VIOPS06: マルチコア時代にErlang/OTPが迫る発想の転換

383
-1

Published on

VIOPS06: マルチコア時代にErlang/OTPが迫る発想の転換

京都大学
力武健次


2011年7月22日(金曜日)10:00-18:00
VIOPS06 WORKSHOP
Virtualized Infrastructures Workshop [06]

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
383
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

VIOPS06: マルチコア時代にErlang/OTPが迫る発想の転換

  1. 1. Kenji Rikitake VIOPS06 1
  2. 2. Kenji Rikitake VIOPS06 2 ホストOS クライアント Yaws mnesia Erlang VM(BEAM) 他の BEAM CGI mnesia (HTTPサーバ) (KVS)
  3. 3. Kenji Rikitake VIOPS06 3 OSスレッド Erlangプロセス 起動時間 数十μ秒以上 1μ秒以下 排他制御 カーネルが関与 ユーザランドのみ 起動時スタック 数MB 数KB インスタンス数 数千 数十万
  4. 4. Kenji Rikitake VIOPS06 4 同時HTTPセッション数は Apacheは4000で落ちた Yawsは80000以上でも落ちない http://www.sics.se/~joe/apachevsyaws.html
  5. 5. Kenji Rikitake VIOPS06 5 CPU #1 CPU #2 CPU #N スケジューラ#1 スケジューラ#2 スケジューラ#N プロセス群 実行キュー
  6. 6. Kenji Rikitake VIOPS06 6

×