JavaScript 基礎Ⅱ
 制御構文
 for
 for in
 while
 do while
 switch case
 関数
 定義、呼び出し
 無名関数
 変数スコープ
 課題
for, while, switch case
 繰り返し処理を実行する
for (var i = 0; i < 5; i++) {
console.log("ここは 5 回実行される");
}
 配列を走査する
var arr = ["a", "b", "c", "d", "e", "f"];
var i, length = arr.length;
for (i = 0; i < length; i++) {
console.log...
 オブジェクトを走査する
 添字の自由度が高い Object は単純に走査できない
var obj = {
a: "apple",
b: "blue",
c: "cold"
};
for (var key in obj) {
console...
 for in はオブジェクトの全てのプロパティを走査する
 ときには不要なメソッドまで走査するのでそのままでは使え
ない
Object.prototype.hoge = "hogehoge";
var obj = {
a: "apple"...
 Object の hasOwnProperty メソッドを使ってオブジェクトに属して
いるプロパティとメソッドだけを列挙する
Object.prototype.hoge = "hogehoge";
var obj = {
a: "apple...
 繰り返し処理を実行する
var count = 6;
while (count-- > 0) {
console.log("カウントダウン: " + count);
}
 少なくとも 1 度実行する繰り返し処理
var count = 5;
do {
console.log("カウントダウン: " + count);
} while (count-- > 0);
 複数の条件で処理を分岐する
var num = 3;
switch (num % 2) {
case 0:
console.log("num は偶数");
break;
case 1:
console.log("num は奇数");
bre...
一連の処理をまとめる
 よく使う処理はまとめると分かりやすい
// 配列を順番にブラウザのコンソールへ列挙する
function showArray(arr) {
var length = arr.length;
for (var i = 0; i < lengt...
 宣言 (定義) した関数を使うときに呼び出す
var summer = [
"海", "花火", "避暑", "プール", "夏休み"
];
showArray(summer);
 引数: 関数へ渡す値
 返り値: 関数を実行した結果
// 宣言
function showArray(arr) { ...(略)
// 呼び出し
var length = showArray(summer);
関数名
関数名
引数
引数...
 名前の無い関数
 関数リテラル
var f = function (x, y) {
return [x, y]
};
var p = f(3, 2);
関数も値のように扱える!
 変数にはその変数が有効である範囲がある
 JavaScript では関数によってのみ、変数の有効範囲が決まる
var value = 0;
// 即時関数
(function () {
var value = 1;
console.log...
 変数スコープにはグローバルとローカルがある
 ローカルスコープの変数は var を使って宣言する
var value = 0;
(function () {
// var を取り払うと…
value = 1;
console.log("i...
 次のコードを読んで、コンソールを出力される値を考える
var value = 0;
(function () {
var value = 2;
(function () {
value = 1;
console.log("A: " + va...
 アンケート
 課題は後ほど…
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

前期講座09

345

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
345
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

前期講座09

  1. 1. JavaScript 基礎Ⅱ
  2. 2.  制御構文  for  for in  while  do while  switch case  関数  定義、呼び出し  無名関数  変数スコープ  課題
  3. 3. for, while, switch case
  4. 4.  繰り返し処理を実行する for (var i = 0; i < 5; i++) { console.log("ここは 5 回実行される"); }
  5. 5.  配列を走査する var arr = ["a", "b", "c", "d", "e", "f"]; var i, length = arr.length; for (i = 0; i < length; i++) { console.log("arr[" + i + "]: " + arr[i]); }
  6. 6.  オブジェクトを走査する  添字の自由度が高い Object は単純に走査できない var obj = { a: "apple", b: "blue", c: "cold" }; for (var key in obj) { console.log("obj[" + key + "]: " + obj[key]); }
  7. 7.  for in はオブジェクトの全てのプロパティを走査する  ときには不要なメソッドまで走査するのでそのままでは使え ない Object.prototype.hoge = "hogehoge"; var obj = { a: "apple", b: "blue", c: "cold" }; for (var key in obj) { console.log("obj[" + key + "]: " + obj[key]); }
  8. 8.  Object の hasOwnProperty メソッドを使ってオブジェクトに属して いるプロパティとメソッドだけを列挙する Object.prototype.hoge = "hogehoge"; var obj = { a: "apple", b: "blue", c: "cold" }; for (var key in obj) { if (obj.hasOwnProperty(key)) { console.log("obj[" + key + "]: " + obj[key]); } }
  9. 9.  繰り返し処理を実行する var count = 6; while (count-- > 0) { console.log("カウントダウン: " + count); }
  10. 10.  少なくとも 1 度実行する繰り返し処理 var count = 5; do { console.log("カウントダウン: " + count); } while (count-- > 0);
  11. 11.  複数の条件で処理を分岐する var num = 3; switch (num % 2) { case 0: console.log("num は偶数"); break; case 1: console.log("num は奇数"); break; default: console.log("num は数値ではない"); break; }
  12. 12. 一連の処理をまとめる
  13. 13.  よく使う処理はまとめると分かりやすい // 配列を順番にブラウザのコンソールへ列挙する function showArray(arr) { var length = arr.length; for (var i = 0; i < length; i++) { console.log("[" + i + "]: " + arr[i]); } return length; }
  14. 14.  宣言 (定義) した関数を使うときに呼び出す var summer = [ "海", "花火", "避暑", "プール", "夏休み" ]; showArray(summer);
  15. 15.  引数: 関数へ渡す値  返り値: 関数を実行した結果 // 宣言 function showArray(arr) { ...(略) // 呼び出し var length = showArray(summer); 関数名 関数名 引数 引数返り値
  16. 16.  名前の無い関数  関数リテラル var f = function (x, y) { return [x, y] }; var p = f(3, 2); 関数も値のように扱える!
  17. 17.  変数にはその変数が有効である範囲がある  JavaScript では関数によってのみ、変数の有効範囲が決まる var value = 0; // 即時関数 (function () { var value = 1; console.log("inner: " + value); })(); console.log("outer: " + value);
  18. 18.  変数スコープにはグローバルとローカルがある  ローカルスコープの変数は var を使って宣言する var value = 0; (function () { // var を取り払うと… value = 1; console.log("inner: " + value); })(); console.log("outer: " + value);
  19. 19.  次のコードを読んで、コンソールを出力される値を考える var value = 0; (function () { var value = 2; (function () { value = 1; console.log("A: " + value); })(); console.log("B: " + value); })(); console.log("C: " + value);
  20. 20.  アンケート  課題は後ほど…
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×