Wakame-VDC / Open Source Conferense 2012 - Cloud (JP)

1,572 views
1,503 views

Published on

OSC2012での発表スライド。Wakame-VDCは、DevOpsのためのプラットフォームとして発展しています。

Wakame-VDC / Open Source Conferense 2012 - Cloud (JP)

  1. 1. Wakame-VDCWakame Software Foundation やまざき 2012/12/16
  2. 2. Wakame Software Foundation 加盟企業数 21
  3. 3. WakameTechたまに、開発者向けの技術ミーティングをやっています。ユーザ会ではありません。
  4. 4. 議論の発端 開発プロセスの高速化 (アジャイル) スケールアウト手法の 一般化 増えるモバイルデバイス
  5. 5. システム開発や運用を、より素早く、より安定的に。
  6. 6. だから2009年から作り始め、2010/04にリリースしました。
  7. 7. クラウドコンピューティング基盤
  8. 8. 九州電力様 国立情報学研究所様ユーザ様 DC事業者様 (2社) SIer様 (2社) 某メーカー様
  9. 9. Wakame-VDCは、データセンタの ためのハイパーバイザーです これまで これから お貸し出し お貸し出し お貸し出し 領域 領域 領域お貸し出し お貸し出し クラウド基盤ソフトウェア 領域 領域 Wakame-VDCハードウェア ハードウェア ハードウェア ハードウェア 回線 回線
  10. 10. Wakame-VDCは セルフサービスを可能にします これまで これから 作業 お願いします お貸し出し システム開発者 お貸し出し お貸し出し 作業 領域 領域 領域 お願いしますお貸し出し お貸し出し クラウド基盤ソフトウェア 領域 システム開発者 領域 Wakame-VDCハードウェア ハードウェア ハードウェア ハードウェア データセンタ管理者 データセンタ管理者 回線 回線応答速度 低速 高速
  11. 11. 効果開発に求められる高速な お貸し出し システム開発者 お貸し出し お貸し出し 領域 領域 領域レスポンスを得られる クラウド基盤ソフトウェアデータセンタ管理者の Wakame-VDC仕事を減らす ハードウェア ハードウェア物理層のメンテナンスに データセンタ管理者集中する 回線
  12. 12. Wakame-VDCは オートメーションを支援します Web API システム開発者 呼び出し1. システム開発者は お貸し出し お貸し出し お貸し出し プログラム 領域 領域 領域 プログラムを作成する2. Wakame-VDCは クラウド基盤ソフトウェア Web APIで作業依頼される Wakame-VDC3. Wakame-VDCは ハードウェア ハードウェア 下記事項を実施します  仮想サーバの作成~破棄 データセンタ管理者  仮想ネットワークの作成~破棄 回線  仮想ストレージの作成~破棄  バックアップ これらを駆使すると、 サーバ機器などのリース業務を 自動化(オートメーション)できます。
  13. 13. 自分で運転するのかタクシーにするのか それとも…
  14. 14. 運転そのものを自動にする
  15. 15. シンプルな論理構造 sshBrowser システム開発者 Network html/JSON Monitoring Data Center Gateway Zabbix GUI Agent Manager (nwmongw) Server (DCMGR)(Web UI) Hyper Instance DCMGR Queue Visor VM Web API (AMQP) Agent (HVA) iSCSI Block Storage DCMGR Device MySQL Target Indelible Collector Agent FS (STA) 15
  16. 16. 物理構成例 Proxy (nginx) GUI 外部 Instances Server SWNetwork ovs HVA GNU/Linux DCMGR Web API Instances ovs HVA DCMGR GNU/Linux Collector SW Instances ovs HVA GNU/Linux STA Indelible SW GNU/Linux Instances FS ovs HVA GNU/Linux
  17. 17. 「分散」と「協調」
  18. 18. SPOFの排除
  19. 19. モジュールを複数起動すれば、それが冗長化に。 Web Interfaceを持つ AMQP Networkを持つ モジュールの冗長化 モジュールの冗長化 AMQPの冗長化 LB LB AMQP Network 手法に従うWakame-VDC Wakame-VDC Wakame-VDC Wakame-VDC Module Module Module Module複数起動しても問題のないステートレスなモジュール設計
  20. 20. GUI あらゆる操作を、この画面から。 直感的操作 複数アカウント管理 多言語対応 (英語 / 日本語)
  21. 21. 皆が悩む設計と実装を あらかじめ添えて。
  22. 22. Instance Backup
  23. 23. 無くしてしまう、その前に。 StorageInstance Machine Image Copy
  24. 24. Advanced FirewallSecurity Groups
