Director's Night 20130921

31,625 views
33,291 views

Published on

2013年9月21日に札幌で開催された「Director's Night」に登壇した際に使用したスライドです。
ここに記載されていることが全てではないですし、今現在、西山が全て出来ているかと問われるとおそらくNOですが、ご参考ください。

Published in: Business
0 Comments
33 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
31,625
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
27,437
Actions
Shares
0
Downloads
31
Comments
0
Likes
33
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Director's Night 20130921

  1. 1. だから、Webディレクターはやめられない 2013.09.21 (Sat) at Director s Night
  2. 2. 自己紹介
  3. 3. ジャクスタポジション?
  4. 4. ジャクスタ + ポジション
  5. 5. 西山 泰史 にしやま やすふみ 北海道札幌市在住、創業10年目 代表者兼Webディレクター 元小 商工会議所経営指導員(否IT職) 税・記帳指導、金融相談、創業支援、労務関連など ソーシャルメディア上では「ひげめがね」など 今年前厄(お祓い大切)
  6. 6. • 2004年4月創業 • Webサイト構築/システム開発など そこそこ規模の企業サイト/ECサイトなど • 主に外部スタッフ(フリーランス)とチームを編成 • CMS(主にMovable Type)を利用した実績が多数
  7. 7. こんな経験ありませんか?
  8. 8. 友:西山ってさ、何の仕事してんの? :Webサイト作ってるよ。 友:あぁ、Webデザイナーね! :うん、まぁ、そうじゃないんだけどね。 友:でも、ホームページ作ってるんでしょ? :うん、まぁ、そうだよね。 友:んじゃ、やっぱWebデザイナーじゃん。 :うん、まぁ、だいたいあってる。
  9. 9. 実はワタシ、 Webディレクターやってます。 誰もがそう自信を持って言える世の中にしよう。 でもそのためにはしっかりと「ディレクション」をしないとね
  10. 10. 本日のお品書き Webディレクターってなんだ? Webディレクターに必要な能力 Webディレクターの心構え Webディレクターにありがちな罠 Webディレクターの仕事、楽しい?
  11. 11. Webディレクターってなんだ? ディレクションという仕事の「おさらい」
  12. 12. Webディレクターという仕事 2004年4月当初 …日本全国総Webデザイナー時代  ↓ 約10年  ↓ 2013年の今 …まだまだ業務分担がはっきりしない  IT/Web系企業の代表=ホリエモン
  13. 13. いつからWebディレクター? ① 案件規模が拡大 ② 制作に関わるメンバーが増える ③ お客さんとの連絡( 営業) ④ メンバーとの連絡 ⑤ スケジュールの管理 → ディレクター誕生の瞬間  (業務の延長型)
  14. 14. または
  15. 15. いつからWebディレクター? ① 上司に呼び出される ② 君、明日からディレクターね♥ ③ Σ(・ ・;) → ディレクター誕生の瞬間  (キャリアパス型)
  16. 16. 業務を回す人=ディレクター(現場監督)
  17. 17. Webサイト制作会社の業務 現 状 把 握 戦略策定 構築作業 完成 (終わらないけど) サイト設計
  18. 18. ① 問題(依頼)の本質  → リニューアルすれば良くなる? ② 組織の横のつながりを把握  → 部署同士の「言った/言わない」など ③ 社内の雰囲気づくり(周知)  → みんなでやりますよー! ④ その他、競合調査/ログ分析などなど 現状把握(ヒアリング)
  19. 19. ① プロジェクトの目標(中間目標)  → 売上?資料請求?求人?などなど ② ユーザーニーズの把握  → 必要とされている情報って? ③ サイト構成チャート(情報整理)の設計  → 目的達成のための施策 戦略策定(プランニング)
  20. 20. サイト設計 ① ワイヤーフレーム  → UI/UX、レイアウト案 ② 原稿や素材の手配 ③ スタッフのアサイン  → デザイナー、プログラマー、ライター、カメラマンなどなど ④ レギュレーション策定  → HTML/CSSルール、ターゲットブラウザなどなど
  21. 21. 構築作業・テスト ① デザイン/モックの確認  → PSDとか、仮HTMLとか ② プロトタイプの制作(動作確認)  → スマートフォンサイトなど ③ スケジュール・進 管理  → プロジェクト管理ツールなど
  22. 22. 完成 終わりじゃないけど。
  23. 23. Webディレクターの業務 戦略を練る 基本設計 詳細設計 制作作業 修正対応 見積もり スケジュール作成 進捗管理 文章作成 資料準備 議事録作成 打ち合わせアジェンダ 飲み会幹事 請求書作成 電話応対 コピーライティング 悩み相談
  24. 24. デザイナー/プログラマーなど 専門職以外の仕事全般
  25. 25. 何でも屋=Webディレクター だったら「デキる何でも屋」になりたい
