ニッチSNS創出の論点
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

ニッチSNS創出の論点

on

  • 3,436 views

「Facebook疲れ」は実際に起こっているのでしょうか?ニッチSNSの可能性について考えてみました→ http://www.archetype.co.jp/blog/2012/06/niche-sns.html

「Facebook疲れ」は実際に起こっているのでしょうか?ニッチSNSの可能性について考えてみました→ http://www.archetype.co.jp/blog/2012/06/niche-sns.html

Statistics

Views

Total Views
3,436
Views on SlideShare
1,982
Embed Views
1,454

Actions

Likes
4
Downloads
13
Comments
0

3 Embeds 1,454

http://www.archetype.co.jp 1448
http://webcache.googleusercontent.com 5
http://translate.googleusercontent.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

ニッチSNS創出の論点 ニッチSNS創出の論点 Presentation Transcript

  • ニッチSNS創出の論点「Facebook疲れ」は本当か?1人4SNS時代のビジネスチャンスJune 14, 2012 Archetype* 内海 雄介
  • CONFIDENTIAL目次•  国内のSNS利用動向•  「Facebook疲れ」に関する考察•  ニッチSNSというビジネスチャンスJune, 2012 2 Copyright © 2012 Archetype Corporation.. All Rights Reserved.
  • CONFIDENTIAL ソーシャルメディアの浸透状況 各種ソーシャルメディアの中でも、Facebookはこの1年で倍以上の人数まで浸透が進んでいる。その伸 びも30代後半から50代前半までの世代が牽引しており、世代を問わないメディアになりつつある ソーシャルメディアのPC訪問者数 国内Facebookユーザーの年齢別分布(百万人) 18 100% 1 1 A 65- 2 55-64 3 6 15.5 Facebook 10 45-5416 15.0 14.7 14.5 14.9 14.4 14.6 14.9 13.5 13.6 13.4 19 14.9 14.7 80%14 13.2 14.0 14.0 23 35-44 13.5 Twitter 13.112 12.9 11.3 11.3 12.5 13.0 12.5 12.4 10.8 60% 9.510 8.7 8.2 42 8 25-34 6.9 36 8.4 8.1 8.0 40% 7.7 7.4 6 6.8 mixi 4 20% 28 18-24 23 2 2 16-17 0 2 2 13-15 0% 1 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 2011年3月 2012年2月 2011年 2012年 注:2011年9月まではmixiの推定訪問者数に外部サイトで「イイネ!」ボタンが表示されたユーザーも含まれていた。それに対して2011年10月以降は、その数値を除外している 出所:ニールセン、Socialbakers June, 2012 3 Copyright © 2012 Archetype Corporation.. All Rights Reserved.
  • CONFIDENTIAL 主要企業のソーシャルメディアの取り組み状況 同時に、Facebookを活用する企業は続々と増えている。特にこの1年で、企業のFacebookページに 「いいね!」数は飛躍的に増加し、Twitterの水準を大きく上回っている 主要企業/ブランドのFacebook「いいね!」数 主要企業/ブランドのTwitterフォロワー数 いいね!数 いいね!数 フォロワー数 フォロワー数 企業名 企業名 (2011.1) (2012.3) (2011.1) (2012.3) 593,686 169,805 ファーストリテイリング 14,714 モスフードサービス 179,652 (40倍) (-5%) 513,402 169,332 良品計画 13,381 ファーストリテイリング 153,339 (38倍) (+5%) 276,360 163,424 楽天 12,418 良品計画 124,444 (22倍) (+31%) 295,661 107,852 ローソン 4,339 カカクコム 112,108 (68倍) (-4%) 101,044 ヴィレッジヴァンガード 82,449 TBS 3,442 79,532 (29倍) コーポレーション (+4%) 539,155 全日本空輸 2,365 ローソン 73,959 151,645 (228倍) ヤフー 1,525 76,600 楽天 61,539 110,226 プロトコーポレーション 1,030 10,043 オールアバウト 59,901 60,670 日産自動車 547 2,623 ダイキン工業 51,810 46,940 アイティメディア 540 6,578 ファミリーマート 28,818 35,794出所:日経デジタルマーケティング June, 2012 4 Copyright © 2012 Archetype Corporation.. All Rights Reserved.
