Shimokita.Unity Detonatorで爆発

1,511 views
1,290 views

Published on

Published in: Software
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,511
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
6
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Shimokita.Unity Detonatorで爆発

  1. 1. 2014/6/8@yando Shimokita.Unity
 Detonatorで爆発
  2. 2. note.mu/yando
  3. 3. アジェンダ 概要 インストール プレハブで爆発 スクリプトから爆発 様々な爆発
  4. 4. 前提条件 基本操作はドットインストール RigidbodyとColliderのは前回を参照。 作業は最後にまとめて。 まぁなんとなく動きます
  5. 5. 概要
  6. 6. Detonator Explosion Framework 無料で爆発 素材や設定を変更して爆発 概要
  7. 7. インストール
  8. 8. インストール アセットストア 無料のアセットも多数 まずはアカウント作成 Detonatorで検索
  9. 9. インポート完了
  10. 10. Test Scene
  11. 11. プレハブで爆発
  12. 12. プレハブ すぐに使える爆発オブジェクト群 シーンに配置すれば即爆発
  13. 13. プレハブで即爆発
  14. 14. 即爆発
  15. 15. さすがにオカシイ ほんとに即爆発している ボタンを押したらとか Explode On Start が原因
  16. 16. Explode On Startをオフ
  17. 17. スクリプトから爆発
  18. 18. スクリプト プレハブからの爆発はあくまで例 爆発対象にスクリプトを設定 柔軟な設定が可能 Add Component > Detonator
 (アセットがエディタを拡張している)
  19. 19. コンポーネント追加
  20. 20. 設定項目
  21. 21. スクリプトで着火 Explode On Startをオフ スクリプトから SendMessage( Explode ) Componentを操作するにはC#の壁
  22. 22. Js / SendMessage
  23. 23. cs / GetComponent
  24. 24. なぜ? DetonatorはC#で実装されている SendMessageでの呼出はJSからも可能 クラスを操作するには工夫が必要
 (Standard Assets か Plugin に置く)
  25. 25. 様々な爆発
  26. 26. 周囲の物体を吹き飛ばす Rigidbodyをつけておけば吹っ飛ぶ 動かないものにはつけない
  27. 27. 音が出る爆発 Detonator SoundをAdd 音声ファイルを指定 実はバグってる
  28. 28. バグ対応 下記のコードをoverride public void Init()の前に入れる。
  29. 29. 破片を飛ばす Object SpraysをAdd 破片にしたいRigidbody付きのオブジェ クトを設定 破片は適当に作る
  30. 30. 凝った動き
  31. 31. まとめ かなりリッチな機能 何箇所か詰まるポイントがある 詳しくは
 http://qiita.com/yando/items/eac9e0dbc1376b9cf141

×