  25. 25. 全てのインスタンスを、いつも安全な状態に。Known Packets Firewall InstanceUnknown Packets
  26. 26. IPアドレスベースでのアクセス制御# HTTPtcp:80,80,ip4:0.0.0.0/0# SSH from Officetcp:22,22,ip4:123.123.123.123/32
  27. 27. グループ名ベースでのアクセス制御 sg-12345 # HTTP Tier tcp:80,80,ip4:0.0.0.0/0 sg-67890 # Database Tier tcp:3306,3306,sg-12345
  28. 28. 起動した後でも、セキュリティグループの割り当てを変更できます
  29. 29. Virtual Network
  30. 30. 192.168.1.10 192.168.1.10 Instance Instance192.168.1.11 192.168.1.11 Instance Instance 物理に依存せず、欲しいネットワークを。
  31. 31. OpenFlow Trema Open vSwitch
  32. 32. SDN スイッチネットワークに 対する司令を出す Control Control 任意のプログラム Program Program データセンター全体に Network OS 散らばるスイッチ資源を 管理するもの OpenFlow Protocol Packet PacketForwarding Forwarding スイッチネットワーク Packet Forwarding
  33. 33. Virtual Network Security Group RubyレベルでのCall(L3 Multi-Tenant) (Firewall) Data Center Manager AMQPによる通信 HVA HVA HVA RubyレベルでのCall Trema Trema Trema Unix Socket通信 OpenFlow 1.0 Open Open vSwitch vSwitch 各コンピュートノード内の 独立したOVS群 Open vSwitchVM VM VM VM VM VM 貸し出される仮想マシン群
  34. 34. このようなネットワークが作れます Internet Security GroupFirewall Firewall Firewall Firewall (L2 Isolation & L3 Firewall) VM VM VM VM User Defined Network VM VM VM (Virtual L2 Isolation) Multi-tenant User Defined Network VM VM VM (Virtual L2 Isolation)
  35. 35. 詳しい事が知りたい人は今月発売されるこの本をどうぞ。Wakame-VDCの解説があります。(ステマですが何か?)
  36. 36. データーセンター全体の仮想化を目指しています。
  37. 37. LoadBalancer
  38. 38. 手軽なトラフィックコントロールを、 Instance今すぐに。SSL LoadSticky Cookie Balancer InstanceActive / Stand-by HAProxy Stud Instance
  39. 39. Alive Monitor
  40. 40. インスタンスの暮らしを見つめるInstance ラ○オン Ping HTTP(S) FTP Alive SSHInstance Monitor SMTP POP3 IMAP Zabbix Submission DNSInstance MySQL PostgreSQL
  41. 41. Log Collector (開発中)
  42. 42. Instanceいつでも、「あの時」を追求できる Log Instance CollectorFluentdによる収集I/F閲覧機能今後は解析機能も Fluentd Cassandra Instance
  43. 43. IFS Instance $完全オリジナルのマルチティアストレージ IFSローカルディスクのI/O性能 IFSネットワークレベルの Instance $ ホットスワップDC間レプリケーション IFS (開発中) IFS Instance $
  44. 44. 開発者と運用者の楽園を作りたいDevOps Platform
  45. 45. Demonstration
  46. 46. デモ環境 10.1.1.10 10.0.2.103 NIC InstanceA-LAN1 NIC 10.0.2.10410.0.2.100 NIC InstanceB-LAN1 NIC 10.1.1.11NIC Load Balancer 10.1.1.10 NIC InstanceC-LAN2 NIC 10.0.2.105 NIC InstanceD-LAN2 NIC 10.0.2.106 10.1.1.11
  47. 47. 起動しているインスタンス2枚あるNICのそれぞれに、IPアドレスが振られている
  48. 48. ロードバランサーの設定
  49. 49. Githubメインのソースリポジトリ https://github.com/axsh/wakame-vdc仮想環境へのインストーラ https://github.com/axsh/vmapp-vdc-1boxDC構成毎のスモークテスト (開発中) https://github.com/axsh/kemumaki
  50. 50. 開発者募集中Issueの報告や、Pull Requestお待ちしております!
  51. 51. Q&A@sparklegate

×