NECのアクセシビリティとJIS X 8341-3:2010への取り組み(2013年12月10日版)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

NECのアクセシビリティとJIS X 8341-3:2010への取り組み(2013年12月10日版)

on

  • 1,334 views

セミナー「企業WebサイトにおけるJIS X 8341-3:2010対応の実践例」の資料です。講師および資料作成を担当したのは、ウェブアクセシビリティ基盤委員会 ...

セミナー「企業WebサイトにおけるJIS X 8341-3:2010対応の実践例」の資料です。講師および資料作成を担当したのは、ウェブアクセシビリティ基盤委員会 作業部会1委員で、日本電気株式会社の安氏です。

NECグループがアクセシビリティに取り組む理由を、グループとしてのビジョンにまで立ち戻り、そこから「なぜ」をいくつかの要素に分解し詳説。取り組むうえでのポイントとして挙げられたガイドライン、社内教育、体制整備の3点は、あらゆる企業Webサイトにとって必要な存在であり、また参考にしていただけるかと思います。

CEATECでの講演内容に加え、NECデザイン&プロモーション デザイン事業本部の川嶋氏と盲導犬サニーによる「実感できる教育のしくみづくり」の資料も含まれています。

Statistics

Views

Total Views
1,334
Views on SlideShare
726
Embed Views
608

Actions

Likes
1
Downloads
5
Comments
0

5 Embeds 608

http://waic.jp 581
http://waic 13
https://twitter.com 12
http://waic.demo.mitsue.com 1
http://s.deeeki.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

NECのアクセシビリティとJIS X 8341-3:2010への取り組み(2013年12月10日版) NECのアクセシビリティとJIS X 8341-3:2010への取り組み(2013年12月10日版) Presentation Transcript

