Active directory のセキュリティ対策 130119

3,463 views
3,098 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
8 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
3,463
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
60
Actions
Shares
0
Downloads
51
Comments
0
Likes
8
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Active directory のセキュリティ対策 130119

  1. 1. Active Directory のセキュリティ対策 ~ 標的型攻撃(APT)対策編 ~ ‘13/1/19 @ .NET 勉強会 / ヒーロー島 & Win.tech.q 合同勉強会 アイティデザイン株式会社 知北直宏 Copyright 2013 ITdesign Corporation , All Rights Reserved 1
  2. 2. はじめに今日は、「Active Directoryを使ったセキュリティ対策」。。。ではなく、「Active Directory 環境そのもの のセキュリティ対策」についてお話しします。特に、「標的型攻撃」の対策を重点的にお話しします。今日お話しする内容は「一例」であって、他にも知っておくべきこと、やるべきことはたくさんあることをご理 次へ解ください。 2
  3. 3. 自己紹介 知北直宏(ちきたなおひろ)Twitter: @wanto1101 アイティデザイン株式会社 代表取締役社長 九州発ITPro系コミュニティ「Win.tech.q」代表 福岡でITProやってます。 Active Directory、Hyper-V、Exchange、System Center その他いろいろの提案・設計・構築・サポートまでなんでも。 大手、地場インテグレーターさんの後方支援など。 Microsoft MVP(Directory Services) MCT、MCSE、MCITPとかいろいろ。 「標準テキスト Windows Server 2008 R2 構築・運用・管理パーフェクト ガイド」という本を書きました。 御礼・2012年10月に第8版発売、通算15000部発行 次へ 3
  4. 4. アジェンダ Active Directory とは 標的型攻撃(APT)とは 攻撃方法の例 対策方法の例 まとめ 次へ 4
  5. 5. Active Directory とは 次へ 5
  6. 6. Active Directory の機能や目的 Windows 標準の「ディレクトリーサービス」です。 ユーザーやコンピューターなどの「アカウント」を一元管理することができ ます。 IDの集中管理、認証の統合などが実現できます。 「グループポリシー」を使って、アカウントの一括管理が可能です。 ユーザーや Windows コンピューターが数十、数百を超えた環境で は、なくてはならないシステムです。 WSFC(Windows Server Failover Cluster)や、VDI、 Windows HPC Server など高度なシステム環境の構築にも必須 です。 次へ 6
  7. 7. Active Directory を構築するとどうなる? サーバーやクライアントPCなどコンピューターをActive Directory の 「ドメイン」に参加させることにより、利用できるようになります。 このときに、Active Directoryの管理者グループである、 「Domain Admins」グループが、コンピューターのローカル管理者グ ループのメンバーになります。 つまり、Active Directoryの管理者は、ドメインに参加したコン ピューターの管理者権限を持つことになります。 次へ 7
  8. 8. 標的型攻撃 とは 次へ 8
  9. 9. 「標的型攻撃」、「新しいタイプの攻撃」とは?標的型攻撃とは、「特定の情報」を狙って行われるサイバー攻撃の一種である。 ウィキペディアより http://ja.wikipedia.org/wiki/標的型攻撃「新しいタイプの攻撃」の定義ソフトウェアの脆弱性を悪用し、複数の既存攻撃を組み合わせ、ソーシャル・エンジニアリングにより特定企業や個人を狙った攻撃の総称。 IPAより http://www.ipa.go.jp/security/J-CSIP/documents/presentation2.pdf 次へ「持続的標的型攻撃(Advanced Persistent Threat)」とも呼ばれています。 9
  10. 10. 標的型攻撃(APT)の目的の例システムの攻撃、破壊行為機密情報の搾取。。。そのための情報の搾取、収集 次へ 10
  11. 11. 標的型攻撃(APT)の流れの例1.準備 このあたりで }2.侵入 Active Directoryの攻撃、 「Domain Admins権限の3.情報の収集 奪取」が行われる可能性アリ4.情報の持ち出し 次へ 11
  12. 12. Domain Admins権限が奪取されるとどうなる?Active Directoryが「制圧」された ことになります。攻撃者は、Active Directoryドメ イン内で「管理者」としてやりたい放 題です。 次へ 12
