VIOPS06: 災害発生!~通信キャリアの場合~

334 views

Published on

VIOPS06: 災害発生!~通信キャリアの場合~

丸紅アクセスソリューションズ株式会社
グローバルアクセス部門
小野寺智広

2011年7月22日(金曜日)10:00-18:00
VIOPS06 WORKSHOP
Virtualized Infrastructures Workshop [06]

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
334
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

VIOPS06: 災害発生!~通信キャリアの場合~

  1. 1. 災害発生!災害発生! ∼通信キャリアの場合∼通信キャリアの場合∼ 2011年7月22日 丸紅アクセスソリューションズ株式会社 グローバルアクセス部門 小野寺 智広 【VIOPS6発表資料】
  2. 2. 1 今回の地震の被害状況今回の地震の被害状況 停電(EG起動) 外壁が剥がれた 設備部門設備部門 保管装置の落下 測定器の落下 伝送部門伝送部門 比較的軽微な被害 ケーブル切断 線路部門線路部門 比較的な甚大な被害 2011/3/11 14時46分18秒に、東北地方を震源とし た大規模地震が発生しました。 BackHaul回線や、仙台方面 の回線を中心に、回線断が 発生!
  3. 3. 2 BackHaul回線とは BackHaul回線とは、国際専用線等において、国内側 の中継回線の事を言います。
  4. 4. 3 本復旧まで 他に空き芯線のあるケーブルはないか? 装置の収容変更はできるか? ケーブルの仮復旧優先(どんな方法でも) 本復旧 ※規模にもよるが、大体3∼6ヶ月後に、本復旧となる。
  5. 5. 4 今回の災害の特徴 1. 地震の影響により、現着時間の遅れ 2. 大津波警報の発令により、復旧作業が早急に開始 できず 3. 複数箇所で同時に芯線断が発生 4. ケーブルメーカや、伝送装置メーカの工場が被災 5. ガソリンの販売制限により、工事車輌を活用できず 6. 作業員が移動出来ない

×