  • CONFIDENTIAL [参考]: 各メディアの属性比較(2012年1月, Win PCのアクセス状況) 他メディアと比較したFacebook利用者の人物像は、男性が多く、年代/年収が相対的に高い 性別分布 年齢分布100% 100% 20 28 32 50代- 80% 40 39 女性 80% 48 22 60% 60% 24 26 40代 28 40% 40% 23 60 61 男性 22 52 30代 20% 20% 24 15 14 20代 7 10 5 10代 0% 0% mixi Twitter Facebook mixi Twitter Facebook 職業分布 世帯年収分布100% 2 1 2 100% 7 7 6 9 10 10 無回答 無回答 その他 10 12 14 12 15 10 1000万円- 80% 学生 80% 12 主婦 19 20 15 12 21 700-1000万円 60% 60% 22 23 24 500-700万円 40% 40% 62 62 66 職業人 26 24 22 300-500万円 20% 20% 16 13 13 300万円未満 0% 0% mixi Twitter Facebook mixi Twitter Facebook注:データはWindows PCの月間アクティブ会員のみのデータであり、フィーチャーフォンやスマートフォンからのアクセスを含んでいない。前頁のデータとは前提が異なる出所:ネットレイティングス June, 2012 5 Copyright © 2012 Archetype Corporation.. All Rights Reserved.
  • CONFIDENTIAL目次•  国内のSNS利用動向•  「Facebook疲れ」に関する考察•  ニッチSNSというビジネスチャンスJune, 2012 6 Copyright © 2012 Archetype Corporation.. All Rights Reserved.
  • CONFIDENTIAL 世界のFacebookの浸透状況 Facebookユーザーは世界のネット利用者の過半数を超えて浸透しており、その水準は継続している。最 大の80%を超える浸透率を誇る北米でも増加傾向にある (%) 世界の地域別Facebookの市場浸透率 米国のユーザー 100.0 は1億5千万人 (2012年5月時点) 82.9 81.4 北米 80.0 67.6 64.0 63.6 ヨーロッパ 60.0 全世界平均 45.2 55.0 50.0 40.0 35.9 38.3 25.3 26.0 アジア・パシフィック 22.0 20.0 25.2 9.9 20.9 12.0 18.2 9.3 0.0 4.4 2007.12 2008.12 2009.12 2010.12 2011.12注:市場浸透率は15歳以上の自宅、または職場でのPC利用者を対象にしている出所:comScore June, 2012 7 Copyright © 2012 Archetype Corporation.. All Rights Reserved.
  • CONFIDENTIAL ソーシャルメディアの滞在時間 Facebookの滞在時間シェアがここ数年で急速に伸びており、ソーシャルメディアの中では圧倒的 米国におけるFacebook、その他SNSのネット滞在時間シェアの推移 (2008年1月-2011年12月) その他ソーシャルメディア Facebook出所:comScore June, 2012 8 Copyright © 2012 Archetype Corporation.. All Rights Reserved.
  • CONFIDENTIAL アクティブユーザーの行動比較 アクティブユーザーあたりの滞在時間もFacebookは他のメディアを大きく上回っており、またその水準 はここ1∼2年で伸びている。Facebookに「疲れる」どころか、むしろ接触は強まっていると言える 主要ソーシャルメディアの月間滞在時間 Facebookの月間滞在時間推移 (2011年12月) (分) (時間) 0 100 200 300 400 500 8.0 7.4Facebook 441 6.3 Tumblr 151 6.0Pinterest 80 4.6 4.0 Twitter 25 LinkedIn 15 2.0 Myspace 13 Google+ 5 0.0 2010.6 2011.6 2011.12出所:comScore、ITmedia June, 2012 9 Copyright © 2012 Archetype Corporation.. All Rights Reserved.
