Schoo0911

917 views

Published on

http://schoo.jp/

Published in: Business
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
917
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
40
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Schoo0911

  1. 1. 新しい価値観、「イケハヤ 的価値観」とはなにか? 湯川鶴章 13年9月11日水曜日
  2. 2. 前回までのまとめ • ソフトウエアだけの領域のイノベーション よりも、ハードウェアを絡めた領域により 多くのチャンスがある • とはいえミクロのチャンスが中心で、社会 に共通するマクロの変化はしばらくなさそ う • より大きな変化はどこに存在するのか 13年9月11日水曜日
  3. 3. 価値観変化 13年9月11日水曜日
  4. 4. 跡部徹氏 イケてるもの イケないもの 13年9月11日水曜日
  5. 5. 今「イケてる」もの • 持たない生活/身軽な生活 • 家族や親戚など仕事以外にも貢献する生活 • 多様な価値観を理解しながらも、自分の軸を 主張できる人 • 一つの組織に依存しない自由を持っている人 13年9月11日水曜日
  6. 6. 今「イケてない」もの • 成金もしくは、燃費の悪い金銭感覚で成り立つ生活 (泉ピン子、神田うのがイケてない、という感覚) • 仕事ばかりで、家族や地域をないがしろにする生活 • 自分の生きてきたルールのヒエラルキーを他人に押 しつける人 • 給与をもらっている組織に縛られて、自分の気持ち に嘘をつき続けなければならない人 13年9月11日水曜日
  7. 7. イケダハヤト師 13年9月11日水曜日
  8. 8. 20世紀後半のような経済成長を望めない 経済成長を果たそう、所得を増やそうと無理を するより、自分らしく生きよう お金に縛られない生き方をしよう 効率よく高収入を得ることを目指し就労時間を 減らして好きなことをするのか、支出をギリギ リまで減らして好きなことをするのかのどちら か。自分と仲間を大事にし、社会に貢献するよ うな生き方をしよう 13年9月11日水曜日
  9. 9. 社畜と家畜の共通点 •飼われている •搾取されていることに気付いていない •いつクビを切られるかわからない •群れている •現状に満足している めちゃくちゃ怒る人がいるのはどうして 13年9月11日水曜日
  10. 10. 感情的になる人は心の 中に葛藤を持っている 直接的利害もないのに怒る まったく怒らない人も多くいる 13年9月11日水曜日
  11. 11. ペルソナ ペルソナ ペルソナ ペルソナ 顕在意識 潜在意識 シャドー シャドーシャドー シャドー 13年9月11日水曜日
  12. 12. 仮説: 感情的に反発する人が多いということは、イケハヤ 的価値観を潜在意識に持つ人が多いということでは 13年9月11日水曜日
  13. 13. イケハヤ価値観を歴史の 中で見てみよう 13年9月11日水曜日
  14. 14. 似通った歴史観 •第3の波 アルビン・トフラー氏 •情報社会学序説 公文俊平氏 •評価経済社会 岡田斗司夫氏 13年9月11日水曜日
  15. 15. アルビン・トフラー • 「アドホクラシー」(自由自在に変化するコミュニ ティのようなもの) • 情報は物理的資源の大部分を代替することができるよ うになる。 • 「マスカスタマイゼーション」は安価で個性のある製 品をある特定のニッチに対して提供する。生産者(プ ロデューサー)と消費者(コンシューマー)のギャッ プは技術によって埋められる。生産消費者は自身の ニーズを満たすことができる(Makers革命) 福岡財布忘れ事件 1980年 第三の波 13年9月11日水曜日
  16. 16. 公文俊平氏の講義から 13年9月11日水曜日
  17. 17. Political Economic Social 13年9月11日水曜日
  18. 18. • 広義:主体間利害対立の調整にかかわる • 狭義:手段としての “脅迫と強制(暴力)”にかかわる • 国家間では外交と戦争 • 国内的には法律の制定と執行 • 権力闘争にも脅迫・強制は多用 • 最狭義:威のゲーム(国威の増進・発揚)にかかわる • ゲームのプレーヤーは主権国家:外政と内政(統治) • ゲームの場は国際社会 • 目的は“戦い”による“平和”の実現 • ” パワーゲーム(国内の権力闘争)も Political 13年9月11日水曜日
  19. 19. • 広義:希少な資源の合理的配分にかかわる • 狭義:手段としての “取引と搾取”(商品交換)にかかわる • 最狭義:富のゲーム(富・財産の蓄積・誇示)にかかわる • プレーヤーは産業企業 • ゲームの場は世界市場 • 目的は“競争”を通じての“繁栄(豊かさ)”の実現 • いわゆる資本主義的競争 Economic 13年9月11日水曜日
  20. 20. • 広義:信頼しうる知識・情報の伝播・共有にかかわる • 狭義:手段としての “説得と誘導”にかかわる • 最狭義:智のゲーム(衆智・名声の獲得・発揮)にか かわる • ゲームのプレーヤーは情報智業(NPO、社会起業) • ゲームの場はインターネット • 目的は“共働”を通じての“共愉(楽しさ・面白 さ)”の実現 Social 13年9月11日水曜日
