環境が変わって最近知ったもの #hachiojipm

747 views
684 views

Published on

2014/4/12に行われた Hachioji.pm#39 で発表したLTのスライドです。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
747
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
7
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

環境が変わって最近知ったもの #hachiojipm

  1. 1. 環境が変わって最近知ったもの OGATA Tetsuji (@xtetsuji) 2014/04/12 Hachioji.pm#39
  2. 2. 自己紹介 • 尾形 鉄次 (OGATA Tetsuji) • Twitter: @xtetsuji • Blog: http://post.tetsuji.jp/
  3. 3. 転職して新しい知識を得る • Amon2の高度な使いこなし • AWS全般 • Nginx • Supervisor • Perl Glue • …その他色々、というか縛り少ないの本当に感動的!
  4. 4. 環境が変わると知識が増える • 当然といえば当然 • ことさら転職をすすめるわけじゃないけど、今の環境が 閉塞的だったり新しい事が全くできなくなったら考え時 • 人材流動自体がIT業界全般を活発にするし、出戻り歓迎 にしたほうが会社にとっても良い場合が多い気がする
  5. 5. Perl Glue
  6. 6. Perl Glue • 2006年頃に作られたPerlのウェブフレームワーク • http://sourceforge.net/projects/perl-glue/ • コントローラ前段にruleファイルがあって、実際にPerlの コードに渡す前に事前処理を行う • ruleファイルは完全に独自のDSL • 当時としては独特で、今の軽量フレームワークの思想的な ものが垣間見えたりして面白い
  7. 7. Perl Glue, pros and cons • OSSだけど、ほぼほぼ自社フレームワークになっている • エラーメッセージが若干不親切な感じもする • ruleファイルのパーサはTemplate Toolkitから借りてきた コードらしく、エラーメッセージが分からなくてGlueの コードを追うと確実にめげる • 一度ruleファイルの書き方を覚えれば、見通しは良い
  8. 8. 最近の主流 • TTのパーサ部分を読んでみると、読めなくはない雰囲気 だけど、労力はかかる • テンプレートや設定ファイル等、最近の主流は最終的に Perlそのものに落とし込めるものになっている • 例: Text::MicroTemplate, Config::PL など • そのほうが簡単だしエラー時に追いやすい
  9. 9. Now Perl Glue status • 現在の環境、新規のプロジェクトではAmon2を拡張した フレームワークを使っている • とはいえ既にPerl Glueを使っている部分に機能増設する 場合にはPerl Glueを今も使っている • 当初の実行環境はCGI(SpeedyCGI)だったが、今の要望 に応える形でPlack/PSGI環境での動作実績もある
  10. 10. Glue、興味があればどう? • 既存のフレームワークに馴染めない人、飽きた人、全然 違うコンセプトのものを見たい人にオススメ • 商用環境導入実績はある…事例は少ないけれど • ruleファイル、好き嫌い分かれそうだけど、癖があるし 好きになる人もいそうなので、仲間を増やしたい • 今後もうちょっと知識がついたら、ブログやトークで Glueの話をするかもしれません
  11. 11. 最近はなんだか忙しい • ようやく落ち着いてきつつあるけれど、2月に転職して から慌ただしい • 昨日は久々に朝まで飲んで、その後慌ただしかったし、 さらに本当に久々に電源難民になった • ただ、色々なことが進行していて楽しい • 今後色々と成果をお出ししていきたいです
  12. 12. おしまい

×