  • WAIC 企業Webサイト実践例セミナー NECのアクセシビリティと JIS X 8341-3:2010への取り組み 2013年12月10日 NECデザイン&プロモーション デザイン事業本部 安 浩子
  • はじめに ▌NEC Japan URL:http://jpn.nec.com 月別訪問者数 約110万人 月間PV:700万PV Page 2 © NEC Corporation 2013
  • はじめに ▌NECサイトのJIS X 8341-03:2010 対応状況 アクセシビリティ方針の公開 2015年までに、http://jpn.nec.com/ドメイン配下 JIS X 8341-3:2010の等級AAに準拠 を宣言 Page 3 © NEC Corporation 2013
  • NECグループの目指す姿と アクセシビリティ
  • NECグループ ビジョン2017 人と地球にやさしい情報社会を イノベーションで実現する グローバルリーディングカンパニー NEC Group Vision 2017 To be a leading global company leveraging the power of innovation to realize an information society friendly to humans and the earth (2008年制定) Page 5 © NEC Corporation 2013
  • 人と地球にやさしい情報社会 人にやさしい いつでもどこでも誰もが使えるサービスによって 安心・安全・便利で豊かな個人生活を実現する情報社会 地球にやさしい 限りある資源を効率的に活用し 地球環境と共存・持続的な発展を可能とする情報社会 Page 6 © NEC Corporation 2013
  • 社会ソリューション事業への注力 Page 7 © NEC Corporation 2013
  • NECのアクセシビリティ Page 8 © NEC Corporation 2013
  • なぜアクセシビリティに取り組んでいるのか? 1. ICT企業としての社会的責任 社会変化によるユーザー層の拡がり 情報通信技術の進展によるデジタルデバイドの進行 2. コンプライアンスの観点 法令や国際規格制定の動きが活発化 米国リハ法508条 、日本工業規格(JIS)、障害者差別解消法 3. 社会ソリューション事業の要件 社会ソリューション事業向けシステムにおける機能要件 (多くは利用できないと社会生活に支障がでるシステム) 公共のシステム、ウェブサイトでの要件化 Page 9 © NEC Corporation 2013
  • なぜ ウェブアクセシビリティに取り組んでいるのか? NECサイトは、さまざまなステークホルダーとの コミュニケーションを担う重要なメディア ▌ウェブサイトは、お客さまにとって1stコンタクト :顧客満足を重視 ▌BtoC、BtoB、 会社情報(投資家、採用、報道関係者など)における コミュニケーション NECグループサイトのビジョン CS : お客さまにとっての問題解決のツール ビジネス : 販促に活用するツール、マーケティングの手段 ブランド : NECの魅力を体感していただく場 Page 10 © NEC Corporation 2013
  • 社会の課題解決に貢献できる企業になるために 事業活動をとおして社会的課題解決に 貢献するためには、社会の動きを俊敏に感じ取るための ステークホルダー・コミュニケーションが重要 お客さま 社会 お取引先 地域社会 株主・投資家 従業員 NECグループ 地球環境 Page 11 © NEC Corporation 2013
  • NECのウェブアクセシビリティへの 取り組み
  • ウェブ技術動向と、アクセシビリティ/JIS対応への課題 年 度 NEC公式サイト立ち上げ アクセシビリティ動向 1994 1994 W3C ウェブ標準化活動 2000 2001 米リハ法508条施行 2004 JIS X8341-3: 2004 2010 2005 みんなの公共サイト運用モデル JIS X8341-3: 2010 2012 2015 Page 13 © NEC Corporation 2013 対応課題 様々な ウェブ環境 への対応 各メディア の対応度 に依存 CMSの 対応度に 依存 SNSの 利便性と 対応度 ウェブ技術 様々なブラウザ、 バージョンの登場 (NetScape、 InternetExplorer、Opera、 FireFox など) リッチメディア (Flash、Javaアプ レット、Ajax など) CMSによる システム統合 ソーシャルメディア (YouTube,FB, Twitterなど)の登場 グローバル化
  • NECのウェブ戦略とアクセシビリティへの取り組み NECの取り組み 年 度 NEC公式サイト立ち上げ 1994 2000 2004 ウェブアクセシビリティ ウェブ戦略 1994: アクセシビリティ取組み開始 情 報 発 2000: ウェブアクセシビリティの取組み開始 ・アクセシビリティガイドライン作成 ・ツールの整備 信 ※W3Cの社内勉強会を実施しJISに先行して対応 ※日本工業標準調査会JIS策定委員参加 か 個別最適な 情報発信 独自サイト立上げ ※数名の有識者による北欧・米アクセシビリティ調査開始 サ イ ト 2005:ガイドライン・ツールの強化 ら 情報発信の 統合化 CMS導入 2010 2012 ※独自のアクセシビリティチェックツールを開発 「ウェブ JUDGE」「VIS JUDGE」 ー マ 2010: JIS X 8341-3:2010準拠に向けての 計画検討開始 2012: JIS X 8341-3:2010対応方針と テスト結果の公開 テ ケ コミュニケー ション強化 SNS連携 サ グ ン ィ ト イ 2015 Page 14 2015年までに、国内ドメイン配下 JIS X 8341-3:2010 等級AAに準拠を宣言 © NEC Corporation 2013 へ グローバル 統合化 ドメイン統合
