修士論文 研究計画書
NPO型マーケティングの革新における
インターネット活用とモチベーション設計
(第1章)
デジタルハリウッド大学院
5期生
渡辺文隆
概要
 日本を含む世界の多くの国でNPOセクターは存在感を増しており、そ
の生産性向上は人々の生活をより豊かにすると考えられています。
 また、インターネット技術の進歩によって、NPOに対して個人が金銭
的・人的な支援を行うことは、より容易...
これまでの調査のまとめ
 関連研究レビュー(1)NPO型マーケティングの変遷
1.本研究の対象となるNPO
2.NPOによるマーケティング活動の分類
3.NPO型マーケティングにおける革新の歴史
 関連研究レビュー(2)インパクト投資の登場...
関連研究のレビュー(1)
NPO型マーケティングの変遷
1.本研究の対象となるNPO
 本研究の対象とするNPO(非営利組織)は、以下の条件を満たす組織
(山内 1999)とします。
1)利益・利潤を分配しない
2)非政府・私設である
3)法人格を持つか、法人格がなくても組織としての体裁を持つ
4...
2.NPOによるマーケティング活動の分類
 NPOマーケティングは、
1)病院や大学、社会福祉法人など事業収入に依存する
組織による企業型マーケティング
2)教会や発展途上国の開発援助団体など寄付金を主な
資金源とするNPO型マーケティング
...
 NPOに企業のマーケティングを応用しようという考え方は、「ソー
シャルマーケティング」と呼ばれ、既に30年以上の歴史を持っていま
す(Weinreich 1999)。
 この手法は主に受益者の行動変容(禁煙、望まない妊娠の回避、乳が
ん検...
 NPO型マーケティングの革新が行われてきた米国では、
プロフェッショナルとしての技術を持つスタッフの台頭や、
プロによって運営されている組織を好む財団の数と資金の拡大、
ダイレクトマーケティングとITの活用などによって、
NPO型マーケティ...
 米国では、数多くのNPOがファンドレイジングを行っていった結果、
寄付者がどのNPOを選ぶべきか迷っている状況が発生し、NPO間の比
較や、寄付者向けの情報提供のニーズが高まりました。
 現在では、マーケティングインターネット上にNPOを...
 寄付者向け情報提供サイト
“Charity Navigator”
寄付者に対して、NPOの透明性
や効率性についての情報を提供
するサイト。
 寄付者とNPOの支援サイト“Better
business bureau”
寄付者とNPOに情...
 米国のNPOでは、寄付金額そのものが目標となり、受益者ニーズに機
敏に応えることができなくなる等の団体も増加したことで、生活者か
らの批判にさらされる事例が増加しました(Kanter and Fine 2010)。
 これらの反省から、米...
 近年は、NPOが簡易に寄付を集めることのできるコミュニティサイト
であるammadoや、facebookのファンドレイズ用アプリケーションで
あるcause、自分の応援する団体のために寄付を募ることのできるJust
Giving、マイクロボ...
 ファンドレイズ支援サイト
“ammado”
NPOが、オンラインで寄付を集める
ことができるコミュニティサイト。
多数の通貨に対応しており、毎月の
寄付などを行うこともできる。
 Facebookアプリケーション
“cause”
NPOの...
 マイクロボランティア支援サイ
ト“sparked”
NPOのために、ウェブサイトへの
フィードバックや、オンライン広告
のためのキャッチコピー作成などの
ボランティアを行うことができる。
 ファンドレイズ支援サイト“Just
Giving...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

101031 修士論文研究計画 渡辺文隆_公開用

2,097

Published on

Published in: Technology, Business
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
2,097
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