  • position with just over 24 million visitors, though a couple CONFIDENTIAL of upstarts are beginning to nip at its heels. 「その他ソーシャルメディア」のユニークビジター数推移 コンセプトがFacebookに近しいMySpaceのユーザー数が急激に減少する一方で、他のサービスはユー ザー数を伸ばしている Visitors (000) to Selected Social Networking Sites Source: comScore Media Metrix, Dec-2010 to Dec-2011, U.S. 米国における「その他ソーシャルメディア」ユニークビジター数推移 (千人) (2010年12月-2011年12月) 60,000 50,000 40,000 AMJJASOND Twitter 2011 LinkedIn 30,000 TES MySpace Google+ 20,000 which filed Tumblrors despite Facebook 10,000 rnet users. Pinterestnot in user 0umped 32 DEC JAN FEB MAR APR MAY JUN JUL AUG SEP OCT NOV DEC 2010 2011visitor inent of all TWITTER.COM LINKEDIN.COM MYSPACEws. 出所:comScore June, 2012 GOOGLE PLUS TUMBLR.COM 10 PINTEREST.COM Copyright © 2012 Archetype Corporation.. All Rights Reserved.
  • CONFIDENTIAL目次•  国内のSNS利用動向•  「Facebook疲れ」に関する考察•  ニッチSNSというビジネスチャンスJune, 2012 11 Copyright © 2012 Archetype Corporation.. All Rights Reserved.
  • CONFIDENTIAL SNS利用行動の変化 国内におけるSNSの利用者数は今後も増加が見込まれている。また、それ以上にユーザーあたりの登録 SNS数も増加し、1人が4つ程度のSNSを利用すると見られている (百万人) 国内SNS利用動向 30,000 25,636 25,000 22,580 SNS登録者数 19,323 20,000 15,715 SNS利用者数 15,000 11,233 10,000 7,808 5,234 5,643 4,289 4,784 5,000 2,978 3,671 0 2009年末 2010年末 2011年末 2012年末 2013年末 2014年末 1人あたりの (予測) (予測) (予測) 利用数が 利用者あたり 伸びている 2.6 3.1 3.7 4.0 4.3 4.5 登録SNS数注:SNS登録総数は複数のSNSへの重複登録を含む。SNS利用者数は重複登録分を除いたもの。SNS利用率はネット利用人口(2011年末9,510万人)に対するSNS利用者の割合。出所:ICT総研 June, 2012 12 Copyright © 2012 Archetype Corporation.. All Rights Reserved.
  • CONFIDENTIAL ニッチSNS創出の論点 1人あたり4つのSNSを利用する時代(残り3枠)に向け、Facebookの発展を睨みつつ、Facebookがカ バーしにくい人間関係やテーマ、その場に適したコミュニケーション手段を提供することが重要 SNSサービスの俯瞰図とFacebookの今後の方向性(仮説) 特定領域の専門性の高いテーマ Facebookが埋められない(又は薄くなる) スペースは減りつつあるが、確かに存在する 論点:「3枠」を埋めるには... ディスカッション目的のページ 情報の出し分け..etc •  「友人関係」と相関の低いテーマは? •  Facebookではサポートしにくい人間 何を? 関係をどのように切り取るか? (家族?地域?リアルタイムイベント?等) •  そこに適したコミュニケーションをど のようにデザインするか? Facebook ...テーマや関係性を規定しないSNSは グループの簡素化 Facebookに吸収される可能性が高い 子供対応...etc日常の雑多な情報 オープン 誰と? プライベート June, 2012 13 Copyright © 2012 Archetype Corporation.. All Rights Reserved.
  • CONFIDENTIALニッチSNS検討のチェックポイント企画検討時にはFacebookとの従属性や重複度合い、前提となる絶対需要の見極めが重要。それらの評価次第でサービス展開の方向性は異なる 検討時のチェックポイント 課題がある場合の対応方針1 Facebook従属性 Facebookアドオン Facebook空間 •  新しいSNSとして展開していくのは難しい可能性が高い課題:設定したテーマがFacebook上で共有さ •  そのため、Facebook上のサービスとしての展開(アプリやれても全く問題がない場合、新しいサー ページ)を検討する必要があるビスを利用する動機づけがなされない •  但し、ITリテラシーが高い層は、このようなサービスを過 小評価する可能性があるので、ヒアリング時には要注意 設定テーマ (ユーザーテストは幅広い層の意見を聞くべき)2 Facebook重複比率 Facebook空間 オープン型コンテンツ課題: •  “Nice to Have”じゃないか?という冷静な視点が重要Facebookでは共有できない話題もあるので、サービス検討に着手するが、よく •  Facebookにはない新しい価値、趣味を共有する他人とのよく考えてみると、結構重複している 結びつきを支援する仕組みを強化するケース。