  • アクセシビリティJIS対応に向けて NECサイトにおける取り組みのポイント ▌1.ガイドラインの整備 目指すべき姿と現場の状況に即した実施方法の提示 ▌2.アクセシビリティ教育 グループ社員全体の意識底上げ、必要性の実感 ▌3.運営体制 NECグループ全体で迅速な情報共有と 対応を実現する運営体制 Page 15 © NEC Corporation 2013
  • 1.ガイドライン整備 ▌目指すべき姿と現場の状況に即した実施方法の提示 基本となるウェブガイドライン ウェブサイトの品質を一定の水準に保つためのポリシーや 制作ルール。サイトの位置づけ・役割、サイト立上げ・運営、 コンテンツ設計・共有、お問合せ対応など。 特に配慮すべき事項への詳細ガイドライン 例) 10項目弱の詳細ガイドラインを整備 •ソーシャルメディア行動指針に関するガイドライン •お問い合わせ対応および個人情報保護対応ガイドライン ▲アクセシビリティガイドライン JISに記載のないプロセスや対応方法 について適用の現場にヒアリングの上 具体的に記載 •アクセシビリティガイドラインなど ガイドライン適用サポート •共通テンプレート化による適用容易性の向上 •イントラサイトでの補足情報の公開 要望の多い解説情報やQAは イントラサイトでわかりやすく説明。 ▲共通テンプレートでアクセシビリティ 対応を行い、全体に適用している Page 16 © NEC Corporation 2013 ▲イントラサイト:JISの構造を 図を用いて2004と2010 の違いをわかりやく解説
  • (参考)ガイドライン適用サポート ~共通テンプレート化~ ▌共通テンプレート化による適用容易性の向上 1994年~ :正しい文書構造のテンプレートHTMLを用意し配布 2000年~ :CMSで編集可能なテンプレートと構文チェック機能提供 2012年~ :CMSで全ページパーツとテンプレート配布 (グローバル適用) ※CMSで全パーツを用意し、ガイドライン適合したページの自動生成で 人的なタグミスを排除、見出しレベルの整合など構文の知識を要する部分も自動化 アクセシビリティガイドラインに即したページを、簡単に制作できる仕組みづくり ①テンプレートを選び 中身を修正する ②パーツを追加する ③パーツを非表示にする Page 17 © NEC Corporation 2013 ④ガイドラインに適 合したページの 自動生成 (見出しレベル順 など自動整合)
  • (参考)テンプレートとパーツの例 ▌テンプレートの例 ▌パーツの例 (約100種類用意) 見出し 日付+文書 囲みの画像+リンク Page 18 © NEC Corporation 2013
  • 2.アクセシビリティ教育 ▌グループ社員全体の意識底上げ、アクセシビリティの必要性を 実感できる教育のしくみづくり eラーニング(必須教育) NECグループの全社員を対象としたeラーニング 累計33,000名受講 アクセシビリティ対応の重要性や法令、 JIS規格について基本的な知識を教育 ▲教育用 教材コンテンツ アクセシビリティ基礎セミナーの開催 JIS X 8341-3やアクセシビリティに対する 基礎的な知識を修得することができる、 講習会、セミナーを開催 ▲セミナー形式でのアクセシビリティ教育の様子 アクセシビリティ体験ワークショップ 様々な疑似体験器具を身につけて、 高齢者や障がいのあるかたの 日常生活や商品の操作感を疑似体験 ▲アクセシビリティ体験ワークショップの様子 Page 19 © NEC Corporation 2013
  • 3.NECグループのウェブ運営体制 ▌NECグループ全体で迅速な情報共有と対応を実現する運営体制 アクセシビリティ推進部門 ウェブ活用推進連絡会 NECグループウェブ運営検討、実行体制 デザイン戦略部門 全社ウェブ事務局 ・全社ウェブ戦略策定 ・全社基盤運用 ・NECホームページ全体統括 ・全社連絡/通知 ・ガバナンス体制構築/維持 ・全社問合せ管理 アクセシビリティ 対応連携 ・全社デザイン戦略策定 ・ アクセシビリティ対応 指針の策定 アクセシビリティ専門家部門 ・アクセシビリティガイドライン内容検討 ・制作方法、試験方法の 検討と実施 事業部門 関係会社 ウェブ統括責任者 ウェブ統括責任者 ・担当製品/ソリューション/ サポート等のコンテンツ制作 ・自社ホームページの運営 グローバルヘルプデスク (シンガポール) ウェブ運用体制 Page 20 © NEC Corporation 2013
  • (参考)実感できる教育のしくみづくり ▌実感を伴ったアクセシビリティJIS対応のために NECデザイン&プロモーション デザイン事業本部 川嶋とサニーの活動 Page 21 © NEC Corporation 2013
  • (参考)実感できる教育のしくみづくり ▌実感を伴ったアクセシビリティJIS対応のために 自己紹介 障がいの程度 ・1974年生。先天の弱視 ・数年間に全盲状態となる ・アイメイト(盲導犬)のサニーとの生活は6年前から 担当業務 ・ウェブ読み上げのアクセシビリティチェック ・ハード・ソフトのアクセシビリティ評価 ・UDの社内啓発・情報収集・情報発信 NECデザイン&プロモーション デザイン事業本部 川嶋、サニー Page 22 © NEC Corporation 2013
  • Q: どんなオフィス生活? Page 23 NEC Group Internal Use Only
  • どんなオフィス生活? ▌通勤時やオフィス内の歩行 写真2:白杖での歩行 写真1:サニーとの歩行 Page 24 © NEC Corporation 2013 写真3:手引きでの歩行
