週末モノづくり講座 ~自己学習型の人間を育む方法~

2,611
-1

Published on

どうやって自己学習型の人間を育むかについて、色々と試行錯誤してみた結果をお伝えします。

発表時のtogetterはこちら。
@沖縄:http://togetter.com/li/267179
@シリコンバレー:http://togetter.com/li/268190

発表動画はこちらから。
http://www.youtube.com/watch?v=OvhRGGZOUic

Published in: Education
1 Comment
4 Likes
Statistics
Notes
  • こちらに発表動画の方が途切れてないので見やすいです。

    XHago3(みーち) - 1
    http://www.youtube.com/watch?v=OvhRGGZOUic

    また、Lexues Academyについてはこちらかどうぞ。

    Lexues Academy 開講のお知らせ
    http://www.lexues.co.jp/info/?p=769
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
No Downloads
Views
Total Views
2,611
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
1
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

週末モノづくり講座 ~自己学習型の人間を育む方法~

  1. 1. 週末ものづくり講座~自己学習型の人間を育む方法~ @yasulab
  2. 2. 週末ものづくり講座~自己学習型の人間を育む方法~ @yasulab
  3. 3. 週末ものづくり講座~自己学習型の人間を育む方法~ @yasulab 話を聞いたり
  4. 4. 週末ものづくり講座~自己学習型の人間を育む方法~ @yasulab 話を聞いたり Codingしたり
  5. 5. 各自が必要だと思うことを各自が自由に取り組んでいく 「ゆるふわ系」授業
  6. 6. 最近の実績
  7. 7. IT College Okinawaで 学生から大好評
  8. 8. Lexues Academy で数万DLアプリ開発者を輩出
  9. 9. 東京・シリコンバレーで「受講したい」との声多数 
  10. 10. そんな「ゆるふわ系」の カリキュラムの
  11. 11. ポイントとなる箇所を ご紹介します.
  12. 12. 教える仕事の人, いずれ教える側に立つ人,今何かを始めようとしている人
  13. 13. あらゆる人の参考になれば幸い.
  14. 14. 週末ものづくり講座の コンセプト
  15. 15. 金曜日の夜中から日曜日までに企画・開発・公開を済まし,
  16. 16. 月曜日にドヤ顔で周りの人に自慢する.
  17. 17. 公開にこだわる
  18. 18. なぜなら, 客観的な評価を,講師に頼らずに得られるから 自分/講師の評価 マーケットの評価
  19. 19. 失敗し, 学習のサイクル 学ぶ! Build 実 習 装 学 評価Learn Measure
  20. 20. 週末にこだわる
  21. 21. なぜなら, 時間を制限することでコア機能や優先度が決めるから 動かない綺麗なコード 動く汚いコード
  22. 22. 素早く失敗し, 学習のモデル素早く学ぶ! Build 素 習 早 学 く く 実 早 装 素 素早く評価Learn Measure
  23. 23. この習慣を身につけることが自己学習型の人間に繋がる.
  24. 24. そして,この習慣を身につけるために必要な3つのステップがある.
  25. 25. 1. 受け身からの脱却2. マーケットとの対話3. 失敗から学ぶ姿勢
  26. 26. 1. 受け身からの脱却
  27. 27. “「先生が教える」のではなく 「生徒が学ぶ」授業 ”
  28. 28. しかし,「言う」のと「行わせる」のは違う.
  29. 29. 「自由にやって!」では 誰も何もしない.
  30. 30. どうやって学ばせるのか?
  31. 31. 自分が欲しいと思うモノを作る
  32. 32. 例えば,自分が抱えている問題を探し,それを解決するアプリを開発
  33. 33. これにより, 学生の開発へのモチベーションを高める.
  34. 34. これにより, 学生の開発へのモチベーションを高める. 車のガソリンみたいなモノ これが無いと始まらない!
