Webサーバ勉強会_#1_108-114:ログとか

1,674 views
1,613 views

Published on

こんな資料をuploadして良いのか!?

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,674
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
6
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Webサーバ勉強会_#1_108-114:ログとか

  1. 1. Webサーバ勉強会 #1 108-114:ログとか 2010/11/02 宇津井 大 utsui@gmo-media.jp Twitter : utsuidai
  2. 2. ErrorLog 108 ErrorLog logs/error_log エラーログ出力する方法・場所 説明: サーバがエラーをログ収集する場所 構文: ErrorLog file-path|syslog[:facility] デフォルト: ErrorLog logs/error_log (Unix) ErrorLog logs/error.log (Windows and OS/2) コンテキスト: サーバ設定ファイル, バーチャルホスト <出力例> [Tue Nov 02 15:10:15 2010] [notice] suEXEC mechanism enabled (wrapper: /usr/sbin/suexec) [Tue Nov 02 15:10:15 2010] [notice] Digest: generating secret for digest authentication ... [Tue Nov 02 15:10:15 2010] [notice] Digest: done [Tue Nov 02 15:10:15 2010] [notice] Apache/2.2.3 (CentOS) configured -- resuming normal operations http://httpd.apache.org/docs/2.2/ja/logs.html
  3. 3. LogLevel 109 LogLevel warn LogLevelを設定 説明: ErrorLog の冗長性を制御する 構文: LogLevel level デフォルト: LogLevel warn コンテキスト: サーバ設定ファイル, バーチャルホスト warn 警告 child process 1234 did not exit, sending another SIGHUP (子プロセス 1234 が終了しなかった。もう一度 SIGHUP を送る) Apache docsによると推奨はcrit以上。 http://httpd.apache.org/docs/2.2/ja/mod/core.html#loglevel
  4. 4. LogFormat 110 LogFormat "%h %l %u %t ¥"%r¥" %>s %b ¥"%{Referer}i¥" ¥"%{User-Agent}i¥"" combined Logの書式を「combined」という名前で定義 %h リモートホスト %l (identd からもし提供されていれば) リモートログ名。 %u リモートユーザ %t リクエストを受付けた時刻。 CLF の時刻の書式 (標準の英語の書式) %r リクエストの最初の行 %>s リクエストの最後のステータスコード %b レスポンスのバイト数。HTTP ヘッダは除く。 %{Foobar}i サーバに送られたリクエストの Foobar: ヘッダの内容 127.0.0.1 - - [02/Nov/2010:14:45:28 +0900] "GET /" 200 10088 "http://exsample.com/" "Mozilla/5.0 (iPhone; U; CPU iPhone OS 4_1 like Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/532.9 (KHTML, like Gecko) Version/4.0.5 Mobile/8B117 Safari/6531.22.7" http://httpd.apache.org/docs/2.2/ja/mod/mod_log_config.html#formats
  5. 5. LogFormat 111 LogFormat "%h %l %u %t ¥"%r¥" %>s %b" common Logの書式を「common」という名前で定義 %h リモートホスト %l (identd からもし提供されていれば) リモートログ名。 %u リモートユーザ %t リクエストを受付けた時刻。 CLF の時刻の書式 (標準の英語の書式) %r リクエストの最初の行 %>s リクエストの最後のステータスコード %b レスポンスのバイト数。HTTP ヘッダは除く。 127.0.0.1 - - [02/Nov/2010:14:45:28 +0900] "GET /" 200 10088
  6. 6. LogFormat 112 LogFormat "%{Referer}i -> %U" referer Logの書式を「referer」という名前で定義 %{Foobar}i サーバに送られたリクエストの Foobar: ヘッダの内容 -> “->” %U リクエストされた URL パス。クエリ文字列は含まない - -> / http://dev-personal-01/ -> /icons/apache_pb.gif http://dev-personal-01/ -> /icons/powered_by_rh.png
  7. 7. LogFormat 113 LogFormat "%{User-agent}i" agent Logの書式を「agent」という名前で定義 %{Foobar}i サーバに送られたリクエストの Foobar: ヘッダの内容 Wget/1.11.4 Red Hat modified Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/534.7 (KHTML, like Gecko) Chrome/7.0.517.41 Safari/534.7
  8. 8. CustomLog 114 CustomLog logs/access_log combined ログファイルの名前と書式を設定。 説明: ログファイルの名前と書式を設定する 構文: CustomLog file|pipe format|nickname [env=[!]environment-variable] コンテキスト: サーバ設定ファイル, バーチャルホスト ステータス: Base モジュール: mod_log_config logs/access_log (ServerRootからの相対パス)というファイル名でcombined形式でロ グ保存される

×