全てが満たされている訳ではな (ランキングやQ&A等のコンテンツや仕掛け)いが、Facebookで最低限満足している 設定テーマ •  Facebookにない価値を提供できれば、Facebook上の口 コミ効果を活用した集客で、ユーザーの確保もスムーズに 進む可能性も高い3 絶対需要 テーマの再定義 Facebook空間 •  Facebookとの住み分けが出来ていても、盛り上がるコ課題: ミュニティを形成するに十分なユーザーを確保出来ない可Facebook上のネットワークとは共有で 能性が高いため、まずは潜在的なユーザー数の確認が必要きない趣味やテーマを持っているが、テーマとして括るには小さ過ぎて、集客 •  一定の需要があっても、バイラルを軸にした集客が期待でにも苦労し、場が盛り上がらない きないことにより、ユーザーの確保も困難 設定テーマ •  基本的にはテーマの再検討が求められる June, 2012 14 Copyright © 2012 Archetype Corporation.. All Rights Reserved.
  • CONFIDENTIALニッチSNSの類型趣味嗜好、あるいは関係性を独自の視点で切り取るSNS(コミュニティ含む)が台頭し始めている 趣味・嗜好 関係性 (家庭菜園) (グルメ・レストラン) (親友) (家族) 普遍的/母集団が増えているテーマ より狭く、深い関係性へ (ランニング) (ファッション) (近隣住民) (恋人・カップル)「友人」よりも経験者と共有したい好きなこと Facebookでは共有できない(しにくい)本音June, 2012 15 Copyright © 2012 Archetype Corporation.. All Rights Reserved.
  • CONFIDENTIAL ニッチSNSの事例(1):テーマ特化型 訪問した店舗への感想を投稿でき、嗜好の近いユーザーをフォローする、そして好みの店が見つけられる という飲食店情報を軸にしたSNSも浸透し始めている 特化型SNSの例:Retty 「"自分のお気に入り飲食店"と"食の好みが合う人のオススメ飲食店"が簡単に 記録できる」 気になる投稿に行きたいボタンを押すだけで、あなただけの行きたいお店リアプリ説明 ストを作成できます。行きたいお店リストは、お店の位置によってエリア別 に自動で登録され、お店の電話番号や場所もすぐに確認できるとても便利な ものになります。マップ表示機能を使えば、行きたいお店の場所をマップ上 に表示させることもできます。公開日 2011年10月にサービスを本格開始対応OS iOS、Android価格 無料 2011年5月のベータ版では1万3000人のユーザーを獲得、2012年4月には5ユーザー数 万2000人に達した。年内に100万人規模を目指す。運営 レッティ(東京、港区)最近の動向 収益モデルは店舗向けの有料サービスを構想中出所:App Store、日経産業新聞、Venture Now June, 2012 16 Copyright © 2012 Archetype Corporation.. All Rights Reserved.
  • CONFIDENTIAL ニッチSNSの事例(2):クローズな人間関係 TwitterやFacebookといったオープンで大規模な繋がりをメインにしたものとは対照的に、家族やごく 身近な友人とだけ情報を共有するクローズドなSNSは着実にユーザー数を伸ばしている クローズドSNSの例:Path “Pathは愛する人にあなたの生活を共有するための新しい形の日記です。考 えや聴 いている音楽、今いる場所、今一緒にいる人、起床時間、就寝時間、 高画質の 写真やビデオなどをPathに記録し、友だちに共有できます。アプリ説明 Twitter、 Facebook、Foursquare、 Tumblrなどでコンテンツを公開した い場合はPathから 簡単に共有することができます。” 友人の数は150人までに限られている公開日 2011年12月にサービスを大幅刷新対応OS iOS、Android価格 無料 2012年12月の刷新後2ヵ月で200万ユーザー達成、投稿は5000万件にのぼユーザー数 り、70%のユーザーが翌週も再訪する運営 Path Inc.(米国、サンフランシスコ) 2.1版(2012年3月)より「Nike+」サービスと連携し、ユーザーが毎日のラ最近の動向 ンニングルートを記録し、友人と共有したりコメントしあったりできるよう になった出所:App Store、TechCrunch、Wired、Simply Zesty June, 2012 17 Copyright © 2012 Archetype Corporation.. All Rights Reserved.
  • CONFIDENTIALアーキタイプ社についてアーキタイプは、インキュベーションとコンサルティングの2つの顔を併せ持つ会社です。若い企業の創業と、既存企業内のネット事業展開を、強力にバックアップします ■アーキタイプのFacebookページ スマートフォンやソーシャルメディア関連から、支援先企業のサービス/技術紹介まで、随時情報発信しています https://www.facebook.com/archetype.jpJune, 2012 18 Copyright © 2012 Archetype Corporation.. All Rights Reserved.