  26. 26. Photoshop/illustrator、バッチリです! もちろん、HTML5/CSS3、jQueryもOK! PHPもメールフォームぐらいならやります! もちろん出来たほうが良いけど…
  27. 27. Webディレクターにとって本当に必要なのは Webでどんなことができるか それを提案する能力に長けていること そしてそれを実行する能力
  28. 28. Webディレクターに必要な能力 ディレクターが養うべき「8つの能力」
  29. 29. 責任感 ① お客さんはもちろん関わる人にコミット  → この仕事は「自分(達)がやるもの」という意識 ② 責任は取るものではなく果たすもの  → なにがなんでも自分でやってやる!は正解? ③ 提案のできない作業者はディレクターではない  → やらされているのではなく「やっている」
  30. 30. ① 逃げ道を作らない  → 誰かが言ったからという「責任転嫁」 ② 人の話に流されず取りまとめるのが仕事  → いろいろな意見を聞くのが仕事だけど、    それに惑わされるだけなら「優柔不断」 ③ ディレクターたるものリーダーたれ  → 指揮棒を振るのは誰なのか 意志の強さ
  31. 31. 好奇心・向上心 ① Web以外のことも知る  → Webの知識を蓄えるのは当たり前    お客さんの要望をジャッジする必要がある ② 法律やセキュリティの基礎も大切  → 個人情報保護方針、SSL暗号化通信 ③ すべてが自分でできる必要はない  → 人の力を借りよう。でも「知らない」のはNG
  32. 32. 決断力・コミュニケーション能力 ① 常にジャッジが伴う  → 要望に対し好き嫌いじゃなく    目的や予算、スケジュールなどを踏まえて考える ② 相手に理解してもらおうという気持ち  → 専門用語、略称、横文字の羅列  → 押し付けになっていないか ③ 都合のいい事を言わない  → 信頼関係が大切、間違いがあれば謝ること    他人の助けがあって実現できていると意識する
  33. 33. 提案力・実行力 ここまでの6つの能力が この提案力と実行力へとつながる
  34. 34. Webディレクターの心構え ディレクターはどう行動するべきか
  35. 35. 自分が存在する価値ってなんだ? なぜその存在が必要なんだ? 連絡係・伝書鳩に出来ないこと=ホウレンソウ 今何がどうなっているかを報告 今後のスケジュールを常に連絡 心配ごとがあるなら事前に相談
  36. 36. 時間と目的=中長期的な目標を意識する 自分の仕事は後回しにできるけど、 人の仕事は後回しにしちゃいけない 忙しいのは自分だけじゃない 人の時間を預っているという意識をもつ
  37. 37. 自分一人と思わず、メンバーを信頼して任せる 技術的なことだけじゃなく お互いを認め合える関係性を作る 受け身にならなず自分をもち、 指示を待つのではなく自ら動く
  38. 38. 徹夜しなければならない状況を作らない クライアント側をもコントロール スタッフを守るのもディレクターの仕事 事前の準備・段取り・先回り
  39. 39. 忙しい時ほどしっかり仕事する 資料やドキュメントをまとめる ① 期限を守るため ② 指示をカタチに残すため ③ 議事録(メモ)をシェアするため
  40. 40. 間違えを認めること 迷惑をかけないために
  41. 41. Webディレクターにありがちな罠 ディレクションにまつわる「あるある話」
  42. 42. 【1】なんかこのデザイン、違う やっと担当者からOKもらったのに、意思決定者がNG
  43. 43. クライアントチェックを減らす  → 承認する際に意思決定者にも参加してもらう Webデザイナーとよく話し、その意図を理解する  → 意思決定者に対して、その意図を説明する
  44. 44. 【2】お客さんが時間を守らない 資料がまだ届かない → スタッフ待機 → いつ着手? → 資料到着次第で! → 結局リスケ(他の仕事できたのに…) → スタッフに怒られる
  45. 45. なぜそのスケジュールなのか、 それが遅れるとどうなるのか、 お客さんと目標を共有することが大切
  46. 46. 【3】公開日に間に合わない ローンチ直前、手に汗握るスリリングな1日
  47. 47. 中長期のスケジュール管理ができていない  → 最終的になんとかなる(寝なければ? バタバタからのリスケ  → 管理が行き届かずクオリティの低下 お客さんの要望を丸呑み(追加追加で納期変わらず)  → 断り方を忘れてしまったディレクター スタッフもお客さんも泣く  → 誰が得するのか、回避することはできなかったのか
  48. 48. Webディレクターの仕事、楽しい? そんなに大変なのに喜びってあるの?
  49. 49. でも大変なのはどんな仕事だって同じ。 「やらされている」じゃなく この仕事をやっていると思えるかどうかで 楽しいと思えるかどうかが決まる。 Webディレクターの仕事ってとにかく大変
  50. 50. 【1】自分のイメージしたWebをカタチにできる 【2】お客さんや仲間と喜びを分かち合える    いろいろな人と出会える、一緒に仕事できる 【3】Webディレクターは何にもできない何でも屋    だからこそ、常に新しいことにチャレンジできる これほど楽しい仕事はない!と思えるポイント
  51. 51. だから私も、Webディレクターをやめられない 「だから、Webディレクターはやめられない」 これは島元大輔さんの書籍から引用しています。 http://amzn.to/11wkodP

×