GMO Media,IncDevOps of own waydevopsdays Tokyo 2012                 Dai Utsui                 utsui@gmo-media.jp          ...
会場案内
目次■はじめに■宣伝■GMOメディアのDevOps活動
はじめに宣伝
自己紹介名前      : 宇津井 大(うつい だい)Twitter : @utsuidaiLinkedin : http://www.linkedin.com/pub/dai-utsui/21/348/547職業       : オペレーショ...
GMOインターネットグループ          WEBインフラ・EC事業       インターネットメディア事業                   インターネット証券事業     2位 セキュリティ      1位決済1位 EC支援     ...
会社概要       メディア事業            デジタルコンテンツ提供事業  • 楽しく便利な情報を提供するサイ     • コンテンツプロバイダーとして、壁    トや、ブログ・SNSなどのコミュニ     紙画像や着メロなど様々な...
企業理念
沿革            • インターネット広告および情報提供サービス事業を主力としたアイ・ウェブ・テ 2000年10月     クノロジー・ジャパン株式会社(現GMOメディア株式会社)を設立            • 商号をユーキャストコミ...
福利厚生プロジェクト http://www.gmo.jp/info/welfare/
GMOすごいエンジニア支援制度 http://www.gmo.jp/info/support/                                   13
採用http://recruit.gmo.jp/engineer/http://ir.gmocloud.com/recruit/http://gmo-media.jp/recruit/
GMOメディアのDevOps活動
DevOpsって何? 2010.05                     • より戦略的でアジャイル                       な、そして自動化された                       アプローチへの転換を   ...
ウェブオペレーション本 2011.05                      • オペレーションエンジニアと                        いう新しい職種                      • 抱えていることはど  ...
DevOpsカンファレンス 2011.06                        • 開発・運用の実態は各社                          様々なビジョンの元創意工                          ...
DevOps 委員会発足 2011.10 • ビジネスゴールの実現を目指し有志15名程度で構   成(エンジニア総数は約50名)    – 大部分のマネージャと、多くのエンジニアが参加 • 現状を打破して理想のエンジニアリング環境を自分   た...
会社の価値を高める活動• ビジネスを実現するアプローチは大きく2種類 問題解決型                ビジョン提案型 • 特定の問題を解決するのに適して    • 今までに無いものを作る事に適して   いる              ...
ビジョンと話し合った内容        お互いの        意識を統         一!                      組織と役    業務                       割      改善ビジネス   速い開発...
DevOpsの活動で重要なこと • 尊敬と信頼   – 良い成果を出すには、まずはお互いを知る     • 約2ヵ月かけて延々と自己紹介 • 主体性   – ☓ トップダウン   – ☓ ボトムアップ   – ○ トップの理解と大多数の理解 •...
DevOpsの活動で決まった事 • 組織と役割の見直し   – 1つの組織で生産性を最大限に高める     • DevとOpsの関係性に組織は本来関係しないが・・・     • DevとOpsの3部門が部署統合     • 新規開発は既存とは別...
続きは OpenSpaceで
Gmo media.inc dev ops of own way
Gmo media.inc dev ops of own way
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Gmo media.inc dev ops of own way

1,133 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,133
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
7
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Gmo media.inc dev ops of own way