  21. 21. 近代化 産業化: 経済(取引)力 情報化: 軍事化: 軍事(脅迫)力 195017501550 産業化: 経済(取引)力 情報化: 知(説得)力 195017501550 S字波複合としての 近代化の三局面仮説 国家化:軍事(暴)力 13年9月11日水曜日
  22. 22. • 国家化:定着局面に(威のゲーム=侵略戦争ゲームの正統性の喪失) • しかし、一部の後発国は軍事化(とりわけ核武装)をなお追求 • 産業化:成熟局面に(富のゲーム=経済成長ゲームの正統性への疑 問):第三次産業革命自体は突破局面へ • しかし、一部の後発国は経済成長をなお熱心に追求 • 情報化:出現局面に(智のゲームの普及開始):第一次情報革命自体 は突破局面へ • 無数の智業(NGO, NPO, CSO)の台頭 →“智民革命”と情報社会の新しい物語作り • 人々の智民化:新しい物語の共働制作・経験者たち 智民の消極的規定:非消費者user・非生産者neet、非国民hippy 現代の特徴付け 三局面の重畳的併存 13年9月11日水曜日
  23. 23. • 産業化(企業)の進展は国家(安全と法治)のプラットフォー ムを前提にして初めて可能に:営利に専念可能 • 逆に国家の発展は企業の提供する財・サービス(武器、税 金)が支えた • 情報化(智業)の進展は、国家に加えて企業のプラットフォー ム(インターネット、SNS、広告等)を前提として初めて可能 に:智のゲームに専念可能 • 逆に、国家や企業の発展は、智業の提供する智(ソーシャ ル・グラフ、衆智)が支える:ネット選挙・民意、ネットビ ジネス 国家・企業・智業の相互関係 13年9月11日水曜日
  24. 24. 評価経済社会における上場 岡田斗司夫氏 貨幣社会における上場は、法人格という法律上の架空の「人格」を形成し、 業務内容を公開し公の存在になることと、引き換えに資金を調達すること 評価経済における上場は、公の人格を形成し、賛否両論を受けながら、影響 力を拡大すること 13年9月11日水曜日
  25. 25. 再び「家畜と社畜」 • イケダハヤトはネットの金鉱脈を掘り当てた と思います。 • なぜなら社畜から解放されたい願望は我々 一人ひとりが皆、持っているからです。 • 中途半端に「かしこくなって」長いものに巻 かれながら、当り障りの無い、臆病丸出し の人生を送っているヤツほど、イケダハヤト が許せない(Market Hack広瀬隆雄さん) 13年9月11日水曜日
  26. 26. • ぼくが面白いと思ったウェブサイトのURLをツイー トするだけで、数万から数十万人の目に情報を届 け、数百から数千のトラフィックを誘因できる • フォロワーが増えるにしたがい、ぼくの魔力は高 まっていく。フォロワーが10万人くらいにまで伸 びたら、また違うレベルの魔法が使えるようにな る。ぼくが応援する方々に、ガンガン支援魔法を掛 けていきたいと思う。それが個人ブロガーの役割。 影響力増すイケハヤパワー 13年9月11日水曜日
  27. 27. 以上歴史的観点からの現状の考察。 次はいよいよビジネスチャンス 13年9月11日水曜日
  28. 28. 「自分らしく生きる」という価値観が 主流になっていくという前提で、 ビジネス・キャリアを設計していく そう思わない人がいるのがチャンス シャドーとの葛藤が続いている人にはこの状況は読めない 13年9月11日水曜日
  29. 29. 自分らしく生きるとういう価値 観が広まれば何がどう変わるか • 事業に大義名分がより重要になる • 住みたい場所に住むようになる • 自治体が生き残りを賭け、クリエイティ ブ人材争奪戦 • 第3の場所が重要に • 今まで成立しなかった事業が成立可能に • コミュニティがすべての事業の基本形態に 13年9月11日水曜日
  30. 30. コミュニティビジネス コミュニティ 大義名分 有償ビジネスチャンス 有償ビジネスチャンス 有償ビジネスチャンス 13年9月11日水曜日
  31. 31. コミュニティ作りに着手せよ 13年9月11日水曜日
  32. 32. ビジネスはコミュニティ に勝てない •Britanica vs Encarta vs Wikipedia 13年9月11日水曜日
  33. 33. こんなコミュニティあっ たらいいなあ •日本語を勉強している外国人コミュニ ティ 13年9月11日水曜日
  34. 34. でもコミュニティっ て儲かるの? 13年9月11日水曜日
  35. 35. 儲かるの定義が変わる •江戸時代にあった「友をもうける」 「子供をもうける」という表現 •「地域活性化はめちゃくちゃ儲かる」 (コミュニティデザイナー山崎亮氏) 13年9月11日水曜日
  36. 36. economical→sochial •プレーヤー間の調整は、財力ではなく 知力、評価力に •GDPなどの経済指標が重要視されない 時代へ 13年9月11日水曜日
  37. 37. 世界一幸福度の高い国へ 世界から尊敬を集める国へ 日本は今、脱皮しようとしている 13年9月11日水曜日
  38. 38. 日本の未来は明るい 13年9月11日水曜日
  39. 39. 予告 •第4回:新しい価値観に精神世界の考 え方が入ってくる •第5回:日本の未来はめちゃくちゃ明 るい 13年9月11日水曜日

×