Your SlideShare is downloading. ×
NIIクラウドチームとDocker
NIIクラウドチームとDocker
NIIクラウドチームとDocker
NIIクラウドチームとDocker
NIIクラウドチームとDocker
NIIクラウドチームとDocker
NIIクラウドチームとDocker
NIIクラウドチームとDocker
NIIクラウドチームとDocker
NIIクラウドチームとDocker
NIIクラウドチームとDocker
NIIクラウドチームとDocker
NIIクラウドチームとDocker
NIIクラウドチームとDocker
NIIクラウドチームとDocker
NIIクラウドチームとDocker
NIIクラウドチームとDocker
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

NIIクラウドチームとDocker

1,325

Published on

NIIクラウドチームがDockerでどうしようとしているか?Docker Meetup in Tokyo #1でしゃべらせていただきました。

NIIクラウドチームがDockerでどうしようとしているか?Docker Meetup in Tokyo #1でしゃべらせていただきました。

Published in: Technology
0 Comments
7 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,325
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
15
Comments
0
Likes
7
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. NIIクラウドチームと Docker 有限会社e-ambition 谷沢智史 @yacchin1205
  • 2. 今日の内容 • NIIクラウドの人々やNIIクラウドのこと • Dockerでうれしいことを実例を交えつつ・・・ • 運用監視ツールとDocker • コンテンツバックアップサイトプロトタイプとDocker
  • 3. 発表する人 • Yazawa @yacchin1205 • アプリケーション開発よりの人間 • 学生時代:企業内システム開発とかオンラインゲー ム開発とか • 次世代DVDのアプリケーション部分の開発とか • Blu-ray DiscのJavaなども • 色々あってクラウドの運用のお手伝い中 • ゲーム大好き • 問題意識:業務が忙しすぎて狩りが進まない • できるだけ仕事しなくてもよいシステムを模索中・・・
  • 4. NIIクラウドの 人々 (うちDockerにかかわる) • Yokoyama-sensei @jxta • クラウド開発・運用のボス • 色々な件の言いだしっぺ • Nagaku-san @mnagaku • クラウド運用の実務リーダー • イベント仕切りスキル • Koide-san @DG0426 • コンテンツバックアップサイトプロトタイプ開発(後述)(長い) • 囲碁スキル
  • 5. NIIクラウド • NIIではプライベートクラウドを開発、運用中 • 国立情報学研究所千葉分館: 30ラック強 • 仮想マシン貸しIaaSとか • ベアメタルクラウドとか • OpenStack Swiftベースのオブジェクト ストレージとか • だいたい物理マシン400台くらい
  • 6. NIIクラウドの中の業務 • クラウドサービスの維持 • 壊れていくハードウェアをあれやこれやしてサービスを維持する • クラウドサービスの利用方法の模索・提案 • クラウドに「合った」使い方の模索・提案 • いろんなシステムのいろんなバージョンを扱う:人柱業務
  • 7. Dockerでうれしいこと ① 再現性:試行錯誤がかんたん ② 可搬性:移動がかんたん ③ 透過性:状況把握がかんたん
  • 8. 再現性/可搬性: 運用監視ツールとDocker • クラウド運用監視ツール … 独自に開発 • 「俯瞰」できる運用監視ツール • お絵かきツール+Visual Programming的グラフクエリ+Google Maps風I/F
  • 9. 構成要素 • 貯めるべきデータ形式によりDBを用意 • MongoDB, OpenTSDB(+HBase), Elasticsearch, … • 限りあるリソースでどう動かすか? • VM基盤をのっけるのはヘビー(気持ち的に) • そうだ、コンテナにしよう
  • 10. 再現性 • 研究機関なので色々チャレンジングなこと をしたい • ぱっと作ってぱっと壊したい • 思い付きでやっても、あとで再現できない とつらい • やったらやったで、ドキュメントとか記録し ておかなければならなくてつらい • Dockerfileで幸せに • サクッと別環境に移せる • ローカルのVagrant環境にだって移せる • ドキュメントの代わりになる • 超シンプル、読むのは対して難しくない • 意図をコメントとして残しておけば、あと から参照するには十分そう
  • 11. 可搬性 • 運用を続けるといろいろ壊れる • サービスを別の無事なマシンに移動 • ソフトウェアも色々不整合を起こしたり • 試行錯誤したい→サービス環境での実施は難しい • Private Registryを経由してpush/pull
  • 12. 透過性: コンテンツバックアップサイト プロトタイプとDocker • Docker Meetup in Tokyoのきっかけ • @jxta先生の(締め切り前日の)発案 JAIRO Cloud back-up site prototype with docker and etcd http://www.youtube.com/watch?v=gwFskF-5xBs
  • 13. JAIRO Cloud • NIIにはコンテンツサービスがたくさん • クラウドを使ってもらう活用方法の1つとしてデモ
  • 14. バックアップサイト • コンテンツサービスにおいて定期的にバックアップ • このデータを、ひな形となるコンテナに流し込みRead-onlyな サービスを作る • VMでも動くしAmazonとかにも展開できちゃうよね! • HAProxyでなくてhipacheのほうでもよいかも
  • 15. 透過性 • 多数動かす/長期間動かす・・・だん だん調子が悪くなってくる • LXC: プロセスがホスト側から全部 見える • サービスがなんか重い・・・ホスト側 でtopして様子見 • ホストにMuninを仕込んでおくだけ で様子はだいぶ見える • ログどうしよう? • ここはログ集約機構 (Elasticsearchとか)のお世話に • VMに比べてとても解析しやすい、 試行錯誤しやすい
  • 16. 近況: ハマっています • さっきまで格闘してました • 特定のImageでなぜかRemove Containerで怒られる • /var/lib/docker を別のところに置くときsymlinkじゃダメで docker –g <path> 使うべきみたいな話のよう • 0.6のとき問題なかったけど0.7から起きてきたような記述もあり・・・ • 2時間前のコメントに救われるリアルタイム感
  • 17. ありがとうございました!

×