  13. 13. 攻撃方法の例 次へ 13
  14. 14. Active Directory の攻撃の例管理者のパスワードを盗み取るシステムの脆弱性を狙う 次へ 14
  15. 15. 管理者のパスワードを盗む方法の例辞書攻撃ブルートフォースアタックキーロガーLMハッシュの悪用(Path-the-hash) 次へ 15
  16. 16. どんな脆弱性が狙われる?OS(Windows Server)そのものの脆弱性標準サービスの脆弱性アプリケーションの脆弱性 次へ 16
  17. 17. キケンな Active Directory 環境の例管理者がセキュリティ対策に無頓着(論外)Active Directory、ドメインコントローラーの バージョンが古い古いバージョンのクライアントOSがドメインに 参加している古いドメイン環境からアップグレードした環境も キケン (下位互換性問題、機能レベルが古いまま、など) 次へ 17
  18. 18. 対策方法の例 次へ 18
  19. 19. 機能レベルを上げる 「フォレストの機能レベル」と「ドメインの機能レベル」は、より上位のほ うが多機能であり、セキュリティに関する機能も強化されています。 しかし、NTドメインやWindows 2000 Active Directoryからアッ プグレードを繰り返したWindows Server 2012 Active Directory環境でさえも、次のような機能レベルになっている可能性 があります。 フォレストの機能レベル :Windows 2000 ドメインの機能レベル :Windows 2000 ネイティブ 参考 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc771294.aspx 次へ 19
  20. 20. グループポリシーの設定を見直すWindows Server 2012で新規にActive Directoryを構築した場合と、 NTドメインやWindows 2000 Active Directoryからアップグレードを繰り返した場合では、 グループポリシーの設定が異なります。 次へ 20
  21. 21. Default Domain Policy の違いの例 Windows Server 2012で 新規にActive Directoryを 構築した場合と、NTドメインか らアップグレードを繰り返した場 合の、「Default Domain Policy」の違いの例です。 次へ 21
  22. 22. Default Domain Controllers Policy の違いの例 Windows Server 2012で新規にActive Directoryを構築した場合と、NTド メインからアップグレードを繰り返した場合の、「Default Domain Controllers Policy」の違いの例です。 次へ 22
  23. 23. パスワードを強固にする より強固なパスワードを利用する グループポリシーで強制する パスワードポリシーの例(マイクロソフトの推奨例) パスワードの履歴を記録する 24 パスワードの有効期間 42 日 パスワードの変更禁止期間 2日 パスワードの長さ 12 文字 パスワードは、複雑さの要件を満たす必要がある 有効 暗号化を元に戻せる状態でパスワードを保存する 無効 参考 次へ http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd363020.aspx#EHAA 23
  24. 24. アカウントロックアウトを設定する パスワードミスが一定回数続いたら、ログオンできなくする グループポリシーで強制する アカウントロックアウトの例(マイクロソフトの推奨例) アカウントのロックアウトのしきい値 10 回 ロックアウト期間 30 分 ロックアウトカウンタのリセット 15 分 参考 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd363020.aspx#EGAA 次へ 24
  25. 25. 「細かい設定が可能なパスワード」機能でさらに強固に 管理者グループなど、特定のグループやユーザーだけは 「細かい設定が可能なパスワード」機能 (PSO:Password Setting Object)で、より強固にすることが可能。 参考 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc770842(v=ws.10).aspx 次へ 25
  26. 26. 「Administrator」アカウントの保護 「Administrator」アカウントをリネームする(説明なども) 「おとり」の「Administrator」アカウントを作って不正なログイン試行を監 視する 。。。ただし万全ではない。 スマートカードなど他要素認証の利用 複数人でのパスワード管理。。。 次へ 26
  27. 27. 管理者権限の分離など 管理操作をなんでもかんでも「Administrator」で行うことはやめる。 Active Directoryにあらかじめ用意されている、権限が限定された他の 管理者グループを使うようにする。 パスワードの使いまわしをしない。 次へ 27
