Your SlideShare is downloading. ×
UX TOKYOとワークショップ サード・プレイスとしての機能と役割
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

UX TOKYOとワークショップ サード・プレイスとしての機能と役割

2,579
views

Published on

Published in: Design

1 Comment
14 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total Views
2,579
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
26
Comments
1
Likes
14
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. UX TOKYOとワークショップ サード・プレイスとしての機能と役割 Yoshinori Wakizaka | 4th May 2012 at 情報デザインフォーラム
  • 2. Introduction Yoshinori Wakizaka Current Project Manager, Mobile Strategy Section Past Usability Engineer, Mobile phone R&D UCD Specialist, Design department Member of UX TOKYO yoshinori wakizaka @wackiesrock
  • 3. UX TOKYOについて
  • 4. UX TOKYOとは?•UXBCを前身とする実務家ネットワークのHUB twitter @uxtokyo facebook http://www.facebook.com/home.php?sk=group_123561481030446
  • 5. UX TOKYO are Toshiyuki Maeda Yohei Sakai Yoshinori Wakizaka @t_maeda @yhsk @wackiesrock Im in the behavior business./ UX Specialist / Service Planner 好 モバイル戦略課という部署でUI/ Lead User Researcher/University 物:テクノ / シンセ / ネコ / コー UXに関連づけて、雑用含めてい of Tokyo,iii,PSI/UXTokyo/岡山朝 ヒー / ガジェット / メディアアー ろいろやってます。ラバーズロッ 日/boxing/心→行動→習癖→品性/ ト / 未来を妄想 / 来世を瞑想 クとシティポップとhip hop的な 東京駅リニューアルしたい フィーリングが好きです。去年、 一児の父さんになりました。スカ バンドは現在休部中。
  • 6. UX TOKYOとは? 次代のより良いデジタルインフラ構築に貢献する知のネットワークを構築・活性化します。 UX Tokyo on website http://uxtokyo.org/ UX Tokyo on twitter @uxtokyo
  • 7. これまでの活動•書籍翻訳 •ワークショップ ne IP IP Do W W ・・・•勉強会主催•イベント出演etc...
  • 8. UX TOKYOのビジョン UXに関する知見・実践のプラットフォームとなる 実務家のネットワークとしてビジネス活動に貢献する 暗黙知 共同化 Socialization 表出化 Externalization 暗黙知に 形式知化による 基づいた理解 実践 方法論 他者との共有 フレームワーク 社会貢献 勉強会 UXBC 実践や体験に ワークショップ UX書籍の翻訳 ナレッジベース 基づいた理解 の活動 内面化 Internalization 結合化 Combination 形式知
  • 9. case: ストーリーテリングについて
  • 10. ストーリーテリングとは•元々は物語の形式でメッセージを伝えるための手法•出来事やアイディアを伝え、共感を得るための方法のひとつ•背後にある理由や動機、コンテクストを含めて伝えることができる•言葉やイメージ、サウンドなどいろんな手段を使って伝える ストーリー ストーリーテラー オーディエンス
  • 11. UXのためのストーリーテリング PROCESS OF STORYTELLING FOR USER EXPE ストーリーテリングのプロセスは、以下のように素材を揃える、ストーリを作る、使う、共有するといったフェーズに•ストーリーテリングをUXに活用するアプローチ リサーチ結果やデザインのインサイトを共有したり、 この本を最初から通して読むことをお勧めしますが、 新しいデザインアイデアを探索する際に役に立ちます。 以下のチャートから必要な箇所をピックアップして読み進める 揃える 集める ・ストーリーとは?     1章 ・ストーリーの効果     2章 ・ストーリーを聞く 3章 ・ストーリーの倫理    4章 ・ストーリーを集める 6章 ・UXプロセス (UCD)  5章 ・ストーリーを選択する 7章 作る ・オーディエンスへの配慮 12章 ・ストーリーをクラフトする 11章 ・ストーリーの構成を組み立てる 13章 改善する ・構成とプロットを作る 14章 繰り返しのループ 使う ・デザインアイデアを生み出す 8章 ・ストーリーで評価する 9章 共有する 再評価する ・ストーリーを共有する 10章 ・ストーリーの伝え方 15章 オーディエンスからのフィードバック
