Your SlideShare is downloading. ×
イメージで覚える!!簿記3級_簿記の基礎
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Introducing the official SlideShare app

Stunning, full-screen experience for iPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

イメージで覚える!!簿記3級_簿記の基礎

1,473
views

Published on

簿記の基礎!! …

簿記の基礎!!
勘定科目と仕訳の手順を説明(^^♪

Published in: Education

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,473
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. イメージで覚える!!簿記3級①簿記の基礎簿記の- BOOKKEEPING BASIC -
  • 2. 目次 – Contents -1. 簿記の基礎ルール2. 勘定科目 1. 勘定科目グループの種類 2. 財産関係[貸借対照表]の勘定科目 3. 経営成績関係[損益計算書]の勘定科目3. 仕訳 1. 仕訳ルール 2. 仕訳手順
  • 3. 1. 簿記の基礎ルール ①「借方」「貸方」の配置を覚える! 借方(かりかた)[debit] 貸方(かしかた)[credit] ②左右の金額は必ず同じにする! 借方(かりかた)[debit] 貸方(かしかた)[credit] 10,000 10,000
  • 4. 2. 勘定科目 –勘定科目グループの種類-■勘定グループの種類 「資産」 「収益」 「負債」 「費用」 「純資産」 財産関係[貸借対照表]の 経営成績関係[損益計算書] 勘定科目 の勘定科目
  • 5. 2. 勘定科目 –財産関係[貸借対照表]の勘定科目- 借方[debit] 貸方[credit] 資産 負債 ・現金 ・買掛金 ・当座預金 ・支払手形 ・普通預金 ・未払金 ・売掛金 ・借入金 ・受取手形 ・預り金 ・貸付金 ・売買目的有価証券 ・未収金 純資産 ・繰越商品 ・資本金 ・備品 ・資本準備金 ・建物 ・利益準備金 ・土地 ・任意積立金 ・車両運搬具
  • 6. 2. 勘定科目 –経営成績関係[損益計算書]の勘定科目- 借方[debit] 貸方[credit] 費用 収益 ・仕入 ・売上 ・給料 ・受取利息 ・通信費 ・受取配当金 ・旅費交通費 ・有価証券売却益 ・水道光熱費 ・固定資産売却益 ・広告宣伝費 ・保険料 ・支払家賃 ・接待交際費 ・有価証券売却損 ・固定資産売却損 利益
  • 7. 3. 仕訳 -仕訳ルール- 増加したら、各グループが記載されているフォームに記載 減少したら、各グループが記載されている反対側のフォームに記載 借方[debit] 貸方[credit] 資産 負債 資産の増加は、「借方」に記入し、 資産の減少は、「貸方」に記入します。 負債の増加は、「貸方」に記入し、 負債の減少は、「借方」に記入します。 純資産 純資産の増加は、「貸方」に記入し、 純資産の減少は、「借方」の記入します。 借方[debit] 貸方[credit] 費用 収益 収益の発生(増加の意味)は、「貸方」に記入し、 収益の取消(減少の意味)は、「借方」を記入しま す。 費用の発生(増加の意味)は、「借方」に記入し、 費用の取消(減少の意味)は、「貸方」を記入しま 利益 す。
  • 8. 3. 仕訳 -仕訳手順-【STEP1】事象より2つ以上の「勘定科目」決める【STEP2】勘定科目が5つのグループのうち、 どのグループになるか確認する【STEP3】勘定科目を「借方」と「貸方」に振り分ける《例》商品10,000円を仕入れ、現金で支払をした。 仕入れ、現金 【STEP1】商品10,000円を仕入 仕入 現金で支払をした。 現金 【STEP2】 仕入⇒『費用グループ』 仕入 現金⇒『資産グループ』 現金 【STEP3】 仕入⇒『費用グループ』⇒増加⇒≪借方≫ 仕入 増加⇒≪借方≫ 増加⇒≪借方 現金⇒『資産グループ』⇒減少⇒≪貸方≫ 現金 減少⇒≪貸方≫ 減少⇒≪貸方 資産 負債 費用 収益 純資産 利益