XS Japan 2008 Oracle Japanese
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

XS Japan 2008 Oracle Japanese

on

  • 1,864 views

Toru Hayashi: Oracle VM Customer Case Study - Xen Architecture Based Virtual Product

Toru Hayashi: Oracle VM Customer Case Study - Xen Architecture Based Virtual Product

Statistics

Views

Total Views
1,864
Views on SlideShare
1,864
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
3
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

XS Japan 2008 Oracle Japanese XS Japan 2008 Oracle Japanese Presentation Transcript

  • SAFE HARBOR STATEMENT 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する 概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的 とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはで きません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を 提供することをコミットメント(確約)するものではないた め、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい 。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リ リースおよび時期については、弊社の裁量により決定さ れます。
  • <Insert Picture Here> Xen のアーキテクチャを採用した アーキテクチャを採用した OracleVMの導入事例について OracleVMの導入事例について 日本オラクル株式会社 システム事業統括本部 Linux & Virtualizationビジネス推進部 部長 林    徹
  • Oracleが提唱する が提唱するGridテクノロジー する テクノロジー • ストレージ領域のStorage Grid • Oracle Automatic Storage Management • データベース・アプリケーション層の複数サーバーによるDB / AS Grid • Oracle Database / Real Application Clusters • Oracle Fusion Middleware • Grid環境の統合管理 • Oracle Grid Control Data Sales ERP Custom Warehouse Application Application Application Enterprise Manager Mid-Tier Server Clusters Real Application Clusters Automatic Storage Management Copyright© 2008, Oracle. All rights reserved.
  • Oracle VM Oracle Oracle Fusion Non-Oracle Non-Oracle Applications Database Middleware Applications Applications Oracle Oracle or Red Hat Oracle Oracle Microsoft Enterprise Linux Enterprise Linux Enterprise Linux Enterprise Linux Windows Oracle VM • オラクルがテストおよびサポートするサーバー仮想化技術 オラクルがテストおよびサポートするサーバー仮想化技術 およびサポートするサーバー や のサーバー統合 統合を • LinuxやWindowsのサーバー統合を最大化 • 電源・空調・設置スペースの削減と有効利用 電源・空調・設置スペースの削減と スペース Copyright© 2008, Oracle. All rights reserved.
  • Oracle VM の機能 • Linux と Windows のゲストOSに対応 • 準仮想化(PV) と完全仮想化(HV) のゲストに対応 • HV は x86 のハードウェア • 64-bit と 32-bitのゲストに対応 • 最大 64-way SMPに対応 • 最大 32 virtual processors per guest • live migration は無償で利用できる • ブラウザベースの統合管理ツールを提供 Copyright© 2008, Oracle. All rights reserved.
  • オラクルによる仮想化技術の オラクルによる仮想化技術の拡張 による仮想化技術 • Xenハイパーバイザー技術を採用。更に、拡張および最適化 • I/Oのオーバーヘッド • Memoryのオーバーヘッド • プロセスのスケジューリング • コミュニティへの貢献 • Xen専門開発チームを発足 • Xenコミュニティに対して、障害やバグフィックスのフィードバック Xenコミュニティのメンバの一員(例:Oracle本社 Dan Magenheimer ) • XenSummit コミッティのメンバ • • 仮想化技術の有効な検証 • 「Oracle On Demand」によるリアルなワークロード検証 • 「Oracle Validated configuration」によるOracle/RACの事前検証 Copyright© 2008, Oracle. All rights reserved.
  • Oracle VM Manager • ブラウザベースの管理ソリューション • Oracle VMに含まれる • VMの全てのライフサクル管理 • Create • Configure • Clone • Share • Boot • Migrate Copyright© 2008, Oracle. All rights reserved.
  • 上 認定されたオラクル製品 されたオラクル Oracle VM上で認定されたオラクル製品 • Oracle Database • Oracle Database Real Application Cluster New • Oracle Application Server • Oracle WebLogic Server New • Oracle Enterprise Manager • Oracle Berkeley DB • Oracle TimesTen • Oracle E-Business Suite • Oracle PeopleSoft • Oracle Siebel • Oracle Hyperion • Oracle Retail • Oracle Financial Services Software • 詳細は Metalink Note 464754.1を参照ください。 Copyright© 2008, Oracle. All rights reserved.
  • Oracle VM Templates • Oracle Database 11g • Oracle Siebel CRM 8 • Oracle Enterprise Linux • Oracle Enterprise Manager 10g New • Oracle Application Server 10g R3 Webcenter New New • Oracle Fusion Middleware SOA on WebLogic Server 9.2 edelivery.oracle.com/linux インストールや複雑なコンフィグレーションなしで インストールや複雑なコンフィグレーションなしで システム環境 短時間に 環境を システム環境を短時間に構築可能 Copyright© 2008, Oracle. All rights reserved. 9