  • 12. UXストーリーのつくり方 ストーリーを ストーリーを ストーリーを 集める 選ぶ 紡ぐ Context ストーリー ストーリー Image Context Context Image 分類してまとめたストーリー Image Image ストーリー ストーリー UXチーム
  • 13. ストーリーを集める•ストーリーは聞くことからはじまるログをみる 聞く、観察する• サーチログ • ヒアリング• サーバログ   - ユーザー• オンラインフォーラム / コミュニテイ   - ビジネスステークホルダー• カスタマーサービスの記録   - 同僚• トレーニングとセールスデモの記録 • 観察• マーケティング部門 / 顧客満足度調査• ユーザビリティ調査ログ
  • 14. ストーリーを選ぶ•Juicyなストーリーを選ぶ 素材 選ぶ ストーリーボード Anecdote (ストーリーの断片) Anecdote UXストーリー (ストーリーの断片) P5 - ジミー デモグラフィックス 安心してオンラインバンキングを利用 ・20代中盤 することはできないが、オンラインショ Anecdote ・どこかの大学生 ・自宅でウェブを利用している ・造園家として働いている ップで買い物をするだろう。 スポーツの試合結果をみるためにウェ ブを利用する。 (ストーリーの断片) ホテルをオンラインで予約したことが ある。 新しいことはウェブで検索して調べる。 コメント、引用、 ・私はただ、 ストーリー  アップした時に、 ペルソナ これを自分のホームページとして使います。 そのページが表示されるからです。 何故ならウェブでサイン お気に入りのページ: ISP(ホームページ) ・ストーリー :彼の妹は、 インターネットで誤って自分が欲しいものとは別のものを ヤフー  買ってしまった。 この注文をキャンセルしようとしたが、 それはできなかった。 彼 ESPN  らは彼女の返品を受け付けようとはしなかった。 そこで彼女は、 最終的にその商 Travelocity and Expedia  品の代金をクレジットカードで支払った。 それは、 さほど高い買い物ではなかっ YouTube  たが、 家族は皆、 この悲惨な物語を彼女から聞かされている。 そして長い間、彼 WebMD  をオンラインから遠ざけている。 SportsAuthority ・試合結果を控えておくのに、 ESPNを使っている。友達は、 携帯電話にスコアを  送るのに 何か を使っていて、 ジミーもそれを使いたいと思っている。 ニーズ:慣れ親しんだサイトでする様に ・Youtubeが大好きで、友達と おばかな ビデオをたくさん見ている。 失敗すること を恐れないようにしたい
  • 15. ストーリーを紡ぐ•ストーリーはアネクドートと要素、構造から構成される アネクドート Anecdote Anecdote Anecdote(ストーリーの断片) (ストーリーの断片) (ストーリーの断片) (ストーリーの断片) 要素 Context Image 視点 コンテクスト キャラクター 心的イメージ 言葉遣い 構造 (パタン)
  • 16. ストーリーを紡ぐ•構造(パタン)にストーリーの要素を紡いでいく Anecdote構造 (ストーリーの断片) Context Image Image Anecdote (ストーリーの断片) Anecdote (ストーリーの断片)
  • 17. ストーリーの構造•英雄構造のプロット(あらすじ) 日常の世界 日常世界への帰還 冒険へのきっかけ 世界の境界線 目的の達成 はじまりと試練 冒険の世界 英雄的構造:英雄が旅に出て帰ってくる構造
  • 18. ストーリーの要素•視点:ストーリーが語られる視点•コンテクスト:環境、いつ?どこで?•キャラクター:どんな人が?•心的イメージ:ストーリーが喚起する視覚的イメージ•言葉遣い:キャラクターの言葉遣い、話のスタイル
  • 19. ストーリーにおけるコンテクスト•物理的コンテクスト  - 時刻、月/時期、物理的な場所、場所の広さ、大きさ•情緒的コンテクスト  - キャラクターの心の動き、嬉しい、悲しいなど•知覚的コンテクスト  - 臭い、味、音、質感•歴史的コンテクスト  - 歴史的な背景;携帯電話の無かった頃は∼•記憶コンテクスト  - 過去への個人的な結びつき