  28. 28. 「監査」を行う ドメインコントローラーなどのイベントログから「監査」を行って、攻撃や不正 なログイン試行を発見する。 参考 http://technet.microsoft.com/library/dd941635(WS.10).aspx http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc787567(v=ws.10).aspx 次へ 28
  29. 29. 強固な認証方式の利用 より強固な認証方式だけを使うようにする。 Kerberos > NTLMv2 > NTLM > LM 。。。ただし実際はNTLMv2は下位互換のためなどの目的で必要。 参考 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh831553.aspx http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh831571.aspx 次へ 29
  30. 30. LMハッシュの悪用への対策 「NoLMHashポリシー」を有効にする。 グループポリシーの 「ネットワーク セキュリティ : 次のパスワードの変更で LAN マネージャの ハッシュの値を保存しない」 を有効にする。 または、レジストリーを編集する、など。 参考 http://support.microsoft.com/kb/299656/ja なお。。。かなり奥が深い世界。 次へ 30
  31. 31. ドメインコントローラーで余計な機能を動作させない 余計な機能やサービス、アプリケーションを動作させると、それらの脆 弱性によってドメインコントローラーが危険にさらされる可能性あり。 「Server Core」で必要最小限のコンポーネントだけでドメインコント ローラーを動作させる。 次へ 31
  32. 32. 更新プログラムをきちんと適用する 毎月定例の更新プログラム、緊急性が高い定例外の更新プログラム をきちんと適用する。 マイクロソフトの推奨では、「緊急」はリリースから24時間以内、「重 要」は一か月以内の適用が推奨だそう。。。 更新プログラム適用が困難であれば、サードパーティの「バーチャル パッチ製品」、「サンドボックス製品」などの導入も検討。 次へ 32
  33. 33. Windowsファイアウォールを止めない Windowsファイアウォールときちんと動作させて、 余計なアクセスを拒否。 可能であれば、ドメインコントローラーを他のサーバーとは 別のネットワーク、セグメントに配置して、IPSやFirewallデバイスで 保護する。 次へ 33
  34. 34. その他の注意ポイントや対策などDNSIPv6IPSec 次へ 34
  35. 35. その他の注意ポイントや対策など 「Windows Server 2008 セキュリティ ガイド」におけるActive Directoryの注意点• Windows Server 2008 の Server Core インストールを展開する。• 物理的なセキュリティを保証できない場合は RODC を展開する。• RODC のローカル管理を委任する。• RODC に格納する機密情報を制限する。• DNS 役割サービスとドメイン コントローラー役割サービスを結合する。• 管理者グループのメンバーと管理範囲を制限する。• サービスの管理者がパスワード ポリシーを回避できないようにする。• 細かい設定が可能なパスワード ポリシーを構成する。• 昇格された権限を持つユーザーに多要素認証を求める。• 制御された OU 構造でサービス管理者を管理する。• サービス管理者アカウントのグループ メンバーシップを管理する。• BitLocker™ ドライブ暗号化を使用して、ローカル ドライブに保存されているデータを暗号化する。• Active Directory で、BitLocker と TPM の回復情報をバックアップする。• Syskey を使用して、コンピューターの起動キーを保護する。 次へ 35
  36. 36. 標的型攻撃(APT)の被害にあったら。。。IPAなどの機関に報告専門業者に調査を依頼 (「証拠」を消してしまうような中途半端な事前調 査をしないように要注意) 次へ 36
  37. 37. 参考ドキュメントなど Windows Server 2008 セキュリティ ガイド http://technet.microsoft.com/ja-jp/windowsserver/ff708743.aspx セキュリティ構成ガイダンスのサポートについて http://support.microsoft.com/kb/885409/ja Mitigating Pass-the-Hash (PtH) Attacks and Other Credential Theft Techniques http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=36036 次へ 37
  38. 38. まとめ 「標的型攻撃(APT)」に 狙われないという保証はありません。 侵入されないことが重要ですが、 いざ侵入されたときに、Active Directoryが制圧されるよ うなことがないよう、事前の対策を十分に行いましょう。 次へ 38
  39. 39. ご清聴ありがとうございました! 知北直宏 @wanto1101 Copyright 2013 ITdesign Corporation , All Rights Reserved 39

×