  • どんなオフィス生活? ▌仕事環境 写真2:点字ディスプレイによる確認と入力を行うこともある 写真1:パソコン操作 通常は、キーボードによる操作・入力と、音声による読み上げ確認 写真3:携帯操作:音声による確認と入力 Page 25 © NEC Corporation 2013
  • どんなオフィス生活? ▌仕事をする上での様々な支援機器 写真1:文字コード読取機 Page 26 © NEC Corporation 2013 写真2:視覚障がい者用ICレコーダー
  • Q: Page 27 アクセシビリティJISなどの 標準化、規格の整備の必要性を 感じる場面は? NEC Group Internal Use Only
  • アクセシビリティJISなどの 標準化、規格の整備の必要性を感じる場面は? ① デバイス/OS/ブラウザなど様々なウェブ利用環境の利用 ② リッチメディアコンテンツの利用 ③ CMSの機能による、利用できないページの量産 ④ 情報の変化が激しい、ソーシャルメディアの利用 ▌ アクセシビリティJIS対応による効果  Page 28 多様なユーザーの社会参加を助け、社会問題の解決に貢献 © NEC Corporation 2013
  • Q: アクセシビリティの 教育を促進するには? Page 29 © NEC Corporation 2013
  • (参考)社内情報発信活動 ~グループ社員向けUDメール~ ▌活動の当初、アイメイトのサニー発信 のメルマガ「Sunny Side UD」 ▌効果:アクセシビリティの認知度向上 Page 30 © NEC Corporation 2013 ▌現在、UD/UCDメールでの 新しい技術を使ってみた所感や 面白いと思う技術の情報共有 ▌効果:新しい多様な視点の発見
  • アクセシビリティにまつわる最近の受賞歴 ▌企業ウェブグランプリ 浅川賞(アクセシビリティ賞) 2012年浅川賞特別賞 日本電気株式会社 宙(そら)への挑戦 http://jpn.nec.com/ad/cosmos/index.html コンテンツもテンプレートもチャレンジしている点を 評価を頂き、受賞しています。 2011年浅川賞特別賞 日本電気株式会社 CSRアニュアルレポート2011 http://www.nec.co.jp/csr/ja/report2011/index.html アクセシビリティに関し模範的な対応という点を 評価頂き受賞しています。 ※企業ウェブグランプリサイトより 浅川賞は、IBMフェロー浅川智恵子にちなんで創設されたサイトのアクセシビリティ品質を問う賞です。 視覚障害者による審査、選考委員による投票と 合議により、浅川賞が選出されています。 Page 31 © NEC Corporation 2013
  • まとめ ▌NECグループの目指す姿とアクセシビリティ NECグループ ビジョン2017 なぜ ”ウェブ”アクセシビリティに取り組んでいるのか? ▌NECのウェブアクセシビリティへの取り組み ウェブ技術動向と、アクセシビリティ/JIS対応への課題 NECのウェブ戦略とアクセシビリティへの取り組み ▌アクセシビリティJIS対応に向けて NECが考える取り組みのポイント 1.ガイドライン整備 2.アクセシビリティ教育 3.NECグループのウェブ運営体制 Page 32 © NEC Corporation 2013
  • 参考:NECのウェブアクセシビリティ対応サポート ▌NECのウェブサイトで実施しているアクセシビリティへの取組みは お客様向けのシステム構築にも提供しています。 1. アクセシビリティ対応 コンサルテーション 2. アクセシビリティ評価 3. アクセシビリティ対応 ウェブサイト/システム制作 ▲アクセシビリティへの対応支援・制作 (独立行政法人 高齢・障害者雇用支援機構 就労支援機器のページ) 4. アクセシビリティ教育 5. ユニバーサルデザイン モニターによる評価 ▲アクセシビリティに対応したウェブシステム制作 (自治体業務システム GPRIME) Page 33 © NEC Corporation 2013
  • 参考:NECのアクセシビリティ製品・ソリューション 人にやさしく、簡単かつスピーディー な議事録作成「VoiceGraphy」 2013年度グッドデザイン賞を受賞 http://www.nec.co.jp/soft/VoiceGraphy/index.html 「 WillCommunity2.0/CMS」 は、JIS X 8341-3に従ったチェック 機能を装備し、高齢者・障害者に配慮したコンテンツ構築をサポート するウェブサイトの構築・運営システム http://www.nec.co.jp/pfsoft/willcommunity/cms_top.html 「 VoiceGraphy 」の お客様導入事例をウェブサイトで ご覧頂くことができます。 http://www.nec.co.jp/soft/ VoiceGraphy/download.html Page 34 © NEC Corporation 2013 「 WillCommunity2.0/CMS」の お客様導入事例をウェブサイトで ご覧頂くことができます。 http://www.nec.co.jp/pfsoft/ willcommunity/download/ tobu-dept.pdf
  • NECのアクセシビリティに関するお問合せ先 NECデザイン&プロモーション 安 浩子 h-yasu@necdp.nec.co.jp 川嶋 一広 k-kawashima@necdp.nec.co.jp Page 35 © NEC Corporation 2013
  • Page 36 © NEC Corporation 2013
  • Page 37 © NEC Corporation 2013