  • 20. UXストーリー(バスを待つ:英雄的構造)[アクションへの呼びかけ]氷雪の中で作業させられることほど気の滅入るものはありません。公共の交通機関を使うときは特にそうです。[拒絶]サンドラは毛布を頭までかぶって、病欠の電話をしようかどうかを考えていました。自分がどれだけ雪を好きじゃないかを考えながら、ラジオの広告を聞いていたのです。何十回も聞いたことがある広告でしたが、ちゃんと聞いたのはこれが初めてでした。[超自然的な]「RideFindがあれば」、「バスが今どこにいるのか、二度と考える必要はないでしょう。」と、広告は説明していました。[冒険を受け入れる]「そうよ」、彼女は思った。「これを試す時がきたんだわ。」 [儀式と試練]一時間後、彼女は起き上がり、着替えて出発の準備をしました。[試練]外に出ると、彼女の家の玄関の両側に雪がかき分けられ、山のように積上っていました。 [試練]歩道を歩いていると、地面が凍っているせいで滑って転んでしまいました。彼女は地面に尻 をつきながら、玄関を物欲しそうに眺めて思いました。今なら無事に家に帰って、病欠の電話ができるのです。[試練]彼女は立ち直りながら、1台のバスがゆっくりと通り過ぎて行くのを見ました。彼女が乗る路線のバスでしょうか?それとも違うバスでしょうか?これは、RideFindの番号を試すのにちょうどよいタイミングに思えました。[試練]彼女はバス停の標識があるポールの前に滑り込み、標識から雪を払って、ラジオ広告が言う通りに停留所の番号を見つけました。[目標の達成]そこで彼女は携帯を取り出しました。そして、手袋を外しました。番号を打って…返事が来るのを待ちます。この時もしバスが15分以上来なかったら、引き返して家に帰っていたでしょう。数秒後、さっそく返信が来ました。[帰還(暗黙的)]バスはあと10分で到着するそうです。 [知識を利用する]彼女が待っている間に他にも人が来たので、サンドラはよい知らせを教えてあげました。[解決]その朝、二人とも無事仕事に間に合いました。
  • 21. UX TOKYOのワークショップ
  • 22. これまでの活動•実施済み1st:第5回Web UX研究会2nd:千葉工大 山崎研究室勉強会3rd:HCD-net教育セミナー•未実施4th:DevLOVE
  • 23. UX TOKYOのワークショップ•翻訳した書籍の手法を実践 •ワークショップは実践の場 •インプットした知見を消化してアウトプットに変える•新しいことに挑戦する
  • 24. アジェンダのパタン•プレゼンテーション:基本内容のインプット•ワークショップ:インプットした内容の実践•ディスカッション:省察、振り返り
  • 25. WSのゴール•頭で理解したことの実践•新しい手法の習得•次回に繋がる課題の抽出
  • 26. 1st:第5回Web UX研究会•ストーリーのつくりかた、ストーリーテリングを実践 ストーリーをつくる 集める 選ぶ 紡ぐ
  • 27. 2nd: 千葉工大 山崎研究室勉強会•ストーリーテリングをデザイン発想に応用 アイディアを ストーリーをつくる 発想する 集める 選ぶ 紡ぐ コンセプト シナリオ
  • 28. 3rd: HCD-net教育セミナー•フレームワーク”経験プロット”を使ったストーリー構築 アイディアを ストーリーをつくる 発想する 集める 選ぶ 紡ぐ コンセプト シナリオ フレームワーク
  • 29. 経験プロットによるUXストーリー作成 アネクドート アネクドート アネクドート 要素 要素 アネクドート 要素 要素 アネクドート構造 アネクドート アネクドート アネクドート アネクドート 要素を追加する 4 1 アネクドート(ストーリーの断片)を集める ストーリーのプロットをつくる 3 2 アネクドートを選別する アネクドート アネクドート アネクドート アネクドート アネクドート構造 アネクドート アネクドート アネクドート アネクドート
  • 30. 4th:DevLOVE ワークショップ•技術仕様のためのUXストーリーとワイヤフレーム アイディアを アイディアを ストーリーをつくる 発想する かたちにする 集める 選ぶ 紡ぐ コンセプト シナリオ 技術仕様 WF フレームワーク
  • 31. Lessons learnt•回を重ねるごとにブラッシュアップ •ストーリーをつくる・語る •ストーリーからデザインを考案する •フレームワークを適用する •技術仕様を作成する•手法を確立して、実務レベルで活用できる様にする
  • 32. WSを通じた経験の蓄積•新しいことにトライアルする•経験に基づいた改善•業務への応用 技術仕様への応用 フレームワーク デザイン発想 ストーリーテリング
  • 33. サードプレイスとしての役割と機能•UX領域の知のプラットフォームとして •体験的学習の場 •同じ興味を持つ人の出会いの場 •新しい手法へのトライアル装置
  • 34. サードプレイスとしての役割と機能 企業 大学 実務 授業・研究 コミュニティ トライアル
  • 35. ストーリーテリングPJでの成果•書籍の中の形式知をワークショップにより実践•実践により得られた暗黙知をフレームワーク化 暗黙知 共同化 Socialization 表出化 Externalization 暗黙知に 形式知化による 基づいた理解 実践 方法論 他者との共有 フレームワーク 社会貢献 勉強会 UXBC 実践や体験に ワークショップ UX書籍の翻訳 ナレッジベース 基づいた理解 の活動 内面化 Internalization 結合化 Combination 形式知
  • 36. twitter@uxtokyofacebook uxtokyo

×