Your SlideShare is downloading. ×

Shimokita.Unity RigidbodyとColliderで衝突

708

Published on

Published in: Software
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
708
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 2014/6/8@yando Shimokita.Unity
 RigidbodyとColliderで衝突
  • 2. note.mu/yando
  • 3. 趣味は「テトリス(作り)」
  • 4. アジェンダ 概要 自然落下 力を加える 衝突時に処理を行う 衝突はさせずに処理を行う
  • 5. 前提条件 基本操作はドットインストール RigidbodyとColliderの全体像を掴む 作業は最後にまとめて。 たぶんUnityはなんとなく動く
  • 6. 概要
  • 7. Rigidbody (剛体力学) Unityに搭載された物理エンジン ごく簡単な操作で物理制御を実現 当たり判定を扱う機構も備える 概要
  • 8. Rigidbodyでできる事 重力、加速度を使った物体処理 衝突した物体、された物体を動かす 衝突発生時に任意の処理を行う
  • 9. 自然落下
  • 10. 自然落下 インスペクタからRigidbodyを追加 初期設定のままでとりあえず落下 細かな挙動はパラメータで。
  • 11. Rigidbody
  • 12. Collider 当たり判定を定義するコンポーネント 設定されていないとすり抜ける 任意の形を設定可能
  • 13. Demo Rigidbodyを付けると落ちる すり抜けるものにはColliderを追加する
  • 14. 力を加える
  • 15. 力を加える 推進力がForce、回転力がTorque ワールド座標とローカル座標 Vector3.up などを使っての表現が楽 Force.modeで作用を変更
  • 16. メソッド、モード
  • 17. ドキュメント
  • 18.
  • 19. 衝突時に処理を行う
  • 20. 衝突時の処理 Rigidbodyが付いたオブジェクトが他の Colliderに衝突するとコールバックを実 行する コールバックはどちらのオブジェクト にでも設定可能
  • 21. コールバック
  • 22. 衝突相手の判別 無差別に処理を実行してしまう 背景のオブジェクトなどに暴発 タグで判別して防ぐ
  • 23. タグ タグで衝突相手を判別して処理を実行
  • 24. 衝突させずに処理を行う
  • 25. 衝突させずに判定 衝突しては困る場合 Is Triggerを設定 異なるコールバックが呼ばれる
  • 26. Trigger
  • 27. まとめ 各種設定、メソッドが豊富 ひと通り見なおしてみて損はない 詳しくは
 http://qiita.com/yando/items/0cd2daaf1314c0674bbe

×