  1. 1. GMO Media,IncDevOps of own waydevopsdays Tokyo 2012 Dai Utsui utsui@gmo-media.jp 2012/5/26
  2. 2. 会場案内
  3. 3. 目次■はじめに■宣伝■GMOメディアのDevOps活動
  4. 4. はじめに宣伝
  5. 5. 自己紹介名前 : 宇津井 大(うつい だい)Twitter : @utsuidaiLinkedin : http://www.linkedin.com/pub/dai-utsui/21/348/547職業 : オペレーションエンジニア @ GMO-Media.Inc趣味 : サーフィンとお酒と勉強会巡り。自宅サーバー : 1台のみ!Im sorry, this presentation is made in Japanese.
  6. 6. GMOインターネットグループ WEBインフラ・EC事業 インターネットメディア事業 インターネット証券事業 2位 セキュリティ 1位決済1位 EC支援 2,755万視聴者 2位FX取引 3位 株式取引 375万顧客(12月末) 1,150万ライブプラグイン 20万口座 12万口座1位 サーバー (6,500万累計配布) 1位 ドメイン アクセス ネット広告 リサーチ 「人財・技術」 「資金」 スマートフォン ソーシャルアプリ 技術力・営業力 ゲームプラットフォーム テクノロジー サーバー運用ノウハウ 共同マーケティング 4位クーポン ソーシャル・スマートフォン関連事業
  7. 7. 会社概要 メディア事業 デジタルコンテンツ提供事業 • 楽しく便利な情報を提供するサイ • コンテンツプロバイダーとして、壁 トや、ブログ・SNSなどのコミュニ 紙画像や着メロなど様々なコンテ ティサービスを運営する事業です。 ンツを制作・収集し、お客様に提供 • スポンサー企業様からの広告をお する事業です。 届けする無料サービスと、月額課 • スポンサー企業様からの広告をお 金制のサービスがあり、現在、P 届けする無料サービスと、月額課 C・携帯併せて10サイト以上の 金制のサービスがあり、現在、P サービスを提供しています。 C・携帯併せて30サイト以上の サービスを提供しています。
  8. 8. 企業理念
  9. 9. 沿革 • インターネット広告および情報提供サービス事業を主力としたアイ・ウェブ・テ 2000年10月 クノロジー・ジャパン株式会社(現GMOメディア株式会社)を設立 • 商号をユーキャストコミュニケーションズ株式会社に変更 2002年5月 • 本店の所在地を東京都渋谷区に移転 • 壁紙ドットコム株式会社と合併し、GMOモバイルアンドデスクトップ株式会社 2004年3月 が発足 • GMOメディアアンドソリューションズ株式会社のメディア事業・EC事業と統合 2005年5月 し、商号をGMOメディア株式会社に変更 • GMOメディアホールディングス株式会社から「ヤプログ!」事業を会社分割に 2007年8月 より承継 • GMOティーカップ・コミュニケーション株式会社を吸収合併 2009年4月
  10. 10. 福利厚生プロジェクト http://www.gmo.jp/info/welfare/
  11. 11. GMOすごいエンジニア支援制度 http://www.gmo.jp/info/support/ 13
  12. 12. 採用http://recruit.gmo.jp/engineer/http://ir.gmocloud.com/recruit/http://gmo-media.jp/recruit/
  13. 13. GMOメディアのDevOps活動
  14. 14. DevOpsって何? 2010.05 • より戦略的でアジャイル な、そして自動化された アプローチへの転換を 表現した言葉 • ツールと文化 • DevとOpsが絡むのは プロビジョニングとモニ タリング • 抱えていることはどこも 一緒?
  15. 15. ウェブオペレーション本 2011.05 • オペレーションエンジニアと いう新しい職種 • 抱えていることはど こも一緒
  16. 16. DevOpsカンファレンス 2011.06 • 開発・運用の実態は各社 様々なビジョンの元創意工 夫している • 抱えていることは どこも一緒!
  17. 17. DevOps 委員会発足 2011.10 • ビジネスゴールの実現を目指し有志15名程度で構 成(エンジニア総数は約50名) – 大部分のマネージャと、多くのエンジニアが参加 • 現状を打破して理想のエンジニアリング環境を自分 たちの手で構築する!
  18. 18. 会社の価値を高める活動• ビジネスを実現するアプローチは大きく2種類 問題解決型 ビジョン提案型 • 特定の問題を解決するのに適して • 今までに無いものを作る事に適して いる いる • 具体案に落ちやすいのでプロジェ • 具体性に欠けるので議論が進んで クトが進んでいるように感じられる いないという不安に煽られがち • 問題にフォーカスされ場が殺伐とし • 議論が前向きになる がち
  19. 19. ビジョンと話し合った内容 お互いの 意識を統 一! 組織と役 業務 割 改善ビジネス 速い開発 信頼し尊スキルを 敬しあう高める 最強運用 コミュニ 約束を守 ケーション る お互いの 技術力を 高める
  20. 20. DevOpsの活動で重要なこと • 尊敬と信頼 – 良い成果を出すには、まずはお互いを知る • 約2ヵ月かけて延々と自己紹介 • 主体性 – ☓ トップダウン – ☓ ボトムアップ – ○ トップの理解と大多数の理解 • 納得感 – 同意と合意の違い • 継続性 – 終わりは無い
  21. 21. DevOpsの活動で決まった事 • 組織と役割の見直し – 1つの組織で生産性を最大限に高める • DevとOpsの関係性に組織は本来関係しないが・・・ • DevとOpsの3部門が部署統合 • 新規開発は既存とは別の専任部署に • 技術力強化 – 意識の問題と仕組みの問題、二つの視点で改善していく • 開発手法の変更 – アジャイル開発の積極的な取り込み • ツールの見直し – co-meetingの積極採用
  22. 22. 続きは OpenSpaceで

×