101031 修士論文研究計画 渡辺文隆_公開用

  1. 1. 修士論文 研究計画書 NPO型マーケティングの革新における インターネット活用とモチベーション設計 (第1章) デジタルハリウッド大学院 5期生 渡辺文隆
  2. 2. 概要  日本を含む世界の多くの国でNPOセクターは存在感を増しており、そ の生産性向上は人々の生活をより豊かにすると考えられています。  また、インターネット技術の進歩によって、NPOに対して個人が金銭 的・人的な支援を行うことは、より容易になってきています。  本論文は、インターネット技術の進歩というチャンスを活かすための モチベーション設計を通して、日本のNPOのマーケティングにレバ レッジをかけるための、新しい方法論を模索するものです。  具体的には、以下の2つのアプローチが有望ではないかと考え、中間支 援組織やNPOへのヒアリングによって検証しようと考えています。 1)NPOの「受益者」に「支援者」になってもらう (そのために、地理的・時間的・金銭的制約をインターネットツールで越える) 2)NPOの「支援者」がNPO自体からではなくその周囲のコミュニティによって報 いられる仕組みをつくり、支援を続けてもらえる割合を高める (そのコミュニティの維持にインターネットを活用する)
  3. 3. これまでの調査のまとめ  関連研究レビュー(1)NPO型マーケティングの変遷 1.本研究の対象となるNPO 2.NPOによるマーケティング活動の分類 3.NPO型マーケティングにおける革新の歴史  関連研究レビュー(2)インパクト投資の登場 1.インパクト投資の例 2.寄付とインパクト投資の比較  課題  関連研究レビュー(3) 1.寄付者やボランティアのモチベーション設計
  4. 4. 関連研究のレビュー(1) NPO型マーケティングの変遷
  5. 5. 1.本研究の対象となるNPO  本研究の対象とするNPO(非営利組織)は、以下の条件を満たす組織 (山内 1999)とします。 1)利益・利潤を分配しない 2)非政府・私設である 3)法人格を持つか、法人格がなくても組織としての体裁を持つ 4)自己統治・自己統制できる機能を持ち、他の組織に 支配されず、完全に独立した組織運営を行っている 5)組織にボランタリー的要素があり、自発的に組織化され 寄付行為や無償の労働力に依存している  上記には、営利法人である社会的企業は含まれませんが、寄付やボラ ンティアを受け入れることが一般的な医療法人、学校法人、宗教団体 なども含みます。
  6. 6. 2.NPOによるマーケティング活動の分類  NPOマーケティングは、 1)病院や大学、社会福祉法人など事業収入に依存する 組織による企業型マーケティング 2)教会や発展途上国の開発援助団体など寄付金を主な 資金源とするNPO型マーケティング に分類されます(三宅 2003)。  企業型マーケティングの革新については企業そのものの手法を取り入 れやすく、研究も進んでいることから、本稿ではNPO型マーケティン グの革新について考えます。
  7. 7.  NPOに企業のマーケティングを応用しようという考え方は、「ソー シャルマーケティング」と呼ばれ、既に30年以上の歴史を持っていま す(Weinreich 1999)。  この手法は主に受益者の行動変容(禁煙、望まない妊娠の回避、乳が ん検診の受診など)にフォーカスが当てられているものでした。  これらの手法は、次第に寄付者の開拓にも使われるように なり、ファンドレイジングという分野として確立しつつあります。 NPO寄付者 受益者 3.NPO型マーケティングにおける革新の歴史
  8. 8.  NPO型マーケティングの革新が行われてきた米国では、 プロフェッショナルとしての技術を持つスタッフの台頭や、 プロによって運営されている組織を好む財団の数と資金の拡大、 ダイレクトマーケティングとITの活用などによって、 NPO型マーケティングはより多くの資金を獲得してきました。 NPO寄付者 受益者 3.NPO型マーケティングにおける革新の歴史
  9. 9.  米国では、数多くのNPOがファンドレイジングを行っていった結果、 寄付者がどのNPOを選ぶべきか迷っている状況が発生し、NPO間の比 較や、寄付者向けの情報提供のニーズが高まりました。  現在では、マーケティングインターネット上にNPOを評価する組織・ ウェブサイトが発達しており、NPOの透明性や資金効率について寄付 者へと情報を提供しています。 3.NPO型マーケティングにおける革新の歴史
  10. 10.  寄付者向け情報提供サイト “Charity Navigator” 寄付者に対して、NPOの透明性 や効率性についての情報を提供 するサイト。  寄付者とNPOの支援サイト“Better business bureau” 寄付者とNPOに情報を提供してい るサイト。
  11. 11.  米国のNPOでは、寄付金額そのものが目標となり、受益者ニーズに機 敏に応えることができなくなる等の団体も増加したことで、生活者か らの批判にさらされる事例が増加しました(Kanter and Fine 2010)。  これらの反省から、米国のNPOはソーシャルメディアによる 寄付者との対話に関心を強めています(Kanter and Fine 2010) 。 NPO寄付者 受益者 3.NPO型マーケティングにおける革新の歴史
  12. 12.  近年は、NPOが簡易に寄付を集めることのできるコミュニティサイト であるammadoや、facebookのファンドレイズ用アプリケーションで あるcause、自分の応援する団体のために寄付を募ることのできるJust Giving、マイクロボランティア(=細切れの時間を使ってボランティア をすること)のためのsparkedといったサイトが出現しています。  これらによって、人々が、自分の資金、人脈、スキルなどをNPOのた めに使える技術的な基盤は整ってきました。  日本では、エイズ孤児支援NGO PLASがTwitterを用いたキャンペーン を行ったり、シャンティ国際ボランティア会がUstreamでの定期的な情 報発信を行ったりする例があり、NPOによるオンラインツール活用は 増加傾向にあります。 NPO寄付者 受益者 ボランティア 3.NPO型マーケティングにおける革新の歴史
  13. 13.  ファンドレイズ支援サイト “ammado” NPOが、オンラインで寄付を集める ことができるコミュニティサイト。 多数の通貨に対応しており、毎月の 寄付などを行うこともできる。  Facebookアプリケーション “cause” NPOのための寄付やメンバー集め、 メンバーへの情報発信などができる facebookアプリケーション。
  14. 14.  マイクロボランティア支援サイ ト“sparked” NPOのために、ウェブサイトへの フィードバックや、オンライン広告 のためのキャッチコピー作成などの ボランティアを行うことができる。  ファンドレイズ支援サイト“Just Giving Japan” NPOのために、寄付集めのキャン ペーンを簡単に企画し、ページを公 開できる。ページからは、閲覧者が 寄付を行うことができる。
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×