Josm 20120612

394 views
362 views

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
394
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Josm 20120612

  1. 1. 2012年6月6日(水) 東京大学大学院新領域創成科学研究科自然環境学専攻 自然環境学実習Ⅰ学番:47126639 氏名:本田 渉
  2. 2. 1.JOSMとは?2.JOSM利用マニュアル• JOSMを利用する前の準備• JOSMを使っての、建物入力マニュアル
  3. 3. JOSMとはJava OpenStreetMapの略称で、オフライン環境でもOpenStreetMapを利用できるように開発されたマップ編集ソフトです。JAVAを利用して動くソフトなので、PCにJAVAがインストールされている必要があります。基本的な操作方法はOSMと同じですが、多少異なる部分もあります。以下利用方法について説明していきます。
  4. 4. JOSM利用マニュアル JOSMを利用する前の準備まず以下のサイトへアクセスしてくださいhttp://josm.openstreetmap.de/ WindowsとMacのどちらでも 使うことができます。 適したインストーラを選択 して、JOSMをパソコンに ダウンロードしましょう。
  5. 5. JOSMのインストールが終了したらJOSMを起動させましょう。すると以下のような画面が表示されます。
  6. 6. ファイル→OSMからダウンロードをクリックすると以下のように OSMの地図が表示されます。マウスのスクロールボタンを回すことで地図の拡大・縮小ができます。右クリックしながらマウスを動かすと、場所移動できます。左クリックしながらマウスを動かすと、地図の読み込む範囲を指定できます。※(※選択した範囲が広すぎると、OSMのサーバーからダウンロードを拒否されます)読み込む範囲を選択して、良ければダウンロードをクリック!
  7. 7. 選択した範囲が以上のように表示されます。しかしこれだけでは建物や道路を入力したり編集するのは難しいです。ですのでBing の衛星写真を重ね合わせましょう。メニューの画像→Bing衛星写真をクリックしてください。
  8. 8. Bingの衛星写真が重ねあわされると以上のようになります。OSMの地図情報とBingの衛星写真、2枚のレイヤーが映し出されていることが上の赤丸部分でわかります。上に表示されているレイヤーが最優先で表示されることに留意して下さい。これでJOSMを使った編集環境は整いました。次のスライドからは道路や建物の入力方法を説明します。
  9. 9. JOSMを使っての、建物入力マニュアルまず左端の上から3つ目のアイコンを選択。次に未記入の建物の角をOSMで建物を入力した要領でクリックしていきます。建物を囲み終わったら”Q” を押します。これで四角形のバランスが整います。次に画面右端のプロパティパネルの追加ボタンをクリック。キーにbuilding バリューにyes と入れて了解をクリック。同じ要領でキーにsource バリューにBing と入れていきます。
  10. 10. 建物のプロパティを入力し終わったら、メニューのファイルを選択。データをアップロードを選択します。すると必要な情報を入力する画面が出ます。ここは記入してもしなくてもどちらでもいいです。(警告などが出ても無視していいです)アップロードの際に、OSMのユーザー名とパスワードを入力しましょう。(OSMにログインしていれば問題ないです)
  11. 11. 無事に建物が入力され、OSMにも反映されました。作業したファイルは自分のパソコンに保存しておくといいでしょう。次回JOSMで作業をするときに便利です。ファイル→名前を付けて保存をクリックして、自分のパソコンに保存しておきましょう。(保存ファイルの拡張子は.osmです。)以上でJOSMを使った建物の入力マニュアルは終了です。お疲れ様でした。

×