  • <Insert Picture Here> Oracle VM • Performance Testing Results Copyright© 2008, Oracle. All rights reserved.
  • 第三者機関による性能評価: 第三者機関による性能評価 による性能評価 Kernel Level • Kernel-level overhead & performance essentially the same as bare-metal • Bare-metal: 2 core, 32bit hardware, 4GB RAM, 4GB page file size • VM: 2vCPUs, 4GB mem, 4GB page file size Copyright© 2008, Oracle. All rights reserved.
  • 第三者機関による性能評価: 第三者機関による性能評価 による性能評価 Application (Database) Level • Very good scalability when adding VMs • Lower perf. cost to consolidation Very low overhead under load: 6.4 - 7.5% * 2 VM server • 4 core, 32bit hardware, 8GB RAM, 8GB page file size • VM: 2vCPUs, 4GB mem, 4GB page file size Copyright© 2008, Oracle. All rights reserved.
  • <Insert Picture Here> Oracle VM • Case Study @ Oracle & Customer Copyright© 2008, Oracle. All rights reserved.
  • Applications •360万人の顧客 Middleware •$557Mの売上(FY08) Database Operating System •年率40%の売上成長 Infrastructure Copyright© 2008, Oracle. All rights reserved.
  • 短期的な On Demand GRID の短期的な価値 Sun VLAN Linux 9i Dell Certified 10gR2 VLAN Configuration Win 10g VLAN 1.Select 2.Architect 3.Assemble を利用する する顧 On Demandを利用する顧 個別システムの開発する 個別システムの開発する システム 客のスターティングポイント 顧客の 顧客のスターテイングポ 標準化、認定、実績のある 標準化、認定、実績のある イント GRID Copyright© 2008, Oracle. All rights reserved.
  • 仮想化環境の適応について PeopleSoft – 仮想化環境の適応について Nov 2008 Today Nov 2008 Today Production Production Virtualized Non Production Non Production Virtualized 6 Servers per pillar 2 Servers per pillar 1,800 watts 660 watts Copyright© 2008, Oracle. All rights reserved. 16
  • •年間 32万人が研修コースを受講 •670 の研修コースを毎週開催 Copyright© 2008, Oracle. All rights reserved.
  • Case Study: Oracle University With Grid: • ハードウェアが1/6 • CPU使用率が 7%から73% • サーバー当りの売上げが5倍 Data Grids Mid-Tier clusters に増加 • サーバーの管理効率が10倍 に向上 Real Application Clusters Enterprise Manager Automatic Storage Management Copyright© 2008, Oracle. All rights reserved.
  • 導入事例:システム・テクノロジー・アイ社 導入事例:システム・テクノロジー・アイ社 研修用にサーバー仮想化を導入し システムの構築時間を大幅に 研修用にサーバー仮想化を導入し、システムの構築時間を大幅に短縮 仮想化 4つのIAサーバー上に最大 の仮想マシンを起動 サーバー上 最大60の仮想マシン マシンを つの サーバー 検証のハードウェアの有効活用 柔軟なシステム構築によるシステムの柔軟性の向上 Server1 Node2 Node3 Node4 Node1 template テンプレートから作成 VM01 VM06 VM11 研修カリキュラムに対応した 研修カリキュラムに対応した カリキュラム 1ノード 最大15VM VM02 VM07 VM12 複数のテンプレートを事前に 複数のテンプレートを事前に準備 Telnet VM03 VM08 VM13 VM04 VM09 VM14 VNC VM05 VM10 VM15 Copyright© 2008, Oracle. All rights reserved.
  • 導入事例:エンプレックス社 導入事例:エンプレックス社 複数環境必要 ■Before 複数環境必要 複数環境必要 開発や顧客ごとの環境設定にあたり ごとの環境設定にあたりサー 開発や顧客ごとの環境設定にあたりサー MW: eMplex CRM MW: eMplex CRM MW: eMplex CRM バー毎 データベース等 バー毎にすべてのOSやデータベース等の DB: Oracle DB: Other DB: Oracle ソフトウェアをインストール。 ソフトウェアをインストール。環境構築作業 OS: Linux OS: Linux OS: Linux には、各環境毎に約半日を には、各環境毎に約半日を費やす。 それぞれの環境毎 物理サーバ 環境毎に それぞれの環境毎に物理サーバーが必要 次バージョン開発用 •各顧客カスタマイズ開発 •各顧客別検証用環境 各顧客カスタマイズ開発 各顧客別検証用環境 •次バージョン開発用 各顧客カスタマイズ 製品保守用 顧客別保守環境 動作確認環境 •製品保守用 •顧客別保守環境 •動作確認環境 テンプレートの テンプレートの共有 eMplex CRM eMplex CRM MW: eMplex CRM ■After DB: Oracle DB: Oracle DB:Other 各環境をテンプレート化することにより、 各環境をテンプレート化することにより、 OS: Linux OS: Linux OS: Linux インストール作業 作業の インストール作業の時間短縮・横断的な Oracle VM 部門の作業効率化を図る 物理サーバー 物理サーバー 物理サーバー サーバーに 1台の物理サーバーにOSとDB環境を複 製品開発 数搭載可能となり、物理的にサーバーを 可能となり 物理的にサーバーを となり、 SI・各顧客 ・ カスタマーサポート 次バージョン カスタマイズ開発 カスタマイズ開発 各顧客検証用 開発用 削減 仮    想    環    境     想    環    境 Copyright© 2008, Oracle. All rights reserved.
  • 関連情報 Oracle VM関連情報 公式サイト • Oracle VM公式サイト 公式 http://www.oracle.com/lang/jp/technologies/virtualization/index.html • Oracle VM ダウンロード http://edelivery.oracle.com/oraclevm Copyright© 2008, Oracle. All rights reserved.
  • Copyright© 2008, Oracle. All rights reserved.