  35. 35. それを具体的なカリキュラムにしたのが
  36. 36.  Show & Tell ~毎週「動くモノ」を作る~
  37. 37. “Just in Case ではなくJust in Time な教育方法” ものづくり革命 Neil Gershenfeld, Professor, MIT
  38. 38. 次に何をするのかは,講師ではなく学生が決める.
  39. 39. 言われたことをやる人間から 自分から始める人間へ
  40. 40. 「でも,そんな学習内容で  どうやって評価するの?」
  41. 41. 振り返ることが出来なければ「次」どうすればよいか分からない
  42. 42. そこで,
  43. 43. 2. マーケットとの対話
  44. 44. 「作ったものは  どんどん外へ」
  45. 45. 自分で答えを決めつけない。 誰かに答えを求めない。マーケットに答えを求める。
  46. 46. アイデアは仮説に過ぎない.
  47. 47. 僕もあなたも答えは分からないから,
  48. 48. 最適な答えを一緒に考えたり,
  49. 49. 仲間と一緒に模索したりして,
  50. 50. まずは外に出してみよう.
  51. 51. うまくいっても, そうでなくても,得られる知恵は大きい.
  52. 52. だから, 特別な事情がない限り,作ったモノは必ず外に出そう.
  53. 53. ・マーケットへの投稿・GitHub でソース公開・ブログで記事を書く
  54. 54. e.g. Launch Pad
  55. 55. そして、最後に
  56. 56. 3. 失敗から学ぶ姿勢
  57. 57. 残念ながら,大抵の場合は うまくいかない.
  58. 58. 確実に成功する方法はない. 考えを変えて 成功する確率を上げる.
  59. 59. そのために失敗から学ぶ
  60. 60. “You need to fail in order to findthe right solution.” Kevin Systrom, Instagram CEO
  61. 61. 「何故うまくいかないのか」 について考え,分析し,新たな仮説を立てることで
  62. 62. 次のチャレンジでより良い検証が行える.成功する確率を上げる.
  63. 63. 例えば,
  64. 64. 一人チャンバラ 居合 1,000+ DL 20,000+ DL
  65. 65. チャリーン ついのみ20,000+ DL 沖縄タイムス掲載
  66. 66. まずはやってみること.最初の試みを後で諦めることになっても,得た知恵は何倍もの価値となって戻ってくる. 小さなチーム,大きな仕事 37signals
  67. 67. だからこそ,ここまでの一連のプロセスを
  68. 68. 何度も繰り返し,
  69. 69. 最終的に,もし良い結果が得られたら成功体験という糧になり,
  70. 70. そうでなくとも,自分で学習する習慣が身についた人間になる.
  71. 71. 自己学習型の人間 Independent Thinker
  72. 72. まとめ
  73. 73. 早く失敗し,早く学ぶ
  74. 74. 1. 受け身からの脱却
  75. 75. 2. マーケットとの対話
  76. 76. 3. 失敗から学ぶ姿勢
  77. 77. スゲー人を輩出できる授業を一緒にやってみませんか?
  78. 78. カリキュラム・リモート教育の方法やお仕事の依頼に関するお問い合わせは www.yasulab.com/contact へ.
  79. 79. 週末ものづくり講座~自己学習型の人間を育む方法~ Thanks! @yasulab
  80. 80. /* 以下 @yasulab について */
  81. 81. 自己紹介
  82. 82. A Project Lover
  83. 83. プロジェクトを立ち上げながら自分に足らないスキルを痛感しその都度,必要な知識を学ぶ.
  84. 84. 米国留学/欧州インターン 組込みOS開発グラフィックデザイン マーケティング
  85. 85. 現在はフリーランスとして,スマホ/Web系の受託開発をやりつつ,
  86. 86. 東京・沖縄・シリコンバレーを ちょくちょく渡り歩き,
  87. 87. 最近は,Lexues Academy で週末ものづくり講座をリモートで講義.
  88. 88. 各プロジェクトの詳細は www.yasulab.com へ.カリキュラム・リモート教育の方法や,お仕事の依頼などのお問い合わせは www.yasulab.com/contact へ.
  89. 89. 読んでくれてありがとう! @yasulab

×