとの競合のみ• 人間は、生来、一夫一婦制ではない – 経済力に応じて、多くの妻と子供を持つことができた – (倫理における性的な不貞を論じているわけではない) – 3 人以上の妻を持てたのは既婚男性の 10~15% 程度 (アボリジニ)• 成功する男性 – 優れた供給者で、腕力があり、社会的に目端が効き、大きな家 族の出身
    • 27. 一夫多妻制• 女性の希少価値を高める• 男性間の競争を激化させる• さらに – 狩猟に依存している社会では女児殺しが頻繁にみら れる – エスキモー • 幼児期の男女比率 = 150 : 100 – アボリジニ、ヤノマミ等の他の多くの民族で見られ る • NHK スペシャル 「ヤノマミ 奥アマゾン 原初の森に生き る」 – http://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2012035560SA000/ – 更に女性の希少性を高める• 男の婚期を遅くする事で帳尻を合わせた – 多くの男が暴力や事故が死ぬ
    • 28. 男は獣か?• 戦闘は男と結びついてきた• 体力 : 男 > 女• 脳科学 – 男性:空間把握、数学能力 – 女性:空間記憶、言語能力、対人における心的状態の把握• 男は乱暴 – テストステロン – 同性間での殺人 • 男対男は、全体の 92%~100%• 男と女は違うもの – 北欧では女性の 80% が働いているが、男女比が同じ職業に従事 する女性は全体の 10% だけ
    • 29. 戦争の動機 Part2• 戦闘の動機として二次的な原因も • 食人 ある – 幾つかの事例はあるが、あまり広 まらなかった – 理由• 支配 (順序、地位、特権、名誉) • 同種の動物を捕食するのは危険 – 資源を多く獲得できる – 限られた事例の理由 – 実態に関わらず、他からどう見え • 敗者に対する優越感 るか • 遊び、冒険、加虐嗜好、恍惚• 復讐 (排除と抑制) – 遊戯は全ての哺乳類の特徴 – しっぺ返し - 直感的欲望 – 戦いの準備としての遊び – 囚人のジレンマ – 裏切る事が合理 的 – 「自己顕示」や「無目的」は例外 • 終わりのない戦い、悪循環 的な動機 • 終わらせる方法 – 双方で和解を受け入れる – 第三者の助け• 安全保障 – よそ者への警戒 → 相手も警戒 → 軍備競争 – このような悪循環を断ち切る方法 • 友好的訪問と儀礼的な饗応
    • 30. どのように戦ったか?• 自己に有利な場合にのみ戦う• 敵に止めを刺す事に固執しない – 反撃にあって深刻な怪我を負うリスク• 同種での殺害 – 生殖や餌のために弱い競争相手を殺す • 無防備な子供やひな • 奇襲攻撃• 未開の戦争 – 本当にやる場合 : 夜の奇襲 – 争いを終わらせたい場合 : 形式的な戦争ごっこ
    • 31. 国家と戦争• 国家形成によって、戦闘による死亡率を下げた?• 暴力による死亡率 – 狩猟採集社会 (未開社会) • 15% (男性の 25% ) – 第二次ポエニ戦争 ( BC218 - 202 ) • 成人男性の 17% – フランスの戦死者 • 17 世紀 : 1.1% 、 18 世紀 : 2.7% 、 19 世紀 : 3% – アメリカ南北戦争 • 1.3% – 第一次世界大戦 (仏+独) • 3% (成人男性の 15% ) – 第二次世界大戦 • ソ連 : 15% 、ドイツ : 5%• 平均で考えると、未開社会より国家形成後の方が死亡率が低い
    • 32. まとめ• 人間は、他の動物と同じように、同種間で殺し 合ってきた• 原因は、資源(食べ物や生殖)の獲得に関する 競争 (欠乏)• 政府が存在しない状態では、更に多くの暴力が 蔓延 – 【アラブの春、イラク、アフガニスタン】• 戦闘そのものよりも、起きるかもしれないとい う危険性が人類に影響を与えてきた• 競争と紛争は自己増殖し、双方に被害をもたら す
    • 33. 戦闘とは• 個体数の増加に伴って生じる激化した競 争で、比較優位を占めるために人々や他 の生物がとる戦略• ある種が生き残った理由は、生存に勝ち 抜いたからという理由以外には、何の理 由もない – 機能主義への批判
    • 34. 第二部以降• 人間の戦闘の歴史において、遺伝(本能 としての好戦嗜好)と文化の相互作用を 見ていく• 戦闘によって、人間にもたらされたもの は何か?